FEATURE

2023.04.19
藤沢泉美

わたしは本当にアイドルが大好きだから、ずっとそういうお仕事が出来たらいいなと思っています。 藤沢泉美(SAY-LA) インタビュー

 SAY-LAのリーダーとして活動を続けてきた藤沢泉美。彼女が、2024年1月を持ってSAY-LAを卒業すると発表。彼女は、その後も所属事務所であるI-GETに残って活動を続ける。なぜ藤沢泉美がSAY-LAの卒業を決めたのか、その真意を伺った。


今、アイドルとして長く続けているのは、メンタルが強い人たちばかり。今のアイドルシーンの中で長く続けていくうえでは、メンタルの強さが大切になっていくんですね。でも…。


──先日、twitter上を通し、「2024年1月でSAY-LAを卒業します」と発表をしました。かなりのリアクションもあったようですね。

藤沢泉美  そうなんです。ファンのみなさんからは「悲しい」という声が多かったんですけど、「これからも応援をするよ」という声も同じように多くて。こんなにいろんな人がわたしのことを思ってくれていたんだと感じれたら、嬉しかった気持ちにもなりました。間違いなく卒業はしちゃうんですけど。残された9か月間、「全力で頑張ろう」とも思えました。

──泉美さん、その先を見据えたうえで卒業を決めたのでしょうか。それとも、以前から卒業の気持ちはあったのでしょうか?

藤沢泉美  正直に言うと、前から悩んではいました。この(20代後半)世代のアイドルなら、みんな悩むところではあると思うんですけど。でも、先のことを見据えて考えたときに、卒業という言葉が具体的に浮かびました。
  そう決意をしたのも、「今のSAY-LAのメンバーだったら、わたしが卒業をしても大丈夫だな」と安心感を覚えたことが大きかったです。そう思えた背景には、こんな思いもありました。

──そこ、気になります。

藤沢泉美  メンバーの一員として活動していく中だけでは、どうしてもアイドルとして長く携わる環境や状況を作るには限界があるなとわたし自身が思えたことが一番の要因です。そのためにもまずは、SAY-LAを卒業し、アイドルのお仕事に関わる立場を変え、そのうえでわたしなりに新しいアイドルとして生きてゆく環境を作れたらと思って決意をしました。

──前から揺れ動く気持ちはあったんですね。

藤沢泉美 そうですね。はっきりと運営さんに相談をしたのは最近でした。これまでのI-GETを見ていても、たくさんメンバーが卒業をしていきました。わたしが加入して間もない頃は、世代の離れてる人たちが卒業をするときは、そこまで卒業について深く考えることはありませんでしたけど。年齢が近く、活動時期も近い子が次々と卒業をする中で、わたしも、その子たちが卒業をするたびに、いろいろ考えてしまうことがありました。それでも、わたし自身は本気で卒業しようとまでは思わずにいました。

──今は、30代になってもアイドルを続けている人たちは増えています。続ける気になれば続けられる環境も、今のアイドルシーンにはありますよね。

藤沢泉美 そうなんですよね。長くやれる環境はすごくいいことだなと思うし、わたし自身、アイドルという存在自体が大好きでアイドル活動をやっているから、もちろん続ける道も考えたし、今の状況のまま続けることも出来ました。だけどI-GETグループ全体のこととして考えたときに、今よりももう一歩深く運営に携わることで、所属しているみんなをさらに活動しやすい環境へ導いていけるんじゃないかという気持ちがすごく大きくなったので、その立場でも関わりたいなと思いました。そうなったときに出たのが、グループの一員という立場ではなく、藤沢泉美自身として携わるという答えでした。
  I-GETの中でアイドル活動を長く続けられる環境を作っていけたら、わたしに限らず、所属しているアイドルたちが、これからも長く、この場(I-GET)でアイドルとしていろんな活動をしていけるなと思っていて。
  今、アイドルとして長く続けているのは、メンタルが強い人たちばかり。今のアイドルシーンの中で長く続けていくうえでは、メンタルの強さが大切になっていくんですね。でも、それって誰もが手に出来るものではないと思うからこそ、別の形を持って、後輩たちをもっと上手くサポートをしてあげたいなと思っていて。

──今も、SAY-LAのメンバーでありながらも、いろんな後輩たちをサポートしていますよね。

藤沢泉美 今もサポートはしていますけど、もっと、より濃く、深く出来たらいいなと思っています。


アイドルとして過ごしていきやすい環境作りを、まずはI-GETの中でしていきたいなと思っています。


──SAY-LAの卒業後も、泉美さんはI-GETに所属し続けます。そこが、ただの卒業とは譔なる部分だとも感じています。

藤沢泉美 わたしは、本当にアイドル活動が大好きで始めています。もちろんアイドルって、キラキラしている面だけがすべてじゃない世界。それ以外のところでも、アイドルとして過ごしていきやすい環境作りを、まずはI-GETの中でしていきたいなと思っています。

──泉美さんのアイドル人生って、何年になります?

藤沢泉美  7年です。

──それは、SAY-LAに所属した期間と同じだ。

藤沢泉美  そうです。わたしはSAY-LAが初めてのアイドル活動なので、7年間ずっとI-GETに所属しながらアイドルを続けています。

──泉美さんは、10代の頃からアイドルに憧れてきた方でしたよね

藤沢泉美 そうなんです。アイドル活動を始めたのが21歳だったから、普通に考えたら少し遅いのかも知れません。あの頃は、本当に軽い気持ちでやり始めたことでした。まさかこんなに7年間も続くとは思っていなかったから,

──最初は、もっと早い時期に卒業をしようと?

藤沢泉美  SAY-LAに加入したのが21歳だったので、3-4年経ったら20代半ば。「25歳が一つの人生の区切り」という傾向が世の中にはあるじゃないですか。わたしも、当初は「25歳頃までは頑張ろう」と思っていたら、居心地が良かったからか、何時の間にか7年経って、25歳をとっくに越していました(笑)。

──それだけ夢中になっていたわけだ。

藤沢泉美 そうですね。まさか、こんなにも長く続けられるとは思ってもいなかったし、ここまで続けてこれたのも、いろんな人たちのおかげ。わたしは、本当に運が良かったなと思います。

──SAY-LA自体の活動は、もう何年経ちましたっけ?

藤沢泉美 SAY-LA自体は、昨年12月に8周年を迎えたので、今は9年目です。

──ということは、SAY-LAの歴史のほとんどを体現してきたわけだ。

藤沢泉美 そうなりますね。わたしが入る前の期間よりも、わたしがSAY-LAのメンバーとして過ごしている期間のほうがぜんぜん長くなっていますからね。これまでに発売した作品についても、唯一わたしだけが、1stシングルから最新シングルまで、すべての作品に参加しています。

──まさに、SAY-LAのレジェンドだ。

藤沢泉美 ありがとうございます。本当に気持ちの面では、この20代の中でいろんな経験や考え方に思いを巡らせ、学んできたなと自分でも思っています。


卒業までに長く期間を設けていたからこそ、会いに行く機会が生まれ、卒業前までに推しメンに会うことが出来ました。その事実が、わたしは嬉しかったんですね。


──改めて聞きますが、年齢的な面も、卒業の要素の一つになっていたのでしょうか?

藤沢泉美 いえ、それはないです。今は28歳ですけど。年齢を理由に決意したというよりは、わたし、せっかちな性格なので、「早くいろんな状況を変えたいな」という思いが強く膨らんだときに、SAY-LAのメンバーという視点だけじゃなくて、違う視点からいろんな物事を考え、新しい世界を作っていきたいなと思って。それが、自分自身の成長にも繋がるなと思ったことで決意したのが一番大きいですね。

──泉美さんが、SAY-LAを卒業するのは2024年1月になります。なぜ、その時期にしたのかも教えてください。

藤沢泉美 卒業まで長く期間を持ちたかったのが、わたしの最大の希望でした。わたし自身が、もともとHello!Projectのファンだったこともあるんですけど。わたしの推しメンが卒業するまでにも、1年くらいありました。そのときは、自分もアイドル活動をしていました、
  Hello!Projectのイベントって週末が多いんですよ。週末ってこっちもライブ活動があるから、コンサートに行きたくても、なかなかタイミングが合わずで行けないじゃないですか。でも、卒業までに長く期間を設けていたからこそ、会いに行く機会が生まれ、卒業前までに推しメンに会うことが出来ました。その事実が、わたしは嬉しかったんですね。
 SAY-LAは、国内各地はもちろん、アジアを中心に海外にも何度も足を運べば、世界中に待っていてくれるファンたちがいます。そういう人たちにも、猶予があったほうが会いに行きやすいじゃないですか。そう思って、期間を長くしました。
  わたしも、いろんな人たちに感謝の気持ちを伝えていきたかったし、ファン視点でも、そういう機会が長くあったほうがいいなということから、長く期間を設けさせてもらいました。


Hello!Projectの場合、グループを卒業したあとも、ずっと事務所に残って、新たな活動をしています。それと同じ環境をI-GETの中にも作れたらいいなと思っていて。


──SAY-LAは2024年1月で卒業しますけど、アイドル活動には、その後もずっと関わり続けていくわけですよね。

藤沢泉美  そうですね。アイドルという枠の中に、自分はまだいようかなと思っていて。でも、どういう活動をしていくか具体的には決めていないです。そこは、卒業公演へ向かう中、運営の人たちといろいろ相談をしながら決めていくつもりです。

──繰り返しますが、泉美さんはI-GETでアイドルに関わることをしていきたいわけですよね。

藤沢泉美 そうです。アイドルの場合、グループの卒業と同時に事務所も卒業という方も多いと思いますけど。わたし、それがもったいないと思っていて。卒業をしたメンバーのその後をいろいろ見ていると、「I-GETに居てもできたことじゃない??」と思うこともいろいろとあって。でもそれは、卒業をした人たちなりに理由もあれば、その当時は、卒業イコール、事務所も卒業という選択肢しかなかったのかも知れないから、仕方のないことかも知れません。だけど今は、事務所に残り、引き続き活動をしてゆく選択肢もあるんだよという例を自分でも作りたいなと思いました。
  Hello!Projectの場合、グループを卒業したあとも、ずっと事務所に残って、新たな活動をしています。それと同じ環境をI-GETの中にも作れたらいいなと思っていて。そうすることで、形は変わっても、I-GETの中で、ずっとアイドルとして活動していけるのかなと思ってて。わたし限らず、後輩たちにも、そういう道筋や環境を作っていけたらなと思っています。

──池袋にあるカフェ「White Castle Cafe」の野田ひとみ店長も、事務所の中、新たな道を作った方ですからね。

藤沢泉美  ひとみんもそうですよね。カフェの店長というのも、なかなかレアな形というか、自社でカフェを持っている事務所さんもなかなか無いから、珍しく見えてしまいますけど。。そういう環境も上手く生かしながらいろいろとやっていけるのが、この事務所のいいところ。I-GETは、アイドルのセカンドキャリアにも親身になってくれる。そこが、いいところなんですよね。

──泉美さん自身、I-GETという事務所や、I-GETに所属しているアイドルたちを大きくしていきたい気持ちも強いですよね。

藤沢泉美 そうですね。今の環境のままだけでアイドル人生を終えてしまうのはもったいないなと思うから、そこを頑張りたいです。

──自社のアイドルに関わる以上は、SAY-LAに限らずに所属グループすべてに関わっていくと捉えても良いのでしょうか。

藤沢泉美 具体的なことはまだ運営チームと話をしていないから、そこは未定ですけど。私自身は、そうしていきたいです。SAY-LAだけじゃなくて、事務所全体のことを考えたときに、所属しているみんなをもっと大きく育ててゆくお手伝いが出来たらなと思っています。

──その判断を下したことが、とても大きなことですよね。泉美さんが、今後どんな風にアイドル業界に関わりながら、何をやってくれるのか、とても興味深いです。

藤沢泉美  具体的なことは本当にこれからで、そこは来年の卒業後に伝えることになるのか…。SAY-LAのメンバーとして活動をしている今の時期では、まだ、I-GET全体に関わるのは難しい環境ですし、そこは卒業以降にしっかりお伝えできたらなと思っています。


SAY-LA卒業後は、わたしはもうグループ活動はしません。


──新しいアイドルをプロデュースするような意識もあります?

藤沢泉美 プロデューサーとして活動をしている元アイドルの子もたくさん見ているので、可能性がないとは言えません。同じ事務所で後輩をプロデュースする元アイドルの子って、けっして多くはないと思います。だからこそわたしは、それをI-GETの中で、いつかは出来たらいいなという願望は持っています。

──Venus Parfaitに入るとかは?

藤沢泉美 Venus Parfaitには入りません。SAY-LA卒業後は、わたしはもうグループ活動はしません。同じI-GET所属のグループとしてVenus Parfaitにも頑張ってもらいたい気持ちは、わたしも強いです。Venus Parfaitにも、セカンドキャリアとしてアイドルを始めたメンバーたちもいますからね。
  ファンの方々の中にも、わたしがVenus Parfaiに加入するのかと想像を巡らせている人たちもいますけど。わたしは行かないです。そこは宣言しておきます。わたしは違う形で、藤沢泉美という存在として、いろんな形でアイドルのお仕事に携わっていけたらなと思っています。

──藤沢泉美として表舞台にも立つし、裏方としても活動をするし…。

藤沢泉美 そうですね。どっちがメインとか、そういうこともまだ自分でも見えてない状態ですけど。わたしも、グループは卒業しますが、歌やダンスはすごく好きですし、歌の面も、SAY-LAを通したこの7年間の中で成長してきたし、自分でも歌がすごく好きになったので、違う形でいろいろ表現出来たらなと思っています。


ここまで積み重ねた経験を元に、こういう関係の仕事に携わっていけるのが一番いいのかなとも思うし、実際に、経験を生かしてできることもいろいろと多いですからね。


──泉美さんが、卒業後にどういう歩み方をするのかはこれからですが、いずれにせよ、新しいアイドルとしての生き方を示してくれそうですね。

藤沢泉美  そうしていきたいてす。そのためにも、とにかく今は、残された9か月間、SAY-LAとしていろいろやれることを全部全うしてから卒業をしたいなと思うし、ちゃんとSAY-LAも、現状維持じゃなく、もっと上に行くべきグループとしてもステップアップさせてから、わたしも卒業できたらなと思っています。

──卒業を発表したことで、気持ちの面でも楽にはなりました?

藤沢泉美   発表するまでって、先の話とかでファンの人たちとしていても、なんか騙しているみたいな気持ちにもなっていたから、自分の決意を発表したことで、わたしの気持ちの面では落ち着きました。発表した翌日は、清々しい気持ちになったとツイートしましたけど。本当にその言葉の通りで、自分でおっきなことを決断して、それを発表した瞬間はすごくドキドキしていましたけど。その翌日は、すごい清々しい気持ちになって、みんなにも改めて会いに行けましたからね。

──5月1日には新宿ReNYでワンマン公演も控えています。

藤沢泉美 まずは、5月1日の東名阪ワンマンツアーのファイナル公演に向けてがんばりたいです。

──泉美さん自身、いくつになってもアイドルに関わっていきたい気持ちでしょうか。

藤沢泉美 先のことはぜんぜんわからないですけど。今言えるのは、この7年間築いてきた自分のアイドル人生のスキルを、これからも生かし続けたいなということ。
  卒業をしてスパッと辞めて、この世界から姿を消す人も多いと思うし、それも素敵なことだと思いますけど。そこから急に他の仕事って難しいじゃないですか。とくに20代後半だと、そこからまた1から学ぶのはハードルもすごく高いと思うし、ここまで積み重ねた経験を元に、こういう関係の仕事に携わっていけるのが一番いいのかなとも思うし、実際に、経験を生かしてできることもいろいろと多いですからね。

──これまでの経験を生かしたうえで、次の人生にも繋げていく形だ。

藤沢泉美   わたしは本当にアイドルが大好きだから、ずっとそういうお仕事が出来たらいいなと思っています。

──最後に、ひと言お願いします。

藤沢泉美 アイドルとかファンの人に限らず、みんな、「こうでなきゃ」といろんなことにとらわれすぎないで、自分の好きな気持ちを大事にして生きていけたらいいなと、わたしはすごく思っています。今後については、しっかりと方向性や方針を決めたときちゃんと報告をしますので、そのときを待っていてください。


TEXT:長澤智典
 

<インフォメーション>


アー写

SAY-LA 東名阪SPRING ONE MAN TOUR 2023 FINAL東京公演

【日程】2023年5月1日(月)
【時間】開場 17:40/開演 18:30
【会場】新宿ReNY
【料金】※各D代別
Sチケット(前方エリア/特典付) 20,000円
Pチケット(後方撮影可能エリア)15,000円
Aチケット(一般エリア/livepocket) 3,000円
Bチケット(一般エリア/手売り) 3,000円
当日券(一般エリア)3,500円

【チケット予約】
■Sチケット/Pチケット/Aチケット(livepocket販売)
https://t.livepocket.jp/e/sayla_0501
※3/4(土) 23:00販売開始

《Sチケット特典》
特別記念Tシャツ(XLのみ)、特別記念グッズ、特典会ファストパス

■Bチケット(手売り販売)
3/8(水) 池袋リヴォイスより販売開始

【入場順】整理番号順
Sチケット→Pチケット→Aチケット→Bチケット→当日券

・SAY-LA 東名阪SPRING ONE MAN TOUR 2023全通特典あり!

《お友達紹介特典》
新規のお客様を連れて来てくれた方には一人につきI-GET券1枚プレゼント!5人呼んでくださるごとに追加で1枚!
(例)6人呼んでくださった場合、6+1で7枚

ご紹介で来てくださった新規のお客様には後日使えるツーショット撮影券(サイン、トーク付き)をお渡しします。

《学校生活応援特典》
学生の方は、学生証を提示していただくことで、2ショット撮影券(サイン、トーク付き)をプレゼント!

【注意事項】
※マスク着用が必須になります。
※アルコール提供なしとなります。
※飲酒状態のお客様は入場できません。
※撮影エリアのみ踏み台などの使用は可能です。


『SAY-LA 藤沢泉美 LIVE 2023春 〜7th Anniversary〜』

【日程】2023年4月22日(土)
【会場】青山RizM
【時間】開場 14:30/開演 15:00
【料金】前売 3,000円/当日 3,500円(各D代別)
【出演】藤沢泉美(SAY-LA)

《チケット予約》
https://t.livepocket.jp/e/vv-ti
※3/19(日) 22:00より販売開始
※規定枚数に達しましたら販売終了になります
※女性限定エリアあり

【注意事項】
※マスク着用が必須になります。
※アルコール提供なしとなります。
※飲酒状態のお客様は入場できません。
※声出し可


【MV】SAY-LA「運命マグネット」
https://www.youtube.com/watch?v=ZshVy1E57YA

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.06.15
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2024.06.12
ガルポ!ズ LIVE レポ