FEATURE

2022.07.17
ポラライト

『コットンキャンディロマンス』では、メンバーとファンの人たちとがLOVEな関係になれるから大好きです。 ポラライト インタビュー3

 7月26日にミニアルバム『希望の光』を3-TYPE発売するポラライト。9月8日に渋谷duo MUSIC EXCHANGEで一周年公演を行うことも決定中。ここでは、ポラライトの魅力を、3回に渡り、いろんな角度から探っちゃいます。

(1回目は、こちらから)
(2回目は、こちらから)


去ってゆくその姿が、わたしには小さくなってゆく背中のように見えてしまいます。でも,わたしは変わらないもの(ポラライト)を守りたいんです。


――ミニアルバムの『希望の光』には、たくさんの魅力的な楽曲を詰め込んでいます。ぜひ、一人一人お勧め曲を教えてください。では、日菜子さんからいきましょうか。

乃井日菜子 わたしは『夏の約束』をお勧めします。この曲は、『僕らのポラライト』と同じように盛り上がりを作り上げられる楽曲。みんなで一緒にライブでは踊ったりもする、カッコいい寄りの爽やかな曲です。歌詞の中に、「小さくなってく背中を見つめ 変わらないものを守りたかった」とわたしの歌うパートが出てきます。わたしはそこを、いつも感情を強く込めて歌っています。
  アイドル活動をしていると、ファンの方でも、自分たちの元からいなくなっちゃう方だっているじゃないですか。去ってゆくその姿が、わたしには小さくなってゆく背中のように見えてしまいます。でも,わたしは変わらないもの(ポラライト)を守りたい。わたしは…私たちは、これからも変わることなく自分たちの夢に向かって頑張り続ける。そういう姿を重ねてしまうからこそ、余計に感情を込めて歌ってしまうんだと思います。ぜひ、そこにも注目して聴いてください。

西那恋夕  わたしも『夏の約束』がお勧めです。この前、夏フェスに出たときに、最後に『夏の約束』を歌いました。そのときに生まれたのが、暑い夏の陽差しの中、汗を流しながら、メンバーも、ファンのみんなも一緒になってタオルを回す光景でした。そのときの様子が、すごくエモかったんですね。エモすぎて、わたしは泣きそうになっちゃったんですけど。それくらい気持ちを込めて歌える楽曲です。まさに、ザ・エモ曲 (笑)。今年の夏はこの曲をどんどん歌っていくから、ぜひ、一緒にエモくなりたいです。

――次は、ゆけさんに行きましょうか。

茉白ゆけ  わたしは『ねんねんころりベイベー』です。この曲では、メンバーそれぞれの個性の強さを歌声を通して感じることができます。同時に、 この曲の間奏はフリーダンスになっているから、そこでは、各メンバーが自由にはっちゃけながら踊っています。そこのダンスからも、メンバーそれぞれの個性が見えてくると思います。『ねんねんころりベイベー』は、はっちゃけていて楽しい曲。なのに可愛い歌だから、ぜひ聴いてください。


『Blank Dreamer』は、ライブでとても映える曲。とくに赤い照明をバチバチに点けた中で歌っていると、わたし自身「強い女」になれます


――葵さんのお勧め曲は、どれですか?

渡辺葵  わたしは『シースルーバングに誘われて』がお勧めです。この曲の落ちサビを、わたしが「こんなもどかしすぎる思いならなくていいのに」と歌っています。そこを歌っているときに切ない気持ちになれば、その切なさを強く表現しています。そこは注目ポイントだから、ぜひ聴いてください。

――続いて、えのさんお願いします。

眠衣えの  わたしは『Blank Dreamer』が大好きです。ポラライトの楽曲は、爽やかさや可愛らしい曲調が多ければ、それがポラライトらしさだと自分でも思っています。でも『Blank Dreamer』は、ちょっと表情が違っていて、ロックなスタイルを示しています。他の曲たちよりもテンポも速ければ、強い曲調だし、緩急をつけた表情もしているから、ライブで歌っていてもキュッと気持ちを引き締めてくれます。
  『Blank Dreamer』は、ライブでとても映える曲。とくに赤い照明をバチバチに点けた中で歌っていると、わたし自身「強い女」になれます。この曲を歌うと、強い女性になれるところも、わたしが『Blank Dreamer』推しの理由です。ぜひ、「わたし、強くカッコいい女だから」という気持ちになって歌っている姿にも、ライブでは注目してください。

――最後は、凛音さんですね。

陽南凛音  わたしがお勧めしたいのは『コットンキャンディロマンス』です。この曲では、メンバーとファンの人たちとがLOVEな関係になれるから大好きです。歌詞では、雲の国の王女様が人間に恋をする内容を歌っています。わたしは、この曲を歌うときに、「アイドルがファンの人たちのことを思って」と捉えながら歌っています。それくらいファンの人たちのことが大好きだから、そう置き換えて歌ってしまいます。ライブで歌っているときも、メンバーみんなの「好きだよ」という気持ちが伝わる可愛い曲だと思うから、そこへ注目して聴いてください。それと、わたしが落ちサビを歌っていますけど。そこでは、振り付けも含め、わたしなりにお姫様感を出して歌っているから、そこにも注目してください。


その場に来たことを絶対に後悔させません。だから、ぜひライブを観にきてください。


――最後に、9月8日に決定している1周年公演に向けての思いを聞かせてください。

陽南凛音  この日は、ポラライトの活動1周年を記念する日になります。みんなにお祝いしてもらいたい気持ちと、2年目に向けて走っていく自分たちの姿勢をしっかり見せてゆくライブにしたいと思っています。この日は、1年間歩んできた中でつかんだポラライトの魅力や持ち味の集大成を見せるライブだからこそ、一人でも多くの人たちにその姿を届けたいです。その場に来たことを絶対に後悔させません。だから、ぜひライブを観にきてください。

茉白ゆけ  その日にしか見ることのできないライブをみなさんにお届けしますし、ポラライトはこんなにも成長したんだという姿を、みんなに焼き付けたいです。観てくれたみんなの心から何かが沸き上がってくる。そんなライブをしていくので、ぜひ観に来てください。

眠衣えの  メモリアルな1日にしますから。


TEXT:長澤智典

 

<インフォメーション>


アー写


【Music Video】ポラライト / 僕らのポラライト
https://www.youtube.com/watch?v=ADS950WWfyE


ポラライト
『希望の光』
2022.7.26 On Sale

<価格>各¥1,200(税込) <品番> QARF-60114〜6
販売元:コロムビア・マーケティング株式会社
発売元:株式会社ロックフィールド

【全共通】
・僕らのポラライト
(作詞/作曲/編曲:koma’n)
・ねんねんころりベイベー
(作詞/作曲/編曲:koma’n)
・Love My Memories
(作詞/作曲/編曲:OiCHAN)
・Blank Dreamer
(作詞/作曲/編曲:OiCHAN)

【タイプ別収録曲】
TypeA:コットンキャンディロマンス
(作詞/作曲/編曲:koma’n)
TypeB:シースルーバングに誘われて
(作詞/作曲/編曲:koma’n)
TypeC:夏の約束
(作詞 : mimimy、作曲/編曲:古屋 葵)


9月8日 (木) 
duo MUSIC EXCGANGE(渋谷)
「ポラライト1st大型ワンマンライブ」

SNS
https://lit.link/polalight
 

【PROFILE】

ポラライトは、ライブ配信アプリ「ミクチャ」にて誕生したグループ。
グループ名は「一生に一度は見てみたいと誰もが憧れるオーロラ」を英語にしたpolar lights
が由来になっており、オーロラのように光り輝くアイドルグループを目指している。
陽南凛音、茉白ゆけ、眠衣えの、西那恋夕、乃井日菜子、渡辺葵の6名で活動中。


アー写
陽南凛音


アー写
茉白ゆけ


アー写
眠衣えの


アー写
西那恋夕


アー写
乃井日菜子


アー写
渡辺葵
 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.12.10
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2022.12.10
ガルポ!ズ LIVE レポ