FEATURE

2022.03.25
燃えこれ学園

燃えこれ学園、高未悠加生誕祭ライブ配信!先輩への思いを語る「燃えこれ学園で武道館の単独公演を実現させたい」!



 
燃えこれ学園の高未悠加の生誕祭ライブ配信が、2022年3月1日に行われた。ライブの最後には、高未悠加への思いをメンバーが手紙にのせて伝えた。悔しい思い、未来への挑戦、メンバーへの愛情。高未悠加とその他メンバーが今抱えているないまぜになった感情を、素直に吐露した同ライブ配信は涙なしでは見られなかった。
今回は、当日の高未悠加生誕祭ライブ配信の様子をレポートする。

思いのこもった言葉で未来を描く

オープニング映像と共に、メンバーたちが登場するとすぐに暗転。会場に流れたのは「BRAVE」のメロディー。のっけからテンションをぶち上げていく。彼女たちの激しいダンスからライブにかける思いが読み取れる。アイドル活動への熱意はもちろん、今の世相のなかでファンと出会える喜びを全身で表すようなダイナミックなダンスが魅力的だった。

2曲目はフレッシュでキュートな「すき!すき!好き!!」。「BRAVE」とは雰囲気ががらりと変わってまぶしい笑顔でファンを迎える。
満面の笑みをうかべてるんるん気分に浸っている高未悠加に熊野はるがチョップを食らわせて笑いを誘う場面も。曲の歌詞になぞらえて、高未悠加が告白するシーンもあった。當銘菜々が高未悠加を呼び「告白をどーぞ!」と叫ぶと、高未悠加は両隣にいる當銘菜々と奥原澄香を見て、「どっちもすき!」と答えるが、二人がお互いに「どーぞ」と譲り合って高未悠加が怒るといったコミカルなやりとりで笑いが起こった。

次に彼女たちが歌うのは「シンデレラ・クレイム」。ノスタルジーなイントロと鐘の音からはじまる。物語性を感じさせる歌詞が印象的だ。メンバーの伸びやかな歌声が会場を包み込むと、まるで楽曲のなかのシンデレラがそこにいるかのような錯覚さえ起こさせる。セクシーな振り付けが見られるのもファンにとってはこの曲の魅力だろう。

休む間もなく続く4曲目は「時の砂」。切ない雰囲気ながら意志の強さを表現した楽曲だ。ステージの背景には雨が降り、彼女たちも悲痛とも言える表情を浮かべて歌った。その声は悲しみを感じさせるような繊細な音でありながらも、力を振り絞って吐き出すような切迫した響きを持っている。彼女たちの意思そのものが宿っているからこその響きなのだろう。

ここで一旦MCを挟みそれぞれの自己紹介タイム。高未悠加のタイミングになると、後ろで生徒会メンバーがわちゃわちゃするなどの場面も見られた。仲川つむぎがオープニングでの登場シーンについてファンからコメントがあったことに触れると、高未悠加が「中野サンプラザで先輩がやっているのを見て私もやりたい!と長年思ってたことが実現できました!」とよろこびの声をあげた。
MCのあとは後輩チームと先輩チームに分かれてのパフォーマンスになる。

後半の第1曲目は、後輩組にぴったりなフレッシュな元気さが魅力的な「Shiny Dream」だ。メンバーは、明るくはつらつとした声でのびやかに歌う。彼女たちのパワフルにジャンプするようす、快活に歌う姿に元気をもらえる人も少なくないだろう。

次曲は雰囲気が一転。先輩チームが登場し、「again」を歌った。先輩としての威厳を感じる力強い歌唱力で会場を盛り上げる。会場のファンもペンライトを高く突き上げ彼女たちの熱唱に応えた。

続けて流れ出したのは「夢幻華」。和風のサウンドに頼もしい力のこもった声が調和する。思えばどこよりも熱量高くエネルギッシュに活動する燃えこれ学園にとって、猛々しささえ感じる楽曲のパフォーマンスこそ得意分野とも言えるのかもしれない。

2チームに分かれてのパフォーマンスが終わるとMCを挟んで、おまちかねの高未悠加のドレス衣装によるパフォーマンスがはじまる。登場した高未悠加はパステルカラーのドレスを着ていた。細かなフリルが可愛らしいヘッドドレスとドレス全体に装飾されたオーガンジーの大振りのフリル。きらきら光るドレス生地があいまってファンタジックな装いだった。2次元担当の高未悠加にピッタリの衣装だろう。

記念すべき1曲目は「みらくる☆まじかる☆わんだーらんど」。清らなダンスとパフォーマンスながら、ダイナミックな動きと伸びやかな歌声で、広いステージさえもたった一人で盛り上げてみせた。会場はターコイズブルーのペンライトで埋め尽くされていた。ソロのパフォーマンスを終えると、高未悠加は真剣な表情で会場に語りかけた。
「私には夢があります。それは、燃えこれ学園で武道館の単独公演を実現させることです。先輩たちはよく、後輩たちに「もっともっと大きなステージで輝くサイリウムの海を見せてあげたい」って言ってくれます。でも、私、そう言われるのが今、悔しいなって思うようになりました。私たち後輩がむしろ、先輩たちを夢の景色に連れていける、引っ張っていける存在になっていけるようになりたいって、強く思っています。
 今、燃えこれ学園は「Re-START」という楽曲の、「CD2000人お届け企画」に挑戦をしています。この曲はMVもYouTubeにアップロードされているので、ぜひ聞いてみていただいて、CDという形で1枚お手に取っていただけるとすごく嬉しいです。
燃えこれ学園の応援、そして高未悠加の応援を、これからもよろしくお願いします」
誰もが彼女の真剣な眼差しに胸を打たれたことだろう。今抱える現実を見て悔しい思いをしていること、それでも諦めずに夢に向かって頑張っている姿。それを言葉にして送られたファンたちの気持ちも一つになったに違いない。

高未悠加の合図ではじまった次曲はメンバー全員で歌う「Re-START」。メンバーたちは推しTシャツ姿に着替えて登場した。燃えこれ学園の名前になってから3年目。グループ名が変わったときに加入したのが高未悠加だった。今こうしてメンバー全員の絆が深まり、「武道館」という目標を目の前に、あらためてスタートを切るときがきたのかもしれない。彼女たちは新しい気持ちでもう一度夢に向かって突き進もうとしている。私たちももっと大きく壮大なサイリウムの海を彼女たちと一緒に見てみたい。そんな気持ちになった。

残す楽曲もあとわずか。ラストスパートを駆け抜ける一曲目は「風と君と虹と僕」。彼女たちのピュアな笑顔が眩しく輝く爽やかな楽曲だ。メンバーたちの満点の笑顔と凛とした歌声で会場も熱気に包まれた。

當銘菜々が「ゆうか〜!14歳のお誕生日おめでとう!」と叫んで曲振りとなった次曲は「お誕生日おめでとう」。世界中の全ての人に、生まれてきてくれたことを祝う楽曲だが、今日は高未悠加のために歌ってもいいかもしれない。途中で奥原澄香が「ゆうか!お前の笑顔が大好きだぞ!」と伝えると高未悠加に「ど、どうしたんすか?」と驚かれるというコミカルなやりとりもあった。最後にメンバー全員から「ゆうかお誕生日おめでとう!」と言われると高未悠加は世界各国のありがとうを早口で答えてみせて、笑いを誘った。

高未悠加生誕祭ライブ配信のラストを飾るのは「ミラクる☆妄想がーる」だ。歌うメンバーに対し、バックでメンバーが筋トレをしようとしたり、おにぎりらしきものを食べていたりと今回もはちゃめちゃなパフォーマンスが印象的だった。
ラストの楽曲が終わると同時にメンバーたちが高未悠加のために「ハッピーバースデー」を歌う。恒例のうちわ贈呈がおこなわれると、「1年目のときはやべーやつとでっかく書かれたうちわをもろて」と高未悠加が当時の思い出を振り返った。
バースデーイベントの最後には、あるメンバーからの手紙が準備されていた。手紙を用意していたのは當銘菜々。持ち前の輝く笑顔で高未悠加の前に立ち手紙を読み始めた。
「悠加へ、最近のなぁな先輩は怖いよね。前日の練習のときに、「『お誕生日おめでとう』のタイトルコール、なぁな先輩言ってくれますか」と泣きながら伝えてきてくれたときに、とても反省しました。そして、嬉しかったんだよ。なぁながこんなに面倒を見た後輩は初めてでした。毎週朝練に入って2人でダンスレッスンをしたり、問題を起こしてはるさんに怒られたとき、心配で電話したり。パピコを半分こしたり。素直で、とにかく一生懸命な悠加が可愛くって仕方なかったです。だから、元気がないときは気になります。YouTubeで「ミラクる☆妄想がーる」の動画を見て、「燃えこれ学園に入りたい」と言って入学してくれた悠加、こんなこと初めてだったからすごい自信になったよ。だから今日の「ミラクる☆妄想がーる」で「歌いだしを歌いたい」と言ったとき、なぁなが今いただいているソロパートを誰かが歌うのは、本当はすっごく嫌だったけど。でも、悠加の頑張りをたくさん見てきてるから、一つの夢を叶えてあげたいなと思いました。
今日のキラキラ輝く悠加を見てすごく嬉しかったし、これからの燃えこれ学園の明るい未来が見えました。私にたくさんの初めてをくれて、成長させてくれた悠加。今日はじめてライブや配信ライブを見てくれている人たちがたくさんいるよね。それは悠加がこの3年間、一生懸命に頑張ってきた結果です。わたしにとってすごく可愛いくって、守りたいって思っていた後輩の悠加が、たくさんの方に愛されて、結果を出すようになって、気付いたらライバルになってました。こんな後輩が現れてほしいとずっと願ってたから嬉しい反面、負けたくない気持ちから、どう接していいのかわからなくなって距離を取るようになりました。だから悠加のことを嫌いになったわけじゃないよ。だからこそ、もっともっと強くなってください。悠加にしかできないことがたくさんある反面、足りないものもいーっぱいあるよね。悠加のこと嫌いになったりしないから。一緒に走り続けるから、一緒に成長していこうね。そして、燃えこれ学園で日本武道館にいこうね。悠加が思ってる以上にみんな、悠加のこと大好きなんだよ。もちろんなぁなちゃんも。だから、みんなのこともっと信じてね。生誕祭、お誕生日おめでとう。PS:でも、すぅちゃんはあげないんだからね。これからも一緒に夢叶えていこうね。出会ってくれてありがとう!」

手紙を読んでいる間、高未悠加も當銘菜々も号泣しながらお互いに見つめあって気持ちを通じ合わせていた。会場からもうちわやペンライトなどで高未悠加への愛情を伝えているようすが見えた。高未悠加だけでなく、ファンや一緒に活動するメンバーにとっても素敵な誕生日になったに違いない。

お別れの前には恒例の燃えこれ学園「校歌」で締めくくった。
燃えこれ学園では「Re-START」を含めた全ての楽曲がCD化されている。購入は燃えこれ学園の購買部でできる。今ならCDの送料が無料でゲットできるという。さらに新たに「お届け企画フォーム」が設置された。購入した一人一人のファンがカウントされる仕組みだ。
 
 告知タイムを終えて、あらためてステージに戻ってきた高未悠加は最後に「愛してるよ、へっ」と恥ずかしげに照れ笑いをしながら会場と、そして画面の向こうのファンに愛を伝えた。

 夢に向かってひた走る姿、メンバーたちの友情に心打たれる素敵なライブだった。次は3月29日の「終業式&奥原澄香の卒業記念祭り!」。奥原澄香は「卒業っていうと悲しいイメージになるけど、私がそれを変えてみせますよ!」と意気込んでいた。全力で楽しめるライブになっているに違いない。寂しさはあれども、笑顔で奥原澄香を見送りたい。


LIVE


TEXT:高橋未瑠来
PHOTO:平島理



セットリスト

OP映像
「BRAVE」
「すき!すき!好き!!」
「シンデレラ・クレイム」
「時の砂」
MC
「Shiny Dream」(三浦千鶴・稲森のあ・高未悠加・山田みつき・熊野はる)
「again」(熊野はる・當銘菜々・成田麻穂・佐々木千咲子・蒼音舞・奥原澄香・仲川つむぎ)
「夢幻華」
MC
「みらくる☆まじかる☆わんだーらんど」(高未悠加)
高未MC
「Re-START」 
「風と君と虹と僕」
「お誕生日おめでとう」
「ミラクる☆妄想がーる」 
MC
「校歌」



 

<インフォメーション>


3月29日(火)「2021年度終業式&奥原澄香卒業記念祭り」 
https://tiget.net/events/172611


『オルゴール』 1000円(期間限定送料無料!) 
購買部よりお買い求め下さい。
https://movingexpress.syncsell.jp

オルゴール LIVE PV
https://youtu.be/e-joK_2lbtA


『燃えこれ学園なぁなり〜ラジオ』
・毎週火曜日 25:00〜放送中!
放送局:FM那覇(78.0Mhz)
パーソナリティ:成田、當銘
※ラジオはアプリListenRadio等で、全国でもお聴きいただけます!!


2000人の方へ「Re-START」CDお届け企画開催中! 
【2022年3月末まで、期間限定送料無料キャンペーン実施中!】
《CD通販サイト》
https://movingexpress.syncsell.jp/re-start-%e7%87%83%e3%81%88%e3%81%93%e3%82%8c%e5%ad%a6%e5%9c%92/

「Re-START」MV
https://www.youtube.com/watch?v=RTDefcIO4R4&feature=youtu.be


燃えこれ学園校外学習 @ http://Akiba.TV
番組URL:http://youtu.be/WHmIPXzR0mo


燃えこれ学園 Web
http://moecore.com/

燃えこれ学園 twitter
https://twitter.com/moecoregakuen

燃えこれ学園 BLOG
https://ameblo.jp/moecoregakuen/

燃えこれ学園 YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/moecoregakuen

燃えこれ学園さぶちゃんねる
https://www.youtube.com/channel/UCZnN9L9Apmp3I8M6VdibpQQ

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.05.26
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2022.05.25
ガルポ!ズ INTERVIEW