FEATURE

2023.03.16
anew

地方から世界へいけるんだということを、わたしたちanewが証明したい。 anew インタビュー・2

 3月8日に発売した1st mini album『世界ヲ染めていく』に続き、4月5日に、1st single『位置情報なし / デキルカナ?』を8cm CD&デジタル配信リリースするanew。さらに、1st singleのリリースパーティーを、4月8日に山形sandinistaで。4月9日には仙台space Zeroを舞台に、イベント『チカカラ vol.5/vol.6』を主催することも決定している。今のanewの魅力を、4人の言葉を通してお伝えしたい。
  インタビューは、まいみ・りこ・ここなの3人でスタート。パスポートの申請手続を終えたあまねが途中から合流する形で進んでいった。

 

4

 

(1回目は、こちらから)


今は、正直anewという名前だけが先行して走っている状態です。


(ここで、あまねが登場)

あまね   遅れてすみません。ようやくパスポートの申請が下りたので、これで安心して海外に行けます。

――あまねさん、海外は初めて??

あまね   わたしは何度か海外には行ってるから、切れてたパスポートを再申請した形でした。でも、3人は…。

3人  (海外へ行くのは)初めてです。

あまね   最初、「海外でライブをやる」と聞いたときは本当に驚きました。なんか、「お前ら、海外に行ってanewを広めてこい」と海に放り投げられた気分でした(笑)。

――あまねさんも、anewとして活動を始めたことで、心境面にいろんな変化も生まれています?

あまね   気持ちに変化は出ていますけど。自分の気持ちが、anewを取り巻く状況に追いついてない感じです。今は、正直anewという名前だけが先行して走っている状態です。そこに相応しい実力を自分たちがもっともっと身につけなきゃいけないし、名前に相応しい活動をしなきゃと強く感じています。とくに主催イベントでいろんなアイドルさんと対バンをするたびに、その焦りは強くなっています。

――モチベーションが高くなっているのは、むしろ良い傾向ですよね。

あまね   今もそうですが、デビュー当初は、目の前のことに精一杯で、ただひたすら目の前のライブを成功させようと必死になれば、それを目指していました。今も、そこは変わらずだけど。よりたくさんの人たちにanewの魅力を伝えなきゃという気持ちになれば、そこをどうしていけば良いのかでいろいろ考えることも増えました。とくに、毎回応援してくださる常連ファンの方々には、たとえ同じ曲や衣装でも、セトリやライブの流れを変えるなど、どうすれば毎回のライブを新鮮に感じてもらえるかを考えることは増えました。

――1st mini album『世界ヲ染めていく』の魅力についても語ってください。

あまね   歌を録り直したい(笑)。もぢろん、当時は当時なりに全力で歌っていたんですけど。レコーディングの経験自体が初めてだったから、良いも悪いも、その判断の基準がまったくわからない中、とにかく全力でぶつかっていました。それからライブ活動も始めるなど歌う経験が増えていく中、メンバーみんな、あの頃よりも歌唱面でもだいぶ成長したんですね。だから「録り直したい」と思うのは、それだけ、今の自分たちか成長してきたからなんだと思います。もちろん、初めての作品だから、1st mini album『世界ヲ染めていく』にはめちゃめちゃ思い入れもあります、これから長く活動を続けていく中、振り返ったとき、いろんな価値を与えてくれる作品になっていきそうだなとも感じています。


「あー、こんなにもいい曲をうちらが歌えたんだ」と感動しました。


――anewは、4月5日に1st single『位置情報なし / デキルカナ?』を発売します。

あまね   2曲とも、良い意味で「アイドルの曲ではないな」と思いました。とくに『位置情報なし』は、「これ、4人でどう歌うんだろう?」「一人で歌ったほうが心地好く聴こえるんじゃない?」とも思ったんですけど。実際にレコーディンクを終え、完成した楽曲を聞いたときは、「あー、こんなにもいい曲をうちらが歌えたんだ」と感動しました。

――先に『位置情報なし』の魅力を、それぞれ語ってもらおうか。

あまね  『位置情報なし』の間奏がめちゃめちゃ恰好いいです。歌詞の内容も、「わたしたちはまだまだこんなものじゃないよ」「わたしたちの居場所を、まわりに勝手に決められたくはない」という風にわたしは解釈して歌いました。

りこ   まわりのうざい言葉にまどわされないようにってね。

まいみ   わたし、個人的にこの曲のテンポ感が好きです。歌詞でも「ラブ ラップ クラップ」など、似たような語感の歌詞が続いてる部分は、すごく聴きやすくて大好きです。

りこ   歌詞もメロディーもすごく耳に残るから、わたしはそこが好きです。歌詞は、いろんな解釈ができる内容。わたしは、ライブで何度も歌ったうえで歌詞の理解を深めていくタイプ。1st mini album『世界ヲ染めていく』に収録した曲たちも、ライブで歌い続けることで歌詞の解釈が深まったのと同じように、『位置情報なし』も『デキルカナ?』も、そうなっていくんだと思います。

ここな   わたしも、歌詞は一番好きです。振りが難しくてめっちゃ疲れるけど、でも踊っていると楽しいから大好きです。

まいみ   確かに振り付けは難しいから、この振りをしながら歌うのはだいぶきついです。

――続いては、『デキルカナ?』ですね。

あまね   最初にデモ音源をもらったとき、「これ-、なんだろう??」「これも曲なんだ」と思ったくらい。曲のタイプで言えば『にゃんく』の系列。anewの魅力にもなっているちょっとふざけた内容だけど、『デキルカナ?』もライブでノリを作るのにピッタリの楽曲になりそうです。この曲はライブでとくに生きる曲だから、ファンの人たちとライブ中に熱く交流していけそうです。

まいみ   わたしも最初にデモ音源を聞いたとき、「なんじゃこりゃ?!」となったけど。でも、こういう曲こそanewっぽいのかなとも思っています。歌詞には、今のわたしたちの感情を映し出してもらったというか、これから新しいことがたくさん待っているからウキウキワクワクしていくぞ…みたいな。そんな風にも捉えました。
 
りこ   最初に思ったのが、「「"モキモキちゃん"って何?」ということ。なんかふざけてるっぽい曲ですけど。歌詞の真ん中辺りに、しっかりメッセージを詰め込んでいるし、曲調も恰好いいんですよ。『デキルカナ?』は、面白いのに強く印象に残る曲。歌詞に書いている「ウキウキじゃん」「ワクワクじゃん「ドキドキじゃん」「ビリビリじゃん」「ムリムリじゃん」とか、ライブ前に緊張のあまりお腹か「キリキリじゃん」になるところなど、ライブ前の心境のようにもわたしは受け止めてました。

ここな  『デキルカナ?』は、歌詞の意味をしっかりと伝えるのが一番難しいから、いつもライブで上手く伝えることが出来るかな?と思ってしまいます。激しめのイントロから始まってから、掛け合いをしてゆくところとか、可愛い楽曲なのに、どんどん恰好よくなっていくから、そこも好き!


ライブで死ぬことはないから。やっぱし、わたしは飛行機に乗るのが怖くて不安です。


――これからも、地元、山形での主催イベント「チカカラ」がライブ活動の軸になっていきますけど。県外ライブ本数も増えれば、初海外ライブまで決定。ようやく、「地方(山形)から世界へ」を実戦してゆく環境になりましたね。最後に、新譜の紹介も兼ね、一人一人メッセージをお願いします。

あまね   1st mini album『世界ヲ染めていく』も含め、1st single『位置情報なし / デキルカナ?』も、聴く用・鑑賞用・保存用と3枚手にしてください。サブスクでも聞けるけど、やっぱし盤として手元に残してほしいなと思ってて。

まいみ   今回のCD盤も、まだ言えないけど、特殊仕様になっているから保存価値はあると思います。

あまね   ここのチームは、普通のことはやらないですからね。あと、海外公演も決まりました。詳細の発表はこれからですけど。県外でライブをしていても顔馴染んだファンの方がいると、すごく安心して歌えるんですね。だから、来れる方は海外にもライブを楽しみに来てください。

まいみ   1st single『位置情報なし / デキルカナ?』に収録した2曲とも、まったく違う雰囲気の曲だし、また新しいanewの一面を感じてもらえるはずです。CD盤自体も普通じゃない形をしているから、見た目でも楽しめます。あと、海外へ向けてのクラウドファンディングへの協力もお願いしたいです。

あまね   わたしたちが、海外にもしっかり爪痕を残すためにも、ぜひ協力お願いします。

まいみ   anewが"地方から世界へ"行くためにも、みなさん力を貸してください。地方から世界へいけるんだということを、わたしたちanewが証明したい。そのためにも力を貸してくださったらとても嬉しいです。

りこ   海外でライブをやるのも怖いけど。でも、ライブで死ぬことはないから、わたしは飛行機に乗るのが怖くて不安です。でも、地方から世界へのために頑張って飛行機に乗ります。1st single『位置情報なし / デキルカナ?』は、これまでのanewにはなかった曲であり、ライブでも盛りあかれる曲たちが入っているから、良ければ形として手元に残るCD盤を手にしてください。あと、海外に行って「世界ヲanew色へ染めていく」ためにも、クラウドファンディングの協力もよろしくお願いします。

ここな   今回が、anewの海外進出の第一歩です。。1st single『位置情報なし / デキルカナ?』に収録した2曲ともぜんぜん違う曲調だし、パッケージも可愛いので手にしてもらえたらなって感じです。

 

5
 

TEXT:長澤智典

 

クラウドファンディング情報
https://wefan.jp/crowdfunding/projects/anew


★anew 1st single

2023.4.5 wed 
8cm CD&デジタル配信リリース‼

『位置情報なし / デキルカナ?』
bnd-1002 / \1,320円

 

2

 

3
 

 

★1st mini album
『世界ヲ染めていく』
bnd-1001 / \1,980(税抜価格1,800円)

※特注ジャケット(7インチレコードサイズ)

01 世界ヲ染めていく
02 ソコとココ
03 にゃんく
04 雪の惑星
05 NAME

1

 

 

★anew 1st singleリリースパーティー

『チカカラ vol.5』
2023.4.8 sat 山形sandinista

『チカカラ vol.6』
2023.4.9 sun 仙台space Zero

両日共に
16:30 OPEN 17:00 START
前売り 3,000円 当日 3,500円

<チケット情報>

・4/8(土)山形sandinista
https://l-tike.com/search/?keyword=21472

・4/9(日)仙台space Zero
https://tiget.net/events/235798

<4/8 sat 山形>

・不感症ヘビ苺(東京)
・CHICKEN BLOW THE IDOL(東京)
・グデイ(東京)
・Able-Gleam(仙台)
・anew(山形)

etc

<4/9 sun 仙台>

・不感症ヘビ苺(東京)
・RONLON(東京)
・cana÷biss(新潟)
・Village in Maier(東京)
・Able-Gleam(仙台)
・first selection(仙台)
・anew(山形)

etc


SNS

https://twitter.com/anew_idol
https://twitter.com/ancul_yamagata

あまね
https://twitter.com/amane_anew

りこ 
https://twitter.com/rico_anew

まいみ 
https://twitter.com/maimi_anew

ここな 
https://twitter.com/cocona_anew

  

NAME / anew -Official Music Video-
https://www.youtube.com/watch?v=3U9O7nvTgcY

ソコとココ / anew -Official Music Video-
https://www.youtube.com/watch?v=eLRMJsDtybo

雪の惑星 / anew -Official Music Video-
https://www.youtube.com/watch?v=9QQlnYIL8mM

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.03.01
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2024.02.29
ガルポ!ズ LIVE レポ