FEATURE

2021.10.25
lonely planet

「iColony LIVE EXTRA」LIVE REPORT/lonely planet編                          

   定期的に開催しているライブイベント「iColony LIVE」を通し、毎回アイドルのライブ映像を生配信。その後、「iColony アイコロニー・アイドル ライブ動画」YouTubeチャンネル]YouTubeへアップし続けている「iColony」。同チームが、10月6日(水)に下北沢シャングリラを舞台に行ったのが「!Colony LIVE EXTRA」。出演したのが、メランコリック少女物語/酔生夢死/作者Q/INDIVIDUAL PLATE/My Best Friend/lonely planet/AiDOLOXXXY/Aphrodite。ここでは、lonely planetのライブの模様をお伝えします。



LIVE


lonely planet

lonely planetのライブが始まると、その世界はいつも瞬時に色を変えてゆく。触れてはいけない。でも、少女の痛い心の内側に触れてみたくなれば、その心模様を覗きたくなる。


  「都会の寂しい女の子たち」をコンセプトに活動しているユニットのlonely planet。彼女たちのライブが始まると、その世界はいつも瞬時に色を変えてゆく。触れてはいけない。でも、少女の痛い心の内側に触れてみたくなれば、その心模様を覗きたくなる。

  この日のlonely planetは、明るく開放的な「ENUI GIRL」から物語の幕を開けた。歌詞自体は、痛みを抱えながら生き続ける少女特有の病んだ気持ちを綴っている。でも、彼女たちはその感情を光に変えて解き放そうとしてゆくからこそ、開放的な楽曲に乗せて歌うほどに、その傷口が眩しくて見えにくくなる。舞台の上で楽しく歌い躍る4人の姿も眩しく見えていた。

  秘めた胸の内を零すように4人が歌いだしたのが、「SECRET GIRL」。病んだ胸の内を告白するように彼女たちは歌う。でも、キラキラと躍動した楽曲に乗せ歌うことで、その想いは前向きな心模様としても見えてきた。たとえその気持ちが自分の中で切なさを覚えていようと、それが弱い心模様だとしても、それを楽曲に乗せ、気持ちを前に解き放つことで、その歌も、彼女たちの存在も、キラキラと輝いて見える。何より、輝こうとしていくその姿に強く強く惹かれてゆく。

  少し気持ちを闇へ落とすように、病んだ心へ優しく寄り添うようlonely planetは「MISTAKE」を歌っていた。その姿は、とてもミステリアスにも見えていた。言葉のひと言ひと言に強い意志を覚えるのも、メンバーみんなが物語のヒロインでもあるから。胸に抱えた想いを伝えようと歌うその姿を、視線はずっと追いかけていた。

  少女の心の揺れを綴った物語の幕を閉じるように、最後にlonely planetは「PLANET NINE」を歌唱。寂しさを抱いたその歌声が、マイナー調の、でもキラキラとした音の中から、想いを主張するように響いてゆく。壊れそうな心模様で歌う彼女たちの言葉を、その姿を、いつしかキュッと抱きしめたくなっていた。


https://twitter.com/wakusei_lonely


PHOTO: PHOTO: 高橋まりな/山口麗/姜月岩/卓佳楠/大西基
TEXT:長澤智典

 

iColony [YouTube アイドルライブ動画チャンネル]
https://www.youtube.com/channel/UCiY71yOK5gh-wCoUBCRSSPA

iColony [Twitter]
https://twitter.com/icolony_info
 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.01.25
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2022.01.23
ガルポ!ズ INTERVIEW