FEATURE

2022.10.04
d-girls

コロナ禍以降、今も苦戦しています。徐々に上がり続けている感覚も、今はまだ正直ないです。それでもメンバーの誰一人挫けてないどころか、士気が高まり続けているのが、今のd-girlsなんです。 d-girls インタビュー・1

10月18日(火)、d-girlsはSpotify O-EASTを舞台に単独公演「d-girls単独公演2022〜いまここがスタートライン〜」を行う。d-girlsがO-EASTでワンマン公演を行うのは、これで3回目になる。過去には、700人を越す動員を記録するまで成長し続けていたが、マイナビBLITZ赤坂での単独公演を頂点に、グループの迷走へ合わせるように動員も下がりだしていった。とはいえ、ふたたび息を吹き返し、改めてO-WEST、恵比寿LIQUIDROOMと会場の規模を上げながら新たな物語を描き出してゆく…はずだった。だが、世界中を襲ったコロナパニックによって、d-girlsも活動を停滞せざるを得なかった。その間も、白金高輪 SELENE b2を舞台に2年連続で単独公演も行ってきた。コロナ禍によってグループからファンたちが離れだすのとは裏腹に、メンバーらはより結束を固め、これまで以上に質の高いグループとして成長し続けてきた。5人の中には、確かな自信があった。「今のd-girlsを見てもらえれば、絶対にファンになってくれる人たちが増える」「離れていった人たちが、ふたたび戻ってくる」と。
 その意志を、改めて数字という結果も揃えて示そうと、d-girlsは「d-girls単独公演2022〜いまここがスタートライン〜」とタイトルを付け、5年ぶりにSpotify O-EASTでの単独公演に挑むことを決めた。目標動員は、300人。かつてのd-girlsの勢いを知る人たちにとってはとても少ない数字だ。でも今のd-girlsは、改めて小さな積み重ねを一つずつ行うことに決めた。今回、300人の動員を達成したら、Zepp Hallで単独公演を行うチャンスを手に出来る。その約束を、5人はファンたちと交わしてきた。
  新たに定めたZepp Hallで単独公演を行うという目標。そのための道のりを築く、最初の勝負の場がSpotify O-EASTになる。今回のインタビューは、斉東由奈が病気により欠席。4人で行った。斉東由奈自身の強い意志も含め、d-girlsの5人が今、どんな思いを胸にSpotify O-EAST公演へ挑もうとしているのか。それを知ってもらいたい。


改めてSpotify O-EASTに挑戦することにすごく意味を感じます。


――10月18日、d-girlsは通算3回目となるSpotify O-EASTで単独公演を行います。前回挑戦したのは、何年前になります?

瀬戸千花 2917年の4月と10月に、初めてのO-EAST公演と2回目のO-EAST公演を行いました。そのとき以来だから、ほぼ5年ぶりになります。あのときは、1年で2回O-EASTで公演を行うほどの勢いを持ってd-girlsは突き進んでいました。

杉本よしみ  翌年には、マイナビBLITZ赤坂で単独公演を行い700人以上の人を集めたんですけど。そこからd-girlsは、少しずつ足踏みをし始めてしまいました。

瀬戸千花   マイナビBLITZ赤坂での単独公演以降、勢いが欠け、ちょっとずつ苦戦しだしているのは自分たちでも感じていました。コロナ禍以降はとくに、動員面で苦境に立たされていたけど。むしろ、グループ内の士気は高まっていた。だからこそ今、改めてSpotify O-EASTに挑戦することにすごく意味を感じるんですよ。

百瀬めい  確かに!!

瀬戸千花  O-EASTは、d-girlsが活動を始めた頃から、Zepp Hallと同じく目標にしてきた場所。だからこそ、今回のSpotify O-EAST公演も特別な感じがするんだよね。

――みなさんも言ってるように、ここ最近のd-girlsは、メンバーの士気とは裏腹に、なかなか結果が伴わずに迷走しているようにも見えていました。だからこそ、今回の単独公演に付けた「いまここがスタートライン」という言葉に強い意志を覚えました。みなさん、改めて勝負をかけてきたわけですよね。

瀬戸千花  そうです。正確に伝えるなら、「今回に勝負をかける」というよりも、「その後も含め、改めて大きな舞台へ挑むためにも、ここから改めて勝負の道を作りたい」という気持ちです。

百瀬めい  今回のSpotify O-EAST公演は、それまで研修生だったサラちゃんが正規メンバーになってからは初となる大きなステージ。しかもd-girlsとして、ここからZepp Hallを目指して頑張っていくための、最初の大きなステップアップの場所だとも捉えています。もちろん、今のd-girlsとしてSpotify O-EASTに立てるのはとても嬉しいんですけど。そこに立つことで満足してしまうわけにはいかないんです。このチャンスをきっかけに、ここからどう新たな道を築いてゆくか…。この日の頑張り次第で、d-girlsの未来も変わってゆく。そんな風に、私たちは感じています。


徐々に上がり続けている感覚も、今はまだ正直ないです。それでもメンバーの誰一人挫けてないどころか、士気が高まり続けているのが今のd-girlsです。


――d-girlsは、今年で何年目になります?

杉本よしみ  10月13日でd-girlsは9周年を迎えます。だから、Spotify O-EAST公演のときには10年目を迎えています。とくに伝えてはいませんけど、この日のSpotify O-EAST公演は9周年を祝う意味も含んでいます。

――周年公演という意識以上に今回は、ここからもうワンステップ上がるためにも乗り越えてゆくべき挑戦の場。その意識のほうが勝っていますよね。

杉本よしみ そうです。今もコロナ禍は続いていますけど。一昨年や昨年はd-girlsだけじゃなく、活動がままならないまま苦境に立たされていた人たちも多かったと思います。正直、わたし自身は「メンバーのモチベーションがこのまま低下してしまわないか」と心配もしていました。だけど、強い逆風の中にも関わらず、うちのメンバーはみんな、より真剣にd-girlsと向き合っていた。とくに嬉しかったのが、メンバーみんなが「d-girlsとして、これからどうしていきたいか」という、d-girlsとしての目標を一番に考えて行動していたこと。そこで、団結がさらに強まった。その自信があるからこそ、改めて大きな勝負をかけてゆくための道を作りたかったんです。

瀬戸千花  コロナ禍に於ける最初の2年間でも、d-girlsは毎年白金高輪 SELENE b2で単独公演を行い続けてきました。今もそうですが、あの当時は声を出せないルールがあり、応援してくれる人たちの声を自分たちのパフォーマンスの演出に取り入れてくことができない環境でした。そのぶん、どう見せ方に工夫をしてゆくか。そこで意識を変え、5人のパフォーマンス面での表現を変えたことが、結果的に5人の気持ちをより強く結びつけたなとも感じました。今もまだ、ライブで声を出せない環境ですけど。コロナ禍前以上にパフォーマンス面でのまとまりも、メンバーの気持ちの高まりも上がっている。だからこそ、それをこれからの道の中でしっかりと伝えたいんです。

杉本よしみ  ほんと、そうだよね。コロナ禍前までは、お客さんたちと一緒に声を上げて盛り上がりながら一体化した空気を作ってゆくのがd-girlsのライブの魅力でした。その一つの手段を、今も奪われてしまったままですけど。コロナ禍以降のd-girlsは、それを逆手に取って、お客さまたちに頼るのではなく、私たちのパフォーマンスを魅力に、お客さまたちの心を奪おうという気持ちに変え、そのためのパフォーマンスに磨きをかけ続けてきました。その気持ちが、今回の挑戦に繋がったのも事実ですからね。

瀬戸千花  確かにコロナ禍以降、今も苦戦しています。徐々に上がり続けている感覚も、今はまだ正直ないです。それでもメンバーの誰一人挫けてないどころか、士気が高まり続けているのが、今のd-girlsです。だからこそ、改めてZepp Hallを目指したい。そのための挑戦の道を作りたいと今、強く思えています。


「正規メンバーになりたい」という、サラちゃんの圧もすごく感じてたけどね。


――サラさんがd-girlsとしての単独公演を経験し始めたのが…。

崎山サラ  コロナ禍以降に行った2本の白金高輪 SELENE b2公演からになります。そのときは、まだ候補生として舞台に立っていました。

百瀬めい  最初はTシャツ姿から始まり、衣装を与えてもらうまでにはなっていたけど。あの時点ではまだ正規メンバーじゃなかったのかぁ。なんか、そんな気がしないくらい頼りになっていたからね。

瀬戸千花  白金高輪 SELENE b2での単独公演のとき、一番頼りになっていたのがサラちゃんだったからね。

杉本よしみ  そう。メンバー内では、とっくに候補生という意識はなくなっていたからね。

――サラさん自身、正規メンバーとしてSpotify O-EASTの舞台に立てるのはとても嬉しいことだ。

崎山サラ  嬉しいです。この間、生誕祭を行ったとき、わたしも歌わせていただく機会を得ることができました。そのときに、改めてd-girlsの一員として進んでゆく覚悟ができましたし、その経験を踏まえてのSpotify O-EAST公演になります。だからこそ、新しい自分を出せたら。この日は、d-girlsの崎山サラとしての姿をしっかり見せていこうと思っています。

杉本よしみ  うちらメンバーは、サラちゃんも正規メンバーの意識でずっといたけど。本人としては、正規メンバーになるとやっぱし覚悟は変わるよね。

崎山サラ  変わります!!

――よしみさんって、研修生という経験は過去にもない方ですよね。

杉本よしみ  ありがたいことに、わたしは研修生の経験はないです。昔やっていたユニットでは、途中加入という経験はありましたけど。あのときもすぐに正規メンバーとして。しかも、最初から歌パートも多くいただけていました。最初の経験が途中加入だったから、オリジナルメンバーという憧れはありました。それをd-girlsでは実現できたから、それも嬉しかったんですけど。でも、オリジナルメンバーだから、途中加入だからとか、そのグループのことを本気で愛していれば関係ないんですよね。今のサラちゃんのように。

瀬戸千花  わたしもd-girlsは途中加入ですけど。なんなら最初は、先輩たちが引っ張ってくれるから、そこに乗っかって大きな会場でライブができたらラッキーくらいの感じでしたからね(笑)。

杉本よしみ  わたしも最初のグループのときは、しっかりとした先輩方がいたから、その方々についていけば大丈夫という気持ちはあった。でも、サラちゃんは、最初からしっかりしていたからね。ただ、研修生としての期間が長かったから、どっかで挫折しないか、ハラハラする気持ちもあったけどね。

――正規メンバーまでに…。

崎山サラ  2年半かかりました。

百瀬めい  えーっ、そんなにかかってたんだ。わたしだったら、きっと辞めてた(笑)。だって、研修生としてやっていた半年でも、正直大変だったもん。

杉本よしみ  そのぶん、「正規メンバーになりたい」という、サラちゃんの圧もすごく感じていたけどね。

――めいさん、O-EAST公演のときにはもう正規メンバーでした?

百瀬めい 1回目のO-EAST公演のときは、まだ候補生でした。それから2回目のO-EAST公演へ向かうまでの間に正規メンバーへ昇格。だから、2回目のO-EAST公演は正規メンバーとして舞台に立てば、初めて自分の持ち曲を歌ったのもO-EASTのワンマン公演からでした。今振り返ると、2回目のO-EASTでの単独公演のときには、正規メンバーになれた嬉しさと、自分の持ち曲を歌えたことで満足していた自分がいたのを思い返します。
  あの当時は、O-EASTの舞台に立てただけで満足していたけど。今は、O-EASTのステージの真ん中に立って、しっかりと思いを伝えながら歌いたい気持ちにまで成長しました。サラちゃんがまだ正規メンバーになってない時期は、5人でライブをやってはいるけど、どこか心残りの部分もあったんですね。でも今回のO-EASTは、5人みんなが正規メンバーとして舞台に立てるのはもちろん。改めて5人のd-girlsとして、しかも自信を持って大きな舞台から新しいスタートを切れることをとても嬉しく思っています。

(2回目へ続く)


TEXT:長澤智典

 

<インフォメーション>

 

d-girls単独公演2022〜いまここがスタートライン〜
開催:2022年10月18日(火)
時間:開場 18:00 / 開演 19:00
会場:Spotify O-EAST
料金:前売り券:4,000円/当日券:5,000円(別途入場時ドリンク代)
出演:d-girls, 喜屋武里奈(ex.d-girls)
ゲスト : RONLON
ご予約はこちら
https://tiget.net/events/204936

 

———————————————————————

d-girls単独公演オンラインメモリアルツアー 
https://d-girls.info/news/345580

10/18に開催致します「d-girls単独公演2022~いまここがスタートライン」に先駆けて、「d-girls単独公演オンラインメモリアルツアー」の配信を行います。

過去に開催して参りました単独公演を映像で是非お楽しみください。
2018年に開催の「d-girls単独公演~dream of eternity~ 20180814@マイナビBLITZ赤坂」は初の映像化となります。

※全公演の配信は10/18 18時までご視聴可能です。
※ファンクラブ会員の皆様は無料でご視聴頂けますが、各配信の購入URLから購入→無料で購入を選択してお申し込みを必ず行ってください。

https://fanicon.net/tours/3445/1173

————————————
10/7 20:00配信
d-girls単独公演~dream of eternity~ 20180814@マイナビBLITZ赤坂

配信開始時間 20:00~
料金 3,000円配信

ご購入URL
https://fanicon.net/tours/3445/1173/4049

————————————
10/14 20:00配信
d-girls Online Live 〜Exceed for Dream〜 20210429@白金高輪SELENE b2

配信開始時間 20:00~
料金 1,000円配信

ご購入URL
https://fanicon.net/tours/3445/1173/4050


SNS
Twitter
d-girls : https://twitter.com/d_girls_fd

杉本よしみ : https://twitter.com/yoshimi_1106
瀬戸千花 : https://twitter.com/seto_chika
斉東由奈 : https://twitter.com/saito_yuna
百瀬めい : https://twitter.com/_momose33
崎山サラ : https://twitter.com/Sarahsakiyama

d-girls Official Web
https://d-girls.info/

d-girls Official YouTube Channel
https://www.youtube.com/c/dgirlsofficial


d-girls FC
ご入会はこちら
https://fanicon.net/fancommunities/3445
 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.12.10
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2022.12.10
ガルポ!ズ LIVE レポ