FEATURE

2022.03.28
乃木坂46

3月27日(日)に「ぴあアリーナMM」にて、乃木坂46「29th SGアンダーライブ」の最終日を開催。当ライブは3月25日~27日まで3Days開催し、延べ2万1千人を動員した。

3月27日(日)に「ぴあアリーナMM」にて、乃木坂46「29th SGアンダーライブ」の最終日を開催。当ライブは3月25日~27日まで3Days開催し、延べ2万1千人を動員した。

乃木坂46 29thシングル「Actually…」に収録されたアンダー曲「届かなくたって…」で初のセンターを務める3期生:佐藤楓が進行役となった「29th SGアンダーライブ」。
2ndシングル「おいでシャンプー」に収録された「狼に口笛を」がオープニングナンバーを飾り、「13日の金曜日」まで、アンダーライブらしい幕開けとなった。
佐藤楓は「3日間は長いかと思っていましたが、あっという間の最終日となりました。最後までこの16人で駆け抜けたいと思いますので、宜しくお願い致します!」と挨拶。
また矢久保美緒は「まだ皆さんが声を出せれる状態ではありませんが、私たちは精一杯パフォーマンスするので、皆さんも精一杯応えて頂き、最終日を熱いライブにしましょう!」と力強く語った。

中盤ブロックでは、各メンバーが乃木坂46の思い入れの楽曲をセレクトし、メドレーにて展開。
新旧問わず乃木坂46の表題曲・アンダー曲など圧巻のパフォーマンスを行ない、オーディエンスは一気に魅了された。

後半ブロックは卒業生:井上小百合・伊藤万理華のユニット曲「行くあてのない僕たち」からスタート。そして最新のアンダー曲となる「届かなくたって…」では、一番の見せ場として躍動した。
その後、立て続けにアンダー曲を披露し、座長務めた佐藤楓が最後のMC。
「私にとって、センターは縁のない場所だと思っていました。ここ最近は卒業生も多く、それに対して目を背ける自分もいましたが、私たちに立ち止まっている時間はありません。3期生としての自覚を持って引っ張っていければと思っています。
一緒に手を取って応援して頂いている皆さんの力で、素敵な景色を見させてもらえて本当に幸せです。
その全ての方へ感謝を込めて、私が初めてアンダーとして参加した楽曲を最後に披露させて頂きます。」と力強く語り、「新しい世界」で本編を締め括った。

アンコールは「人はなぜ走るのか?」「扇風機」を立て続けに披露。そして「乃木坂の詩」で、「29th SGアンダーライブ」の幕は一旦幕を閉じたが、会場は鳴り止まない拍手。
再びメンバーが登場し、「ハウス!」をダブルアンコールで披露。大盛況の中、終了した。

乃木坂46アンダーライブは、2014年に興行のイベントではなく、特典ライブとしてスタートしたという歴史があるが、回数を重ねるごとにキャパシティが拡大。今では選抜メンバーに匹敵するほどの動員数を誇る。
今年の2月には新たに5期生も加入し、総合力も衰えない乃木坂46。
5月に開催される過去最大の動員となる日産スタジアム2Daysをどんなライブにするのか期待したい。


LIVE



■乃木坂46「29th SGアンダーライブ」最終日(2022.3.27)@ぴあアリーナMM

M1:狼に口笛を
M2:自惚れビーチ
M3:My rule
M4:13日の金曜日
M5:命は美しい
M6:マシンガンレイン
M7:Route 246
M8:その先の出口
M9:何もできずにそばにいる
M10:三角の空き地
M11:サヨナラの意味
M12:女は一人じゃ眠れない
M13:自由の彼方
M14:何度目の青空か?
M15:君の名は希望
M16:制服のマネキン
M17:世界で一番 孤独なLover
M18:ガールズルール
M19:Sing Out!
M20:帰り道は遠回りしたくなる
M21:行くあてのない僕たち
M22:Wilderness world
M23:届かなくたって…
M24:ここにいる理由
M25:嫉妬の権利
M26:あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
M27:口ほどにもないKISS
M28:風船は生きている
M29:錆びたコンパス
M30:別れ際、もっと好きになる
M31:新しい世界
※本編終了
EN1:人はなぜ走るのか?
EN2:扇風機
EN3:乃木坂の詩
WEN1:ハウス!

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.06.25
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2022.06.24
ガルポ!ズ INTERVIEW