FEATURE

2023.11.17
PaletteParade

PaletteParade『パレちゃレ!3 PART1』ライブレポート!!!!!

 Palette Paradeが、挑戦企画『パレちゃレ!3 』PART1公演を、11月11日(土)に渋谷O-crestで行った。会場を埋めつくす人たちが来場。今のPalette Paradeの勢いを示したライブだった。
  先に伝えておくと、今回の公演は、現在Palette Paradeが実施中の『パレちゃレ!3』のPART1企画として行われ、同企画のPART2の内容が、この日に発表になった「メンバー凱旋!地元フォロワー獲得の旅」、各メンバーの地元をまわる挑戦企画になる。詳細は、改めてお伝えしたい。ここからは、当日のライブの模様をお届けしよう。


  メンバー全員、客席に背を向け、右手を高く掲げて登場。「全員クラップ」の声を受け、メンバーらの動きに合わせ、フロア中で鳴り響くクラップの音。ライブは、さらに大きなクラップの音と、観客たちの絶叫を巻き起こす形で『スタートライン』から始まった。愛らしいメンバーらの姿と歌声の中から、しっかりと力強さが伝わってくるのが嬉しい。5人とも気合十分だ。その熱がフロア中にも、伝播。ペンライトを振る人たちから、その場で飛び跳ねる人たちまで、「上がるテンション」の言葉ではないが、早くも場内には熱が生まれだしていた。このスタートラインが、どんな楽しさへ繋がっていくのかが楽しみになる始まりの景色だ。 

3              

『スプラッシュアンカー』が流れだしたとたん、フロア中から沸き上がった熱情したMIXの声。「突き刺さるほどの熱い激情」の歌詞ではないが、本当に激情した声が場内から飛び交っていた。メンバーたちもその声をパワーに、でも、愛らしさをと爽やかさを持って歌うところも、彼女たちらしい。どんな環境でも、爽やかな青春模様を見せてくれるのが嬉しい。

 

  音頭のリズムに合わせ、メンバーたちが「みんなー,お祭りの時間だよー、準備はいい??」と声を上げる。彼女たちは『UKIYO-YO ONDO』に乗せ、フロア中の人たちから「ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!」や「ウッ!ハッ!」の声も導きながら、この会場をお祭りの場に染め上げる。途中、メンバーらが輪を描きながら盆踊りしてゆく場面では、フロア中の人たちが音頭のリズムに合わせ、しっかり手拍子。メンバーらと一緒に身体を揺らし、「ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!」と声を上げながら拳を振り上げるなど、みんなで、この場に生まれた宴をしっかり楽しんでいた。

 

 MCでは、『パレちゃレ!3』PART1の挑戦をクリアしたことを報告。「みんなで最高のスタートラインを切ろう!!」「最後までみんなでブチ上がっていきましょう!!」の声を合図に、次のブロックへ。

 

  飛びだしたのが、ぶちアガッてゆくに相応しい『起きて笑おう果報者』。華やかに‥いや、派手派手にスタートしたパレードにフロア中のみんなも飛び込み、「うっ!はっ!」と高らかに声を張り上げて騒ぎだす。メンバーたちも、気持ちを煽りぎみに、でも愛らしさをしっかりと見せながら歌い踊りだす。さぁ、Palette Paradeが仕掛けたパレードへ飛び込んで、思いきり身体を揺らし、声を張り上げよう。5人も舞台の上を行進しながら、場内に生まれた熱狂をさらに更新してゆく。間奏では、メンバーそれぞれがフロアにWAVEを巻き起こす場面も登場。みんなで気持ちを一つに、晴れた気分でこのパレードを続けていこうか。終盤には、メンバーらと観客たちが一緒に飛び跳ねる場面も誕生。無邪気にはしゃぎあえるこの感覚が最高だ!!!!!

 

  続く、メンバーの作詞曲『ときしゅわ!』でも、5人がセリフをかけあえば、モンキーダンスに興じるなど、華やかさを増した楽曲に乗せ、テンションのギアをさらにグッと上げ、舞台の上でわちゃわちゃとはしゃいでいた。まるでキャップを開けたてのサイダーのように、シュワッと爽やかに弾けた姿を見せるメンバーたち。愛らしい歌声でせまられるたびに、ハートがドキドキ高鳴りだす。間奏では、みんなで一緒に天高く腕を突き上げる場面も登場。落ちサビで起きた絶叫とケチャの風景。「君のためならきっと何だってできるし」と歌いながら、5人と観客たちとが伸ばした指で相手を差し合う姿にグッときた。この場にいる人たちみんなが、彼女たちと気持ちが両思いしている。最後「君が好きだ」「俺もー」のやりとりも、その関係を示していた。

 

 彼女たちは勢いを止めるどころか、熱を帯びた会場の空気をさらにアゲていくぞとはかりに超アップチューンの『Brand New,Brand New Days!!』を歌唱。まるで緩さのないジェットコースターのように、彼女たちはいろんな熱狂的な刺激を次々と仕掛けてゆく。「急がばまわれ」の歌に合わせ、メンバーがくるっとまわる姿もチャーミングだ。さぁ、このまま熱狂のコースターに乗り続けながら,心騒ぐまま5人と一緒にはしゃぎ続けようじゃないか!!!!!

 

 メンバーたちの感情的な歌声を合図に飛びだしたのが、『シャイガール』。フロアのあちこちから上がるMIX。気分をアゲるアッパーなビートながらも、この曲では、自分の気持ちを強く塗り変えようと、心を奮い立てて歌う彼女たちの姿があった。激しくも華やかな曲調の中へ、少しの憂いも含んだ内面的な強さを描きだしていた姿が印象深く見えていた。曲が進むごとに歌声が感情的/エモーショナルに色づいてゆく様も、心を熱くしてくれた。

2

 最後のブロックの冒頭を飾った『アイビー』でも5人は、心の内に渦巻く葛藤を、気持ちを前向きに塗りかえるように歌っていた。でも、『アイビー』自体がとてもカラフルな楽曲だけに、声を張り上げて、彼女たちにエールを送らずにいれない。5人の歌声は、弱さを吹き飛ばす強さを持っていた。「一歩また一歩進むだけだ」「流れた涙は無駄じゃないから」と、自分たちを鼓舞するように歌う姿も、とても印象深く瞼に焼きついた。いや、感情を露に歌う姿を、しっかりと瞼や心に焼き付けていたかった。

 

 彼女たちには、青春という言葉がとても似合う。たとえそれが苦悩や葛藤という感情であろうと、それをカラッと笑い飛ばす勢いで歌声に乗せてくると、やっぱし気持ちが眩しく動いてしまうんだ。しっかりと前を、未来を見据えて歌う『わたしトレイン』に触れながら、その歌が導く列車に乗り込んで、一緒に、その先に待っている景色を眺めてみたい。

 

 最後にPalette Paradeが歌ったのが、『フレフレ』だ。無理に頑張らなくてもいいと伝えながらも、でもやっぱし、彼女たちが「フレフレ」と力強く、自分を鼓舞するように歌う声に触れていると,自然と気持ちが高ぶりだす。だから、場内中から熱い熱い口上が飛び交っていたのだろう。5人と一緒に腕を振り上げながら、彼女たちからしっかりと元気をチャージしていた。

 

 さぁ、次は『パレちゃレ!3』のPART2企画「メンバー凱旋!地元フォロワー獲得の旅」だ。こちらの内容、早く知りたい!!!!!

1


PHOTO:真島洸
TEXT:長澤智典


【チャレンジ決定】

投票の結果、『パレちゃレ!3』PART2のチャレンジが決定いたしました!

今回メンバーが挑戦するのは
「メンバー凱旋!地元フォロワー獲得の旅」

それぞれの地元でパレパレを広めるべく頑張ります。
詳細は後日発表!!

55


■PART2
日時:2023年12月17日(日)
会場:恵比寿CreAto
 
■PART3
日時:2024年1月8日(月・祝)
会場:CLUB asia
 
■FINAL
日時:2024年2月12日(月・祝)
会場:shibuya www

4


SNS

https://twitter.com/O_PaletteParade
https://paletteparade-idol.com/


セットリスト
『スタートライン』
『スプラッシュアンカー』
『UKIYO-YO ONDO』
『起きて笑おう果報者』
『ときしゅわ!』
『Brand New,Brand New Days!!』
『シャイガール』
『アイビー』
『わたしトレイン』
『フレフレ』

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.06.13
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2024.06.12
ガルポ!ズ LIVE レポ