FEATURE

2023.06.07
君とセレンディピティ

このメンバーは、お仕事という枠を超えて、何でも言い合える家族のような関係。 君とセレンディピティ・インタビュー 1

 2022年10月10日より、活動を開始。2023年1月29日に初ワンマンLIVEを渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて開催。4月24日には2ndワンマンLIVEを渋谷WWWにて行った君とセレンディピティ。4月26日には、日本コロムビアより『翼 EP』を配信リリースした。現在、以下のように東名阪単独ツアーも決定中!!!

●9月9日(土)今池3STAR(名古屋)
●9月24日(日)梅田Zeela(大阪)
●10月2日(月)新宿ReNY(東京)

 今、勢い良くかけだしている君とセレンディピティのメンバーをキャッチ。インタビューを行った。


わたしは君とセレンディピティのことを、一緒に高めあえる、すごくいいグループだと思っています。


――この取材をしたのが、ちょうどデビューから7か月後。デビューした頃と今の気持ちを比べたとき、どんな風に心境に変化や成長が出てきているのか一人一人教えてください。まずは、劉甜さんからお願いします。

劉甜  わたし、1か月だけアイドル活動をした経験があります。本当は長く続けたかったけど、活動ができない状況へ陥ったことでずっと不完全燃焼でいたから、またご縁があったらやりたいなと思っていたところで、君とセレンディピティに加入することになりました。
  わたしとしては、君とセレンディピティに入ったことで、いろんなアイドルの世界をいっぱい知れて勉強になっているし、わたし自身の気持ちの面でも大きく成長できた7か月だったなと感じています。何より、ここまでがあっと言う間で早かったです。

スナップ

 

――続いては、みおさんお願いします。 

櫻井みお  このメンバーの中で、わたしだけが唯一アイドル未経験からのスタートでした。最初の頃は、「何々してください」と言われるまま、とにかく必死にやり続けてきました。活動に慣れだし、心にも余裕が生まれるようになった頃から、少しずつ「これを達成するためにはどうしたらいいんだろう」「これを目指すなら、もっとこうしていきたい」など、いろんな欲求が出始めました。何より、気がついたら、四六時中君とセレンディピティのことばかりを考えている自分になっていました。
  アイドル活動を始める前までの自分は、日々何も考えず生きてたこともあって、とくに頭を使わない日々を送っていました。だけど今は貪欲さが出てきたのか、休みの日でも、「もっとこうしたいな」と考えれば、それを運営さんの方へ提案もするように、考えることが圧倒的に増えました。

スナップ

――みおさん自身、「こう」と思ったことは実戦したい人?

櫻井みお  良い意味で欲深いというか、「なんでこれが出来ないんだろう。じゃあ、出来るためにはどうしたらいいのか」と求考え始めれば、あきらめが悪い性格もあって、とことん追求したくなります。ただし、それは自分が興味あることのみです。今でも興味のないことについては、たとえ何かをやっても、すぐに「もういいや」となっちゃいます(笑)。
  アイドル活動は、まさに追求していきたいこと。今、ようやくアイドル活動自体を楽しめる余裕が出てきているからか、つい、口うるさく言っちゃうんですけど(笑)。アイドルとしての自我が芽生えている今、それも含めてすごく楽しんでいます。


――次は、るいさんかな。

世名城るい  わたし、もともとアイドル活動をしていましたが、一度引退。時を経て改めて、君とセレンディピティのメンバーとしてアイドル活動を始めました。君とセレンディピティに加入した当初は不安もありましたけど、「絶対にこのグループで頑張ろう」という気持ちで活動に臨んでいました。実際に今、このメンバーで7か月一緒に日々を過ごしてきたことで、どんどんグループのことも、メンバーのことも大好きになれたし、アイドル活動自体をすごく楽しめている自分がいます。

スナップ

――環境が変われば、取り組む意識にも変化は出てきます?

世名城るい  何事もそうですけど、環境によって意識に変化は出ます。今のメンバーは、お仕事という枠を超えて、何でも言い合える家族のような関係。その仲の良さはステージの上にも現れ、この7か月でチームワークもしっかりと出来てきたなと思っています。



――続いて、ななさんお願いします。

石橋なな  わたし、もともと関西でアイドル活動をしていて、君とセレンディピティへの加入が決まり、上京したばかりの頃は、東京での生活に慣れるのに精一杯でした。しかも、わたしは人見知りの性格。だから最初の頃は、メンバーともほぼほぼしゃべれない状態。一人、例外(櫻井みお)はいましたけど(笑)。みおちゃんは、最初からガツガツとしゃべりかけてくれる人でした(笑)。

スナップ

櫻井みお  わたしかよ!!

石橋なな  自分が人見知りという理由もあって、最初の頃は「大丈夫かな?」という気持ちでした。7か月たった今、るいちゃんも言ってたように、このメンバーとは何でも言える仲。本当に家族のように、素敵な関係を築けています。最初は戸惑っていた東京生活にも慣れて心に余裕が生まれたことも、いろんな面でプラスに働いたのかなとも思っています。


――最後は、陽菜乃さんですね。

野田陽菜乃  わたし、前のグループを卒業したとき、「もう二度とアイドルはやらない」と決めていました。でも、高校卒業後の進路で悩んでいるときに、以前のご縁から声をかけてもらい、わたしも上京をして、ふたたびアイドル活動を始めました。
   この7か月での変化ですよね。?わたし、最初の頃は本当に歌が下手で、プロデューサーさんにも「陽菜乃は歌が下手だなぁ」と言われるくらいにレベルが低かったんです。そんなわたしに、メンバーがいろいろと歌い方を教えてくれたり、自分でボイストレーニングにも通い始めたことで、以前よりも成長はしてきているかなと感じています。
  わたしが君とセレンディピティの好きなところって、メンバー一人一人得意な分野があり、その良さをみんなで教えあうなど、得意分野を分かち合うことで一緒に精神面、技術面共に成長していけること。わたしは君とセレンディピティのことを、一緒に高めあえる、すごくいいグループだと思っています。

スナップ

――陽菜乃さん、4月に行ったワンマン公演の中で行った「君セレ春の歌謡音楽祭」で優勝していましたよね。

野田陽菜乃  そうなんですよ!!わたし、前回が最下位だったのに、今回は、なんと1位!!絶対に最下位にだけはなりたくなくて必死に練習を重ねていたから、優勝したときはめちゃめちゃ嬉しかったです。その結果、「わたし歌、成長できたんだ」という自信にも繋がりました。
 

――さっき、「二度とアイドルをやらないと決めた」と言ってましたよね。それには、どんな理由があったの?

野田陽菜乃  卒業を決めたのが、中学3年生で受験を控えていたという理由もありましたけど、それもあって「アイドル活動をいい思い出にしながら、ここで区切りをつけよう」と卒業を決意し、アイドル活動からも引退しました。高校に進学後、少しずつ病気も改善。ただし、アイドル活動を再開しようという意識に至ることなく3年間高校生活を過ごしていました。そんな中、進路を決めなきゃいけない時期に、とあるご縁から声をかけてもらったとき、気持ちのどこかに、アイドル活動をしたい未練が少しはあったからなんでしょうね。それに、元いたグループのメンバーたちの活動も見ていて「楽しそうだな」と思っていた理由に火がつき、君とセレンディピティに加入し、再びアイドル活動を始めました。
  みんなも言ってたように、メンバーみんな仲よしだし、スタッフさんもめちゃめちゃいい人たちばりだから、今はすごくいい環境で活動が出来ていて、毎日がキラキラしています。


一人一人がリーダーになれるくらいの意志を持っているところが、君とセレンディピティの強みであり、魅力だとわたしは感じています。


――君とセレンディピティがライブ活動を始めたのが、2022年10月10日。2023年1月には渋谷duo MUSIC EXCHANGEで、4月には渋谷WWWでと、2回ワンマン公演を開催しています。すごい順調なペースで進んでいますけど。メンバー自身は、今の環境をどのように受け止めています?

野田陽菜乃  すごくありがたい環境だなと実感しています。

櫻井みお  わたし、アイドル活動は未経験だったから、最初は、今のペースでやれているのがすごいことなのか、それが普通なのかさえもわからずにいました。でも、1stワンマン公演を渋谷duo MUSIC EXCHANGEで行ったときに、「今のペースで進んでいることは、とてもすごいことなんだ」と理解できました。そこから、たった3か月後には2ndワンマン公演がやれたなんて、普通なら考えられないこと。その環境に置かせていただいていることが本当にありがたいなと、今は強く思っています。

世名城るい  わたしも、以前に活動経験があるからこそ、今のペースで活動できていることにはすごく感謝をしていれば、本当に恵まれた環境にいさせてもらっているなと強く感じています。だからこそ、私たちも期待に応えるためにもと、日々メンバー同士で話しあいを重ねればたり、君とセレンディピティの存在をどう広めてゆくか、いつもみんなで考えています。

野田陽菜乃  うちら、「どうしたら良くなるんだろう」と、いつもいっぱい話しあっているからね。君とセレンディピティの強みって、一人一人がしっかりと自分の意見を持っていれば、それをぶつけあえること。メンバーみんな相手の意見を聞く力を持っているし、そのうえで「ここ、こうじゃない?」と意見もしていける。そうやってみんなの意志や意見を一つにしていけるところ、それがグループとしての成長や向上心に繋がっているなとも感じています。何より、一人一人がリーダーになれるくらいの志力を持っているところが、君とセレンディピティの強みであり、魅力だとわたしは感じています。
 

――メンバーみなさん、自己主張の強い人たちばかり??

野田陽菜乃  すごく強いです(笑)。みんなで高めあっていきたいからこそ、自分の意志や意見は何でも言い合えるようにしているし、その関係を大切にしています。

石橋なな  メンバーそれぞれに、自分なりに君とセレンディピティに対してのビジョンを持っていれば、いろんな意見を重ねていく中でも、意外と同じ意識でいるというか、通した思いを持っているのに気付くことも多いです。

櫻井みお  もちろん、メンバーの意志は運営さんとも共有しています。わたしはとくに、自分の意見を運営さんにめちゃめちゃ言うタイプ(笑)。いろんな経験を重ね、そこで疑問や要望が出るたびに、「ここは、こうしたほうがいいと思います」「こういうこともできますか?やってみたいです」など、グループとしての意見はもちろん。個人的に思ったことも、いろいろ言っちゃいます(笑)。運営さんも「メンバーからもいろいろと言ってもらえたほうが嬉しいし、そのほうが活動を進めやすい」とも言ってくれていますしね。ただし、全部の意見が通るわけではないですが、今後の活動がより良いものになるように、これからも、メンバー/運営さんともに遠慮なく言っていこうと思っています。

野田陽菜乃  お仕事終わりに、メンバーみんなでご飯にいくことも多いんですけど。そこで、君とセレンディピティの今の課題や、今後やっていきたいことなど、グループについてのことをいろいろと話したり、みんなで意見や思いを交わしあうことは本当に多いです。


まるで、1冊の本を読み終えた気持ちにもなれるから、とくに歌詞にも注目してほしいとわたしは思っています。


――君とセレンディピティは今、『翼 EP』を配信リリース中です。ぜひ、収録した1曲1曲の魅力も語っていただけますか。

櫻井みお  じゃあ、わたしからいきますね。わたしは『夕焼けの向こうに』について語りたいと思います。この楽曲は、君とセレンディピティとして活動を始めるに当たって最初にいただいた3曲の中の一つになります。最初に聞いたときは、曲調もあって「あまり明るい曲ではないのかな?」というイメージでした。しかし歌詞を読むと、じつは気持ちをポジティブにしてゆく内容なんですね。わたし、この曲では落ちサビを担当。ライブで歌うたびに、「みおちゃんの歌っている落ちサビの部分にすごく感動するし、とてもいい曲だね」と言ってもらえることは多いです。ただ、バラード系の楽曲の場合、イベントで歌う機会が少ないから、今やライブでもレア曲のようになっています。でも、ライブで歌ったときは、わたしの落ちサビに注目してください。

劉甜  わたしがお勧めしたいのは、『人生はBeautiful!!!』です。この曲も、ライブ活動をスタートしたときから歌っています。最初に聞いたときから、気持ちをはっきりと伝えるなど、歌詞に斬新な印象を覚えていました。『人生はBeautiful!!!』の歌詞は、聴けば聴くほど、いろんなシチュエーションが見えてくるし、聞いた人次第でさまざまな捉え方もできる曲。わたしは、聴けば聴くほど深みの出る楽曲だと受け止めています。
  『人生はBeautiful!!!』も、ファンの方々の好感度の高い曲。ファンの皆様も、「君とセレンディピティと言えば『人生はBeautiful!!!』だね」と言ってくださいますし、ライブでも歌うたびにめっちゃ盛り上がるし、みんなもコールを入れてくれる。だから、わたしもこの曲が大好きです。
   『人生はBeautiful!!!』の歌詞は、全体を通して物語風にもなっています。まるで、1冊の本を読み終えた気持ちにもなれるから、とくに歌詞にも注目してほしいと思っています。
 

――歌詞にも記されていますが、日曜日は、朝8時には目が覚めています?

劉甜  ライブがあるときは。でも、お仕事がないときは寝ています(笑)。

世名城るい  テン(劉甜)は、時間気にしなくていいときは、ぜんぜん起きない人だからね(笑)

劉甜  早起きは難しいです。

野田陽菜乃  わたしは、MVも制作した、『翼 EP』のリード曲にもなっている『翼』を紹介します。『翼』は、気持ちを前に向けてくれる歌。読めば読むほど深みを覚える歌詞なのも特徴的です。中に、「飛べないんじゃなくて飛ばないだけなんだ」という一節が出てくるんですけど。、それが個人的に好きですし、『翼』自体が、プロデューサーさんや制作チームの方々が、私たちメンバーに向けて思いやメッセージを伝えた歌詞とも思えるくらい、私たちの気持ちに強く響く内容です。
 活動を始めたばかりの頃は、私たちの中に「本当に飛べるのかな?」という気持ちも正直ありました。でも、『翼』を歌いながら、こうやって活動を続けてゆく中、次第に「飛べるのかも」という気持ちにもなれば、2度のワンマン公演や、メジャーから配信デビューできたこともあって、今は「飛べるんだ」という確信に変わりました。『翼』は、 聞いた人たちが前を向ける曲だとも、私たちは受け止めています。
 

――みなさんの背中には…(2回目へ続く)


TEXT:長澤智典

 

<インフォメーション>


アー写

<最新イベント情報>

6月10日(土)
タワーレコード miim store オープン記念イベント
君とセレンディピティ ミニライブ・特典会
開演 19:00
会場 タワーレコード渋谷店5階 イベントスペース


6月27日(火)
『君とセレンディピティ-定期公演vol.03-』
~部活とセレンディピティ~
開場 19:00 / 開演 19:30
会場 SPACE ODD
チケット
https://t.livepocket.jp/e/kimisere_230627

『翼』MV
https://www.youtube.com/watch?v=dtrdYNRyI4Y


東名阪ツアー決定!
●9月9日(土)今池3STAR(名古屋)
●9月24日(日)梅田Zeela(大阪)
●10月2日(月)新宿ReNY(東京                                      

サブスク解禁!
2023年4月26日、日本コロムビアより1st Digital E.P.「翼 EP」配信中!!
 

SNS
日本コロムビアオフィシャルサイト:https://columbia.jp/artist-info/kimisere/
Twitter:https://twitter.com/kimisere
Instagram:https://www.instagram.com/kimisere/
TikTok:https://www.tiktok.com/@kimisere_official
YouTube:https://www.youtube.com/@kimisereofficial


【メンバーSNS】


●石橋なな
Twitter:https://twitter.com/isbs_nana
Instagram:https://www.instagram.com/isbs_nana33/
TikTok:https://www.tiktok.com/@isbs_nana

●劉甜
Twitter:https://twitter.com/6ten_28
Instagram:https://www.instagram.com/6ten_28/
TikTok:https://www.tiktok.com/@liu__ten

●世名城るい
Twitter:https://twitter.com/rui_senashiro
Instagram:https://www.instagram.com/rui_senashiro/
TikTok:https://www.tiktok.com/@rui_senashiro

●野田陽菜乃
Twitter:https://twitter.com/mie_hinanon8
Instagram:https://www.instagram.com/mie_hinanon8/
TikTok:https://www.tiktok.com/@mie_hinanon8

●櫻井みお
Twitter:https://twitter.com/kimisere_mio
Instagram:https://www.instagram.com/kimisere_mio/
TikTok:https://www.tiktok.com/@anemu34

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.04.16
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2024.04.16
ガルポ!ズ INTERVIEW