FEATURE

2022.07.19
メタモル!!!

いつもはちょっとダークめな、なんか病んでる系の歌詞が多いんですけど。今回は、闇要素を少なめにしてポップな感じを出しています。 メタモル!!!インタビュー2

 7月26日に、1stシングル『リセマラブゲーム!』を3-TYPE発売するメタモル!!!。秋からは「メタモル!!!我武者羅ツアー 出身地編/武者修行編」もスタート。噂のメタモル!!!。その魅力を、ここに紹介します。

(1回目は、こちらから)


アー写


ファンの人たちと一緒に大きくなっていきたい。それが一番の理想です。


――萌さんはメタモル!!!のリーダーです。いつも、このメンバーをどうまとめあげるのかも考えています?

相笠萌  はい。でも、メンバーにはめっちゃ助けられまくりです。それに分担制ではないけど、メンバーそれぞれに任せられるところは任せています。

華嵜ふな  うちは、得意なことは得意な人がやろうという分業制だからね。

――それぞれ、どんな役割を担っているのか教えてください。

華嵜ふな  具体的な役割って感じじゃないよね。

相笠萌  そう。適材適所じゃないけど、その物事に向いている人が、その案件を率先して進めていこうという感じです。

愛瀬ひな  みんなぜんぜん違う魅力を持っているからこそ、それぞれの個性を活かそうって感じです。

相笠萌  みんな自由にのびのびやっています(笑)。

――メタモル!!!としての未来のビジョンを、萌さんはどんな風に見ているのでしょうか。

相笠萌  アイドル活動をしていく場合、「どこそこに立ちたい」と夢を語ったほうがいいと思うんですけど。そういうのって、わたしは言えないし、現実しか見れないタイプ。わたしを含め、メンバーみんな着々と、少しずつ確実に物事を進めてゆくタイプ。メタモル!!!って、最初の頃こそ、対バンイベント後の特典会でも、他のグループさんはめっちゃ人の列が出来ているのに、うちらはそこまでではなくて「どうしよう」ってなっていた時期もありましたけど。気持ちが伝わることで少しずつ応援してくれる人が増えれば、そういう人たちに支えられて今のメタモル!!!があることもわかってる。だからこそメタモル!!!は、たとえ地道に見えようと、一歩ずつ着実に、確実に進み続けていきたいんですね。もちろんバズったら嬉しいですけど(笑)。メタモル!!!は、一つ一つを確実にクリアして、土台をしっかり作りながら大きくなっていくタイプ。ファンの人たちと一緒に大きくなっていきたい。それが一番の理想です。


わたし、人のことを好きになったことがないんですよ。だから、ちょっとわかんないです。


――メタモル!!!は、7月26日に1stシングル『リセマラブゲーム!』を発売します。メタモル!!!にとって今回が…。

相笠萌  初めてのCD盤になります。

――『リセマラブゲーム!』の作詞を担ったのが萌さんですよね。でも今回は…。

相笠萌  いつもは、わたしが作詞の大半を担い、楽曲のプロデュースもやっていますけど。今回、3-TYPE発売したC/Wに収録した3曲は、メンバーそれぞれがプロデュースをしています。

――先に、『リセマラブゲーム!』の魅力をお聴きしたいなと思っています。歌詞のタイトルになっているリセマラって、ゲームのリセットやインストールを繰り返すリセットマラソンのことですよね。

相笠萌  そうです。この曲では、恋愛シミュレーションをテーマに書きました。その題材を選んだのも、メタモル!!!は男性ファンだけではなく、若い女の子のファンもけっこう多いです。そういう子たちにも共感してもらえる歌詞にしたいなと思ったのがきっかけでした。『リセマラブゲーム!』では、女の子の恋愛の悩みを、若い子たちの気持ちへ寄り添うように書いています。『リセマラブゲーム!』はMVも制作。こちらも、ゲーム風の可愛い内容に仕上がりました。

華嵜ふな  でも、いつもの歌詞の雰囲気とは違うんだよね。

相笠萌  そう。いつもはちょっとダークめな、なんか病んでる系の歌詞が多いんですけど。今回は、闇要素を少なめにしてポップな感じを出しています。でも,「萌が書いたんだな」というのもわかる感じにも書きました。

――今回は、あえてダークじゃない方向へと?

相笠萌 そうです。曲調も自分で決めています。せっかくの1stCDになるからこそ、これまでと同じじゃつまんないなと思ったことから新しい一面を出せるようにと、これまでとは違う面を出しました。

――歌詞では、恋愛がうまくいかないなるたびにリセットや再インストールして最初からやり直したくなる。そんな乙女心を記していますよね。

相笠萌  恋愛も、ゲームみたいにリセットや再インストールし直せたらいいのにねという気持ちを歌にしています。

――メンバーみんなも、歌詞には共感しました?

華嵜ふな   わたし、人のことを好きになったことがないんですよ。だから、ちょっとわかんないです。

相笠萌  それ、感情なさすぎでしょ(笑)。

華嵜ふな  もちろん、「好き」という感情はわかるんですけど。「大好き」になる感情が、わたしにはぜんぜんないんですよ。メタモル!!!は恋愛曲が多いから、歌詞を書いてる萌ちゃんに「これってどういう意味?」と、いちいち聴きながら歌っています。

相笠萌  いっつも「この気持ちわかんない」っていうから、毎回「こういう感情になってね」と伝えたうえで、歌ってもらうようにしています。

華嵜ふな  そう。だから理解するというよりも、言われた女性に成りきって歌うみたいな感じです。実体験がないから、そこはしょうがないですよね。そこ、共感できる人生であれたらいいんでしょうね(笑)。

――ひなさんは、『リセマラブゲーム!』の歌詞にどんな思いを感じました?

愛瀬ひな  『リセマラブゲーム!』はすごく可愛い歌詞で、まさに恋愛曲って印象です。わたし、ファンの人がこの主人公をひなに置き換えて聞いてもらえたらいいなぁって思いました。すっごく可愛い歌詞だから、ファンの人たちにも、歌に登場する子の気持ちになって聞いてもらえたら嬉しいです。わたしも、みんなに向かって「好きです」と歌うので。

相笠萌  確かに、推しに向けての思いとしてもこの曲は受け止められるよね。

愛瀬ひな  そう。『リセマラブゲーム!』は推しに向かって思いを伝えられる曲。こういう心情は男女問わずに共感してもらえると思うから、この曲を聞いて、もっともっとメタモル!!!のことを好きになってください。

――ひなさんも、リセットや再インストールしたい気持ちになることってあります?

愛瀬ひな   わたし、人生を楽しんでいるので(笑)。躓いてもポジティブに生きていこうって性格だから、何事も受け止めて強く生きてます。

――南さんは、『リセマラブゲーム!』の歌詞をどう受け止めました?

謝花南 割とわからなくて…。『リセマラブゲーム!』は明るい曲だからノリでいけるんですけど。こじらせ系の歌詞とかマジにわかんなくて。いつも萌ちゃんに意味を聴くんですけど、それでもわかんなくて…。でも、ライブでは勢いで歌えるから、自然にテンションをアゲて歌っています。『リセマラブゲーム!』はTik Tokにも動画をアップしていれば、とても踊りやすい曲だから、一緒に真似してほしいです。

――衣装の雰囲気も変わりましたよね。

相笠萌  メタモルフォーゼ(変身)という意味を持つグループ名のように、いろんなメタモル!!!を魅せていきたい。その中の一つとして、今回はこういう雰囲気って感じです。今後も、一つのイメージに捕らわれることなく、いろんなメタモル!!!の姿を魅せていこうと思っています。


アイドルヲタク歴が長いぶん、その頃の気持ちが『Departure』にはめちゃめちゃ出ています。


――ふなさんがプロデュースしたのが、『Departure』になります。

華嵜ふな  もし作詞をするなら、このタイミングしだなと思い、自分で作詞をしました。

――どういう気持ちを書いたのかも教えてください。

華嵜ふな  わたし、めちゃめちゃ長い間、アイドルのヲタクをしていたんですよ。その推しへ向けての愛情を歌詞にしてみました。今でこそ自分がアイドルになっていますけど。アイドルヲタク歴が長いぶん、その頃の気持ちがここにはめちゃめちゃ出ています。

――ちょっと落ち着いた曲調ですけど。歌うとき、めっちゃ感情を込めやすかったんじゃない?

華嵜ふな  あえて落ち着きのある曲調にしたのも、せっかくのふなプロデュースだから自分の個性を出したいなぁと思って。まさに、わたしの理想とする曲調をいただけたのは嬉しかったですし、結果的に、これまでのメタモル!!!にはない楽曲にもなりました。


萌ちゃんの歌詞は、まわりくどくてネチネチ系だけど…。


――ひなさんは、『ぎゅって』という可愛い楽曲をプロデュースしていますよね。

愛瀬ひな まさに王道アイドルソングって感じです。可愛いを詰め込んだ曲になっています。『ぎゅっと』は自分で作詞をしたんですけど、甘すぎて溶けちゃうみたいな感覚を歌詞にすれば、コールしやすいように書いたり、振りも真似しやすいようになど、いろいろと心がけました。

――「ぎゅって」と歌われるたびに、本当に胸がギューッとしてきます。

愛瀬ひな 自分で歌詞を書くのは、これが…。

(3回目へ、続く)


TEXT:長澤智典

 

<インフォメーション>


メタモル!!!
『リセマラブゲーム!』
2022.7.26 On Sale

<価格>各¥1,200(税込) <品番> QARF-60111〜3
販売元:コロムビア・マーケティング株式会社
発売元:株式会社ロックフィールド


JKT
攻略Ver.(TypeA)
・リセマラブゲーム!
・Departure
・リセマラブゲーム! inst
・Departure inst


JKT
本命Ver.(TypeB)
・リセマラブゲーム!
・ぎゅっと 
・リセマラブゲーム! inst
・ぎゅっと  inst


JKT
選択Ver.(TypeC)
・リセマラブゲーム!
・Ba_La↑Ba///LOVER
・リセマラブゲーム! inst
・Ba_La↑Ba///LOVER inst


■ライブ情報
メタモル!!!我武者羅ツアー
出身地編
2022年10月9日(日) HEAVEN’S ROCK SHINTOSHIN
2022年10月29日(土) HEAVEN’S ROCK UTSUNOMIYA
2022年11月12日(土) 横浜MMブロンテ
武者修行編
2022年12月3日(土) NAGOYA ReNY limited(ゲスト出演あり)
2022年12月18日(日) 大阪 Banana Hall(ゲスト出演あり)
2023年1月9日(月) 渋谷CLUB QUATTRO


【PROFILE】
METAMOL FOURZE
このグループにコンセプトはない。
幅広い楽曲で常に変化、変身し続ける、変幻自在アイドルグループ。

アー写

■  メタモル!!!
HP    https://metamol.jp/
Twitter https://twitter.com/METAMOL_FOURZE
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCkY7XH5mlF6vIZ-hwEo9c3A

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.12.10
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2022.12.10
ガルポ!ズ LIVE レポ