FEATURE

2022.04.17
UPローチ

立花紗知・久世みこ都・百瀬結乃の語る『アオゾラ紙飛行機』の魅力。そして、全員が語ったC/W曲の聞きどころ!!!!!!!!! UPローチ インタビュー・3

 2022年1月26日のUPローチ冬の関東無銭ツアーを持って、現在の9人編成に進化。このメンバーで、UPローチは4月26日に1stシングル『アオゾラ紙飛行機』を3-TYPE発売する。8月15日には、2ndワンマンライブ「テノナルホウYEAH!!!」をSpotify O-EASTで行うことも決定。ガルポでは3回に分け、メンバーたちの魅力をじっくりと紐解いた。

9人編成のUPローチとして作りあげた最初の作品が、1stシングルの『アオゾラ紙飛行機』になります。ここからは、メンバー一人一人に『アオゾラ紙飛行機』の魅力について語っていただきたいなと思います。

(1回目は、こちらから)
(2回目は、こちらから)


立花紗知さんが語る、『アオゾラ紙飛行機』の魅力。

アー写


――9人編成のUPローチとして作りあげた最初の作品が、1stシングルの『アオゾラ紙飛行機』になります。引き続き、メンバー 一人一人に『アオゾラ紙飛行機』の魅力について語っていただきたいなと思います。続いては、紗知さんお願いします。

立花紗知  『アオゾラ紙飛行機』は、とてもポジティブな応援歌です。それが大きくても小さくてもいい、誰だって夢や目標を持っていると思います。でも、その夢や目標へ向かっていく中、上手くいかずにあきらめそうになったり、実際にあきらめてしまうこともありますよね。心が挫けそうになったり、弱気になったときに『アオゾラ紙飛行機』を聴くと、すごく元気が出ます。それくらい、頑張っている人の背中を推してゆくのが『アオゾラ紙飛行機』です。私たちもライブで歌うときには、夢を追いかけている人たちに向け、あきらめないでほしいなど、少しでも前向きな気持ちになれるようにと想いを込めながら歌っています。何より、わたし自身が歌いながら、いつも元気をもらっています。

――『アオゾラ紙飛行機』のMVも、観ていて気持ちを開放的な気分へと導いてくれます。

立花紗知  ありがとうございます。『アオゾラ紙飛行機』のMVは、とても天気の良い真冬に撮影をしました。MVの中では笑顔で歌っていますけど、じつはめちゃめちゃ身体を張って撮影をしていました。あのときは、メンバーみんなでベンチコートやロングコートを用意し、撮影を終えるたびに身につけては暖まっていました(笑)。

――紗知さんにとってのヒーローやヒロインも教えてください。

立花紗知  わたし、「ドラゴンボール」の孫悟空が憧れのヒーローです。悟空って、いつだって自分の死を覚悟して戦い続けるじゃないですか。あの姿を見るたびに尊敬すれば、憧れを抱いてしまいます。わたしも、「プリキュア」シリーズなどの美少女アニメが好きだったんですけど。なぜか、少年アニメの「ドラゴンボール」にだけはハマって観ていましたね。


久世みこ都さんが語る、『アオゾラ紙飛行機』の魅力とは。

アー写


――次は、みこ都さんですね。

久世みこ都  それがどんな目標や夢であっても、その気持ちを持っている人なら、『アオゾラ紙飛行機』を聴くと背中を押されたり、「共に進んでいこう」という気持ちになれる曲だと思います。わたし自身も、ライブで歌うたびに「いい歌詞だなぁ」と思いながら歌ってます。

――『アオゾラ紙飛行機』を歌いながら、自分でもパワーをもらっているわけだ。

久世みこ都  いつも、もらっています。この曲はメロディーもサウンドも疾走感があるから、聞いてて楽しい気持ちになれます。しかも、歌詞もすごく心に響くから、またUPローチの中に新しい色を加えた曲になったなとわたしは感じました。

――みこ都さんの好きな歌詞も、ぜひ教えてください。

久世みこ都  自分が歌っているパートじゃないんですけど。「弱い心だって希望の種だ 僕らで大きく咲かせよう」のところです。自分は心が弱いタイプ。きっと世の中には、わたしと同じように心の弱い子っていると思います。でも、心の弱い人だってかならず希望の種を持っているはずなんです。わたし、この歌詞を聴くたびに、わたしの弱い心だって未来へ繋げていけるんだといつも思います。だから共感というよりは、自分の気持ちを鼓舞してゆく歌詞としてここの部分を受け止めていますし、ここの歌詞を前向きな力に変えています。

――みこ都さんのヒーローやヒロインも教えてください。

久世みこ都  わたしのお姉ちゃん世代のアニメで、わたしもお姉ちゃんの影響で好きになったんですけど。「おジャ魔女どれみ」の春風どれみちゃんが、わたしのヒロインです。テーマ曲の『おジャ魔女カーニバル!!』も大好きで、わたしも、歌詞に書いてある「やな宿題はぜーんぶゴミ箱にすてちゃえ」世代です。


百瀬結乃さんが語る、『アオゾラ紙飛行機』の魅力は。

アー写


――最後は、結乃さんですね。

百瀬結乃  わたし、『アオゾラ紙飛行機』の落ちサビの「見上げた空にはかの夢を 重ねた想いが蒼くメロウ 大丈夫、信じる 震えが不安がとけていく」を歌っています。じつは、落ちサビの誰が何処を歌うかを決めるうえで、一度メンバー全員が歌い、その中からベストな歌声をプロデューサーさんが決める形で進めました。わたし、めちゃくちゃそこを歌いたいと思っていたけど、全員の歌声を聞いたとき、わたしは「この部分はすみちゃんか、まなちゃんのどっちかだなぁ」という印象を受けていました。そうしたら自分にまわってきたから、嬉しかったけどすごく驚きました。
  今でも『アオゾラ紙飛行機』を歌うとき、落ちサビの歌のところになると緊張しちゃうんですよ。でも、そこを歌うと、ファンの方も含め、まわりの方々に誉めていただけることが多いから、それも嬉しいです。
  わたし、以前にも「変な声だね」と言われて傷ついたことがあるように、歌声だけじゃなく、普段のしゃべり声も低いから、そこがコンプレックスです。でも、プロデューサーの方に「それが結乃の魅力だから」と言われたときは、すごく自信になりました。他にも、「大丈夫、信じる」とセリフのように歌うところを任されたときにも、「ここの歌詞は結乃にすごく合ってるから選んだんだよ」と言われ、同じように自信に変えていけたんですね。わたし、『アオゾラ紙飛行機』を歌ったことで、「わたしもアイドルをやっていいんだ」と認めてもらえた気持ちにもなれたように、『アオゾラ紙飛行機』はすごく大きな自信をいただけた楽曲になりました。

――ほんと、いいスタートを切れたね。

百瀬結乃  本当にありがたいなと思っています。アイドル活動って、誰もが出来るものじゃないと思っているから、歌声を誉めてもらえたことは、アイドル活動をしてゆくうえでの強い自信にもなりました。

――そんな結乃さんが憧れたヒーローやヒロインは?

百瀬結乃  「HUNTER×HUNTER」に、キルア=ゾルディックというキャラクターが出てきます。その子は、暗殺一家に生まれるというすごい生い立ちなんですけど。彼は敷かれたレールの上を走るのではなく、全部自分で運命を変えてゆくんですね。その生き方が格好よくて大好きだったし、わたしがキルア=ゾルディックを好きになったのが、彼と同じ12歳のとき。じつは、わたしの初恋の人がキルア=ゾルディックでした。だから、わたしにとってのヒーローはキルア=ゾルディックです。

――結乃さんも、敷かれたレールには反発しちゃうタイプ?

百瀬結乃  反発しちゃいます(笑)。わたし、生意気で、よく上司に嫌われるタイプみたいで、それでよくバイトをコロコロ変えてました(笑)。でも、今は本当にありがたい環境にいるから、ぜんぜん反発とかはしてないです。


各メンバーお勧めのC/W曲とは??!!


――ここからは、それぞれお勧めのC/W曲を教えてください。では、サクさんからいきましょうか。

雨宮サク わたしは,TYPE-Cに収録している『お疲れSUMMERDAY』が好きです。わたしのいただいたパートの歌詞が、「青い空と白い砂浜 夏モードトロピカル」という冒頭の部分になります。『お疲れSUMMERDAY』は、本当に夏にピッタリの曲。わたしはとくに夏が好きだから、事務所の研究生として活動している頃からUPローチのライブを観ては、「この曲が好き!!」と思っていたから、その曲を、UPローチのメンバーとして歌えることがすごく嬉しいんです。だから、わたしは、『お疲れSUMMERDAY』がお気に入りです。

――次は、すみさんお願いします。

森川すみ  わたしは、TYPE-Aに収録した『君仕掛けのメリーゴーランド』が好きです。UPローチの中では珍しい、切ない楽曲になります。今のところ、UPローチの曲の中、ニコニコしてパフォーマンスをする歌じゃないのが『君仕掛けのメリーゴーランド』だけなんですね。だから、普段のUPローチの楽曲たちとのギャップも感じれるように、そこが特色にもなれば、わたしが「好きだな」と思う理由の一つにもなっています。ダンスパフォーマンスの面でも、いつもの弾けた感じではなく綺麗に踊っているように、そこも好きなポイントです。

――亜沙さんの好きなC/W曲も教えてください。

近藤亜沙  TYPE-Bに入っている『Upplause』が、わたしは好きです。この曲は、コロナ禍真っ最中に生まれた楽曲。落ちサビに「信じてる 信じてね 声が枯れるほどの大好き いわせてみせるよ」と、コール&レスポンスの出来る形で書き記しています。わたしも、UPローチ加入以前に、別のグループで声を出して盛り上がるライブを経験しているから、あの楽しさを知っているんですね。だからこそ、その制限が取れたときには、互いに想いをぶつけあいながらライブが出来る、そんな楽曲になっています。

――次は、まなさんにいきましょうか

森川まな  わたしは、TYPE-Aに収録した『ドキドキLOVE』が好きです。わたしは、この曲の落ちサビも歌わせていただいてるんですけど。UPローチといえば、やっぱし『ドキドキLOVE』という印象がわたしは強いです。中には、ライブで『ドキドキLOVE』を聴きたいがためにUPローチのライブに足を運んでくださる人たちもいます。それくらい、わたしも大好きな歌です。

――次は、咲茉さんかな。

瀬森咲茉  わたしも、『ドキドキLOVE』が大好きです。歴史を重ねてきた楽曲だし、なまさんも言ってたように、UPローチと言えば『ドキドキLOVE』という気持ちで受け止めているファンの方々も多いです。だからこそ、わたしは新メンバーですけど強く思い入れを重ねてしまいます。
  『ドキドキLOVE』は、UPローチの顔となる楽曲。その歩みをしっかりと受け継ぎながら表現していくのは、もちろん。わたし自身も、『ドキドキLOVE』には深い思い入れを持っています。

――次は、聖羅さんお願いします。

藤井聖羅  わたしがお勧めしたいのは、TYPE-Bに収録した『テノナルホウヘ』です。この楽曲はアップテンポで、一度聞いたら誰もが乗れる曲調だし、何より、「すいすい」とか「ふわふわ」など歌詞の表現がとても可愛いんです。振り付けも、お客さんが真似しやすいようにと心がければ、ライブでも一体感を作りやすいから、わたしは『テノナルホウヘ』が大好きです。

――次は、紗知さんかな。

立花紗知  わたしも、『テノナルホウヘ』が好きです。この曲の歌詞のどの部分も、とにかく好きなんですね。中でも、現実逃避してしまう表現は、わたし自身が学生時代に長い休み期間の宿題から現実逃避してしまうタイプだったから、すごく共感しました。わたし自身が、『テノナルホウヘ』の歌詞と自分自身の姿とを重ねあわせて聞いてしまう面もいろいろあるように、だからこの曲が好きなんだと思います。

――みこ都さんの、推し曲もお願いします。

久世みこ都  わたしも、『テノナルホウヘ』が好きです。UPローチと言えば沸ける曲という印象ですけど。中でもとくに、会場中が一体となって楽しめるのが『テノナルホウヘ』です。 曲の楽しい表情の変化にあわせ、お客さんたちの表情もどんどん変わっていくように、それを、『テノナルホウヘ』では楽しめています。みんなで一体感を持って楽しめるところも、わたしは好きです。

――最後は、結乃さんですね。

百瀬結乃  わたしは、TYPE-Cに収録した『キミ依存♡シンドローム』です。わたしのファンの方は女性が多ければ、自分と同世代の女性ファンがとくに多いんですけど。『キミ依存♡シンドローム』は、女子人気の高い楽曲です。可愛いのに、ちょっと束縛チックな内容の歌詞が女性にはウケているようです。わたし自身もこの曲には共感を覚えるように、きっと『キミ依存♡シンドローム』は、UPローチの中でもとくに女性支持の高い楽曲だとわたしは受け止めています。


Spotify O-EAST公演を成功せるためにも、ここから頑張っていきます。
                     

――最後に、ひと言メッセージをお願いします。

森川まな  9人編成という新体制のUPローチとして、初めてのCDリリースが『アオゾラ紙飛行機』になります。さらに、8月15日にはSpotify O-EASTで2ndワンマン公演も決定しています。今回のCD作品を通し、もっともっとたくさんの方にUPローチの存在を知ってもらいたいです。もちろん、Spotify O-EASTで公演を行う以上は、しっかり会場を埋めきりたいから、その日を成功させるためにもここから頑張っていきます。これからもUPローチの応援をよろしくお願いします。


TEXT:長澤智典
 

 

<インフォメーション>


【MV】UPローチ/アオゾラ紙飛行機
https://www.youtube.com/watch?v=CDdh5B_Wa_4


UPローチ2ndワンマンライブ
『テノナルホウYEAH!!!』
2022年8月15日渋谷Spotify O-EASTにて開催決定!



UPローチ
1st シングルリリース!!
『アオゾラ紙飛行機』
2022.4.26 On Sale

<価格>各¥1,200-(税込)全3形態
<品番> QARF-60096〜60098
<発売元> 株式会社ロックフィールド
<販売元>コロムビア・マーケティング株式会社

◆CD収録内容

JKT
typeA:
アオゾラ紙飛行機
君仕掛けのメリーゴーランド
ドキドキLOVE
アオゾラ紙飛行機
(instrumental)
君仕掛けのメリーゴーランド
(instrumental)
ドキドキLOVE(instrumental)
 
JKT
typeB:
アオゾラ紙飛行機
テノナルホウヘ
Upplause
アオゾラ紙飛行機
(instrumental)
テノナルホウヘ(instrumental)
Upplause(instrumental)
 
JKT
type C:
アオゾラ紙飛行機
お疲れSUMMERDAY
キミ依存♡シンドローム
アオゾラ紙飛行機(instrumental)
お疲れSUMMERDAY(instrumental)
キミ依存♡シンドローム(instrumental)


【解説】
2022年4月26日にリリースされる1stシングル『アオゾラ紙飛行機』は、
まだ見ぬ未来へバトンを繋ぐ想いを謳ったポジティブで爽快な楽曲。
UPローチらしさ全開アッパーチューンの『テノナルホウヘ』、切ない恋心をバンドサウンドで仕上げた
『君仕掛けのメリーゴーランド』、また『Upplause』『ドキドキLOVE』といったUPローチの人気曲もTYPE毎に収録!


【PROFILE】
全力で沸けるアイドルをコンセプトに人々に笑顔と娯楽を届けるエンターテイメントグループ。
UPローチは2020年春、デビューライブが新型コロナウイルスの影響により白紙に。
先が見えない状況に屈する事なく、笑顔と元気を届けたいという思いでデビュー前にも関わらず
CFでは200万越えの支援を集め、異例の無観客ライブ配信でデビューした。
キャッチーな楽曲と、笑顔弾けるステージングを武器に、2022年アイドル新時代を切り開く。

アー写

SNS

https://plus-p.jp
https://www.instagram.com/uproach_idol
https://twitter.com/uproach_0411


【UPローチメンバー】
アー写
森川すみ(赤色)
https://twitter.com/uproach_sumi

 
アー写
森川まな(ピンク)
https://twitter.com/uproach_mana

 
アー写
近藤亜沙(黄色)
https://twitter.com/uproach_asa

 
アー写
藤井聖羅(パープル)
https://twitter.com/uproach_seira

 
アー写
立花紗知(水色)
https://twitter.com/uproach_sachi

 
アー写
百瀬結乃(青色)
https://twitter.com/uproach_yuino

 
アー写
瀬森咲茉(ミントグリーン)
https://twitter.com/uproach_ema

 
アー写
久世みこ都(白色)
https://twitter.com/uproach_mikoto

 
アー写
雨宮サク(オレンジ)
https://twitter.com/uproach_saku


ライブ情報はこちら
https://timetreeapp.com/public_calendars/uproach

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.06.25
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2022.06.24
ガルポ!ズ INTERVIEW