FEATURE

2023.07.26
milk&honey

team milkは、平和の象徴のようなグループですし、そこがteam milkのいいところです。 milk&honey(team milk)インタビュー

 岡本真夜が全面プロデュース。11人組のアイドルグループmilk&honeyが、メジャー1stシングル『DA・DA・DA』を7月26日にリリースします。milk&honeyの中には、「team milk」「team and」「team honey」と3つのチームが存在しています。今回は、チーム毎にインタビューを実施。ここでは、「team milk」のメンバーに語っていただきました。


milk&honeyの魅力とは…。 


――まずは、みなさんの所属しているmilk&honeyの魅力から教えてください。

鐡うの milk&honeyの魅力は、一人一人の個性が強いことです。メンバー各々、よく配信をしていますけど。それぞれの配信を見るたびに、個々の魅力の違いが見えてくるから、配信を見るたびに興味が沸けば、メンバー全員のことを好きになれる。そこにわたしは魅力を感じています。ライブ後の特典会でも、みんなが特定の人だけではなく、いろんなメンバーのところへお話をしに来てくれるのも、みんなが魅力を持っているからだとわたしは思っています。

アー写
▲鐡うの

――メンバーが11人もいると、自己アピールしていくのも大変じゃない?

鐡うの  誰一人、キャラクターがかぶってないから、各自のことを知るほどに個々の魅力の深みにはまっていける。そこはとくに意識しなくとも、それぞれが自分らしく自由に活動をしていれば大丈夫だと思います。

――次は、佳朋さんお願いします。 

宮田佳朋  milk&honeyの魅力は、みんなビジュアルがいい。とにかく、みんなかわいいんですよ。かわいいのに、なぜか面白さのほうが、かわいいよりも勝っちゃうんですよね(笑)。だから、一緒にいて飽きない。ほんと、ふっとした瞬間にみんなで笑いあっていたり。そういうところに、わたしは居心地の良さを感じていますし、そこがグループとして好きなところです。

アー写
▲宮田佳朋
 

――しおりさんが感じている、milk&honeyの魅力とは?

朝生しおり メンバーが11人という大人数のグループだからこそ、ライブでのバリエーションはすごく多いですし、見どころも多いと思います。ファンの方にも、「11人もいると、ステージ上から放たれる迫力や圧がすごいね」と言われるくらい、大人数でドーンと見せるライブこそteam honeyの魅力だとわたしは感じています。

アー写
▲朝生しおり


――最後は、杏樹さんですね。 

永井杏樹  milk&honeyは、岡本真夜さんの書いてくださったオリジナル曲と同時に、『TOMORROW』など、真夜さんが歌ってきた楽曲も、新たなアレンジにして歌っています。耳馴染みの良い曲であるのは、もちろん。初見の方でも「あ、聴いたことがある」となる曲をいろいろと歌っているから、グループに馴染みやすいと思います。実際に、真夜さんのカバー曲を入り口にファンになってくださる方々も多いです。そして、11人というメンバー構成。その人数で見せるパフォーマンスは、とても華やかだから、そこもライブでの見どころになってします。
  何より一番の魅力が、みんなの一生懸命さ。まだまだ活動を始めて間もないから、みんなもライブ中は必死に合わせながらパフォーマンスをしていますけど。そのときに見せる真剣さや必死な姿、一生懸命にライブへ向かう思いは、同じメンバーでいながら「わたしも頑張らなきゃ」と気持ちを奮い立ててくれます。その気持ちを感じられるところが魅力ですし、互いに切磋琢磨しあう関係性もmilk&honeyの魅力だとわたしは感じています。

アー写
▲永井杏樹


ここへ至るまでの心境の変化は?

    
――取材時点では、活動から4か月強の日々を経過。それぞれどんな風に心境の変化や成長が見えているのか、そこも興味深いです。

鐡うの  わたしは、milk&honeyの前に、同じ事務所に所属している「民族幸組」のメンバーとして活動、milk&honeyの結成に合わせて移動してきました。以前はグループの中で最年少でしたけど。今は同世代や、年齢の近い子、年下のメンバーもいるなど、世代の近いメンバーが多いから、クラスメイトと学校生活をふたたび送っているような感覚があります。わたしの場合、気持ちの変化というよりも、その感覚を楽しんでいるところがあります。

――次は、佳朋さんお願いします。 

宮田佳朋  わたしにとって初めてのアイドル活動が、milk&honeyになります。そもそも、芸能活動を行うこと自体が、初めてなんですけど。それまでわたしは兵庫県に住んでいましたが、メンバーに選ばれたことをきっかけに上京。親も友達も…誰一人知り合いがいない環境へ、地方からポンッと一人で上京すれば、一人暮らしという寂しさもあって、上京して間もない頃は不安ばかりが増してゆく毎日を過ごしていました。milk&honeyとしての活動も、初めて経験することばかりだったから、活動間もない頃は、いろんな不安や葛藤が多すぎて、心が病んでしまいそうなくらいに気持ち揺れ動くことの多い毎日を送っていました。でも今は、メンバーと気持ちが繋がるほどに不安や寂しさも解消していけば、いろんな不安や課題を、こうやって支えてくれる仲間たちと一つ一つ解消していく中、自分の気持ちも強くなれていったなと思います。もしこれが一人だったら、今でも気持ちが不安定すぎて、きっと悩んでいたと思います。だけど今は、たとえホームシックに陥ろうと、このメンバーに支えてもらえているから大丈夫だし、今の10人がいてくれるから、わたしは活動を頑張れています。 

――しおりさんにも心境の変化があれば、聞かせてください。 

朝生しおり  わたし自身、以前にアイドル活動の経験はありましたけど。環境やグループが変われば、当然、向かう気持ちにも変化は出てきます。milk&honeyは、年齢も、育ってきた環境も、ここまでの歩み方もみんな違います。そういう仲間たちに出会え、刺激を得ていられることが嬉しいし、そこで得られる刺激こそが、今のわたしを成長させているなと実感しています。

――最後は、杏樹さんですね。  

永井杏樹   milk&honeyには、私のような経験者から、milk&honeyが初めてのアイドル活動というメンバーもいます。私のように歌は得意でもダンスが苦手なメンバーや、その逆のメンバーもいれば、歌もダンスも未経験から始めている子もいます。もちろん、経験を重ねながらその差を埋めていくのもありますけど。グループ活動を始めた頃から、苦手なことを得意なメンバーが教え、サポートする関係性が出来上がっていたくらい、お互いに助け合いながら一緒に成長できている。その関係性の中にいることで、わたし自身も成長させていただいています。そういう関係性を持って成長していけるのもこのグループの魅力だと、この4か月、みんなと一緒に過ごしながら感じています。 


team milkの魅力とは…。 


――team milkの魅力も気になります。

鐡うの  さっきのクラスメイトのお話じゃないですけど。年齢差に関係なく、みんな仲良しなんですよ。ただ、なぜかteam milkには、マイペースなメンバーばかりが集まりました。その中でも、佳朋ちゃんはバーッとしゃべるほうだけど、ペースを上げすぎて、よく電池切れもしています(笑)。チームで配信もするから一緒に集まることも多いし、集まったらやるべきことはしっかりとやるメンバーばかりですけど。目を離すと、一人で勝手にどっかへいっちゃうような子ばかり。そのマイペースさを持ったメンバーたちが集まっているのが、team milkなんだと思います。

――佳朋さんの持っている、team milkの印象は?

宮田佳朋  team milkのメンバーは、一緒に居るだけですごく楽しいです。ほんとみんなマイペースで、マイペースで、マイペースで(笑)。一人一人自由なんですよ。でも、4人で集まれば、なぜかしっかりとまとまるんですよね。そこが不思議なんですけど(笑)。しかも、メンバーみんなほわほわっとした性格だから、一緒にいてすごく平和(笑)。きっとteam milkは、平和の象徴のようなグループですし、そこがteam milkのいいところです。

――しおりさんから見た、team milkの印象はどうですか?

朝生しおり  ひと言でいうと、「ふわふわっ」 ですかね(笑)。みんな、ほんとうにマイペース。個々はもちろん、4人でも配信していますけど。そこにも4人の特色が出ると言いますか。うのと佳朋が積極的にしゃべれば、2人(しおり&杏樹)は後ろから静かに見守るのが基本のペース(笑)。たまに、2人の立場が入れ代わるときもあるけど、基本的にわたしと杏樹さんは2人の"見守り隊"として座っています(笑)。

鐡うの  それまで4人ではしゃいでいたのに、配信番組が始まったとたん、2人は静かになるからね。

永井杏樹  確かにね(笑)。team milkには「かわいい」というコンセプトがあります。そのコンセプト通り、みんなかわいいし、ふわふわっとしています。そんな3人と一緒にいると、すごく落ち着けます。ほんと、穏やかな気持ちになるというか、その緩~い感じを味わえるところがteam milkの魅力だとわたしは捉えています。


プロデューサー、岡本真夜さんの魅力や印象は…。


――みなさんのプロデューサーが、岡本真夜さん。ぜひ、真夜さんの印象もそれぞれ聞かせてください。

鐡うの  真夜さんの一番の魅力は、みんなを優しく包み込んでくれる、あの心の広さです。真夜さんのお話する言葉の一つ一つが、まるで歌詞のように心に響くところも好きなんですよね。
  真夜さんは、メンバーみんなに「お母さん」と言われています。真夜さん自身がいろんなことを乗り越えてきた方だからこそ、みんなに優しくできるんだなと思うこともわたしはあります。真夜さん,は、よくInstagramに手料理を載せています。その写真を見るたびに「めっちゃ美味しいそう!!」「食べたいっ!!」と思ってしまいます。それくらい、公私ともにいいお母さんだなとわたしは感じています。

宮田佳朋 真夜さんは、包容力があふれでている方。わたしから見たら虹色のオーラを放っている方です。真夜さんって、会うたびに優しさで包み込んでくださる方なんですね。心に不安を抱えていたときも、真夜さんの言葉で救われたこともあります。それくらい、身近にいて嬉しくなる存在と言いますか。わたしたちのプロデューサーですけど、メンバーみんな真夜さんのことを、第二のお母さんと思っています。

朝生しおり  2人も言ってたように、真夜さんは本当にお母さんのような方。ときに厳しく、ときに優しく接してくださる、本当に心の温かい人。わたしにとっては,お母さんであり、太陽みたいな方です。 

永井杏樹  真夜さんの第一印象は、懐が深いというか、心の広い方。穏やかな雰囲気をした、とても"ふわっ"とした感じの方です。同時に、メンバーみんなのことを細かく、しっかりと見てくださっている。メンバーそれぞれの配信の模様もいつも見てくださっていて、そのうえで声をかけたり、アドバイスをくださる、本当に素敵な方だと思います。


『DA・DA・DA』と『あの日の涙』の聞きどころは…。


――1stシングルに収録した『DA・DA・DA』と『あの日の涙』の魅力や聞きどころについても教えてください。 

鐡うの  真夜さんの楽曲といえば、しっとりとした楽曲や緩やかな曲調の歌が多いですけど。『DA・DA・DA』はアップテンポな楽曲。milk&honeyには、真夜さんが書いてくださり、ライブでもよく披露している『アララの呪文』というアップテンポの楽曲があります。そこへまた新しく、みんなで盛り上がる曲が増えたという印象です。歌詞の内容もかわいいし、ファンの人たちに重ねて歌える楽曲だから、ファンの人たちもニヤニヤしながら『DA・DA・DA』を聴けると思います。
 『あの日の涙』は、メンバー自身の気持ちにとても刺さる歌。わたし、けっこうネガティブな性格で、以前までのわたしはまったく笑わないどころか、よくファンの方々に「ステージの上から睨まれてるよ」といつも言われてきました。でもteam honeyの活動を始めてからは、ステージの上でも感情を出せるようになれば、ファンの方々からも「最近は笑顔になってきて良かったね」と言われるようになりました。その言葉も嬉しいですよね。

――以前は、緊張のあまり睨んでいたとか?

鐡うの  緊張もあったけど。自分の笑った顔が好きじゃなくて笑わないようにしていたのもあったと思います。そもそも、昔から「あまり近づくなオーラ」を出していました。学校時代の数少ない友達からも「うのは近づくなオーラが凄いから、怖い」と言われ、その頃から気をつけなきゃと思っていましたけど。以前の活動のときは、それが出てしまっていたのか、「"全員、敵だ!!"みたいな目で睨んでる」とファンの方に言われることもあったくらいでした。でも、今はそれがまったくなくなりました。
  もちろん、曲の世界観に入り込むことで、その曲に似合う表情になることはありますけど。真夜さんの楽曲に「近づくな」という曲はないから、そういう表情をすることはもうないです。team honeyで、そんなオーラを出していたら、逆にヤバいですからね(笑)。

――続いては、佳朋さんお願いします。 

宮田佳朋 『DA・DA・DA』は、ファンの方々の目線で書いた歌。『あの日の涙』は、メンバー自身の目線で書いた歌。というのが、わたしの印象です。
 わたし、『DA・DA・DA』の歌詞の一節に書いてある「もしも魔法が使えたら 時を止めたい このままずっと」という歌詞がすごく好きです。正直、アイドルって賞味期限があるじゃないですか。でも、そこで魔法を使って時間を止められたら、年齢も重ねることなく、このままずっとアイドルとして生きていけるんですよね。だけど現実はそうじゃないからこそ、今、出来ることを。それは、ファンの人たちに向けて出来ることであり、自分や、メンバーそれぞれが出来ること。それらを、つねに精一杯やらなきゃいけない。この歌詞を読んだとき、わたしはそう思えていました。

――佳朋さんも、アイドルという魔法を持っていますよね。

宮田佳朋  わたし、「ファンのみんなを虜にする魔法」を持っています。それを使うと、みんなわたしにメロメロです。
  もう1曲の『あの日の涙』ですが、わたし、初めてこの曲を聴いたとき、本当に涙が出そうになりました。歌詞に記された言葉と自分の歩みを重ねたとき、「今まで何度もオーディションを受けては悔しい気持ちを重ねてきたこと」など、頑張ってきたけど報われなかった日々の記憶がいろいろと甦ってきて、すごく心に刺さりました。同時に、「わたしは、この場所で頑張るんだ」という気持ちを、この曲にもらうこともできました。

――続いては、しおりさんお願いします。 

朝生しおり 『DA・DA・DA』は、曲名からしてインパクトがありますよね。わたし、最初にタイトルだけを見たときに、「どういう曲なんだろう」と気になりました。きっと、このタイトルを読んで気になってくださる方も多いんじゃないかとわたしは想像します。実際に楽曲もインパクトが強く、歌っていると、自然にテンションが上がります。『DA・DA・DA』は、ファンの方々も一緒にライブで盛り上がってくれる楽曲だと思います。
  『あの日の涙』は、わたし自身にも照らし合わせながら受け止めた曲ですけど。聴いてくださる方々も、自分の気持ちと重ねあわせながら聴くことで、「頑張ろう」という気持ちになれる楽曲だと思います。それがお仕事や勉強でも、夢に向かって頑張るでもいい。聴いてくださる人たちを励ます勇気や元気などのパワーを、私たちがこの曲を通して送れたらいいなと思っています。それくらい、聴いた人の背中を押せる楽曲です。

――杏樹さん、この2曲の印象はどうでした?

永井杏樹  『DA・DA・DA』はかわいいポップな楽曲。わたしはこの曲を、ファンの方目線で歌っている楽曲だと捉えています。だから、これを聴いたら、ファンの人たちはすごく喜んでくれるんじゃないかなぁ。
  『あの日の涙』は、とても前向きになれるというか、「頑張ろう」という気持ちにしてくれる歌です。わたし、「何かひとつ最後まで走り抜けてみようよ」の歌詞が、すごく好きです。わたし自身、ここへ至るまでにも山あり谷ありの人生を止まることなく走り続けてきました。それが今のmilk&honeyとしての活動に繋がっていると考えたら、「とにかく続けていくことも大事」というのを、改めてこの曲に教えてもらえたなと感じました。

――杏樹さんは、長くアイドル活動を続けてきた方ですからね。

永井杏樹  今も、他のアイドルグループと兼任をしながらmilk&honeyとしても活動をしています。もちろん、ここへ至るまでも、落ち込む経験を何度もしてきたし、「もう辞めようかな」と考えたことだってあります。それでも続けてこれたのは、ファンの人たち、メンバーやスタッフさんたちにずっと支え続けてもらえたからなのは間違いないです。続けてきたからこそ見えてきたこともいろいろとあるように、改めて『あの日の涙』を通して、続けてゆくことの大事さを教えてもらえれば、「もっともっと頑張ろう」という気持ちにもなりました。


となりにいるメンバーのことを紹介してください。


――メンバーそれぞれのキャラクターを、もっと知りたいです。良ければ、となりにいるメンバーのことを紹介してください。

永井杏樹  しおりちゃんは、ペットみたいな子。最初は、ハキハキとしていれば、ビシビシと行動してゆく子という印象でした。だけど接していくにつれ、最初の印象とはぜんぜん違って見えてきました。今では、ほわほわっとしていておとなしい子という印象。でも、自分の芯をしっかり持っている子だから、やるときはビシッとやるんですね。そこは、最初の印象通りです。とにかくかわいくって、思わず「よしよし」ってしたくなるから、わたしから見たらペットみたいな子に見えてしまうんでしょうね。

朝生しおり  佳朋ちは、あざとかわいい女の子です。けっこうあざといんですけど、それが、すごくかわいいんですよね。佳朋ちは、わたしにはない武器をいろいろ身につけているから、そこは憧れです。あと、不思議ちゃん。彼女のtwitterを見てもらえればわかると思うけど、「えっ,この子一体何を言っているの??」という発言をしている、そんな不思議ちゃんの面もあるメンバーです。

宮田佳朋  うのちゃんはわたしの中、milk&honeyで一番の推しメンです。見てわかるよう、この圧倒的なビジュアル。とにかく顔面がいい。何をしていてもかわいい。ご飯を食べている姿もかわいくて、寝ている姿もかわいくて、メイクをしているときの姿もかわいい子。最初会ったときは、近寄りがたい雰囲気を出していましたけど。わたし自身がグイグイといっちゃうタイプだから「うのちゃん、うのちゃん」と近寄ったら、心を開いてくれました。じつは、うのちゃんもわたしのことを好きで推しているのかな??と最近は感じているくらい、本当にmilk&honeyになくてはならない存在です。

鐡うの  (佳朋さんに向かって)それ、ただの告白だから(笑)。杏樹さんは、本当に綺麗な方。だけど、かわいい系なんですよね。出している写真集を見てもらえればわかりますけど、めっちゃ大人の色気や綺麗さを出しているんですね。でも、普段は服装も含めてかわいい人。だけど、めっちゃ声が低く、いつもローテーションで感情の起伏がない。でも、それが杏樹さんらしくて魅力的です。
  杏樹さんは配信でも、ファンの方とお話をするときも、同じ感情でずーっとしゃべっているから、感情がバーンと上がることが滅多にないです。だからこそ、たまにテンションがバーンと上がったときの杏樹さんを見ることが出来たら、それはすっごくレアな経験を目の前でしていると思ってください。わたしもそんな杏樹さんを見てみたいので、今度、虫を使って驚かせようかと思っています(笑)


そして、今後のmilk&honeyに向けて。


――最後に、これからのmilk&honeyについて、誰か代表でひと言お願いします。

宮田佳朋  3月1日に活動を発表して以来milk&honeyは、7月26日のメジャーデビューへ向けてレッスンやライブ、配信の日々を重ねてきました。メジャーデビューというのはすごくありがたいこと。だから、「心の邪念を解き放って、私たちは輝くんだ」という気持ちをメンバー一人一人がしっかりと持ちながら、これからも活動をしていこうと思っています。私たちは、応援してくださるファンの方々にも幸せになってほしいと思っています。そのためにも、まずは私たちが頑張らなきゃいけないので、ここからどんどん輝いていくmilk&honeyの姿を、ぜひ見ていてください。

鐡うの  邪念???????????


TEXT:長澤智典

 

<インフォメーション>


アー写

milk&honey

メジャーデビュー1stシングル
DA・DA・DA
2023年7月26日(水)リリースTECI-943 / 定価:¥1,300(税抜価格 ¥1,182) / シングルCD
収録内容
DA・DA・DA
作詞・作曲:岡本真夜 / 編曲:西垣哲二
あの日の涙
作詞・作曲:岡本真夜 / 編曲:西垣哲二
詳細は、こちら。
https://www.teichiku.co.jp/artist/milk-and-honey/discography/TECI-943.html


SNS
https://mh.mfi-inc.tokyo/
https://twitter.com/MandH_official

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.02.26
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2024.02.22
ガルポ!ズ LIVE レポ