FEATURE

2021.04.21
点染テンセイ少女。

「点染テンセイ少女。」デビューワンマンライブ直前!!インタビュー -転生少女って何ですか?-

4月2日プレデビューをはたし、アーティスト写真にはドット絵を使うなど早くも話題沸騰中の「点染テンセイ少女。」に、プレデビュー直前のタイミングでインタビューを敢行!研究生から正規グループへ昇格したメンバーが多くいる中、今のこのグループにかける想いを聞いてきた!

 

テンテン
左から、「コハク カーニバル」「チョウゼ ツムギ 」「ふわり める」「ルナ・ニャアイズ」「さくら もち」「空士 ヒマリ」「日暮 鳴子」

 

ライトノベルの世界から転生してきた7人です!!

 

 

ーー「点染テンセイ少女。」は、どういうグループか教えていただけますか?

 

コハク:点染テンセイ少女。は、7人組ユニット、略してテンテンです。ライトノベルの世界から転生してきた7人です。楽曲は、疾走感あふれるエモーショナルオルタナティブロックで、誰もが通った青春を彷彿とさせノスタルジックな世界観に染め上げるような楽曲です!

ーーでは、お一人づつ、自己紹介をお願いします。

 

コハク:天真爛漫、緑色担当、コハク・カーニバルです。

お祭りの国から転生しました。次、転生するならプリキュアになりたいです。よろしくお願いします。はい、カーニバル☆☆☆☆☆☆☆。いい意味でうるさくて、お祭り騒ぎです。

 

ーーステージでのこだわりはありますか?

 

コハク:普段は、こんな感じでうるさいんですけど(笑)。ステージでは、曲に合わせて表情を変えているので、そこに注目して欲しいです。

 

ーーでは、もちさんお願いします。

 

もち:ピンク担当、王道アイドル、さくらもちです。お菓子の国から転生してきました。

次に、転生しても、きらきらアイドルになりたいです。語彙力は乏しいけど、おしゃべり好きです。ゆるゆるした感じですが、きらきら輝いていたいです!

 

ーー私のここを見てと言うポイントはありますか?

 

もち:ピンクでツインテールがチャームポイントなので「ザ・アイドル」という姿を見てもらえたら嬉しいです。

 

ーー続いて、めるさん、お願いします。

 

める:白担当の、ふわりめるです。

真っ白な雲の国から転生してきました。次に転生するならくまさんのぬいぐるみになりたいです。

アピールポイントは、しゃべりもゆっくり、ふわってしてるってよく言われるので、ふわふわなところです。

 

ーーステージ上でも、ふわふわですか?

 

める:ステージ上では、体を柔らかく使うようにしているので、ある意味ふわふわですかね(笑)

 

ーー続いて、ツムギさん、お願いします。

 

ツムギ:紫色担当、ポニーテールのチョウゼツムギです。

バイブスの高い町から転生してきました。次に転生しても、チョウゼツムギ、自分になりたいです。ダンスが得意なので、キレキレなダンスパフォーマンスを見てください。

 

コハク:一番うまいよね。

 

ツムギ:はい、うまいです!

 

鳴子:自分でw

 

ーーでは、鳴子さん。

 

鳴子:日暮鳴子です。お世話になっております。

『ひ○らしのなく頃に』の雛見沢村から転生しました。私は、歌がずっと大好きで、歌が得意なのでステージ上でも美声に注目していただきたいです。次、転生するなら、ヒグラシになりたいかな。カナカナ・・・。以上です。

 

ーーでは、ヒマリさん、お願いします。

 

ヒマリ:黄色担当、そして笑顔担当、元航空自衛官でした空士ヒマリです。お空の国から転生してきました。次に転生するなら何になりたい?空を自由に飛びたいので「鳥」になりたいです。よろしくお願いします。

 

ーーアピールポイントは?

 

ヒマリ:アピールポイントはパフォーマンス!笑顔担当なので、ライブ中の笑顔を見てください。

 

ーーお客さんに笑顔を見せることを常に意識してるんですか?

 

ヒマリ:意識しているっていうよりはライブ自体が楽しくて、自然と笑顔になっちゃう。それがお客さんにも伝染したり、お客さんからもいただいたりして、自分の笑顔の原動力と思ってます。

 

ーールナさん、お願いします。

 

ルナ:赤色担当、とってもマイペースで甘えん坊、ルナ・ニャアイズです。猫の国から転生してきました。次、転生するなら猫になりたいです。アピールポイントは猫目とスタイルとマイペースと甘えん坊です。

 

ーーステージ上のルナさんは、どんな感じですか?

 

ルナ:曲によって表情を変えていて、普段はマイペースなんですけど、決めるところは決めて踊ってるので、そこに注目してください。

 

ーーじゃあ、ステージ上と特典会の時と印象が違うんですか?

 

ルナ:そうですね。猫目だからキツそうって見られてるんでけど、実際に会うとファンの方には「そんな、ゆるゆるしてるんだ」ってよく言われます。

 

ーー皆さんの衣装の袖にイラストが描いてあるのですね。

 

ツムギ:はい!私たち、衣装の右腕に描かれているイラストは、これは私たちの転生前の姿が描かれてます!そして文字も書かれていますが、これを読めばそれぞれのキャラクター性がわかります。

 

ーーでは、このこのまま衣装についてお聞かせいただけますか?

 

ヒマリ:セパレートで担当カラーがわかりやすくなっている衣装で、中華モチーフの柄になっていて、アーティスト写真も中華っぽくなっています。

 

テンテン

 

昇格するなら新グループが良かったので、理想の形での昇格になりました!

 

 

ーー「点染テンセイ少女。」へ昇格が決まった時の率直な思いを聞かせてください。

 

コハク:昇格が決まった時は、素直に泣きました。1年2カ月、研究生としてやってきて、目指していたところだったので、めちゃくちゃうれしかったです。

 

もち:昨年11月の傾奇隊結成時から加入してまだ4カ月しかたってない中で昇格。新グループのメンバーに入るっていうお話をいただいて、すごい不安な気持ちが最初は大きかったんですけど、でも昇格することが一番最初の目標だったので、逃すわけにはいかないという気持ちでした。メンバーが先輩方ばっかりだったので、ついていけるか不安はありましたが、楽しく仲良くやっているので、今は、これからが楽しみな気持ちに変わってます。

 

める:私は、このグループで唯一傾奇隊からの昇格ではなく新規加入で、不安はありましたが、楽曲を時に、曲もダンスも私が好きな感じで、レッスンしていくうちにどんどん楽しみになっていきました。みんな優しくて、ダンスも歌もたくさん教えてくれて、すごいありがたいです。

 

ツムギ:私が、研究生歴が一番長くて、ステージデビューして1年11カ月。昇格を聞いた時はすごくうれしかったです。コンセプトがすごく面白いなと感じていて、アニメが好きなので、コンセプトに惹かれました。昇格するなら新グループが良かったので、理想の形での昇格になりました!

 

鳴子:素直にうれしかったです!私もアニメ、漫画、ライトノベルが、すごく大好きで、自分自身もアニソンシンガーになりたい夢があります。なので、コンセプトを聞いて、私は他のグループじゃなく、絶対このグループがいいと思いました。まさに運命でした。なので、世界観とインパクトを狙って、この名前にしました。

 

ヒマリ:私は、最初聞いた時は、正直、うれしさ半分と不安が半分でした。歌もダンスも得意なほうではないので、やっていけるかなという不安が強かったです。ただ、今こうやって形になるにつれて、楽しみになっていき、ファンの方も同じ方向に向いてくださっているのが、すごく救いなっていて、これからが楽しみです。

 

ルナ:私も、最初は期待と不安の半々の気持ちでした。傾奇隊に昨年の11月から加入して、名古屋にいた時よりもライブの本数も多かったので、体感的には昇格まで長く感じました。運営さんからコンセプトを聞いた時も、初めは雰囲気が合うのか想像がつかなくて不安だったんですけど、オリジナル曲もいただいて、レッスンをして、今はめっちゃ楽しみです。

 

ーー「点染テンセイ少女。」の楽曲は、どういうものですか?

 

鳴子:研究生から、受け継ぐ楽曲があるのですが、エモさ、懐かしさ、青春を感じる楽曲になっています。新曲は、アニメの主題歌にありそうな曲調で、ロボットアニメのオープニングのような曲です!

 

コハク:オリジナル楽曲の振り幅が、すごいです。エモーショナルオルタナティブロックをベースに、しんみりしたものから、かっこいいものや明るい曲まで揃ってます!!

 

ーー研究生を経験されていたみなさんは、今振り返ってみて、研究生期間はどういう時間でしたか?

 

コハク:研究生グループが「らぐけん!」から「傾奇隊」へ変わるときに、研究生グループではありますが、今までいたグループがなくなってしまうのは悲しかったです。でも傾奇隊には、衣装が用意されていて持ち曲もあったので、傾奇隊で過ごした期間は、正規グループに上がる準備や心構えがしっかりできました。

 

ーー「らぐけん!」から「傾奇隊」になったとき、気持ちの変化もありましたか?

 

コハク:そうですね。らぐけん!では後輩側だったのが、傾奇隊になったら、リーダーになったので、意識は大きく変わりました。

 

ーーリーダーをした経験はどうでしたか?

 

コハク:毎日、泣いてました。リーダーってこんなに大変なんだっていう気持ちと、私の中で理想のリーダーの型があり、それとの差に対する歯がゆさがあって、結構もがいている期間でした。今となっては、いい思い出です。一気に経験値が上がりました。

 

ーー続いて、もちさん。

 

もち:加入した時は、「傾奇隊」水月-SUIGETSU-で、ゴシックで独特な世界観のグループ、狐炎-キツネビ-では、かわいい系の曲もやるようになって、その両方ができたことが、テンテンになって活かされています。そして実際にアイドルになって、こんなに大変だったのかと思うこともありましたが、私、負けず嫌いなので「こんなところで諦めたくない」と思い、ここまでやってこれました。

 

ーーでは、ツムギさん。

 

ツムギ:繰り返しになりますが、私が一番研究生時代が長く、入った時はもちろん一番下で、昇格の直前は、傾奇隊で一番キャリアが長くなってしまいました。辞めていく子や後輩でも正規グループに昇格していくのを何人も見てきたので、正直いろんな葛藤はありました。

でも、今はこうやって昇格できたので、しんどくても続けてきてよかったです。

 

ーー鳴子さん、お願いします。

 

鳴子:私は、約1年前にステージデビューしてるんですけど、コロナ禍の真っ只中だったので、ステージデビューは配信でした。そこからファンの方にも会えない期間が3、4カ月ぐらい続き自分が思い描いていたような活動ができなくて、不安と戦う日々でした。だんだんお客様の前でライブができるようになって、人前でステージに立てることのありがたみを強く感じて一つ一つを大切に活動してきました。

あと自分で言うのもなんですが、この1年ですごく見た目が変わりました!自分磨きをして、自分ともしっかり向き合えたので、必要な時間でした。

 

ーー続いて、ヒマリさん。

 

ヒマリ:私はコハクカーニバルと同期なので、彼女と同じ感覚で、最初の頃は、先輩に付いて行くのに必死で、頼ることが多かったですが、今は自分で考えて行動して、どうしたらグループのためになるのかとよく考えています。辛いこともありましたがそういう経験があったからこそ、今があるので、決してどれも無駄な時間じゃなかったと思っています。

 

ーールナさん、お願いします。

 

ルナ:私、「傾奇隊」に入ってから、ケガばかりしてて、ついていくのに必死でした。

そして、私は、自分の中に抱え込んでしまうタイプなので、落ち込んだり悩んだりした時は、ママによく相談をしてました。その分、この期間は、アイドルの面でも、人としても成長できたのかなと思います。

 

 

 

私たちにしかできないステージを作っていきたいです!!

 

 

ーーでは、「点染テンセイ少女。」での今後の目標とワンマンライブへの意気込みを教えてください。

 

コハク:「はい、カーニバル☆☆☆☆☆☆☆!!」ということで(笑)。テンテンで、ほんとに売れたいです、売れたい!!!!!

 

ツムギ:浅いな(笑)

 

コハク:深いよ!売れたいんです!!私の座右の銘が「継続は力なり」なので、どれだけかかっても、とにかくでっかいステージに立ちたいです!私、過去に1度、Zeppのステージに立ったことがあるんですけど、正直ぜんぜんお客さんが入らなくて・・・・なので、Zeppをパンパンに埋められるぐらいのグループになりたいです!!

ワンマンライブは、プレデビューとは違ってほんとに本格的に始動するライブ、テンテンとしての始まりなので、成功させたいです。私たちは4/23のワンマンまで5000枚ビラ配り大作戦と称して毎日ビラ配りをしています!

 

ツムギ:本当に毎日です!(笑)メンバー全員で協力して1人でも多くの方にテンテンを知ってもらえるようにビラを配る活動しています、ワンマン後は、『毎日どこかでビラ配りをしているアイドル』としてより多くの方に知ってもらえるようにビラ配りを行なっていく予定なので、みなさん見かけたら是非声かけてくださると嬉しいです!

 

コハク:そうですね!その積み重ねで池袋SOUND PEACEを埋められたら、嬉しいです!

 

ーーもちさん、お願いします。

 

もち:元々、アイドルが好きで、アイドルになりたいと思い始めた時から目指しているのがTIFです!だから、TIFに出たいです!

ワンマンライブは、させていただけること自体がすごく光栄なことなので、テンテンのデビューワンマンよかったと思ってもらえるようなライブにしたいです。そのためにも、ファンのみなさんの力が必要です。ほんとにたくさん来てくれないと、もちが泣いちゃいます。もちが悲しくならないように、いっぱい遊びに来てください。

 

ーーめるさん、お願いします。

 

める:とにかく、大きい会場でライブがしたいです。テンテンは、いろんな曲があるので、曲ごとにいろんな表現やパフォーマンス、それこそ踊り方とかも変化を見せられるように今、頑張ってレッスンをしていますので、そういう部分も楽しみに、見に来てくれたらうれしいです。

 

ーーでは、ツムギさん。

 

ツムギ:もちろんみんなが言っていたように大きいステージにも立ちたいですが、テンテンのコンセプトがラノベの世界から転生なので、2次元との融合じゃないですけど、バーチャルアイドルが出るようなフェスに出たいです。

ワンマンライブは、傾奇隊でのワンマンライブが同じ場所「池袋 SOUND PEACE」で開催したので、その時を超えることが、目標です。いえ、超えます!!

 

ーー鳴子さん、お願いします。

 

鳴子:テンテンでやりたいことは、ライトノベルから転生した世界観のグループなので、アニメの主題歌を歌いたいです!!そして、アニサマに出演するのが夢です。その夢をかなえていくためにも、今回のワンマンライブが全ての始まりになっていくので、まずは目の前のことを一つ一つしっかり頑張っていきたいです。

テンテンの、このコンセプトだからこそ、いろんな可能性を秘めていると思うので、いろんなアイドルさんがいらっしゃいますが、私たちにしかできないステージを作っていきたいです!!

 

ーーヒマリさん、お願いします。

 

ヒマリ:私、地元が富山なので、富山へ遠征したいです。SHOWROOM配信の時も、地方の方とかこの情勢でなかなか現場に来れないと声を聞くので、私たちが会いに行く、全国47都道府県ツアーをしたいです!!親は、私がどういう活動をしているか具体的にはわからないと思うので、ステージを見せてびっくりさせたいなって思ってます。

 

ワンマンライブでは、その場にいるフロアのお客さん、みんな絶対に楽しませる覚悟で挑みたいです。後悔はさせませんのでお待ちしています。

 

ーーでは、ルナさん、お願いします。

 

ルナ:私も地方出身。名古屋出身なので、全国ツアーがしたいです!そして事務所の一番上の先輩「神激」さんがワンマンライブをした豊洲Pitに私たちも立ちたいです!

名古屋は、以前活動していたグループの時からのファンの方も待っていてくれているので、いつか凱旋ライブしたいです。

ワンマンライブは、ツムギさんも言っていたように、私も傾奇隊でのワンマンライブを超えたいです!

 

取材・文・写真:もりたはぢめ

 

<インフォメーション>

2021年4月23日(金)
デビューワンマンライブ
『私、転生少女ですが何か?』
【会場】池袋SOUND PEACE
【時間】OPEN18:00/START19:00
【料金】予約2000円(D代別)/当日2,500円(D代別)
Sチケット(前方優先チケット)¥4,000(1D)
【取扱】https://bit.ly/tenten_LIVE
【出演】点染テンセイ少女。

他、最新のライブスケジュールはこちら
https://bit.ly/tenten_LIVE

 


点染テンセイ少女。

公式Twitter:
https://twitter.com/tenten_info

 

ルナ・ニャアイズ
https://twitter.com/tenten_runa

チョウゼ ツムギ
https://twitter.com/tenten_tsumugi

コハク カーニバル
https://twitter.com/tenten_kohaku

空士 ヒマリ
https://twitter.com/tenten_himari

日暮 鳴子
https://twitter.com/tenten_nakuko

さくら もち
https://twitter.com/tenten_mochi

ふわり める
https://twitter.com/tenten_meru

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2021.07.27
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2021.07.25
ガルポ!ズ INTERVIEW