FEATURE

2024.01.27
あくしあ‐AXIA‐

まだよそよそしい関係も残っている中、いきなりみんなの裸を見るとは思ってもいなかったから、あれも衝撃でした(笑)。 あくしあ‐AXIA‐インタビュー・1

  2023年9月10日に活動をスタート。【大切な価値のある宝物や場所】という意味を込めたグループ名を掲げて活動中の、あくしあ‐AXIA‐。彼女たちが、1月30日に両A面シングル『最高StarT / Fly‼』を発売する。インタビューには、乙花ゆい・咲雲和奏・百合野らん・鈴音るき・小日向りな・柚葉みあき・猫ノ瀬いろはが参加(春花なこは欠席)。あくしあ‐AXIA‐のいろんな魅力を、ここにお伝えします。


ほぼ「初めまして」の状態。その関係の中、何日も一緒に寝泊まりをしたことが大きかったです。


──結成からまだ4ヶ月強の日々ですが、ここまでは…。

咲雲和奏  デビューしてすぐに沖縄遠征に行けば、ラフォーレ原宿さんの一角を借りてあくしあ‐AXIA‐のポップアップストアもやりました。11月からは、今も続けているリリースイベントがスタート。今年もすでにたくさんのライブを行えているように、ここまでが本当にあっと言う間でした。

柚葉みあき  体感的には、もう1年経った気分です。

咲雲和奏  このままのペースで活動をしていくと、1年って、本当にあっと言う間に経っちゃいそうな気がします。

──活動期間自体まだまだ短いとはいえ、みなさん、いろんな濃い経験をしてきたようですね。それぞれ、ここまでの日々を振り返っての想いを聞かせてください。まずは、らんさんからお願いします。

百合野らん  わたしは前にもアイドル活動をやっていました。メンバーによっては、以前から同じ事務所にいたことで面識のある子たちもいましたけど。らん・りな・るき・いろはの4人は、あくしあ‐AXIA‐の誕生にあわせて事務所へ所属しました。一部のメンバーとはいえ、すでに面識のある人たちもいる中への参加ということから、最初はコミュ障を発動していましたけど。今は、「まだ本当に4ヶ月??」というくらい、メンバーみんな深く打ち解けあえば、とても楽しく活動できています。

──以前に活動経験がある人の場合、本当に初めての人に比べたら打ち解けやすさはあるのかなと思ってしまいますが、その辺どうなんでしょう??

百合野らん  どうなんですか??

柚葉みあき  最初の頃のらんは、「しゃべる気あるの??」みたいな感じだったけどね(笑)。

百合野らん  このメンバー、本当にキャピキャピしているんですよ。だけどわたし、普段からそんなにしゃべる性格ではないし、この中でも数少ない大人の(対応をしてゆく)タイプということで(笑)。

──それでも、メンバーらとの距離感を縮めたきっかけもあったわけですよね。

百合野らん  ありました。それがデビューライブをやった翌週に行った沖縄遠征でした。あの当時は、みんな顔合わせをしてまだ間もない、ほぼ「初めまして」の状態。その関係の中、何日も一緒に寝泊まりをしたことが大きかったです。わたし的には、まだよそよそしい関係も残っている中、いきなりみんなの裸を見るとは思ってもいなかったから、あれも衝撃でした(笑)。

柚葉みあき 確か、沖縄遠征初日のときだったよね。

百合野らん そう。ライブ活動をしていると、楽屋でパッと脱いで、パッと着替えることはありますけど。まさか、みんなでお風呂に入るとは…。というのも、その日のライブを終え、みんなで食事をしてからホテルにチェックインしたのは良いのですが、お風呂は大浴場しかなくて、しかも着いた時間には、お風呂を閉めてしまう時間がせまっていました。それもあって、みんなで一斉に大浴場へ行ったことで、みんなの裸を見たわけですけど(笑)。普通、仲良くなってから一緒にお風呂に入ることはあっても、あのときは順番が逆(笑)。だけど、それも急激に仲を縮めたきっかけになったなと思います。

──沖縄には何日いました?

百合野らん 場所をいろいろと変えながら、5泊6日しました。あの沖縄遠征でメンバーの心の距離がぐっと縮まったのは間違いないです。宿泊する部屋も、最初は4人部屋。その後も、大体3人部屋か2人部屋だったから、自然と話をする機会も増えますからね。もし、あの経験がなかったら、今のような関係になるまでもうちょっと時間がかかっていたと思います。

──続いては、和奏さんお願いします。

咲雲和奏  わたしも、沖縄遠征は強烈な思い出として残っています。らんも言ってたように、起きてから寝るまで、ずっと寝食を共にしていたからこそ自分を出さざるを得ないというか、自分の気持ちも見せてこそ、その空間がどんどん居心地よくなっていくんですね。
  わたしも、めっちゃ人見知りです。わたしは、あくしあ‐AXIA‐結成前から事務所に所属していたし、知ってるメンバーもいましたけど。それでも、初顔あわせの人たちも含め、新しくグループを始めることから、「打ち解けられるかな?」という不安はずっとありました。だけど、いざ一緒に過ごしてみたら、遠征先のホテルの部屋でもみんなで普通にわいわい騒いでいたくらい、そんな心配はまったくいらなかったです。

──メンバーみんな、普段からテンションが高いですよね。

咲雲和奏  そうなんです。わたし、普段からそんなにしゃべる性格ではないんですね。だけどこのメンバーは (全員ではないけど)ずーっとしゃべり続けてるから、最初はそこにびっくりしました。このメンバーの中、るきちゃんが最年少。楽屋だと、最年少らしい「若いなぁ!!」という面を見せているんですけど。ステージに上がると、急に消え入りそうな小声でしゃべっている、そのギャップにも最初は驚いたけどね(笑)。

鈴音るき  緊張すると、小声になっちゃうんです。でも、最近はようやく慣れてきました。

咲雲和奏  あくしあ‐AXIA‐はデビューステージが東京でしたけど、2回目のライブが沖縄でした。普通だったらあり得ないような経験ができたのも嬉しかったです。

──続いては、りなさんお願いします。

小日向りな  わたしも、2人(らん&和奏)と一緒で、けっこう人見知りなんですよ。じつはわたしだけ、他のメンバーとはちょっとだけ遅れて参加しています。わたしがメンバーとしてデビューに向けたレッスンへ入ったとき、他のメンバーはみんな顔合わせを終えている状態でした。その環境へ人見知りのわたしが…ということで、最初は不安もありました。だけど、休憩時間にらんちゃんがポツンとしていたから声をかけにいったことで、最初にらんちゃんと仲良くなれば、それがきっかけで、最初から不安に襲われることなくスタートできたなと思っています。

百合野らん  そうだったんだ(笑)。

小日向りな  らんちゃんがメンバーと仲良くなるための最初のきっかけになれば、2人も言ってたように沖縄遠征を通して、他のメンバーみんなと一気に距離を縮められたからこそ、今のあくしあ‐AXIA‐があるなってわたしも思います。
  私たちは、11月から両A面シングル『最高StarT/Fly‼』のリリースイベントをスタートしています。そのときからはとくに、ほぼ毎日のように会っていることも、お互いの仲をどんどん深めあういい機会になっています。

柚葉みあき  だって、3日会わなかっただけで、「超久しぶりー!!」ってなるからね。

小日向りな  それくらい、このメンバーと一緒にいる時間が濃いです。


一度、喉を壊して声が出にくくなったときがあって、しゃべるのを我慢していた時期ありました。そのときに初めて、部屋の中ってこんなにもシーンとしているんだと気付ました(笑)。


──ゆいさん、この4ヶ月を振り返ってどうですか?

乙花ゆい  わたしの場合、そこまでテンション高い人ではないけど、でも、低い人でもなければ、けっしてしゃべらない人ではないけど、みあきほどしゃべる人でもない(笑)んですね。それでも、ここにいると、自然とおしゃべりしちゃってます。
  わたしの中で印象的だったのが、ラフォーレ原宿さんの一角をお借りし、コラボレート企画としてあくしあ‐AXIA‐のポップアップストアをやれたこと。あのときは、キーホルダーやアクリルスタントなどいろんなグッズを作っていただけたのが嬉しかったし、メンバーの等身大ポスターをバーッと壁に貼ってもらえたのもすごく嬉しかったです。完成したお店を見たときには、「すごく綺麗だな、素敵だな」と感動していたことも嬉しい思い出になっています。

──早い時期に、ポップアップストアを開けたのも、嬉しい機会になったわけですね。

乙花ゆい  わたしの中ではとても素敵な体験として、今も記憶の中にずっと残っています。

──みあきさん、この4ヶ月の日々をどんな風に受け止めています?

柚葉みあき  この4ヶ月間の中でも、たくさんライブをやれて楽しかったです。今もめちゃめちゃたくさんライブをやれているから、本当に毎日が楽しいです。
  
──みあきさん、とても充実した日々を送れているようですね。

柚葉みあき  わたしもアイドル経験はあったとはいえ、こんなにも人数の多いグループでの活動は初めてだったから、このメンバーの中での"柚葉みあきらしいアイドル像"をいろいろ考えるようにもなりました。

──そこ、教えてください。

柚葉みあき  見ての通り、とにかく"うるさくて元気"なんですけど。もともとポジティブな性格だからこそ、あくしあ‐AXIA‐として活動をするときは、さらに元気と明るさを強調して、より強く印象を与えてゆくことを心がけるようになりました。

──みあきさん、寝ているとき以外で静かなときってあるんですか?

柚葉みあき ありますよ。お腹が空いてるときと、眠たいとき(笑)。

百合野らん  ずっと独り言も言ってるよね。

柚葉みあき  そう。無意識なんですけど、気づいたら思っていたことを口に出してしゃべっているんです。それは、家にいても。一度、喉を壊して声が出にくくなったときがあって、しゃべるのを我慢していた時期がありました。そのときに初めて、部屋の中ってこんなにもシーンとしているんだと気付ました(笑)。楽屋でも、わたしがしゃべらないときって、以外と静かなんだなとも感じた(笑)。

──いろはさんは、この4ヶ月の活動を、どんな風に捉えています?

猫ノ瀬いろは  4ヶ月前の自分と比べたら、だいぶ人間として成長しました。加入前のわたしって、めっちゃピキりやすかったんです。何かあると、すぐにキレてしまっていたんですけど。でも大人数で活動をするとなったら、わたし一人が勝手に和を乱しちゃいけないじゃないですか。だから、メンバーの心を読み取って…ではないけど(笑)。メンバー内の空気を読み取って行動をするようにもなりました。
  あくしあ‐AXIA‐の活動は、めっちゃ楽しいです。わたしも、以前にアイドル活動の経験はありましたけど。前のときにはやりたくても出来なかった経験を、今、あくしあ‐AXIA‐を通していろいろ出来ているのが嬉しいんです。1回1回のライブも、すごく良い環境でやらせてもらえているように、感謝の気持ちを忘れないようにと1本1本真剣に向き合っていますし、同時に、やる気も強く起こさせてくれます。だから、毎日がめちゃめちゃ充実しています。

──最後は、るきさんですね。 

鈴音るき  わたしは、あくしあ‐AXIA‐が初めてのアイドル活動なんですね。だから、「バミる」など、お仕事の専門用語を言われても何のことかわからなくて、けっこう戸惑ったことも多かったです。でも、メンバーみんな優しいからいろいろと教えてくれる。だから、このグループに入れて本当に良かったなと思っています。

──るきさん、4ヶ月前の自分と、今の自分を見比べた場合、いろんな変化を感じます?

鈴音るき  最初の1ヶ月くらいは、ことある毎に緊張していました。ライブ本番直前のときにも、わたしがいつも緊張しているから、わたしの後ろに出番を控えているみあきちゃんに背中をパンッと叩いてもらって、よく緊張をほぐしていました。今は慣れてきたのか、その緊張もようやく無くなりました。わたし、初めてのアイドル経験があくしあ‐AXIA‐で、このメンバーで良かったなとすごく思っています。ほんと、いいグループに入れてありがたいです。


なんか、いつもよちよちとしています。


──続いては、メンバー紹介をしてもらいたいなと思います。良ければ、隣にいる人のことを教えてもらえますか。まずはるきさん、隣にいるいろはさんのことを教えてください。

鈴音るき  いろはちゃんは、とにかく行動がかわいいです。なんか、いつもよちよちとしています。舞台の上の行動もかわいいですけど、楽屋や、それ以外のときでも、全部の行動がかわいいから、なんか面倒みたくなっちゃいます。いろはちゃんは、みんなの~~~~~。


(後編へ続く)

TEXT:長澤智典
 

<インフォメーション>


アー写

あくしあ‐AXIA‐
『最高StarT / Fly‼』

2024.1.30 On Sale
<価格>各¥1,200(税込) 
<品番> QARF-60226〜8
販売元:コロムビア・マーケティング株式会社
発売元:株式会社ロックフィールド

収録項目
A TYPE『最高StarT』『Fly‼』『Twinkle star』『Dreaming Colors』
B TYPE『最高StarT』『Fly‼』『Dive』
C TYPE『最高StarT』『Fly‼』『にあいこーる』


SNS
https://twitter.com/AXIA_2023
 

アー写
乙花ゆい【@yui_AXIA】 
 
アー写
咲雲和奏【@nodoka_AXIA】
 
アー写
百合野らん【@ran_AXIA】
 
アー写
猫ノ瀬いろは【@iroha_AXIA】
 
アー写
鈴音るき【@ruki_AXIA】
 
アー写
春花なこ【@nako_AXIA】
 
アー写
小日向りな【@rina_AXIA】
 
アー写
柚葉みあき【@miaki_AXIA】


スケジュール
https://calendar.google.com/calendar/u/0/embed?src=a.2023xia@gmail.com&ctz=UTC

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.02.26
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2024.02.22
ガルポ!ズ LIVE レポ