FEATURE

2024.05.10
kimikara(きみから)

「楽しい、イエーイ!!」となってはしゃぐのも嬉しいけど、歌詞の奥に込めた思いにまで触れてもらえたら、『ラリルレロン』を「すごくいい曲」と感じてもらえるはずです。 kimikara(きみから)インタビュー・2

 kimikara(きみから)が、5月21日に1stCDシングル『スキキスキス/ラリルレロン』を発売する。2月に配信リリースした1st配信アルバム『You're My Sunshine』も好評だけに、今回の初CDリリースは、kimikara(きみから)にとっても嬉しい追い風になりそうだ。6月26日には東京キネマ倶楽部で3rdワンマンライブ「Do you love me?」の開催も決定中。彼女たちは、1stCDシングルの発売に向けて、5月13日より4回に分けて「チラシ配りで目指せ東京キネマ倶楽部〜きみから山手線1週の旅〜」と題した企画イベントも行う(詳細はこちら)。今回は最新シングルの話を中心に、6人に今の気持ちを聞いてきた。

前編は、こちらから


『ラリルレロン』に登場するのは、「まるでわたしみたい」と思える女の子。


──kimikara(きみから)は、5月21日に1stCDシングル『スキキスキス/ラリルレロン』を発売します。前編では『スキキスキス』の魅力について語っていただきました。後編では、もう1曲収録した『ラリルレロン』について教えてください。今度は、さゆさんから『ラリルレロン』の魅力を語っていただいても良いですか?

雨宮さゆ  ライブでの初披露は5月17日に行う定期公演「きみから〜ず vol.4 ~ファイナル~」になるから、まだ人前では歌ってないですけど。『ラリルレロン』も、1曲目に持ってきても盛り上がれる曲調だから、ライブで一緒に盛り上がれたら嬉しいなと思います。『ラリルレロン』って、歌詞とリンクしている振り付けが多いんですね。kimikara(きみから)の場合、以前から歌詞と振りがリンクしてゆくことが多かったけど、これまでの楽曲の中で、一番歌詞と振りがリンクしているのが『ラリルレロン』だと思います。

──そこ、気になるポイントですよね。

雨宮さゆ  そうなんです。「人」という文字を手で書き、それをずらしながら「生」を振りで書き現したり、「恋」の部分ではハートマークを描いたりなど、リンクする部分が多いから、CDが発売になったら歌詞を読んでいただき、ライブ中に歌詞と振りを照らし合わせて楽しんでもらいたいです。

──『ラリルレロン』の歌詞の印象も聞かせてください。

雨宮さゆ  「ラリルレロン」や「パピプペポゥ」など、これまで歌ったことのない歌詞が多いから、最初に歌詞を受け取ったときはびっくりもしましたけど。歌っていて、すごく楽しいです。

──ゆいさんは、『ラリルレロン』にどんな印象を覚えています?

日色ゆい  『ラリルレロン』は、人生を自由に楽しんじゃえ!!みたいな楽曲です。「なんでもいいんじゃん」じゃないけど、すごく気持ちをフリーにしながら楽しめる歌。出てくる女の子も自由奔放だからこそ、「これくらいの気持ちでいれたからいいな」「こんな人生観もいいな」とわたしは思っています。

──ライブでも映えそうですよね。

日色ゆい  確かに!!けっこう軽やかな曲だし、思わず口ずさみたくなる歌詞だから、みんなも気に入ってくれると思います。とくにサビでは、「DA DA DA 大好き ダディドゥデドゥ」など一緒に歌いたくなる言葉が多いから、『ラリルレロン』も強く印象に残る楽曲になりました。

──続いては、うにさんかな。

蜂光うに  わたし、「あれこれ選ぶこと自由でしょ Lucky Girl」の歌詞が好きなんですね。理由は、わたし自身もあれこれ選びたいタイプだから(笑)。その思いを、全人類に届けられるのが嬉しいです。

──うにさんは、意外に欲張りなタイプ?

蜂光うに  そうです。「好き」と思った物事は全部自分のものにしたい性格です(笑)。『ラリルレロン』に登場するのは、「まるでわたしみたい」と思える女の子。「DA DA DA 大好き ダディドゥデドゥ」などポップに弾けた言葉使いも多いから、「楽しい、イエーイ!!」となってはしゃぐのも嬉しいけど、歌詞の奥に込めた深い思いまでつかんでくれたら、より「すごくいい曲」と感じてもらえるはずです。


毎回両手でカメラを作り、カシャッと撮影をする振りをしています。ライブのときに誰に向けてカシャッと写真を撮るのか、そこも、この曲のライブ中の楽しみ方の一つになりそうです。


──あすさんの、『ラリルレロン』についての印象を聞かせてください。

月詩あす 『ラリルレロン』の歌詞の中へ「右手あげて 左手添えて パンパパパンではいポーズ」という歌詞など、ファンのみんなと一緒に振りをしていけるパートがいろいろ出てきます。そういうパートを、みんながどんな反応を返してくれるのか、そこをライブで感じるのが楽しみです。わたしは同じ振りをしながら気持ちを一つにしていく空間が大好きだから、『ラリルレロン』でもそういう場を作れそうで嬉しいです。

──対応力の高いファンの方々ですからね、すぐに真似てくれそうじゃない?

月詩あす  きっと、すぐに真似てやってくれるとわたしは予想しています。歌詞に「 LA LA LA ラッキー ラリルレロン」や「PA PA PA パッション パピプペポゥ」など、耳に入ってきやすい言葉が多く並んでいるから、この曲を通して、さらにkimikara(きみから)に親しんでくれる人たちを増やしたいです。

──続いて、るるさんお願いします。

桃瀬るる  『ラリルレロン』ってめちゃめちゃポジティブな曲で、聴いてると気持ちがアガっていくというか、「何でも、どーにかなるよ」みたいな思いにしてくれるとろがあるんですね。だから、わたし自身『ラリルレロン』を歌っているとポジティブな気持ちになれます。みんなを前にして歌うと、さらにポジティブさが増すのかなと思えたら歌うのが楽しみだし、みんなにも『ラリルレロン』を聴いてポジティブな気持ちになってほしいです。
 これは個人的なパートになりますけど。「パンパパパンではいポーズ「カシャ」」の部分の、「カシャ」というところで、わたしは毎回両手でカメラを作り、カシャッと撮影をする振りをします。ライブのときに、誰に向けてカシャッと写真を撮るのか、そこも、この曲のライブ中の楽しみ方の一つになりそうです。

──最後は、なこさんですね。

白石なこ  『ラリルレロン』の曲調は、今までのkimikara(きみから)の楽曲の中でも一番明るい感じなんですね。とてもテンポ感のある軽やかな楽曲ですけど、歌詞は、パッと聴いたときの印象以上に、じつは深い内容になっています。
  わたしは『ラリルレロン』を、ファンの人たちに思いを届けている歌だと捉えています。とくに好きなのが、1サビで「好きなものを好きと言えたら 幸せ」と歌いながら、2サビでは「好きでいいんだと思える人が いるから」という思いに変化しているところ。その気持ちって、私たちもそうだし、ファンの人たちの気持ちでもあるのかなとわたしは思いました。
 『ラリルレロン』は、いい意味で初心を思い出させてくれる歌詞。私たちもそうだし、長くkimikara(きみから)を見てくださっているファンの方々はとくに、こうやって「好き」と言える関係性がずっと変わらずにあることがすごく幸せなことだし、それを伝えている歌詞だともわたしは受け止めました。kimikara(きみから)は、「You & Me Songを世界に届ける」ことを大事に活動しているグループです。すごく楽しくて軽やかな曲調だからこそ、その奥に込めた思いもめっちゃ感じてほしいし、そう伝わるように私たちも表現していきます。

──kimikara(きみから)は、ラブソングに見せながらも、メンバーとファンたちとの関係性を歌にした曲が多いですよね。

白石なこ  私たちは、そう解釈していますし、その姿勢はずっと変わらずにあります。その芯となる部分が、CDに収録した2曲を通して伝わったら嬉しいです。


サラリーマンの人たちやおじいちゃんおばあちゃんなど、今まで出会ったことのない層の方々にもkimikara(きみから)をしっかりアピールしていきたいです。


──kimikara(きみから)は、5月13日(月)・15日(水)・16日(木)・17日(金)の4日間、<チラシ配りで目指せ東京キネマ倶楽部〜きみから山手線1週の旅〜>というチャレンジ企画(詳細はこちら)を行います。

白石なこ  kimikara(きみから)は、6月26日にJR鴬谷駅近くにある東京キネマ倶楽部で3rdワンマン公演「Do you love me?」を行います。その公演を成功させるため、鴬谷駅のとなり駅に当たる上野駅から、駅ごとに100枚のチラシを配り、配り終えたら、振ったサイコロの目の数の駅まで進み、ふたたびその駅で100枚のチラシを配り、またサイコロを振ってと繰り返しながら、鴬谷駅までめざします。正直、サイコロの出た目の数だけ進むことになるから、何回サイコロを振れば終わるのかは運次第だよね。

日色ゆい  1の目ばかりが出たら、本当に大変なことになっちゃうからね。

月詩あす  山手線って全部で30駅あるんですけど。たとえサイコロの目が全部6だったとしても、最低5回は100枚のチラシを配らなきゃいけないから、けっこう大変です。

蜂光うに  100枚順調に配りきれたらいいけど、でもね。

月詩あす  渋谷や新宿のような人の多い場所でも、100枚のチラシを配り終わるのはけっこう時間がかかるから、人の乗り降りの少ない駅に降りたらヤバいです。もう、鳩にも配るしかないです。

桃瀬るる  冗談でなく、本当にそうなっちゃうよね。

月詩あす  それに、配る以上は少しでもkimikara(きみから)のことを知ってほしいから、受け取った方とお話もしたいんですね。そうなるとけっこう時間もかかるから、決められた日時の中でどこまで頑張れるか…になっていきそうです。

白石なこ  これまでも、ワンマン公演の前にはチャレンジ企画をやってきました。以前までは、配信チャレンジなど個々にやってきたけど。全員で一つの企画に挑戦するのは、今回が初になります。全員で一つの挑戦に向かっていくことで私たちもすごく気持ちを高めているから、その熱が街ゆく人たちにも伝わったら嬉しいです。

──チラシを100枚配るのも、じつはそうとう大変なんですね。

白石なこ  渋谷などライブハウスのある場所でのチラシ配りの経験はあるけど、今回は、ライブハウスのない駅で行う可能性だってあるじゃないですか。だから、駅ごとにどういう層の人たちがいるのか、その辺での心配も正直ありますけど。でも、アイドルのことをよく知らない方々にも、アイドルはこうやって日々頑張っているんだよという姿を知ってもらえる機会にしていけたらなとも思っています。

日色ゆい  降りる駅次第でしょうけど、サラリーマンの人たちやおじいちゃんおばあちゃんなど、今まで出会ったことのない層の方々にもkimikara(きみから)をしっかりアピールしていきたいです。


東京キネマ倶楽部でのライブは、会場の作りを利用し、今までとはちょっと異なる演出を考えています。


──これもすべては、6月26日(水)に東京キネマ倶楽部で行うkimikara(きみから)3rdワンマンライブ「Do you love me?」のためですからね。

月詩あす  東京キネマ倶楽部でのライブは、私たち自身楽しみにしています。会場の作りを利用し、今までとは異なる演出を考えていると聞いていますし、ライブの見せ方も今までとは変えていく面も出てきそうだから、私たちも、また新しいことへ挑戦できるのが嬉しいし、ファンの人たちにも新しいkimikara(きみから)の姿を見てもらえるのかなと思ったら、気持ちがワクワクしてきます。ただ、メンバーのうち4人は東京キネマ倶楽部に行ったことがないから、どんな雰囲気の会場なのかつかんでないですけど(笑)。

白石なこ  わたし、ステージに立ったことはないけど、東京キネマ倶楽部で何度かライブを見たことはあります。東京キネマ倶楽部って舞台っぽい作りのステージになっているから、2階にあるステージや、そこから1階のステージへ階段で降りていくとか、そういうのも活かせたらいいですよね。それに、一度も立ったことのないライブハウスに初めて立つときってすごく新鮮さもあるから、それも楽しみです。

蜂光うに  わたしは以前に立ったことがありますけど、kimikara(きみから)として立つことで、また見せ方も変わっていくわけだから、どんな風に見せていけるのかが楽しみです。もちろん演出面も楽しみですけど、私たちは、6人のパフォーマンスでみんなを引き寄せ、勝負していく意識でもいるから、どう自分たちを魅せていくかも大切だし、そこでの表現も楽しみにしていてください。

──ゆいさん、3回目のワンマン公演になりますね。

日色ゆい  毎回そうですけど、演出に頼ることなく、まずは自分だけの力でファンの人たちを魅了するパフォーマンスを魅せないと…という気持ちは強く持っています。不安がないかと言ったら、そんなことはないですけど。でも、タイトルへ記した「Do you love me?」のように、みんなと愛し愛されるライブを作っていきたいです。

──さゆさんとるるさんも、ぜひ言葉をいただけますか?

雨宮さゆ  東京キネマ倶楽部はまだ一度も行ったことのない会場だから、それを一番の楽しみにしています。大事なのは、前回のワンマン公演を行った白金高輪SELENE b2のときよりも、どれだけレベルアップした姿をみなさんに魅せていけるか。あのときから、2曲新しい楽曲も増えていますし、その曲たちをどこの、どのタイミングで披露するかなど、セトリを含め、どんな構成でライブを作り上げてゆくのか私たち自身も楽しみにしています。

桃瀬るる  わたしも、東京キネマ倶楽部には行ったことがないからすごくワクワクしています。さっきもお話が出ていたけど、立ったことのない会場で初めてライブやるのってドキドキして楽しいんですね。そこを感じたいなとわたしは思っています。もちろん、前2回のワンマン公演で学んだものを、今回もしっかり活かしたいです。ただ、わたしはけっこうバタバタ派だから、今回も本番に向けてバタバタしそうなのかな??という予感もしています(笑)


東京キネマ倶楽部のワンマン公演で良いきっかけを作り、そのまま夏の活動に向かって上昇していけたら最高ですよね
 

──ワンマン公演を終えたら、夏がやってきます。

白石なこ  東京キネマ倶楽部のワンマン公演で良いきっかけを作り、そのまま夏の活動に向かって上昇していけたら最高ですよね。そのためにも、まずは3rdワンマン公演をしっかり成功させなきゃと思っています。

月詩あす  kimikara(きみから)にとって2年目の夏になります。今年は、5月21日に1stCDシングル『スキキスキス/ラリルレロン』のリリース、6月26日に、東京キネマ倶楽部での3rdワンマン公演という良い流れを作っているから、そこを上手く活かしながら、今年の夏は昨年以上に弾けたいです。

日色ゆい  対バン公演を含め、1本1本、みなさんを惹きつけるライブをやっていきますから、一度kimikara(きみから)のライブに足を運んでください。よろしくお願いします。


TEXT:長澤智典 
 

<インフォメーション>

CD情報

JKT

スキキスキス/ kimikara(きみから)
発売日:2024/5/21
品番:WRWR-29
価格(税込):1,000円
収録曲:
1.スキキスキス
2.ラリルレロン
3.スキキスキス(Off Vocal)
4.ラリルレロン(Off Vocal)


リリースイベント

フライヤー
フライヤー
5/20(月) HMV& BOOKS SHIBUYA6F
19:00〜 

5/21(火)【発売日】汐留シオサイト
19:00〜

5/22(水)タワーレコード川崎店
19:00〜

5/23(木)タワーレコード池袋店
19:00〜

5/24(金)エンタバアキバ
19:00〜

5/25(土)タワーレコード渋谷店5階
12:30〜

5/26(日)タワーレコード新宿店
15:00〜

※5/25(土)・5/26(日)リリースイベントは、詳細発表まで会場へのお問い合わせはご遠慮下さい。

CD1枚ご購入につき特典券1枚配布致します。

(通常レギュレーション)
特典券1枚

全員握手 or 写メ
特典券2枚

サインありチェキ
特典券3枚

個別握手


kimikara(きみから)定期公演
「きみから〜ず vol.4 ~ファイナル~」

日程: 5/17(金)
会場:秋葉原AOHARIUM TOKYO
時間:OPEN/START 19:00/19:30
料金:前売り1500円(+1D)/当日2,000円

ライブ 19:30~20:30
特典会 20:30~21:40
https://t.livepocket.jp/e/q_z8w


kimikara(きみから)3rdワンマンライブ「Do you love me?」
日程:6/26(水)
会場:東京キネマ倶楽部
時間:開場18:15/開演19:00
料金:前方10,000円(前方エリア・オリジナルTシャツ・特典会ファストパス付き)
   カメラ席(2階・椅子あり)8,000円
     一般2,500円
https://t.livepocket.jp/e/60djr



<チラシ配りで目指せ東京キネマ倶楽部〜きみから山手線1週の旅〜>

フライヤー

・開催日
5/13(月)18:00〜21:00
5/15(水)18:00〜21:00
5/16(木)14:00〜17:00
5/17(金)15:00〜17:00
 


kimikara(きみから)

アー写

■HP
https://kimikara.tokyo

■Twitter
https://twitter.com/kimikara_info

■Instagram
https://www.instagram.com/kimikara_official/

■TikTok
https://www.tiktok.com/@kimikara_official


■メンバー

白石なこ (しらいしなこ)
担当カラー:ライトブルー
Twitter: https://twitter.com/nako_kimikara

月詩あす(つくしあす)
担当カラー:ホワイト
Twitter: https://twitter.com/asu_kimikara

日色ゆい(ひいろゆい)
担当カラー:ライトイエロー
Twitter: https://twitter.com/yui_kimikara

雨宮さゆ(あめみやさゆ)
担当カラー:オレンジ
Twitter: https://twitter.com/sayu_kimikara

桃瀬るる(ももせるる)
担当カラー:ピンク
Twitter:  https://twitter.com/ruru_kimikara
                           
蜂光うに(はちみつうに) 
担当カラー:ロイヤルブルー
Twitter:https://twitter.com/uni_kimikara

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.05.24
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2024.05.15
ガルポ!ズ INTERVIEW