FEATURE

2022.04.05
キミイロプロジェクト

「Galpo! Live Show Vol.8」キミイロプロジェクト ライブレポート

3月27日(日)、六本木SEL OCTAGONを舞台に「Galpo! Live Show Vol.8」を「1部/2部公演」として開催。1部に出演したのが、CaressVanEnd/wqwq/RiNCENT./HOT DOG CAT/キミイロプロジェクト。2部に出演したのは、emiu/STELLABEATS/夢∞NITY/AiDLOXXXY/テンシメシ໒꒱。
 この日の模様は、「ニコニコ動画」でも生配信。ニコニコチャンネルの番組「Galpo! Live Show」に月額会員登録した方は、「Galpo! Live Show」で配信したライブ動画。さらに、スピンオフ配信のプログラム映像を見れる内容になっている。
 ここでは第1部に出演したキミイロプロジェクトのライブの模様をお届けします。


キミイロプロジェクト


 キミイロプロジェクトのライブが始まったとたん、この空間が一瞬にしてパーティー空間へと塗り変わる。彼女たちはファンキーでアッパーなダンスポップチューンの「LALAピポ」を歌いながら、フロア中の人たちの身体を揺らしだした。メンバーたち自身が、パーティーの最高のオーガナイザーになり、超絶元気な歌声で「わたしと躍りましょう」と誘いかけてゆく。その歌声と胸弾むキラキラしたダンス曲に刺激を受け、一緒に同じ振りをしながら身体を揺らす人たちがフロアに続々と現れた。

 続く「ニュートントン」では、押せ押せな姿勢と刺激的な楽曲を魅力に、メンバーらは見ている人たちに気持ちをアゲる刺激を与えていった。メンバーらの歌声やパフォーマンス、楽曲に刺激を受け、熱い手拍子もフロアから沸き立つ。メンバーらは挑発するようにせまりだす。その姿にあわせ、一緒に大きく身体を揺らし、オラオラした気分に染まりたい。

 ゴージャスで華やか、超アゲアゲなアッパーチューンの「松濤でブギーバック」の登場だ。メンバーらは気持ちをぐいぐい押し上げる楽曲の上で、凛々しく言葉をぶつけだす。この曲でもキミイロプロジェクトは、見ている人たちを愛らしく挑発。この歌に触れている間中、メンバーたちと少しスリリングなアバンチュールを楽しみたい。躍動するビートと感情をシンクロしながらメンバーらが想いを一つに歌声をぶつけるたび、同じようにテンションが上がり続けてゆく。

 次に歌ったのが、新曲の「ミライに手を伸ばせ」。これまでの押せ押せでアッパーな表情から少し色を塗り替えるように、彼女たちは「ミライに手を伸ばせ」とメッセージを持った楽曲を、晴れた笑顔で高らかに歌っていた。歌心あふれた中へ、強い意思を9人は詰め込み歌っていた。「ミライに手を伸ばせ」と、高く手を伸ばし歌う姿に向け、一緒に手を伸ばしたい気持ちでいた。

  飛びだしたのが、超絶アッパーでエレクトロなディスコロックナンバー「ダーウィンダーウィン」だ。メンバーたちは凛々しい歌声を張り上げ、観客たちを誰も見たことのない楽しい世界へ連れだした。彼女たちが「ダーウィン ダーウィン  ねぇ」と歌声を上げるたび、その高いテンションに気持ちが引っ張られ、感情が爆上がりしてゆく。何時の間にかフロア中からも、数多くの高く伸びた手が9人に向かって捧げられていた。

  最後に彼女たちは、パワフルで激しいミュージカル曲のような「レベルあっぷっぷ~」を歌唱。短いMCも一度挟んだとはいえ、ほぼノンストップのまま、つねに気持ちをアゲる曲たちを次々と並べ、テンション高いわちゃわちゃとしたワンダーランドへ見キミイロプロジェクトはている人たちを連れだしてくれた。


PHOTO: 菊島明梨
TEXT:長澤智典
 

LIVE


セッリトスト
「LALAピポ」
「ニュートントン」
「松濤でブギーバック」
「ミライに手を伸ばせ」
「ダーウィンダーウィン」
「レベルあっぷっぷ~」

キミイロプロジェクト
https://kimiiro.tokyo/
 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.10.07
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2022.10.07
小川麻琴とへなぎのIDOBATA RADIO!!