FEATURE

2022.01.01
RURUDiA

RURUDiAの歌声が、触れている僕らの心にも翼を授ければ、その翼を広げ、一緒に眩しい未来の景色を見たい気持ちにいつの間にか染まっていた。 「iColony LIVE EXTRA」RURUDiA編 

 定期的に開催中のライブイベント「iColony LIVE」を通し、毎回アイドルのライブ映像を生配信。その後、YouTube上で展開中の「iColony アイコロニー・アイドル ライブ動画」へアップし続けているのが、映像制作/イベント開催を行っている「iColony」。同チームが、12月8日(水)に代官山SPACE ODDを舞台に行ったのが「!Colony LIVE EXTRA」。出演したのが、airlview・Schneefee・PASTELL・LUNCH KIDS・RURUDiA・#ペンタプリズム・PinkPanda・まちだガールズ・クワイア・AiDOLOXXXY・THEラスミー・i+chip=memoryの11組。ここでは、RURUDiAのライブの模様をお届けします。  


RURUDiA

 11月13日にデビュー。有沢美矢プロデュース第二弾、「お花」をコンセプトに活動中のアイドルグループのRURUDiA。

 ライブは、美しい鐘の音に乗せ、素敵な物語の扉を開けるように「Best moment」から始まった。汚れなき、初で爽やかな彼女たちの歌声に触れていると、RURUDiAのメンバーらと、どんな素敵な物語を描けるのか胸に期待が生まれだす。メンバー自身が、真っ直ぐな思いで歌声を響かせていた。4人とも歌うことを楽しんでいる。自分たちが歌の世界へ溶け込み、そのヒロインとして、夢や未来へ向けた思いを咲かせてゆくことへ期待しながら歌っていた。その姿が、とても眩しい。

  続くCURTiAのオリジナルソングでありRURUDiAがカバーしている「君と僕の物語」では、少し照れた仕種と愛らしい声で歌を響かせていた。ときめきながらも、ちょっと照れた仕種や心模様が見えてくるところが新鮮だ。むしろ、そこに胸がキュンとときめいてゆく。「好きだよ」と真っ直ぐに伝えてくる姿、しっかり受けとめたい。

 RURUDiAのライブの中、一番盛り上がる曲とメンバーが語っていたのが、「きみとみらい」。その言葉通り、冒頭から彼女たちはキラキラ弾けた楽曲に乗せ、思いきりときめいた姿を見せ、この舞台から羽ばたき、飛び立つような勢いで歌い躍っていた。彼女たちは、きみ(ファン)と一緒に最高の輝く未来の景色を作ろうと誘いをかけてきた。彼女たちの歌声が、触れている僕らの心にも翼を授ければ、その翼を広げ、一緒に眩しい未来の景色を見たい気持ちにいつの間にか染まっていた。

 RURUDiAが最後に歌ったのが、サビ歌始まりの「夢の彼方」。とても爽やかな歌だ。フレッシュな彼女たちに似合う、キラキラした輝きをその姿に感じていた。そうか、RURUDiA自体がキラキラとした存在なんだ。だから、その眩しい姿を、僕らもキラキラとした視線で追いかけてしまうんだろうな。ときめきと夢があふれたRURUDiAの世界にずっと浸りながら、このまま眩しさに溺れていたい。


PHOTO: 小林晴翔・山口麗・富田万尋・下定凪織・関美冬・渡辺美貴子
TEXT:長澤智典


LIVE


RURUDiA
https://twitter.com/RURUDiA02


セットリスト
「Best moment」
「君と僕の物語」
「きみとみらい」
「夢の彼方」
 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.05.27
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2022.05.27
ガルポ!ズ INTERVIEW