FEATURE

2024.02.19
Jams Collection

2人の関係性にいっぱいキュンキュンしちゃうと思います。 Jams Collection インタビュー 

 11月12日(火)に日本武道館でのワンマン公演も決定。「デビューから3年後には日本武道館に立つ」約束をみごと叶えたJams Collection。彼女たちが、2月21日(水)に両A面3rdシングル『冬空ラプソディー/トキメキ NEW WORLD』を発売する。同作品の魅力を、メンバーを代表して神楽胡音・大場結女が語ってくれた。


「あのときの2人は、もうデートをするくらいの関係にまでなったんだなぁ」というのが伝わってきて嬉しくなりました。


──Jams Collectionの最新シングルは、『冬空ラプソディー』と『トキメキ NEW WORLD』の両A面作。『冬空ラプソディー』は、前作『Vacation』に収録している『君色花火』の続編とも言われています。お2人とも、その事実を踏まえて『冬空ラプソディー』に振れた形でした?

大場結女  『君色花火』のときは、手を繋ぎたいけど、まだ自分の気持ちを伝えられず、心の中へずっと秘めている状態でしたけど。夏から冬の季節に変わった頃には、一緒にデートをしながら、しっかり手を繋いでいる関係性にまで2人には進展がありました。しかも、女の子の心境からもいろんな変化が見えてきたから、初めて楽曲を聴いたときから、ずっとドキドキしていました。

神楽胡音  確かに『冬空ラプソディー』は、『君色花火』の続編になっていますよね。とくに『冬空ラプソディー』の歌詞には、デートをしてゆく過程での女子のドキドキした気持ちが細かく書いてあるから、素敵だなと思いました。
  『冬空ラプソディー』には、好きな歌詞がいっぱいあります。とくに、冒頭で「あぁ 少し早く来ちゃったな 寒いけど君を待つの嫌いじゃない」と歌いだすところで、すでに相手と待ち合わせをしているのがわかるじゃないですか。「あのときの2人は、もうデートをするくらいの関係にまでなったんだなぁ」というのが伝わってきて嬉しくなりました。聴かれる方も、2人の関係性にいっぱいキュンキュンしちゃうと思います。

──『冬空ラプソディー』のMVの内容についても聞かせてください。

大場結女  綺麗なイルミネーションの広がる街や結婚式場を舞台に撮影をしました。街中のシーンの撮影は、マフラーを巻いた姿とはいえ本当に寒かったです。だけど、その寒さを感じさせないように撮影をしていました。とくに見どころは、衣装姿で、結婚式場前で撮ったダンスシーン。キラキラとした真っ白な衣装姿だから、すごく背景に映えた姿で見えると思います。 

神楽胡音  確かに、あの日の撮影は、どこのシーンもめちゃめちゃ寒かったよね。

大場結女  見てわかるように、みんな肩も足もお腹も露出している衣装姿。しかも冬の外撮影だったから、歌詞の一節じゃないけど、本当にかじかんでいました(笑)。

神楽胡音  歌詞のように、かじかんだ手をさすりつつ、震えながら撮影をしていました。もしかしたら、よーく見ると手が震えているのがわかるかもしれない??

大場結女  みんなの鼻が赤くなっていたりしてね(笑)。

神楽胡音  撮影前後は、ずっとカイロを手にしていたし、見えない部分にカイロを貼ったりもしていましたけど、でも寒かったです(笑)。


それぞれのセリフの部分は、まさしく"キュン"のポイントですよ!!


──もう1曲のA面作が、『トキメキ NEW WORLD』になります。


神楽胡音  『トキメキ NEW WORLD』は、まさに"乙女心"って感じです。その中で、「こんなに胸がぎゅっとなる気持ち (初めての気持ち)」と歌っているように、『トキメキ NEW WORLD』に出てくる女の子は、初めての恋をしているのかな??とも想像できます。『トキメキ NEW WORLD』には、まさに"初恋"のときの女の子の気持ちそのまんまが描かれているから、本当にピュアな乙女心をわたしは感じていました。

大場結女 『トキメキ NEW WORLD』には、いくつかセリフも出ています。それぞれのセリフの部分は、まさしく"キュン"のポイントですよ!!ライブの場合、その場の状況次第で感じる気持ちも変わっていくから、その場、そのときの状況や環境に合わせた感情のセリフになると思うので、そこも、ライブごとの楽しみにしていてほしいです。

──Jams Collectionって、セリフの入っている楽曲も多いですよね。ライブのたびに、セリフ部分へどう感情を乗せるかも考えているのでしょうか?

大場結女  レコーディングでは考えますね。今回のシングルで言うと、わたしは『Xの方程式』の中でセリフを言っていますけど。そこは、いろんな感情の込め方をしたセリフを事前に用意し、実際に声に出して録音。「一番『Xの方程式』に似合うセリフ」と思った感情でレコーディングへのぞみました。ただし、ライブになると、その場、そのときの環境に合わせた気持ちでセリフを言うから、わたしを含め、みんな、そのときの環境や感情次第で言っていると思います。それこそ、照れてしまっていたら、照れたセリフになるし、盛り上がった空気のときには、盛り上がった感情のままに言ったり。そこはみなさん、ライブごとに楽しんでください。

──胡音さんは、セリフを言う機会は…。

神楽胡音  Jams Collectionの楽曲の場合、かわいいセリフが多いんですね。でも、わたしのキャラクターが格好いい系寄りだからなのか、セリフを担当することはあまりないです。歌詞の歌割でも、ブリブリにかわいい歌詞を歌うことはそんなにないです。でも、『スキスキリフレイン』では、「どっちの味が好み?」と、かわいくセリフを言っています。かわいいパートを歌うことの少ないわたしが、『スキスキリフレイン』ではかわいくセリフを言うからこそ、わたしのファンの人たちは、ライブで『スキスキリフレイン』を歌うと、わたしの言うセリフ部分を楽しみにしてくれます。それをわかっているからこそ、わたしも『スキスキリフレイン』を歌うときは、自然と気合が入ります(笑)。
  ただ、結女ちゃんも言ってたように、セリフを言うときの感情の入り方って、ライブの状況によって変わるから、そのときになってみないことには、どういう気持ちになってセリフを言うのかは自分でも正直わかりません。だからこそ、そこがライブならではの楽しみ方になっているんでしょうね。


最新シングルの『冬空ラプソディー/トキメキ NEW WORLD』は、1曲1曲本当にボリューム感があるというか、聞き応えのある楽曲がいっぱい詰まっています。


──それぞれ、最後にメッセージをお願いします。

大場結女  Jams Collectionと言えば、夏曲のイメージが強いですけど。『冬空ラプソディー』は、冬を舞台にした楽曲になります。Jams Collectionにとっても、貴重で素敵な冬曲をいただけたので、夏曲のときと同じように、今回の冬曲もたくさんの人たちに届けたいなと思っています。
  今回のシングルには、両A面となるもう1曲の『トキメキ NEW WORLD』も含め、タイプの異なるいろんな楽曲を収録しています。ほんと、アルバム並に聞き応えのある作品だからこそ、何度も何度も聞いてほしいし、その中から、自分のお気に入りとなる楽曲を見つけてもらえたらなと思います。もちろん、全曲好きになってくれたら嬉しいです。
  そのリリースを踏まえつつ、11月12日には日本武道館での単独公演も決まりました。日本武道館という場所に立たせていただく以上は、後悔しないように、その日を通過点にしながら、Jams Collectioの更なる未来へ繋げていきたいし、その姿を見せられる日本武道館公演にしようとも思っています。

神楽胡音  最新シングルの『冬空ラプソディー/トキメキ NEW WORLD』に収録した曲たちは、1曲1曲本当にボリューム感があるというか、聞き応えのある楽曲ばかりです。8人体制になって2枚目のリリース作品であり、冬のJams Collectionを見せてゆく作品にもなっています。ぜひ、今の8人体制のJams Collectionの魅力を存分に味わってください。
  私たちは、結成したときから「3年後には日本武道館に立つ」ことを目標に活動をしてきました。これまでに何度もワンマン公演を行ってきましたけど。やりきった感と同時に、いつも新たな課題も生まれてきました。でも、けっして悔いの残るライブはしてないし、日本武道館公演だって、悔いの残るライブにはしたくないからこそ、本番当日までにしっかり準備を整えてステージに上がりたいと思っています。正直、不安がないと言えば嘘になります。でも、当日は絶対に全力で楽しむし、日本武道館公演を、Jams Collectionにとって本当に宝物になる日にしていきたいです。 


TEXT:長澤智典 
 

<インフォメーション>


アー写

『冬空ラプソディー』MV 
https://www.youtube.com/watch?v=hX4UpSDIfqU


【商品詳細】
2024年2月21日(水)発売
Jams Collection 3rd-Single 「冬空ラプソディー / トキメキ NEW WORLD」


JKT
 <Type-A> TKCA-75221
価格¥1,091-(税抜)¥1,200-(税込)

M1. 冬空ラプソディー
M2. トキメキ NEW WORLD
M3. Believe in Believer
M4. 冬空ラプソディー -Instrumental-
M5. トキメキ NEW WORLD -Instrumental-
M6. Believe in Believer -Instrumental-


JKT
<Type-B> TKCA-75222
価格¥1,091-(税抜)¥1,200-(税込)

M1. 冬空ラプソディー
M2. トキメキ NEW WORLD
M3. Xの方程式
M4. 冬空ラプソディー -Instrumental-
M5. トキメキ NEW WORLD -Instrumental-
M6. Xの方程式 -Instrumental-


JKT
<Type-C> TKCA-75223
価格¥1,091-(税抜)¥1,200-(税込)

M1. 冬空ラプソディー
M2. トキメキ NEW WORLD
M3. フューチャーライダー
M4. 冬空ラプソディー -Instrumental-
M5. トキメキ NEW WORLD -Instrumental-
M6. フューチャーライダー -Instrumental-

各音楽配信サービスにて配信中
https://tjc.lnk.to/C2g0pjqz
 

【イベント情報】
・『冬空ラプソディー/トキメキ NEW WORLD』発売記念リリースイベント実施中
詳しくは、徳間ジャパンコミュニケーションズ Jams Collection アーティストページをチェック
https://www.tkma.co.jp/jpop_top/Jams.html

・2024年11月12日(火)
日本武道館 単独公演開催決定!

その他ライブ情報はJams Collection公式サイトをチェック

Jams Collection official website 
https://jamscollection.jp
 

【Link】
・津代美月 (Mizuki Tsushiro)
https://twitter.com/mizuki_jams

・神楽胡音 (Koto Kagura)
https://twitter.com/koto_jams

・一宮彩夏 (Sayaka Ichimiya)
https://twitter.com/sayaka_jams

・保科凜 (Lin Hoshina)
https://twitter.com/HoshinaLin_jams

・水瀬さらら (Sarara Minase)
https://twitter.com/sarara_Jams

・村望しおん (Shion Muramochi)
https://twitter.com/shion_jams

・小此木流花 (Ruka Okonogi)
https://twitter.com/ruka_jams

・大場結女 (Yume Oba)
https://twitter.com/yume_jams

・Jams Collection official X
https://twitter.com/JamsCollection

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.04.16
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2024.04.16
ガルポ!ズ INTERVIEW