FEATURE

2023.03.20
月照ラス

エモい感情が月明かりに照らされ、嬉しく胸を揺さぶる。高ぶり続けるこの高揚を持って、一緒に美しい狂気に溺れ続けよう。 Mashup LIVE -異彩- streaming by GALPO LIVE SHOW Vol.2 月照ラス編

 太田家/囁揺的音楽集団AsMR/月照ラスの3バンドを筆頭に、音楽系Vtuberユニット Silent Emotionなど、いくつものバンド/ユニット/ソロアーティストが所属しているMashup Records。同レーベルが、2023年1月より、太田家/囁揺的音楽集団AsMR/月照ラスの3バンドを中心に据えたイベント「-異彩-」の定期開催をスタート。
  第二弾として行われたのが、2月28日(火)に渋谷DESEOで催した「Mashup LIVE -異彩- streaming by GALPO LIVE SHOW Vol.2」になる。この日はは、ゲストに声優/アーティストの中恵光城が出演。当日のライブの中から、ここでは月照ラスの公演の模様をお伝えしたい。

 

月照ラス

 

 厳かな、でも幻想的な音色が流れだす。その調べを通して、月照ラスはこの空間を異境へと染めあげる。その音を引き継ぐように、月照ラスは幻想かつ重厚/デジタルシンフォニック音をまとい、『Moonshot』を歌いだした。頭をフードで覆ったヴォーカルのemが月夜に照らされた異境の世界へ導く案内人となり、フロアにいる人たちの心を現実から遠ざける。ヘヴィでアグレッシブな演奏だ。でも、曲調自体が美しくもシンフォニックな音のベールをまとえば、攻めるように歌うemの歌声が心を惹きつける魅力を備えているからだろう。月照ラスが生み出す世界へ、気持ちは自然に溺れていた。

  歪みを上げた音たちが気勢を上げて駆けだした。月照ラスは『My Criteria』を通し、観客たちの身体を熱く揺さぶりだす。フードを取り払い、挑むような姿勢で歌い、ギターを掻き鳴らすemの姿が、孤高の月の女神のようにも瞼に映し出される。荒ぶる演奏に刺激を受けた観客たちが拳を突き上げれば、熱いクラップをぶつけだす。途中には、演奏陣のセッションプレイも登場。唸りを上げるrinのスラップベースの演奏も、楽曲へ高揚という色を加えていた。荒々しく唸る演奏ながら、歌が透明感を持っているからだろう。身体は激しく揺れながらも、耳は歌の世界に心地よく引き寄せられていた。

 

1

 

 「真っ暗な夜をそっと照らす月のような、このスポットライトの下で僕らは待ち合わせ。夜はいろんな感情を連れてくる。悲しさ、怒り、苦しみ、痛み。そんな重たい荷物を抱えながら、僕らは何処までも何処までも、歩き続ける。今の僕らが、どんな僕らであうろうと、月は何も変わらず、僕らを照らし続けてくれる。それを冷たいと思えるか、温かいと思えるのか。それを決めるのは、すべて…僕ら」

 emの言葉を受け、月照ラスが歌い奏でたのが『少年と月』。無防備だったからこその強さを持っていた、少年や少女の頃の自分。少しノスタルジーな気分へ浸りながら、その当時の感情へ、今も夢見続けてゆく力を重ねあわせ、月照ラスは甘い旋律に乗せて歌を届けていた。emの優しい歌声の綴る物語に思いを寄り添え、同じ思いの色を感じあっていたい。美しくも高揚した演奏の上で、気持ちが揺れ動くままに抑揚した声でemは歌いあげる。その物語にしっかり気持ちを寄り添え、同じ景色を見ていたい。

 emの語る朗読が、物語の扉を次々と開いてゆく。
「夢と現実の狭間、どちらが夢で、どちらが現実かなんて、誰も証明はできない」

 

2

 

  荒ぶる重厚な音を掻き鳴らし、月照ラスはフロア中の人たちの感覚を揺さぶりたす。月照ラスは『Daydream』を通し、心をかき乱す迷宮へ観客たちを導きだした。揺れ動く気持ちのままに声を張り上げ歌うem。美しさの裏には狂気が潜む。この曲で月照ラスは、狂気が照らす美しさを形にするように歌い演奏していた。重厚かつハード&シンフォニックな演奏の上で、沸き立つ感情のままにemは歌いあげる。その声に向け、フロアのあちこちで拳が高く突き上がっていた。

  勢いをさらに加速させ、眩い月明かりへ向かって駆けだすよう、最後に月照ラスは『サヨナラと言えない僕に』を突きつけた。黒い音の上にエモい衝動を描き加えながら、月照ラスのメンバーたちは沸きだす気持ちのままに歌い奏でていた。いつしかemは、マイクスタンドに設置したマイクを両手でギュッと握りしめ、熱情した思いをぶつけていた。フロアから生まれた熱を受け止め、一体化した景色を描きだす月照ラス。月明かりに照らされたエモい高揚が、嬉しく胸を揺さぶる。上がり続ける、高ぶり続けるこの高揚を持って、一緒に美しい狂気に溺れ続けようじゃないか。

 「またこの場所で待ち合わせしよう」と挨拶をしながら、月照ラスは次の出会いの約束を交わしていった。

 

3

 

PHOTO: 朝藤猛
TEXT:長澤智典


セットリスト 
『Moonshot』
『My Criteria』
『少年と月』
『Daydream』
『サヨナラと⾔えない僕に』


SNS

https://tsuki-terasu.jp/about.php
https://twitter.com/tsukiteras_band

GALPO LIVE SHOW
https://ch.nicovideo.jp/galpoliveshow


Mashup LIVE -異彩- streaming by GALPO LIVE SHOW Vol.3
日程 2023年3月27日(月)
会場 渋谷DESEO
前売り 3000円 当日 3500円
開場18:15 開演18:45
配信 ニコニコチャンネル「GALPO LIVE SHOW」月額会員様
出演 ちゃくら/太田家/囁揺的音楽集団AsMR/月照ラス

チケット購入はこちら!
https://r.funity.jp/mashuplive_vol3

一般/当日券
https://eplus.jp/sf/detail/3830130001-P0030001P021001?P1=0175

ニコニコチャンネル 
https://ch.nicovideo.jp/galpoliveshow

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.06.15
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2024.06.12
ガルポ!ズ LIVE レポ