FEATURE

2022.04.12
FullMooN

10周年をむかえるFullMooN。大変な時期を乗り越えたからこそ感じるメンバーとの絆。「10周年を迎えたというより、ここからが新しいスタート」

2022年4月27日、FullMooNの新曲「shut out」が発売される。今年で結成10年を迎えるFullMooNの10周年とボーカルのねねの生誕を祝うワンマンライブも開催予定だ。10年間という長い期間を走り続けてきたメンバーにこれまでの活動を振り返って思うこと、メンバーへの思いを語ってもらった。

(1回目はこちら)


10周年を迎えたFullMooNのこれからは……


――10周年おめでとうございます。10年という長い期間バンド活動を続けて来られたということですが、みなさんはこの10年をどんなふうに感じられていますか?思い出深いエピソードや10年を振り返って思うことをお聞かせください。


えれん 最初、メンバーが抜けたり、2人で活動したりとかいう期間もあったので、そういう苦しい時期を乗り越えて今やっとメンバーが揃いました。10周年にメンバーが揃っていることがすごい嬉しいですね。

ねね 10年はあっという間でしたね。あんまり10年という感覚はないです。さっきえれんちゃんが言ったように2人だけのときもあったんですけど、それが今4人になって安定してるんですよ。今が一番いいときだなと感じてます。だから10周年を迎えたというより、またこっから新しいスタートっていうイメージの方が私は強いです。新たなメンバーというか、安定したメンバーでこれからまた新たなスタートを切るぞ!っていう感じですね。

りん 私は途中で加入したので10年は所属はしていないんですけども、バンドの10周年っていう本当に大事なときに、FullMooNとして、ベースとして、ステージに立てるっていうのはすごい感慨深いです。これからまた新しく、この4人で進んでいこうっていう前向きな気持ちで頑張っていきたいなと思っています。


――バンド加入が途中からであっても、初期からのメンバーとのずれを感じることなどはないんですか

りん そうですね、なんでしょうね、感じないですね。

ねね 昔からいたみたいな感じ。

りん もちろん空白の期間はあったんで、知らない時代はもちろんあるんですけど、でもそれを塗り替えるぐらい、このバンドで活動してきた時間ってすごい濃いものだったので、あんまり違和感はなく、自然と10周年を迎えられているなって感じがしますね。こう感じられるのは、メンバーのおかげだと思います。本当に今のメンバーの関係性がすごい良くて。なので、いい雰囲気で10周年を迎えられるなって思っています。

 私は加入したのが実は1年前なので、10周年のうちの1年しかこのバンドには所属はしてないんですけど、別のバンドで9年ぐらい前から一緒にタイバンなどで、関わることもあって。だからえれんちゃんとねねちゃんが2人になっちゃったときも別のバンドとして見てました。りんちゃんが加入したのも見てきたので、なんかもう10年間一緒に走ってきた感覚があるんです。お互いのライブに出演したりとか、私のバンドの最後のライブにもFullMooNが出てたりするので。
自分のバンドが終わったときに、音楽活動どうなるんだろうみたいな気持ちがあったんですけど、こうやって活動の場をもらえて、しかも10周年っていうバンドの節目に参加できたことはすごい嬉しいことだなと思います。感慨深いですね。最初入ったときは「FullMooNはお友達のバンド」っていうイメージがあって、自分がFullMooNっていう感じがしなかったんです。でもサポートが1年、メンバーになって1年、合わせてもう2年ぐらい演奏はしていることになるんですけど、そしたら、違和感がなくなりましたね。

えれん 葵には2018年ぐらいからちょこちょこサポートしてもらってて、それから1年間ぐらい固定サポートみたいな感じで。結構一緒にいる期間長いんです。前から仲も良かったですし。だから違和感はないんです。


――時間の長さに関係なく、仲がいいんですね

 そうですね、不思議ですよね。

ねね そういえばワンマンをやったのも、4人になってからで。1回目の8周年のときは葵がまだサポートのときだったんですけど、ワンマンライブは2013年からずっとやってなくて、この4人になって、やっと何年かぶりにワンマンライブができたんです。その後3回目をやりました。次の9周年のときに葵が加入を発表して、そのあと夏もやったし。
ワンマンライブやるっていうことはバンドにとってすごいことでもあるので。ワンマンをこのメンバーでやったっていうのも仲がいい大きな理由だと思います。


――「絆」という曲を10周年のタイミングで発表したことには意味や思いなどはあったのでしょうか?

ねね 「絆」っていう曲の歌詞はメンバーに向けて書いたものではあるんですけど、10周年にかぶせようとか思ってたわけではないんです。タイミングよくそうなりましたね(笑)


――偶然のことだったんですね。
収録されている「Chase」も素敵な楽曲ですね。大変なことがあっても夢があるから頑張れるというメッセージを感じました。10年の間走り続けたみなさんが歌うからこその説得力があると思います。よければ皆さんが笑顔でバンドを続けられる支えになってるものについてお聞きしたいです

ねね 音楽が好きっていうのは何よりあるんですけど、FullMooNっていうバンドが本当に心から好きなんです。楽曲も好きだし、メンバーも好きだし、何よりお客さんがすごい好きです。お客さんの愛称が満月團っていうんですけど、満月團の皆さんがずっと応援してくれるので、私はこのバンドを死ぬまで続けたいって思ってます。死んだら無理かな(笑)


――ファンの方を含めてFullMooNというコンテンツになっているんですね

ねね そうです。お客さんがいなかったら、絶対に心折れてる部分がたくさんあって。ずっと10年間支えてくれてるお客さんがいるので、頑張れます。

えれん やっぱり10年間応援してくれてるファンだったり、関係者さんだったり、あとお手伝いしてくれるライブハウスさんだったり、そういった方たちのおかげで10年間活動してこれたっていう部分があるので、自分1人の気持ちとかだけで、決して折れてはいけない部分っていうのがあります。私の気持ちだけで、ここでやめるわけにはいかないっていうのは何度も思ってきましたし、この先も応援してくれているみんなのためにも頑張っていかないとっていう、そういう強い気持ちが10周年目となる今にはありますね。自分1人の力でここまで来たわけじゃないので、この先はみんなに返していきたいという気持ちが強いです。


――たくさんのものをもらってきたといった意識があるんですね。

えれん そうですね。じゃないと続けてこれなかったと思います。私すごい体も弱いし(笑)

ねね すごい虚弱なんですよ(笑)

えれん 私1人の力だったら10年間なんてとてもじゃないけどバンド続けてこれなかったと思うので。このバンドがまだいるっていうこと自体が奇跡なんです。これからもみんなの力を借りて頑張っていきたいと思います。

りん 私がこのバンドに加入するときに心に決めたのが、このバンドで自分のバンド生活を最後にするっていうことでした。このバンドが駄目になっちゃったらもう私のバンド人生も終わりになるぐらいの気持ちで加入しました。メンバーが抜けてしまったときとかも、あったんですけど、そういうときとかも、もちろん落ち込みはしましたけど、それでも支えてくれるお客さんとか、それでも応援するよって言ってくれたお客さんがいたおかげで私は頑張って来れたので、そういうお客さんたちに恩返しする気持ちでこれからも続けていきたいという思いでいます。


――FullMooNが最後と思ったのには理由があったんでしょうか?

りん けじめですかね。「次があるなんて思ってちゃ駄目だな」って思ってて。一つのバンドを大切にするっていうのが大事なのかなって。結構、このガールズ界隈は入れ替わりが激しくて、それが普通のようにもなってるけど、自分の意思で入ったんだったら最後まできっちりやり続けようっていう気持ちが大事なのかなってすごい思ってて。なので加入するってなったときは覚悟を決めてこのバンドに加入しました。10年迎えますけど、その先も20年30年、ファンの方が応援してくださるのであれば、私たちは止まらずに進んで行けたらいいなと思います。

 私はこのバンドを10年続けてるわけじゃないので10年走り続けてきたときの気持ちみたいなやつはもしかしたらまだわからないのかもしれないですけど。でも前のバンドを結局8年ぐらいやってたんです。その8年続けたバンドを最後「解散です」っていう発表したときの、お客さんの悲しそうな感じがすごい忘れられなくて、二度とそういう感じにはしたくないなっていう気持ちが強いですね。2度と味わいたくないです。お客さんにそういう顔をさせるのはもうしたくないなと思います。もし応援してくれる人がゼロになっちゃったなら、もういいかなって思いますけど(笑)もし一人でもいるならその人のために続けたいなって思う気持ちはあります。


――今回のライブへの意気込みや、シングル発売についてコメントをお願いいたします

ねね 10周年のワンマンライブって二度と来ないんで、コロナ禍でいろいろ大変な時かもしれないんですけど、それでもやっぱり来て欲しいっていう気持ちがすごい強いですね。死ぬ気で来てほしいですね(笑)すべてを捨てて、こっちを優先してほしいです(笑)もうこんなわがまま、10年後、20周年ぐらいでしか言わないんで、今回は本当に来てほしいです!シングルは、発売したらすぐに聞いてほしいです。毎回言ってますけど、今回も本当に自信作なので。ドラムの葵が加入してから初めてのシングルになるんで、これはもう絶対聞いてほしいです。MVも早く見てほしいです。お願いします。待ってるぜ!

えれん ワンマンもシングルもとにかくこの10年分の気持ちを込めて弾きますので…あ、もうシングルは弾き終わってるんですけど(笑)とにかく私達この4人の音を聞いて欲しいっていうのと、10周年ではあるんですけれども、この4人の出発はここからだと思ってますので、新曲絶対に聞いてほしいです。よろしくお願いします!

ねね よく言った!

りん この10周年のワンマンライブはたくさんの曲を用意してやるんですけど、それ以外にもFullMooNの企画などをワンマンライブの中で散りばめているので、そういう面で凄い楽しめるライブにさせる気持ちでいるので、10周年のこの大事な節目を見守りに、ぜひ遊びに来てもらえたらなって思います。シングルはですね、ドラムの葵が加入して初めての4人でのシングルになっています。いい曲がたくさん詰まったシングルになっているので、ぜひ隅々まで楽しんでいただけたらと思っております。よろしくお願いします!

 10周年ワンマンは本当にすごい盛りだくさんになっているので、絶対に行った人も楽しい気持ちになれると思います。本当はね会場に遊びに来てほしいです。そのほうが絶対楽しいので。ただ遠方だったりとか、前日に仕事があったりして来れないとか、そういうときは配信でもいいので、会場の雰囲気を味わっていただけたらと思います。シングルは私が加入して1年経つんですけど、私が入ってる音源が初めてなんですよ。お客さんとかが買ってくれるときに「私いないんですけどいいですか?」っていうのが鉄板ネタみたいになってたんです(笑)なので「私います!」って言える音源が出るのはとても嬉しいです。やったね!あとMVもおまけ含めてめちゃくちゃ楽しいものになっているので、ぜひ見ていただけたらと思います。よろしくお願いします。


TEXT:高橋未瑠来
 

<インフォメーション>


FullMooN PV 
https://www.youtube.com/watch?v=ac5Gj0sKpgY


★音源情報★

JKT
「shut out」
2022/04/27発売

ZMR-027  ¥2,500(税込) (税抜価格 ¥2,273)

CD
1.shut out
2.絆
3.Chase
4.shut out(Instrumental)
5.絆(Instrumental)
6.Chase(Instrumental)

 

DVD
shut out MV
shut out メイキング映像

SNS
https://www.tatenaga.net/
https://twitter.com/FullMooN_tw?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor
https://www.youtube.com/user/THEAYATARO/featured

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.06.25
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2022.06.24
ガルポ!ズ INTERVIEW