FEATURE

2020.08.14
レイドロイド

レイドロイド デビュー 半年記念インタビュー「この夏はレイドロにください」

今年、デビュー直前にインタビューを敢行、2月7日にデビューステージに立った「レイドロイド」。本来ならば、デビューから約半年たったこの時期に渋谷wwwにてワンマンライブを開催していたはずだったが、残念ながら新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け延期となってしまった。そんな半年の振り返りと来年2月に延期されたワンマンライブに向けた意気込みを語ってもらった。

 

 

ーーまずは、デビューライブを今振り返ってみて、いかがでしたか?

 

 

イロハ:たまに映像を見返しますが、もうグダグダ過ぎて、あのときはあれが精いっぱいで、みんなのベストだったんです。

あれで、自信満々で、すごく良かったと思ってたのが今考えると恥ずかしいけど、あの時はあの時なりに、自分たちはギリギリの中だったけど、頑張ってました。でも振り返ると初々しい、ダンス誰も合ってないし、ゴダゴダだったから、よくあれでステージに立てたなとは思うんですけど。見返すたびに、今は結構良くなってきているんじゃないかなって思えます。

 

ーーありがとうございます。続いてアオリさん。

 

アオリ:私も動画を見返すと恥ずかしいなって思います。ただ、デビューライブを見に来きてくれたファンの方が、デビューライブぶりに見に来てくれた時に「めっちゃ良くなっててびっくりした」って言ってもらえて、だいぶ変わってきたんだなと実感しています。

 

カレン:今思うと、デビューライブは、ボロボロだった。その日初披露の歌詞を飛ばしたし、あまり映像を見返したくないです・・・・でも、あのときはワクワクが強くて、すごく自信過剰でした。ただ、今はいろんな課題が見えたから自分の良さは、自意識過剰みたいな調子乗ってる感じのほうがいいライブができるからそういう面では、デビューの時のをもう1回振り返っていかなきゃなって思うんですけど、純粋にあの人数の規模感であの声出しっていうか、あの空気感でもう1回ライブやりたいなって思います。今は人も限定されちゃうし、声も出せないし、ファンの表情も見えないし、私たちも暑苦しいし、そういう意味では、あの2月7日が恋しいっていうのは多いですね。

 

ーーでは、マシロさん。

 

マシロ:デビューライブの時は緊張し過ぎて記憶がそんなにないんですけど、でもみんなの言ってたとおり動画見返すとほんとに見たくないぐらいのやばかったです。

 

ーーマシロさん自身で変化はありましたか?

 

マシロ:痩せました。表情もよくなったって言われることもあって、内気な性格がちょっと明るくなった気がします(笑)。あとメンバーと関係が深くなった気がする。そこが一番の変化かな。

 

ーー続いて、マユカさん。

 

マユカ:前は自分のことで精いっぱいだったから、他のメンバーのミスとか歌い忘れとかもフォローできなかったけど、最近はメンバーのことをみんな見れるようになって、ミスったとしてもすぐみんなフォローできるようになったからそういう面で成長できたかなって思います。

 

 

ーーリミナさん、いかがですか。

 

リミナ:私がデビューライブから、一番変わったことは、レスを結構しっかりできるようになったと思ってます。あと、でかい声出せるようになりました。でも成長して、ちょびっと痩せて、自分に似合う髪型とかも研究して、ライブを楽しいを一番にできるようになりました。

 

ーー自粛などでライブができない時間とかもありましたけど、どう過ごされていましたか?

 

イロハ:自粛期間中は、もう本当に自粛してました。やっぱり塞ぎ込むじゃないですけど、ずっと家にいると精神的に”くる”時もあって・・・でも、ちょっとずつライブが始まるようになって、やっぱライブをやる楽しさとか、やっぱこれがやりたくて、アイドルになったんだから、ステージに立てることって本当に大切だなと、改めて思えるようになりました。ただ、やっぱり前とは全然環境も違うし、自分の想像してた半年間と、実際に今こうなって過ごしてる半年間がほんとに違うもので、もうちょっと明るい感じの未来を想像していたんです。なかなか思うようにライブのできない今の環境に満足はしていませんが、今の環境は今の環境で出会えてる人もいるし、知ってもらえてる人もいて、今まで通りでは出会えなかった人もいるので悲観ばかりはしていられないなと思っています。

だた、最近、褒められることも増えたり、大きいイベントにも呼んでもらえる機会も増えてきてて、レイドロイドが少しづつ広まってきて知ってもらえてるので、自粛期間中も負けずに頑張って良かったなと思ってます。

 

カレン:私は、結構グレました(笑)。自粛期間中は、おうちで配信するしかなかったので、おうち出るだけでもう悪者みたいな感じだったから、しんどかったです。配信も毎日のようにやってましたが、ライブしてる1時間と、配信してる1時間って体感的に配信してる1時間のほうがすごい長い感じるんです。みんなと配信でもお話しするのは楽しいんですけど、やっぱりコミュニケーションがリアルタイムじゃないし、うまく取れない感じがして、不安でした。それに自粛期間中にできること言えば、配信くらいしかなくて、でも私、じっとしていられないタイプだから、何か新しいことをしようと思って、勉強をしてました。

 

マシロ:私は、自粛期間中は、やることないからギター買って練習してて、それは面白かったです。でも、メンバーに会えないのは、すごい辛かったです。やっぱ家族みたいな毎日会ってたから辛くて、ライブ映像見て泣いてた。

 

ーーそのギターはどこかで披露したんですか?

 

マシロ:練習配信みたいなのはしていたんでけど、でもまだそんなに弾けないです。1曲は弾けるんですけど、でもそれはまだみなさんの前でお披露目できるレベルにはなっていないので、もっと練習して、どこかでお見せできたらなと思います。

 

ーーアオリさんはどうでしたか?

 

アオリ:なかなかライブができないのがめちゃくちゃ悲しいし、もう寂しかったです。ライブが生きがいって言っていいほどなので「まじか」ってなりました。でも自粛期間があったからこそ配信とかYouTube撮影とか、新しい経験ができたと思うと、そういう面では良かったなって思うし、今まで毎日がライブだったので、考える時間が増えたし自分の趣味を極めようと絵描いたりとかしたりとかしてました。

 

ーー絵はもともと好きだったんですか?

 

アオリ:めっちゃ好きです。Twitterとかには、あんまり載せてはないんですけど、たくさん描いたりしてました。

 

ーーマユカさんはどう過ごしてましたか?

 

マユカ:私は、ライブができなすぎて、配信で1人ライブしてました。1人でレイドロの曲を歌って踊ってました。

 

ーー1人で?

 

マユカ:そうです。1人レイドロです。全員のパートを1人で歌ってやりました。

 

ーーすごい。

 

マユカ:1人でライブ配信をやって、改めてライブがどれだけ自分の中で大きいかを実感しました。配信でレイドロの曲の歌覚えたりとか、ダンス覚えたよっていう人が結構いてくれたから、やってよかったです。

 

ーーでは、リミナさんは自粛期間中どう過ごしてました?

 

リミナ:自粛期間前ですが、レイドロイドって事務所のスタッフさんから、一時期、太りすぎて「ぽっちゃロイド」って言われてたんですよ。それが嫌だったから、この自粛期間は絶対に痩せようと思って、毎日ダイエット動画を載せました。毎日レイドロの曲を踊ってダイエットしてますっていう動画を上げてます。

 

ーー「ぽっちゃロイド」と言われちゃったんですね。最初、お会いした時も太ってる感じしませんでしたが。

 

イロハ:グループのコンセプトが「キュートなアンドロイド」なので、プロデューサーからも見た目、見た目ってすごい言われてる中で、ぽっちゃロイドって言われてたので、見られてるって意識をすごい感じなきゃいけないところが多くて、それでメイク変えたり、髪型変えたりっていう努力は日々してますね。自粛期間明けてからみんなすごく意識するようになってましたね。

 

ーーちなみにメイクのこだわりや変えたポイントはありますか?

 

リミナ:私は、つり目がちょっときつすぎるので、ちょっとたれ目にしてます。印象柔らかく見せれるように、私、結構怖がられちゃうんですよ。だからかわいい印象にしました。あと、前髪も薄くしました。薄くして、斜めにして大人っぽくしてますね。

 

マユカ:私は、ほかのメンバーに比べて化粧が薄い、下手っぴだったので、イロハさんに教えてもらってます。メンバーに誕生日の時にアイシャドウとチークもらって、それをどうやって付けるんですかってイロハさんに教えてもらいました。

 

マシロ:目尻とかを暗くしてて、たれ目で目が大きく見えるようにしてます。あと鼻が低いのが嫌で、YouTubeを見て、鼻高く見えるようにちょっと工夫したりしてます。

 

カレン:私は、Twitterとかのコンセプトを彼女っぽいっていうのでやってたりとか、私のファンの方の総称をひらがなで「かれ」に「氏」で「かれ氏」って言ったりとか、彼女っていうのを意識した結果、最近のかわいい理想的な彼女みたいなのがナチュラルで大人しそう。清楚みたいなのがやっぱいいのかなって自分で思ったので、一緒に歩いてて恥ずかしくない。何ならちょっと自慢になる彼女みたいなのを追求したらちょっと大人っぽいっていうのにたどり着きました。

私がいいと思うことをやっているけど、ファンの方に着いてきてもらえるように努力してます。

 

アオリ:私は、髪型は変わってないんですけど、メイクを今まで自己流で化粧品とかも全くこだわってなかったんですけど、自粛期間中にYouTubeとか見て、化粧品もほぼ変えたんじゃないかなっていうぐらい変えたし、あとカラコンもちょっと気合入れようって思って変えました。

 

 

イロハ:イロハは何も変えてないです。メイクとか髪型とかは、私の憧れの女の子の理想像がずっとあるんですけど、それずっと変えてなくて。これエクステだから髪の毛短くなったりとかはするんですけど、顔は変えてなくてメイク品も2年間ぐらいずっと同じの使ってますし、何も変えてないんです。

でもメイクとか見た目のそういうのが、自分の理想がずっとこの人っていうのがあるから、その人っぽくしたくて、自分とその人やっぱ顔が違うから自分に似合う方法でその人の雰囲気に近付けるようにいろいろちょっとした角度だったり色だったり、範囲とかだったりそういうメイクではめちゃめちゃこだわっててやってるから、多分結構顔が変わるというか自信持って「これやってます」って言えるんですけど、根本的には何も変わってないです。

 

ーーメイクを変えていないのは、印象が柔らかくなったのでメイクを変えたのかと思ってました。

 

イロハ:前は、ちょっと強めのメイクにしてたけど、最近は元が良くなったからカバーあんましなくなりました。

 

カレン:肌が綺麗になった。

 

イロハ:自粛期間中にいろいろ試して、汗水流して、涙も流し、頑張りました。そしたら意外といいほうになって、ファンからも結構変わったねって言われました。私、女の子受けがよくなったらいいなと思っていて、もちろん異性の方に好きになってもらったり褒めてもらうのは嬉しいのですけど、自分の好きを貫いてで同性に応援されたくて、味方みたいな感じになりたくて、そういうメイクだったり髪型だったり。洋服とかも自分が着たいものとか使いたいもので揃えて、別に周りにどう言われようがいいからという感じのをずっと貫きたくてやってるんです。「イロハちゃんの髪型とか真似したい」とか「メイクしたいとか、どういうの使ったらいいかな」とか配信で聞いてくれたり、女の子から女の子に回ってフォローしてくれたりとか、少しづつですが自分の目的に近づいてきていると感じています。ちょっとずつだけどそうやって言ってくれてる人とかいるし、真似したいとかこういうのになりたいみたいなのも自信につながるし。そしたらもっとかわいくなれるし、最高と思って自分でかわいいっていつも言ってます。

 

ーーじゃあ最後に残念ながら延期になってしまったワンマンライブ。来年2月の開催が決まりましたが、そこに向けての意気込みや抱負があればお教えください。

 

リミナ:半年後のワンマンライブに向けては、目標にしてた500人動員を絶対に達成したいです。もちろん自分のファンも増やしたいです。レイドロイドの目標が”2020年来てるアイドルがレイドロイド”っていうのが目標だったので、それを絶対に達成したいですね。

来年2月のワンマンライブで会場を一杯にしたいし、この期間で悔しい思いしてるから絶対に達成したいっていう気持ちです。全員のレベルも上げて。歌とかもダンスも全部上げてやりたいなと思っています。

 

マユカ:私は、イロハさんと同じで理想のアイドルさんがいるんですけど、同じように、他のアイドルさんからも「レイドロイドさんになりたい」って思ってもらえるようにライブ力とか、メイクも研究して、もっとかわいくて歌もダンスも上手でレイドロイドさんすごいなみたいな感じで言ってもらえるようになりたいです。対バンでもレイドロイドいるなら行こうとなるのが目標です。個人的には、歌を頑張って、もっとレイドロイドに貢献したいです。

 

ーー今は、歌が課題ってことですか?

 

マユカ:そうですね。声量がみんなすごくて、私、負けちゃうんですよ。特にリミナちゃんとイロハさんがすごくて、一緒に歌うと私の声が聞こえないって言われるので、その2人を超すぐらいの声を出せるようにボイトレしてます。

 

マシロ:今、この情勢だと、超不安なんですけど。逆にこの状況下でどれだけ新しいファンを増やせるか、たくさんの人の心を掴めるかっていうのを考えています。しゃべるのが得意ではないので配信がすごく苦手で・・・。1人でしゃべれなくて、何言ってるかわかんなくなっちゃうんですよ。

あとは私もダンスが苦手なので、ダンスをキレキレに踊れるようになるのと、歌も頑張りたいです。レイドロはダンスの先生がいるので。

 

リミナ:マユカさんは、ずれてると教えてくれるんですよ。ここ間違ってるとか。だからマユカさんがいないと多分ずれずれですよ。私たち。

 

イロハ:イロハだってやばいもん。言ってくれるからわかるけど、誰も言ってくれなかったらそのまま間違ったままの方向に進んでそうだから。

 

リミナ:ライブのあととかも言ってくれるし。質問したら、ちゃんと適切な答えが返ってくるので、大事な存在です。

 

カレン:マユカちゃんがこの前のレッスンにいなくて、私たちは「意外とできたね」となっていたんですけど。後でマユカちゃんに動画送ったら「ここ違くないですかって」て指摘されて、そこで初めて気付けて、マユカちゃんは必要不可欠。

 

イロハ:マユカさんがいないと合わせていい人がわからないから、誰が正しいのかわかんなくなっちゃう。みんな多分ちょっとずつ違くて、ちょっとずついらんとこで個性出しちゃう。

 

ーー引き続き、来年へのワンマンライブに向けて意気込みや抱負をお願いします。カレンさん。

 

カレン:私は、1年ごとに目標を組み直しているんですけど、今回は、自粛期間もありそれが完璧に崩れたので、だから次のワンマンでどれだけ出せるかっていうのが、自分の今後に関わってくると思ってます。この半年は、今までできてたビラ配りができなかったり、ツーショットが撮れなくなってたり、私の強みとしてた目力だったり、仕草だったりそういうのが使えなくなったので、また新しい強みを見つけなきゃいけないっていうのが今の課題です。それでまたファンの方をたくさん増やしたいというのが、ここ1カ月の目標。そして、メンバーにも貢献できるように、自分のできてないところを伸ばしていきたいです。あと、一番、今日のインタビューで思ったのが、半年前のインタビューしていただいた時とは、みんな違うというか、伝わってくる気持ちが強くなってるのをすごい感じて、1人1人ほんとにレイドロに懸けてるんだなって思って・・・、泣きそう。

 

ほんとにみんなすごい気持ちが強くなってる。レイドロのために。レイドロとしてっていうのがすごい聞こえたので、いい空気感。この空気感をもっと引っ張って、ファンの皆さんにも浸透させて来年2月のワンマンまで持っていきたいなって思います。

 

ーー焦りとかはあります?

 

カレン:たくさんあります。歌がいつまで経っても良くならない。あとは、最近、自分の苦手なところが強く出てしまうとかが多くて、すごい空回りして焦ってます。みんなが良くなってきちゃってっていいことなんですけど、みんながすごい良くなってる分、自分に対しての何でこれができないんだとか、すごい毎日悔しく思ってて、でもやっぱ立ち位置っていうか、キャラって言った時に、私は何でも要領良くこなせるみたいなイメージが強いみたいで、だからそこキャラを守りたい。成績で言うとオール5を目指さなきゃいけないなっていう焦りはあります。

でも、自分が落ち込んでる時にメンバーがふざけて明るく笑い飛ばしてくれるので、内心助けられてます。みんなのチャランポランに助けられてる時もあるし、みんなが真面目なところに助けられてたりとかすごいやっぱ私は、強がってるだけで精神的に居場所がない時もあるので、だからこんなにすごい大事な仲間ができるとは思ってなかったです。

 

アオリ:私もみんなと同じようなことになっちゃうんですけど、やっぱ延期になった分、攻めたいです。成功させたい。絶対成功させたいです。私は、みんなより歌もダンスも、劣ってるので、スキルをもっと上げて、アイドル界でレイドロっていう名前をもっと広げたいです。この期間でしかできないこともあると思うので、いろんなことやって成功させたいですね。

あとレイドロの世界観をもっと出していきたいなって。どう出すかっていうのがまだわかんないんですけど、それも見つけて、もっとレイドロっていうのを出していきたいなって思います。

 

 

ーーでは、イロハさん。

 

イロハ:ほんとだったら、この半年で達成してた目標というか、その日のためにデビュー前から、いろいろ1人1人頑張ってきたものが、また半年先になって伸びて、それがどうなるかもわからない状態で結構不安な中、今みんなやってると思うんです。誰もどうなるかなんてわからないし、半年後こうやってインタビューしてもらえて、また「半年後になっちゃいましたね」ってなるかもしれないし、おめでとうございますってなるかもしれないしわからないけど、そのときに結果がどうであれ、自分が悔しい思いとかをしないように1日1日大切にして、時間も大切に使って、また半年後にレイドロとして頑張って良かったなって良かったなって思えるようにしたいです。自分の人生掛けてやって良かったなって思えるように、自分もちゃんとそれで胸張って良かったって言えるようになりたいし、全員で良かったねって言えるようになりたいです。

個人的にはもっとかわいくなりたい。ずっとこれは人生での目標なんですけど、ほんとにもっとかわいくなって、アンドロイドって言われてるだけあって、作られてるじゃないですか。普通に手の届かない存在みたいになりたいし、私が憧れる人よりももっと上に行きたいし、憧れてる人たちが憧れるぐらい大きい存在になりたい。今だったら多分無理じゃんみたいな雰囲気になっちゃうと思うんですけど、そうならないように自分自身も強く生きなきゃいけないと思うし、もっと強い何かを自分に身に付けて、この半年間で自分だけの何かを見つけられたらと思ってます。今、少しずつ多分見つかってる。

みんなも一生懸命頑張って協力して、レイドロイドいいなって思ってもらえるような温かいグループにして、ちゃんと半年後ワンマン埋められるように。こういう人数制限とかじゃなくて、全然取れなかった、チケットみたいな。チケット余ってない? みたいな言われるぐらいまでなりたい。半年の猶予をいただいてるので、その間に500人じゃまだ足りないよぐらいになりたい。けど、ちょっと不安な部分があるので、今はそうなりたいっていうだけで、なれますって言いきれないのがまだ悔しい。ちゃんとこうやってみたから成功できましたって言えるように自分も毎日頑張って、みんなで協力して頑張って強み見つけてかわいくなってイェーイって。みんなでハッピーになれるようにしたいですね。

 

ーー最後のファンの皆さんにメッセージを、代表してイロハさんお願いします。

 

イロハ:日々のライブに来てください。8月土日のお昼は、新規のみなさんにも足を運びやすいように無銭でライブやります。普段、なかなかやらない新規の方に優しい内容になっているので、8月はそこに集中して勝負を掛けたい気持ちがあるので、ぜひ少しでも気になる方は遊びに来て欲しいです。この夏はレイドロにくださいっていう心意気で頑張ります!!

 

 

<インフォメーション>

公式サイト:
https://www.raydroid.net/


Twitter公式アカウント:
https://twitter.com/raydroid_info

ウリャ・O・イロハ:
https://twitter.com/raydroid_iroha3

ハート・A・カレン:
https://twitter.com/raydroid_karen

サンゴ・X・アオリ:
https://twitter.com/raydroid_aori

ワ・I・リミナ:
https://twitter.com/raydroid_rimina

ミニマ・U・マユカ:
https://twitter.com/raydroid_mayuka

ベイ・B・マシロ:
https://twitter.com/raydroid_masiro

 

<ライブ情報>

8月の土日は、ご新規様、超お得期間

8月15日、8月22日、8月23日
会場:池袋SOUNDPEACE
開場:10:45 開演:11:00
・ご新規様メンバー全員分チェキ券配布!
・ご新規を連れてきた方にもチェキ券1枚プレゼント!


8月16日(日)
「ウリャ・O・イロハ製造祭」
【会場】池袋SOUND PEACE
【時間】開場19:30/開演19:55
【料金】予約¥2,500/当日¥3,000
予約はこちら
http://bit.ly/raydroLIVE

 

08月18日(火)
「HYPER2MIX~異種格闘ツーマン」
【時間】開場19:10 /開演 19:40
【会場】大塚HeartsNext
【料金】予約 3,000円 / 当日 3500円 (各1D代別)
【出演】 レイドロイド / 透-toumei-明
予約はこちら
https://hlm.official.ec/items/32388705


08月19日(水)
「#ダブルブレイク」
【時間】開場19:00 /開演 19:30
【会場】池袋SOUND PEACE
【料金】予約 2,000円 / 当日 2,500円 (各1D代別)
【出演】 レイドロイド / elsy
予約はこちら
https://tiget.net/events/99211


8月29日(土)
@JAM ONLINE FESTIVAL
Futureステージ

チケットのご購入はこちら
https://ticket.rakuten.co.jp/music/rtzpahs/

 

 

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2021.09.18
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2021.09.17
小川麻琴とへなぎのIDOBATA RADIO!!