FEATURE

2023.11.30
anew 

anew インタビュー

異日常なアイドル活動こそが日常なんです。

 まもなく、デビューから1年が経とうとしているanew。2022年12月に、地元の山形でイベント「CHIKAKARA」を主催し、デビュー。同イベントは、今も毎月山形で行われている。5月には、台湾のロックフェスティバルへ出演。11月より、初の全国ツアー「CHIKAKARA anew Tour 2023 異日常」を行うなど、活動1年未満のグループにも関わらず、精力的に異日常なアイドル活動を行っている。
  12月2日には渋谷STAR LOUNGEで、3日には、山形 Sandinistaで、ワンマン公演も決定。現在、1stフル・アルバム『異日常』を配信リリース中。英国のJ-POPチャートで1位を獲得。同作品は、1月1日(予定)にCD盤としても発売になる。
  "山形から世界へ"を胸に活動中のanewのメンバーをキャッチ。1年に渡る活動を振り返る話をしてもらった。


いくら友達になりたくても、アイドルとファンはずっとその関係なので。そこを間違えちゃうとおかしな方向にいっちゃうから難しいところかなと思っています。


──2022年12月よりライブ活動をスタート。1年前と、だいぶ心境は変わりました?

桃兎まいみ  う~ん、まぁ‥最初の頃よりも大きいイベントに呼んでもらえるようになってきたから、ライブの本数が増えてありがたい気持ちもあるんですけど。みんなの期待に応えるためにも、もっと頑張っていかないとな…という気持ちはあります。以前に比べたら責任感が出てきているのは、たくさんのライブを重ねてきた経験が大きいと思います。

──ここなさん、アイドルですか?
 
姫ここな  姫です。
                                    
──飲んでます?

姫ここな  ストゼロで、ストロングです。

──ここなさんも、心境の変化は大きいてすか?

姫ここな  1年前と変わったことですか?ちゃんと生活してるなぁ。。。これでも前よりかは、ちゃんとしてるなぁって感じです。でも‥休むときも必要。

──生活のペースもだいぶ変わったんじゃない?

姫ここな  外に出る機会が多くなったので、変わりました。以前はずっと家にいて夜しか動いてない生活だったけど、今は、朝も早いです。

──朝、早いと大変じゃない?

姫ここな  でも、寝なければどうにかなる(笑)。

──アイドルとしての気持ちの変化は?

姫ここな  う~ん、アラームかけなくても起きれるようになったので、そこの変化はでかいですね。

──あまねさんは、どうですか?

中あまね  あんまり変わんないです。確かにまわりの環境は変わってきているけど、自分を取り巻く環境はあまり変わらないです。

──でも、生活のペースはだいぶ変わったんじゃない?

中あまね   ありがたいことですけど、忙しくて大変ですね。休みがないのは疲れます(笑)。

──りこさんは、どうですか?

紬祇りこ  わたしもあんまり変わんないです。ただ、ライブすることに慣れた感はあります。デビューライブのときは、ファンサみたいのがまったく出来なくて、ただ躍って歌うだけでいっぱいいっぱい。とにかく一生懸命みたいな感じでしたたけど。今は「ヤッホー!!」みたいな感じで、ファンサがたくさん出来るようになったことの変化はあります。

中あまね  やっほー!

紬祇りこ  やっほー!!

──ファンの人たちとの絆も深くなってきていない?

紬祇りこ  でも、最近は近すぎるかなとも思うんですけど(笑)。そこのバランスをどうしようかなぁってところですかね。

──絶妙な距離感は必要だ。

紬祇りこ  ファンの人たちとは本当に仲がいいんですけど。、でも、近すぎたら近すぎたで友達みたいな感じになっちゃうじゃないですか。でも、いくら友達になりたくても、アイドルとファンはずっとその関係なので。そこを間違えちゃうとおかしな方向にいっちゃうから、そこが難しいところかなと思っています。

──その意識が高まっているのも、ライブ経験をたくさん積んできたから?

紬祇りこ  だと思います。ファンの人たちにも、「1年も経ってないのに、これくらいライブ出来るのすごいね」とよく褒めてもらえるから、たぶん成長してるかなって思いたいです

──anewって、初ライブ時から、客席に乱入して暴れていたくらいの壊れっぷりを見せていましたよね。

中あまね 今も変わらず、できる環境のときは突入しています。

紬祇りこ 自分たちのやりたいことをやっている感じです。

──いろんなアイドルと対バンをしてきた中、anewらしさを感じることは増えました?

中あまね  なんか、むちゃくちゃやってるなって。

姫ここな  好きなことやってるなって。

桃兎まいみ  たとえめちゃくちゃやっていても、自分たちが楽しんでいると、ファンの人たちも同じ雰囲気になって楽しんでくれているなとも感じています。

2

 


今や、家族よりもメンバーの顔を見ている気がする。でも楽しんでます。


──anewは、5月に台湾で行われた音楽フェスにも出演しましたよね。どうでした?

紬祇りこ  う~ん、日本食が恋しくなりました(笑)。海外と日本だと全然違うなぁと思った。なんか日本って、ヲタク文化としてコールとか根強いじゃないですか。出演したのが音楽フェスだったからなのか、台湾の人たちってそういうのがなくて。アイドルフェスに近いイベントにも出たんですけど。そのときも、フェスみたいな感じで盛り上がっている人が多いなって印象。台湾って日本と近いけど、近い海外でも、それだけ違う盛り上がり方をするのが面白かった。しかもあの頃は、経験のない環境でライブをするのがほぼ初めての状態でフェスに参加したので…。

──あのときが、音楽フェスは初体験になったんだ。

紬祇りこ  はい。それまで一般的なフェスに参加したことがなく、アイドルの人たちだけのイベントに出ていたので逆に新鮮だったというか。「おっ、こういう盛り上がり方をするんだ。じゃあ次にこういう場があったときは、こういう感じで対応しよう」と、いろんな風に盛り上がりの対応ができるようになってきました。実際に山形で行われた花火大会や芋煮会、バンドばかりが出演した米沢で行われたロックフェスへ出演したときに、台湾での経験が生かされたなって思いました。

──台湾のライブまでにライブ経験って、まだ十数回?

紬祇りこ 20回はやってなかったです。だからこそ貴重な経験でしたし、あのときの経験は、今もいろいろと生かされているなと思います。

──以前からそうですが、最近はとくに毎週末ごとに全国各地へライブのために遠征。一週間、山形にいることがない生活じゃない?

紬祇りこ  いないです。今や、家族よりもメンバーの顔を見ている気がする。でも楽しんでます。

──1年前に、今の姿は想像つきました?

紬祇りこ  もっと上にいってるかと思ってた(笑)。もっと売れててもいいのかなぁと思っていました。以前からanewの曲って、アイドルファン以外の人たちも聴いてくれている印象があったんですよ。だからアイドルを好きじゃない人もたくさん聴いてくれたり、ライブに足を運んでくれるかなぁと思っていたら、「あっ、聴いてはくれても、ライブには来ないんだな」と思って。

──それが今の状況だ。アルバムの評判がいいのに、なかなかライブには来てくれない。

紬祇りこ  そう思います。そこをどうするか‥でも、どうすればいいんだろう。

中あまね   告知しても来るわけじゃないから、こっちからではどうすることもできない…。

紬祇りこ  こっち側からどうにかしたくても、やり方がわからない。新しいアイドルさんとの対バンもいろいろしているけど。そのお客さんがanewだけのイベントに来てくれるのかなぁと思ったら、そうじゃないのかなぁと感じると、意外と状況は厳しいです。

──でも、そういう意識を持てるようになったのが大きな変化じゃない?だって、1年前は思っていなかったでしょ。

紬祇りこ  あっ、確かに思ってない(笑)「お客さん、来るかなぁ」みたいな(笑)。いろんな経験をしたからこそ、そういう想いになっているんだと思います。


何を考えてるかなぁ。「ライブの日の朝が早くてつらいなぁ」とか。


──みなさん、日頃からanewについて考えることが増えています?

中あまね   そうですね。でも、何を考えてるかな?考える時間は増えていますけど。何を考えてるかなぁ。「ライブの日の朝が早くてつらいなぁ」とか。それこそ、今ツアーでcana÷bissさんとご一緒させていただいている中、レベルの高いアイドルさんのライブを見ると、そのあとのライブへ「こういう歌い方や表情を取り入れてみよう」となるように、刺激はたくさんもらえています。

──そこは、ここなさんも一緒?

姫ここな  う~ん、準備をしていると、あんまり対バンさんのライブを見る時間がなくて。どっちかと言ったら、自分が好きなアイドルさんのYouTubeを観て、なんか真似出来るところは真似してみたいな…。

──anewの場合、本当に早いタイミングで新曲をぶち込んできますよね。覚えるのも大変じゃない? 

姫ここな  別に、そんなことはないです。

桃兎まいみ  それよりも、ライブのときにそれらの曲をどういう風に表現したらいいか、どうやったらお客さんがこの曲でノッてくれるのかとか、前よりもちゃんと考えるようになりました。ただ、anewの曲は、どれもアイドルさんっぽくはないので、なかなか解釈が難しいなって思います。ライブで何回かやって、ようやく感覚をつかんでくみたいな感じかなと。

──この曲は感覚をつかむのが難しかったという曲があったら教えてください。

桃兎まいみ  自分的には、『Genreless』。冒頭の部分とか、歌というよりも、しゃべっているみたいな感じだったから、歌い方をどう表現してよいのかがわからなくて悩みました。

3


生誕祭よりも飲みのイベントを開いて、シャンパンタワーやテキーラ観覧車をやりたいです。

 
──これまでにanewは、3人が生誕祭を3人経験。普段のライブとは、また違う刺激や新鮮さがありました?

紬祇りこ  自分のことが好きな人の熱狂の圧?がすごかったです。ソロで歌ったときは、バーとすごい数の人が前に来て、「こんな、いっぱいの人がいるんだ」「自分のことを好きな人がこんなにもいるんだね」って思った。あの日は、台湾からもファンの人たちが来てくれたのには、びっくりしました。

──ちょっと不思議な感覚だ。

紬祇りこ  嬉しいけど、不思議でした。「台湾から、わざわざ山形まで来る人って実際にいるんだぁ」みたいな。しかもその日の後に、山形の大きな花火大会に出て歌ってと、あの日はずっとバタバタでした。

──その次が、まいみさんでしたよね。

桃兎まいみ  こんなにたくさんの人に誕生日を祝われたことがないから、不思議な気持ちになりました。そうなれたのも、これまでの活動があったからこそ、わたしの生誕祭にもみんなが来てくれて、祝ってくれたのかなと思えたら嬉しかったです。

──わたし、モテてるという感覚は?

中あまね   愛されてるなって感じだよね。

桃兎まいみ  ファンの人たちの愛をすごく感じました。

──3番手が、あまねさんでしたね。

中あまね   何しても怒られないというか、何をやってもお祝いしてくれるムードだし、やりたい放題できるのが生誕祭だなと思ったから、普通にやりたいことをやりましたし、それが楽しかったです。わたしは、ハードコアのバンドさんと一緒に歌いました。コラボでも、やりたい放題できた気がします。

──ここなさん誕生日は?

姫ここな  1月です。わたし、歌やダンスが上手いわけでもないし、一人でステージに立つのがそんな好きではないから。だったら飲んでたほうが楽しい。だから、生誕祭よりも飲みのイベントを開いて、シャンパンタワーやテキーラ観覧車をやりたいです。なので、わたしの生誕祭は、ライブではなくて、みんなとの飲み会がいいです。


正直、何が日常で、何が異日常なのかがよくわかんないです。


 ──anewは、1stアルバム『異日常』を配信リリースしました。じつは8cmシングルの『位置情報なし』をリリースした頃から、すでにアルバム制作へ向けての新曲作りをしていたんですよね。

中あまね  「年内中にアルバムを出すよ」とは言われてたけど、次々と新曲が生まれてゆく中、それがアルバム収録曲になるとは思っていなかったというか、今振り返ると、そこまでアルバムのことを意識はしていなかったかもしれないです。 

──新曲が届くたびに、それを自分の中で昇華することで精一杯だ。

中あまね   そうですね。新曲が届くたびに、毎回1-2週間で覚えて披露する流れがほとんどだったから大変でした。

──そして気づいたら、生活の中心が完全にanewになっていた。

中あまね   そうですね。思ってた以上に楽しいけど、覚えることも多いから大変さもあります。

姫ここな  でも、そんなに休みっていう休みはいらないので。anewの活動を終えて帰ってきてからも、普通に寝て、お昼から仙台へ行って遊んだり飲んだりもしているので、そんな大変ってことはないです。でも、一度だけオールで仕事にいこうとずっと飲んでいたら、出かける直前くらいの時間でつぶれてしまったことがありましたけど。失敗は、その1回しかないです。

──ここなさんはanewどっぷりの活動を楽しんでいますけど。まいみさんは大学との両立があるから、けっこう大変じゃない?

桃兎まいみ とくに平日は授業と学校の課題、anewの課題と、やらなきゃいけないことがいっぱいあって、てんてこ舞いです。しかもツアーが始まってからは、さらに覚えることも増えてきて、ほとんど休みがないので、いっぱいいっぱいになっちゃったりもします。だけど、anewに対する充実度は深くなってきています。もし今、anewがなくなったら絶望や喪失感しか出てこなくなります。

紬祇りこ それくらいみんな、anewの活動があって充実しながら生きてます。

──この忙しさって異日常だと思うんだけど、みんなにとっては異日常の日々が日常になっている感じだ。

中あまね  正直、何が日常で、何が異日常なのかがよくわかんないです。とにかく今は、目の前のことを‥の意識ばかりです。確かに、今までの日常がガラッと変わっちゃったなというか。出させてもらうライブとか、全国ツアーへ向けて必死にやっている今など、1年前と比べたら変わったなぁと思いますけど。正直、振り返る余裕はないです。

4


ツアーの最後となる東京と山形公演では、アルバムに収録した曲を全部どころか、anewの持ち歌17曲を全部披露します。


──よければ、それぞれアルバム『異日常』に収録した中でのお勧め曲をあげてください。

桃兎まいみ アルバムのミックスを終えた楽曲を聴いて「すごくいいな」と思ったのが、『偶像依存SHOW』です。この曲のレコーディングをしているとき、ずっと叫んでいたから、どんな仕上がりになるのか正直わかんなくて不安なところがあったんですけど。出来上がったのを聴いたらほんとに一個の劇みたいな感じで、1曲の中で展開がたくさんあるから、聴いてて飽きない曲だなって思いました。

姫ここな 配信リリースされてからいいなと思ったのが、『しゃぼん』。今じゃ、アルバムを聴くときに『しゃぼん』から流すくらい好きです。『しゃぼん』は新鮮です。でも、全部好きです。

中あまね 『Debut』がお勧めです。わたしはノリアキさんが好きで、生誕祭にお呼びしようと思ったんですけど、都合がつかなくて。だけど、それ以降もあべべプロデューサーに連絡を取り合っていただいていく中、今回、ノリアキさんの曲をカバーさせてもらえることになったので嬉しいです。

紬祇りこ 『どうせ馬鹿にしてるだろ?』の歌詞が、なんかわかるなぁというか、共感しやすいから好きです。しかも歌いやすいから、ライブで歌っていても楽しい曲になるんじゃないかなって思います。逆に、『異日常』の歌詞はよくわかんなかったです。でも、面白いフレーズが多くて、逆に「なんだろう」と興味が深くなります。

──みなさん、アルバム『異日常』を作り終えての手応えを、どのように感じています?

姫ここな  いろいろ詰め込んだアルバムです。

紬祇りこ  収録した10曲全部が違う感じの曲調じゃないですか。だから聴いてて飽きないし、面白いなぁと思います。

中あまね   アルバムに10曲収録することが決まれば、ツアー前に全曲をレコーディングしていたから、正直、歌入れの日程も詰め詰めで大変でした。今、やっている全国ツアーでは、アルバム収録曲を半分くらいしか披露していないけど、ツアーの最後となる東京と山形公演では、アルムに収録した曲を全部どころか、anewの持ち歌17曲を全部披露します。

桃兎まいみ  1つも色のかぶる曲がないアルバムってなかなか無いと思うから、作っている段階では大変だなと思ったんですけど。そのぶん、ファンの人たちも新しい曲をたくさん聴けて嬉しいってなるのかなと思ったし、新しい曲の表現もたくさんあるから、いい作品になったと思います。

5


2本のワンマン公演は、良くも悪くも今のanewのすべてが見れる場所になるからこそ来てほしいです、


──そして、12月2日と3日に東京・山形で行うワンマン公演へ向けてですが…。

紬祇りこ この1年間頑張ってきた成果が、きっと、この2本のワンマン公演に出ると思うので、今まで1回でもanewのライブを観に来てくれた人だったら,全員来てほしいと思います。今、anewが持っている全曲を披露するから、観ないともったいないと思います。

中あまね  正直、不安ですね。成長した姿を見てもらうといっても、まず、ワンマン公演に来てくれるかどうかは相手次第だし、どうやったら来てもらえるのかを考えなきゃいけないけど、それがわからないからこそ不安はずっとあります。でも、考えててもどうにもならないので、目の前を頑張るしかないです。

姫ここな  今、全国ツアーをやっているから、anewを見つけてもらう機会は多い感じですけど。あとは、どうやったら直接ワンマン公演に会いに来てもちえるか…。会いに来てもらえるように頑張ります。
 
──山形での主催には、地方から来てくれる人たちも増えていますよね。

姫ここな  確実に増えています。そういう人たちは、いろんな地域にもライブを観に来てくれるから励みになります。山形の人の中にも遠征してくれる人たちはいるけど、でも、地元のライブだけという人も多い印象です。 それでも、ライブに来てくれることが嬉しいから、もっともっと山形も、全国のファンの人たちを増やしたいです。

桃兎まいみ  2本のワンマン公演は、良くも悪くも今のanewのすべてが見れる場所になるからこそ来てほしいです、この日は、anewの持ち曲を全部歌うからこそ、いろんな曲を聴きたい、この曲を聴きたいという人も絶対に聴けるし、楽しめると思います。


もし、「ラーメンを食べるな」と言われても食べます。


──みなさん、アイドルとしての自覚も強くなりました?

紬祇りこ  アイドル活動はめっちゃ楽しいんですけど、何が変わったかと言われたらまったく変わらないっていう。楽しくやっていく中、ライブのレベルが成長していくのはわかるんですけど。アイドルの意識に変化は??と言われても、わかんないです。体型を考えての糖質制限とか、ボイレトに個人的に通おうとか、誰から見られてるかわからないから変装して行動しようとか、そういうのはまったくないです。

──食事制限などは,、とくにしてないし。

紬祇りこ  バキバキの食事制限とか、わたしはアイドルだからジムに通って身体を鍛えて…とかは、ないです。以前と、何も変わらないです。「お前はアイドルになってもこういうことをしているのか」でいいです。アイドルのときと普通のときと何も変わらないし、それがいいです。

桃兎まいみ  わたしも、以前と同じ意識のままでいる気がします。もし、「ラーメンを食べるな」と言われても食べます。それで制限されて楽しくなくなるどころか、逆に嫌だとなるくらいなら、自分たちが楽しみながらやるのが一番だと思うので。何も変えたくないです。

中あまね   わたし、アイドルの自覚がそもそもなくて。きっと、卒業するときになって、「あっ、わたしアイドルしていたんだな」ってなるのかなと想像します(笑)。

姫ここな   ステージの上で飲めないのが悲しいんですよね。飲みたい。 

中あまね   私たちみんな、自分たちのことを客観的に見れないし、評価もできなくて…。でも、 活動を始めてから1年経ってないのに、全国ツアーをやらせてもらうなど、そういう環境を整えてもらえているのはすごくありがたいことだし、わたしたちが1年間やってきたことが今の形へ繋がっているわけですけど。その状況を見た人たちから「すごいねぇ」と言われても、「あっ、ありがとうございます」くらいの言葉しか出てこないです。「だって、わたしたちこんなに頑張ったもん」とはならないです。だけど、それこそがanewなんです。一つ言うとしたら、少しゆっくりとできるお休みをください(笑)。

TEXT:長澤智典 


anew 1st FULL ALBUM『異日常』リリース
★2023.11.10 リリース!!
https://linkco.re/u3FqBQpB

anew 1 st FULL ALBUM
『 異 日 常 』
1 メリーさんの数字
2 Genreless
3 異日常
4 ぼくたちに明日はない
5 しゃぼん
6 偶像依存SHOW
7 ヤメテヤメテトメテ
8 どうせ馬鹿にしてるだろ?
9 Debut original ノリアキ
10 完敗乾杯

 

CHIKAKARA anew Tour 2023〜異日常〜

<ワンマンライブ>


●12/2(土)渋谷Star Lounge
ゲスト:はる陽。 /ノリアキ
出店:マ!
OPEN 17:00 START 17:30 
前売り \3,000 当日 \3,500
入場優先・限定ワンマンTシャツ付きチケット \6,000
入場優先・サイン付きツアー写真集・限定ワンマンTシャツ付きチケット \10,000

●12/3(日)山形SANDINISTA
OPEN 15:00 START 15:30
前売り \3,000 当日 \3,500
VIP入場優先・限定ワンマンTシャツ付きチケット \6,000
VVIP入場優先・サイン付きツアー写真集・限定ワンマンTシャツ付きチケット \10,000
※来場者特典映像有り

<チケット プレイガイド>
●ワンマンチケット
L:22905
https://l-tike.com/search/?keyword=22905


『Debut』 original ノリアキ / anew
https://www.youtube.com/watch?v=XMWE-XJ-BSU


SNS

https://anew.ink/
https://twitter.com/anew_idol

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.02.26
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2024.02.22
ガルポ!ズ LIVE レポ