FEATURE

2023.07.24
りあくしょん☆バイト

りあくしょん☆バイト インタビュー

まずは、推しならぬお師匠様探しの旅に出なきゃいけないですね。

「釣りガール×アイドル」をコンセプトに、"海の日"(7月17日)にデビューを発表したのが、5人組アイドルグループの「りあくしょん☆バイト」。彼女たちの大きな特徴が、"釣りの釣果がアイドル活動に直結"していること。
  YouTubeチャンネルでの配信も兼ねた、「魚釣りで○○を釣り上げるまで帰れない」など、いくつものミッションを実施。そのポイント数に応じて新曲の授与など、アイドル活動に還元してゆく形を取っている。

  りあくしょん☆バイトを応援するうえで、ファンたちは2つの楽しみ方ができる。それが「釣りガール×ファン」と「アイドル×ファン」という2つの関わり方。
  まずは、「釣りガール×ファン」としての楽しみ方。釣り初心者のメンバーらが、「極寒の海でメバルを10匹釣らんかい」「海上釣り堀で3魚種を釣らんかい」「相模湾で20キロマグロを釣らんかい」などの様々なミッションに挑戦。"お師匠様"と呼ばれる釣り好きの方々からの秘伝(アドバイス)を得ながら、いかにミッションをクリアしてゆくか。つまり、ファンの後押しを受けて、彼女たちがいかに釣果(成果)を上げていくのかという楽しみ方。
  「アイドル×ファン」としての楽しみ方の面では、釣りの成果を通して得たポイントによって、新曲制作やリリース、ワンマン公演やツアーの開催など、アイドルとして闘うため(活動してゆくうえで)のアイテムを手にする形を取るなど常に目が離せない活動が盛り沢山だ。

  釣った魚をさばいて食するのは、もちろん。「釣った魚の料理方法の伝授」や「ビーチクリーン活動」など、アングラー(釣り人)としてのお手本となる姿へ彼女たちが成長してゆく様を追いかける、「釣りガールとして育ってゆく楽しさ」。 着実にライブ支持を集め、会場の規模を上げ、作品のリリースを重ねてゆく、「アイドルとしての成長を見守る楽しさ」。りあくしょん☆バイトは、2つの要素を重ねあわせて成長してゆく姿を支持する"応援参加型"を取っている。
  彼女らの活動を報告するYouTube番組では、著名な釣りユーチューバーとのコラボも実施予定。つねにSNSを通して"釣りの秘伝"をお師匠様(ファン・支持者)からの享受を受けて成長してゆくなど、SNSを通した積極的な活動も行う。
 
 グループ名の「りあくしょん☆バイトとは、[釣り用語]で「釣り師の仕掛ける技のアクションにより、魚が反射的にルアーに食い付いてしまう行動」を指す言葉。つまり、彼女たちが、「いかに興味を持つ活動を仕掛け、その行動によって大勢のファンたちをつかむのか」によって、りあくしょん☆バイト自体が名人級のグループへと成長していくか、初心者レベルの活動に終始してしまうのかにもかかっていく。このグループの魅力を、メンバーとプロデューサーの言葉を借りてお届けしたい。

 

プロデューサーから毎回、謎の封筒が届きます。その中には、クリアしなければならない指令(ミッション)が入っており、それをメンバーにチャレンジしてもらいます。

――取材の時点では、メンバーみんなで顔あわせをするのは2回目。それにしては、お互いのことをいろいろ知っていません?

水世桃愛  だって、初顔合わせで、いきなり一泊二日の合宿ですよ。しかも、まだお互いのことを知らないのに、いきなりメンバーみんな相部屋ですからね。おかげで、互いの絆は一気に深まりましたけど。ただ、カヲルがね。

矢那瀬カヲル  わたし、そのときは病気で寝込んでいて合宿に参加できませでした。みなさん、オーディション中から目立っていたので存在は知っていましたけど。とくに会話をしていたわけではないから、わたしだけ、正式な形でメンバーとの初顔合わせは、この日(アーティスト写真撮影)からになります。

彩恵みく  だけど、さっきもいろいろとお話をしていたら、もうそんなに距離感があるって感じはなくなってる。それくらい、みんな近い距離感で接しているから、これからが楽しみです。

――りあくしょん☆バイトは、「釣りガール×アイドル」をコンセプトに活動。先に、「釣りガール」の面からお話を伺いますけど。メンバーには、毎回いろんなミッションが課せられるとも聞きました。

プロデューサー  毎回、謎の封筒が届きます。その中にはクリアすべき指令が入っており、それをメンバーにチャレンジしてもらいます。

5人  オーッ!!!!!

プロデューサー  そのミッションを無事に達成したら、みなさんにはポイントを進呈します。そのポイントの獲得点が楽曲の制作など、アイドル面での活動に影響を及ぼしますから、アイドルがついでに釣りもアピールしていますではなく、本気で釣りガールとしての活動も頑張らないと、アイドル活動にも影響を及ぼすことになります。釣りガール・アイドル両方の活動とも、YouTube内の番組で配信します。

――みなさん、釣りの経験は?

大塚なち  海釣りなど、釣り自体の経験はあっても、いわゆる釣りの愛好家となると、この中では唯一わたしだけになります。ただし、わたしも愛好家というほど詳しいわけでもないし、まだまだ初心者レベルだから、わたしもミッションに挑戦し、経験を重ねながら腕を磨いてゆく形になります。

プロデューサー  むしろ、初心者であったほうが、釣りの楽しみを貪欲に吸収していけるから、純粋に楽しめるんじゃないかな。りあくしょん☆バイトでは、ファンのことを"お師匠様"と呼んでいます。彼女たちがミッションへ挑戦していくうえで、いろんな釣りの専門用語も調べなきゃいけないし、そのミッションをクリアするための釣り方の方法も学ばなければいけません。自ら調べるのはもちろん、SNSを通して釣りに詳しい人たちを見つけて教えてもらうこともメンバーには推奨しています。むしろ、釣りに詳しい人たちを見つけて味方にし、世界中の人たちをお師匠様(ファン)にしてほしい。そのお師匠様たちのアドバイスを受け、晴れてミッションをクリアしたら、教えた方も教えられた方もみんなハッピーになれる。僕らとしては、たくさんのお師匠様を仲間にして、彼女たちには一人の釣り師としても大きく成長してほしいなと思っています。

――グループ名のりあくしょん☆バイトとは、釣り用語で、「アクションにより魚が反射的にルアーに食い付いてしまう行動を指す言葉」。みなさん、知ってました?

大塚なち  わたしは知っていましたけど、4人は…。

水世桃愛  わたし、その言葉を聴いたときに「リアクションを取るバイト」という意味だと捉え、「私たちは釣りをやるアイドルだけど、リアクション芸人のような活動もしていくのかな?」と想像をしていました。

――噂によると、みくさんはリアクション芸が得意らしいですね。

彩恵みく  芸というわけではないですが、わたし、ついオーバーなアクションを返してしまうから、このグループ内では、リアクションを担当しようかなと勝手に思っています(笑)。まぁ、普段のままを出していれば、自然にリアクション芸に見えてしまいそうだけど(笑)。

桜衣音羽  そのポジション、似合うと思う。

――出されるミッションも、「ネコリグで30アップのバス釣らんかい」「トラウト管理釣り場で10匹釣らんかい」など、初心者にはハードルの高い内容が多そうです。

桜衣音羽  そもそも、だされるミッションの意味がわからない(笑)。本当にそこから始めなきゃいけないレベルだから、何がハードルが高いのかさえも…。

彩恵みく  わからないよね。

矢那瀬カヲル  一つ一つのミッションは大変そうだけど。でも、大変さも含めて楽しんでいきたいなと思います。

彩恵みく  今は、そのミッション自体の意味がわかってないけど。わたしも負けず嫌いな性格だから、ミッションと聞くだけで燃えてくるし、どんなミッションだろうと絶対にクリアしてやろうという気持ちです。

――チャレンジのたびに、みなさんがどんなリアクションを返してゆくのか、そこも含めて楽しみたいなと思います。

桜衣音羽  メンバーみんなリアクションを取るのも上手そうだけど。わたしは、リアクションを返すのが苦手だから、そこは一生懸命に頑張って、新しい自分を開拓していけたらなと思っていますし、その覚悟は出来ています。

水世桃愛   いやいやいや、私たち、リアクション芸をするアイドルグループじゃないから(笑)。そこは、普通で大丈夫だから。それよりも、釣りやアイドルの挑戦自体を楽しんでいきたいなと思います。うちには、一人釣りの経験者がいますからね。

大塚なち  確かにみんなよりは、今のところは知識や経験は持っているけど。ただ、アイドル…となると、このメンバーの中でわたしが一番不得意としているところ。わたしに関しては、今の釣り経験を生かし、釣り好きな人の琴線にひっかかるような活動を心がけながら、コアでマニアックな人たちが興味を惹くところを気攻めていけたらなと思ってる。ただ、わたしは熱中しちゃうとガチに入り込み過ぎるから、カメラを気にしたリアクションとか出来るのかな?とも思ってしまうんだけど…。

彩恵みく&水世桃愛  そこは、任せて!!

プロデューサー   初心者であれ、経験者だろうと、まずは、みんなを助けてくれる釣りの知識が抱負なお師匠様や、熱心に釣り情報を教えてくれるお師匠様を見つけ、自分たちのことを応援してもらわないとね。それに、ミッションを達成してポイントを貯めていかないと、新曲制作など、アイドル面での活動にも支障が出てしまうから。それに、どの世界だって、師匠と弟子の絆というのは、お互いの関係性や立場が変化していこうがずーっと変わることはない。そういう切れることのない絆を育むことも、このグループが大切にしいてくべきことだから。

桜衣音羽  そのためにもまずは、推しならぬお師匠様探しの旅に出なきゃいけないですね。


メンバーのキャラクターを分析!!!!!


――自己申告、他己紹介どちらでも構いません。メンバーそれぞれのキャラクターも知りたいです。

桜衣音羽  桃愛ちゃんは、わかりやすい性格をしているよね。

水世桃愛  マイペースというか、ずぼらというか、メンバーの中では最年長ですけど、おっちょこちょいな性格だから、支えてきくれるみんながいないと、上手く自分を生かせない性格です。

大塚なち  わかりやすい性格といえば、みくちゃんもそうだよね。ほんと、天真爛漫で、元気で、ピュアっていうか。

水世桃愛  妹キャラなんだけど。でも、しっかりしているよね。音羽ちゃんも、しっかりしている人。本人は「抜けているところがある」と言ってるけど、まだ抜けている姿を見たことがないくらい、いつもまわりを見て意見を出してくれるめちゃめちゃ頼りがいのある子。 料理も上手だしね。 
  なちちゃんは、一見するとミステリアスでクールビューティーだけど。すごく明るくてポジティブな性格の人。一緒にいると、こっちも明るくなれる。クールビューティーそうに見えてめっちゃ明るくて話しやすい、そのギャップが魅力だと感じてる。

大塚なち  カオルは、何事に於いても、一個一個のチョイスが絶妙な子。とにかくセンスが光っているから、そこに魅力を感じてる。

彩恵みく  しかも、なにげにボソッというひと言のインパクトも強いからね。

――みなさんを、魚に例えたらどうなります?

水世桃愛  例えたくても、魚自体の特色がわかんないから、そこはなちちゃんお願い!!

大塚なち  えーっ、これ直感での発言になるけど。カオルは「メダカ」って感じがする。みくちゃんは出世魚の「アジ」。音羽ちゃんは「錦鯉」。桃愛は「カワハギ」。あっ、そこは「サーモン」のほうがいいかな?!で、わたしは??

水世桃愛  一人だけど、「沖縄の海にいるカラフルな熱帯魚たち」。 

大塚なち  みんなの印象は、会って間もない今のイメージ。今後活動をしていく中で変わっていくと思うから、また機会があったら報告します。


80年代のBEAT ROCKは、彼女らのようなZ世代には逆に新鮮で新しい音楽スタイル。


――アイドル活動の面に於いてですが、りあくしょん☆バイトの音楽性が、「80年代のBEAT ROCK」。その視点が斬新です。

プロデューサー  メンバーの桃愛とみくのカラオケでの十八番がREBECCAの『FRIENDS』だと聞いたことから、このアイデアが浮かびました。僕は40代なんですが、僕のような80年代のBEAT ROCKを聴いて育った世代にはズバッとハマる王道な音楽性だけど、彼女らのようなZ世代には逆に新鮮で新しい音楽ジャンル。アイドルシーン全体見渡してみても、そこを全面に打ち出しているグループを見かけることがなかったのもあって、誰にも真似が出来ないオリジナリティを追求できると思ったことから、BeatRockを音楽性の軸に据えて楽曲制作を進めています。

桜衣音羽  わたし、カラオケ好きで、レパートリーが70年代から現在までだから、わたしもREBECCAの『フレンズ』はタラオケでよく歌ってるよ。

水世桃愛  カオルも80年代の音楽は聴いてるよね。

矢那瀬カヲル  わたし、昭和歌謡が好きだから、そっちのほうの80年代は聴いてるけど、80年代のBEAT ROCKはぜんぜんわからないから、これから覚えます。

桜衣音羽  わたしとなちちゃんも、その変はぜんぜん通ってないから、どんな風に表現していくのか、そこを楽しみたいなと思ってる。

大塚なち  むしろ、3人(水世桃愛・彩恵みく・桜衣音羽)に歌い方とか、スピリットを教えてもらえばいいんだよね。

水世桃愛  自分の中の足りないところを得意な人から教えてもらうなど、そうやって補いあえてゆく関係性がいいよね。りあくしょん☆バイトは、そこも魅力にしながら成長していきたいです。


肝が据わっているどころか、寝ているからね(笑)。


――りあくしょん☆バイトは、"海の日"に当たる7月17日に活動を発表。9月2日、渋谷REXでの公演を持ってライブデビューします。その日まで、あっと言う間じゃない?

桜衣音羽  きっと、あっと言う間ですけど…。

水世桃愛  もう決まっている以上は、いくら時間がなくともやるしかないです。でも、このメンバーみんな肝が据わっているから、どんな困難でもみんな乗り越えていけると思う。

桜衣音羽  肝が据わっているどころか、寝ているからね(笑)。

水世桃愛  とにかくやるしかないです!!!!!それに、釣りのミッションもいろいろ発表になっていくんですよね。

プロデューサー  デビュー発表から間もなく、釣りガールとしてのミッションもスタートしようと思っています。あと、みなさんには、自然の尊さを知ってほしいので、定期的にビーチクリーンの活動等の自然保護活動にも積極的に参加してもらおうとも思っています。

――やることたくさんありますよね。そのためにも、まずはたくさんのお師匠様と出会い、しっかりと支持してもらわないとですね。

水世桃愛  上手いこと「りあくしょん☆バイト」をして、お師匠様たちを釣り上げていきたいです。

――メンバーのみなさんが、どんなりあくしょん☆バイトを仕掛けてゆくかも気になります。

桜衣音羽   みくちゃんは、「天真爛漫な妹キャラで心をくすぐってゆくところ」。カオルは、「一度はまったら抜けだせない沼のような深い魅力を持っているところ」。桃愛は、「スタイルの良さと、どんな人にも好かれる愛されキャラなところ」。なちは、「釣りが詳しいこともあって、釣り人どうしで波長があう」というのもあるけど。やはり「人懐っこさ」。そういうところを各自が上手くりあくしょん☆バイトしながら、たくさんのお師匠様たちと出会いたいです。

水世桃愛  そういう音羽ちゃんは、「ザ・アイドルしているところ」。彼女に関しては、お師匠様というよりも、「ついていきます!!」という弟子が増えそうだけど(笑)。

――それぞれが、どんな風に魅力を発揮していくのか楽しみにしています。最後に、ひと言ずつメッセージをもらおうか。

矢那瀬カヲル  何もかも未経験ですが、精一杯みんなへついていけるように頑張ります。よろしくお願いします。

彩恵みく わたし自身すごく元気で明るい性格だから、それを持ち前に。自分が、みなさんを元気づけられる存在であれたらなと思っています。

桜衣音羽  まずは、見ていて応援したくなるような存在なりたいです。そうなるためにも一生懸命に頑張って、お師匠様といっぱい出会いたいです。

大塚なち  釣りだけは、みんなよりも今は出来ているけど。早くみんなから追いつかれ、そのうえで、みんなで切磋琢磨しながら成長していきたいんですね。りあくしょん☆バイトは、みんなの良いところをいろいろと取り入れながら最強のグループになっていきたいし、そうなれたらなと思っています。

水世桃愛  アイドルとしてだけじゃなく釣りガールとしても実力をつけるは、もちろん。みんなで協力しあって、アイドルや釣りの世界に限らず,いろんなところでどんどんお師匠様を見つけ、仲間にし、いつか頂点を目指していけたらなと思ってます。「釣りガール×アイドル」というコンセプトも新しいですし、楽曲も、頭から離れないビートロックなサウンドで攻めます。とにかく、みんなの気持ちを引き寄せるりあくしょん☆バイトなグループになりたいです。


photo:清田大介 /text:長澤智典

 

<インフォメーション>


アー写

8月5日(土) レインボータウンFM 特番公開収録
9月2日(土) 渋谷REX 初公演を開催

●公式サイト:https://r-bite.com/
●YouTube:https://www.youtube.com/@r-bite
●Twitter:https://twitter.com/RxB_official
●Instagram:https://www.instagram.com/rxb_info/
●TikTok:https://www.tiktok.com/@rxb_info

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.02.26
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2024.02.22
ガルポ!ズ LIVE レポ