FEATURE

2024.03.07
かるちべいと

秋葉原発アイドルグループ『かるちべいと』1st ワンマンで新体制披露!新メンバーはアイドル未経験のコスプレイヤー

2/24この日の横浜みなとみらいは、連休中日という事もあり街には多くの人が訪れていた。
ファンの期待も高まる中、かるちべいとの1stワンマンライブが横浜みなとみらいブロンテにて開催された。
 

フライヤー


かるちべいとは、2023年7月29日秋葉原配信番組「アキバNow」の「秋葉原発アイドルプロジェクト」から誕生したアイドルグループ。プロデューサーは番組MCの「美里朱音」(かるちべいとメンバー兼リーダー)が務める。

美里朱音(以降あかね)は、秋葉原のつんく♂プロデュースのAKIHABARA バックステージpassのキャストとして働く傍ら、店舗発のグループ『バクステ外神田一丁目』と店舗から選抜された『Pretty Ash』のメンバーとしても活動。
グループ脱退後、あかね自らがプロデューサーとしてかるちべいとを結成した。

メンバーは、元々リーダーあかねと養成所が同じでアイドル経験のある「はな」、過去に一緒に同じ店舗、グループで活動していた「こころ」の三人で、デビューから切磋琢磨をしグループの土台を築き上げてきた。

この日は、あかねの誕生日でもあり、ちょうど1年前、みなとみらいブロンテで自身が前身のグループ『Pretty Ash』として活動した最後の日でもある。
今回は、1年ぶりに新グループを率いて再びみなとみらいの地へ舞い戻った。

今回は、新体制のスタートだけでなく、あかねの生誕コーナー企画もワンマンの見どころの一つ。

前売りチケットは、S席〜通常席まで全て完売、急遽発売した当日券も売れ、会場は満員状態。彼女等の初ワンマンを盛大に盛り上げようと予想を遥かに上回る多くのファンが集まった。

そんな中、彼女達の初ワンマンが始まる。
開演10分前にはメンバーの影ナレからOPムービーが流れ、ムービー終わりでそのままライブがスタート。


LIVE
 

始まりは、お馴染みかるちべいとの衣装を身に纏った初期メンバー三人の代表曲「秋葉原カルチベイト」「私をアキバに連れてって」を披露し、三人での現体制最後のステージを熱く盛り上げる。

 

LIVE
▲透き通った歌声でファンを魅了するこころ
 
LIVE
▲持ち前の明るさでステージを盛り上げるはな
 

LIVE


続いてあかね生誕コーナー。
あかねがこの日ゲストにPretty Ashの元メンバー寿春歌をはじめとしたメンバー数人迎えてのステージ。
元々のファンには嬉しい演出であった。
この日のために制作した生誕衣装を着たあかねと生誕Tシャツを着たメンバーでバクステの曲数曲披露し、大きな盛り上がりの中、生誕コーナーは終了。

次はいよいよ新体制、新衣装を披露。
 

LIVE


新SEから新衣装を纏った初期メンバー三人がまずは登場。
クラップからキレのあるダンスで会場のボルテージが上がる。
 

LIVE▲あかねのパワフルな掛け声で ファンの熱量は一気に上がる


LIVE


オーロラ色に輝く新衣装で、次の最終目標ファイナライズ、恋のワンギリレーションを歌い上げる。

そして、曲後のMCで新メンバー「ももあ」が登場。
ももあは、フォロワー数4万人を有し、普段は様々なコスプレイベントにも参加する人気コスプレイヤーだ。
実は今回、アイドルとして活動すること自体、自身にとって初めての経験であった。忙しい合間を縫ってダンスや歌詞を覚え、この日の本番に臨んだ。
 

LIVE▲初のステージに緊張を隠せないももあ(真ん中)


新メンバーの紹介後、新体制となるかるちべいと4人で「恋のラーメン中毒中」「秋葉原カルチベイト」を披露。
新体制ライブは大盛況の中終了。
 

LIVE


LIVE


メンバーがステージから去った後もファンからは大きなアンコールが飛び交った。

鳴り止まないアンコールの中、それぞれがこの日のためにリメイクをしたワンマンTシャツ姿で再登場。
ワンマンTシャツも含め、こころから今回のグッズの紹介があった後は、はなの曲振りとともに新曲「職業、アイドル。」披露という形でアンコールを締めくくった。
新曲は、アイドルに関するあるあるを歌詞とポップな曲調に乗せ、コールが打ちやすいようになっているアッパーチューンである。
 

LIVE


序盤から初披露にかかわらず、大きなコールが飛び交い、すでにファンとの一体感が生まれ会場の熱気も上がる。
メンバーもテンポが速く激しいダンスの中、一人一人がしっかりとしたステージングを披露。
今回、アンコールために制作された「職業、アイドル。」の世界観をイメージした歌詞動画も相まって最高潮の盛り上がりを魅せ、あっという間にアンコールも終わりを迎えた。

アンコール後の告知では、あかねから「かるちべいと初地方遠征決定」のお知らせが発表され、会場からも大きな拍手が起き、今後のかるちべいとの活動の期待もより高まった。

最後は、メンバーからの感謝の言葉で、初のワンマンライブは大成功に終わった。

ステージ上には、この日のために一生懸命準備をし頑張ってきたメンバー達の達成感に満ち溢れた笑顔があった。

特にこのライブでは、半年前のデビューから想像できないほど「あかね、はな、こころ」の大きな成長を垣間見る事ができた。
これは、『かるちべいと』というグループを一から三人で作り上げてきた経験値と努力が彼女たちを大きくさせた。

あかねは、プレイヤー兼運営側として今回のライブをしっかり作り上げた。
プロデューサー兼アイドルとして一年前とは違った生まれ変わった「美里朱音」を生誕の日にファンに見せる事が出来たのではないだろうか。

新メンバー「ももあ」も、ステージではコスプレイヤーではなく、正真正銘アイドルとしてのももあの姿があった。

また、今回の新衣装は、あかねと同じ店舗で活動していた『元バクステ外神田一丁目』の「矢田喜多」氏がデザイン・制作を担当。
秋葉原、サイバー、平成カルチャーなどあらゆる要素を踏まえアレンジし、今回の衣裳を制作した。
特に拘ったオーロラ柄の生地は、照明によって輝きが変わり、これからも彼女たちのステージをよりカラフルに彩っていくことだろう。

楽曲、衣装、映像とクリエイティブ面でも強力なサポートを有し、さらにパワーアップした新体制かるちべいとの今後にも注目してほしい。


【セットリスト】
1.秋葉原カルチベイト
2.私をアキバに連れてって
生誕コーナー
3.SE
4.最終目標ファイナライズ
5.恋のワンギリレーション
6.恋のラーメン中毒中
7.秋葉原カルチベイト
8.職業、アイドル(新曲)

かるちべいとX
https://twitter.com/cultivate2023

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.05.24
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2024.05.15
ガルポ!ズ INTERVIEW