FEATURE

2023.03.21
アフィリア・サーガ・イースト/アフィリア・サーガ(OG)

一度習得したので、たとえ期間が空こうと、またすぐに魔法は使えます。 アフィリア・サーガ・イースト/アフィリア・サーガ(OG)インタビュー・1

  3月31日(金)にLINE CUBE SHIBUYAを舞台に、『アフィリア15周年記念 ワンマンライブ』が行われる。出演するのが、アフィリア・サーガ・イースト、アフィリア・サーガ、純情のアフィリア。
  グループは、アフィリア・サーガ・イーストとしてスタート。途中で、アフィリア・サーガと改名。さらに,コンセプトをガラッと変え、現在の純情のアフィリアへ。この日は、卒業をした歴代のメンバーたちも多数招き入れ、ここまでの15年間の歴史の変遷を映し出すライブを行う。出演するOGメンバーは、以下の人たち。

 

OGメンバー:ミュー・シャ・ノワール/ロゼ・ガーデンフェアリー/ミィナ・M・フラーチェ/カレン・クラシュカ/メイリ・マロンフィール/クルミ・ラーラ・ミルク/アリア・M・ミルヴァーナ/ルイズ・スフォルツア/アリス・ローゼン/ミュナ・シュリータ/ラブ・ベリー・ジャンヌ/ナナ・ドロップ・ビジュー/モエ・ミーレイ/ユカフィン・ドール/ミク・ドール・シャルロット/青海マホ/優希クロエ。

 

  上記のメンバーと、現在の純情のアフィリアのメンバーたちを合わせた総勢26名が舞台を華やかに彩る。

  このインタビューには、OGメンバーのアリア・M・ミルヴァーナ/ロゼ・ガーデンフェアリー/メイリ・マロンフィール/クルミ・ラーラ・ミルク/ミク・ドール・シャルロットの5人が登場。『アフィリア15周年記念 ワンマンライブ』へ向けての思いを語ってくれた。

 

3月31日のライブでも、その魔法を全力で押していきたいと思っています。


――みなさん、アフィリア・サーガ・イーストとしてライブを行うのは…。

メイリ   ここにいるメンバーだと、メイリ・クルミ・ミクは、昨年2月に行った「ユカフィンフェス」にアフィリア・サーガ・イーストとして出演したから、ほぼ1年ぶりです。

アリア    アリアは、2022年にやった「ユカフィンフェス」以来になります。ただし、そのときのライブが卒業をして以降、初めてのライブ活動だったから、約7年ぶりのステージでした。

ロゼ   わたしなんか、もっとだったよ(笑)。

――期間が空いてしまうと、意識や身体をライブモードに戻してゆくのも大変なのでしょうか?

メイリ   みんな、気持ちの面では、一緒に活動をしていた頃と何も変わらないよね。

クルミ   変わってないです。

メイリ  久しぶりに顔を合わせようと、「昨日まで一緒に活動してた?」と思うくらい、まったく違和感はないです。ほんと、気持ちは自然とあの頃に戻るよね。

ミク   そう。振りも身体に染みついているから甦ってくるしね。ただ、長い時間ライブをやれる身体に戻すのはけっこう大変(笑)。

――みなさん、まだ魔法は使えます?

メイリ   まだ、使えます。

クルミ   一度習得したので、たとえ期間が空こうと、またすぐに魔法は使えます。

――今回のライブには、純情のアフィリアはもちろんですが、アフィリア・サーガ・イーストとアフィリア・サーガも出演。ここにいるメンバーが在席していたのは…。

メイリ   アリアとミクはアフィリア・サーガ・イーストとアフィリア・サーガのときまで活動をしていましたけど、他の3人はアフィリア・サーガ・イーストまでの在席でした。  

――みなさんがいた当時のアフィリア・サーガ・イーストと今の純情のアフィリアでは、だいぶ印象も変わっていません? 

クルミ   わたし、アフィリア・サーガ・イーストを卒業してからは、あまりアフィリア自体の活動に触れることがなかったんですけど。2019年、「ユカフィンフェス」へアフィリア・サーガ・イーストのメンバーとして出演することが決まり、イベント当日に純情のアフィリアとも一緒になったとき、私たちの時代のような魔法を使うことがなく、『この世界に魔法なんてないよ』という曲を歌っていたから、「えっ、純情のアフィリアって魔法を使ってないの??」と思った。

メイリ   じつは、けっこうショックだったよね。

クルミ   今は、私たちの時代とはコンセプトが違うんだよね。

ミク   でも、私たちはバリバリ魔法を武器にしてやってきたから、3月31日のライブでも、その魔法を全力で押していきたいと思います。

 

 

2


当時のメンバーはみんな自己アピール意識の強い子たちばかりで、それぞれが自分をめっちゃアピールしていたくらい、強い個性を持ったメンバーたちが集まっていました。


――みなさんは、魔法でたくさんの人たちを魅了してきましたからね。

メイリ   魅了してきましたね。だからこそ逆に、今の純情のアフィリアが新鮮に見えてくるんです。私たちの時代以上に、今の純情のアフィリアのメンバーたちは歌もダンスもしっかりしている。その姿を見ていたら、アフィリア自体もだいぶ進化したんだなと思いました。しかも、メンバーみんなかわいいじゃないですか。

――かわいさは、みなさんも一緒でしたよね。

メイリ   私たちの時代は、歌やダンスは下手ながら、それぞれの個性が爆発しているところに見ていて面白さを感じてもらっていたなと思います。純情のアフィリアの振り付けは、とてもお洒落ですけど。私たちの時代はめちゃめちゃコミカルな、ラッキイ池田さん節のエクササイズみたいな振りをしていました。3月31日のライブを観てもらえたら、アフィリア・サーガ・イーストやアフィリア・サーガと純情のアフィリアの色の違いをそこに感じてもらえると思います。

――アフィリア・サーガ・イースト時代って、本当に歌やダンスの未経験者ばかりからのスタート。今、振り返ると簡単な振りでも、あの当時は、それを必死に覚えてやっていましたよね。

メイリ   初期の曲たちの振りって簡単そうに見えるけど、意外と体力を使うんですよ。あの当時は、みんな必死に振りを身体に染み込ませていました。そうやって成長してゆく姿を、先輩(ファン)方は見てくれていました。あの頃のメンバーたちはみんな、歌もダンスも粗削りなところからスタート。その粗削りさが、どんどん磨かれてゆく、その成長してゆく姿を見続けていくのに、当時の先輩方は魅力を感じていたんだと思います。それに、当時のメンバーはみんな自己アピール意識の強い子たちばかりで、それぞれが自分をめっちゃアピールしていました。それくらい強い個性を持ったメンバーたちが集まっているところにも、「面白いグループだね」と注目して頂いていたんだと思います。

――デビュー曲の『ルミナスの泉』時と、5thシングルの『ニーハイ・エゴイスト』の頃を比べただけでも、2年弱の中、めちゃめちゃ成長していますもんね。

メイリ   めっちゃ成長しています。その土台を作ってくれたのが、初期メンバーたちですからね。

アリア   あっ、その土台を作った初期メンバーです(笑)

ロゼ   わたしも、結成メンバーです。

ミク   メイリが2期生で、うちら(ミルク&ミク)が3期生になります。

ロゼ   確かにメイリは2期生だけど、アフィリア・サーガ・イーストの結成から半年後くらいには加入しているから、ほとんど同期という感覚だけどね。

メイリ   確かに。『ルミナスの泉』を初披露するイベントのときに、わたしとユカフィンが2期生として入ったから、1期生と活動の差はそんなになかった感じがする。

ロゼ   3期生も、結成から1年内には加入しているから、1-3期生って、加入の時期に多少の差はあれ、ほとんど同期という感じだからね。

ミク  先輩方というよりも、気がついたら同期の仲間って関係になっていたもんね。

クルミ   3期生までは、立て続けにグループの中へメンバーを増やしていた時期だったから、そんな、差があるって感じはしてないです。

ミク   4期生以降からは、徐々に加入までの期間が空いていくからね。

 

3


本当に未経験の子たちばかりが集まり、ゼロから作りあげてゆく。その頑張っている姿を見せてゆくことも、活動の一環でした。


――1-3期生は、ほぼ同期という感覚なんですね。

アリア   本当に、そういう感覚です。

メイリ   一緒に活動していた時期も長かったからね。

ロゼ   最初から先輩後輩って感じでもなかったです。

メイリ   1期生と3期生は、それでも1年弱の差はあるけど。先輩後輩の関係というよりも、一緒に成長してきた仲間って感じでしたからね。

――言ってしまえば、1-3期生のメンバーたちが、今へと繋がる"アフィリア・グループ"の土台を築き上げたわけだ。

5人  はい。

ロゼ   今の子たちは、加入前から歌やダンスを経験している子たちも多いけど。私たちの頃は、みんな、歌もダンスもやったことのない子たちばかりだったからね。

アリア   そもそもアフィリアのメンバーって、「アフィリア・グループ」のカフェから選ばれたメンバーたちだから、最初からアイドルを目指していた子たちとはスタートが違うんですね。本当に未経験の子たちばかりが集まり、ゼロから作りあげてゆく。その頑張っている姿を見せてゆくことも、活動の一環でした。始めたばかりの頃は、笑顔で歌い踊っていたけど、笑顔で歌う踊ること自体が大変だったし、MCだって何を話して良いのかわからなくて試行錯誤の日々でした。

ロゼ   踊りの軸となるシンプルなステップの仕方さえわからなかったからね。

アリア   今見ると、すごく簡単に見える振り付けでさえ、当時は本当に苦労して身につけていました。しかも、作品を重ねるごとに歌もダンスもレベルアップ。そこへ必死にくらいつきながら成長してきた形でしたからね。

ロゼ    今の子たちって、学校の授業の必修にダンスがあるっていうじゃないですか。私たちが小中学生の頃はなかったからね。

クルミ   えっ、今はダンスが必修なの?

ロゼ   必修って聞いてる。だから、今のアイドルの子たちは、最初から基礎が出来ているから伸びるのも早いんだって。

ミク   わたしの時代は必修じゃなかったけど、選択であったよ。

――ふたたびOGたちが集まり、一夜限りのアフィリア・サーガ・イーストやアフィリア・サーガのライブを見せてくれます。改めてアフィリアについての印象や、15周年公演へ向けての思いを一人一人語っていただけますか?

メイリ  わたし、周年ライブを経験するのは…。
2回目へ続く)

 

1


TEXT:長澤智典

アフィリア15周年記念 ワンマンライブ
【日程】2023年3月31日(金)
【会場】LINE CUBE SHIBUYA
【時間】17:45開場/18:30開演
【出演】
純情のアフィリア、
アフィリア・サーガ・イースト、
アフィリア・サーガ

OGメンバー:
ミュー・シャ・ノワール
ロゼ・ガーデンフェアリー
ミィナ・M・フラーチェ
カレン・クラシュカ
メイリ・マロンフィール
クルミ・ラーラ・ミルク
アリア・M・ミルヴァーナ
ルイズ・スフォルツア
アリス・ローゼン
ミュナ・シュリータ
ラブ・ベリー・ジャンヌ
ナナ・ドロップ・ビジュー
モエ・ミーレイ
ユカフィン・ドール
ミク・ドール・シャルロット
青海マホ
優希クロエ

【チケット】
[座席指定]
SSエリア(ランダムチェキ+純情サイン入りTシャツ付+ステッカー): 12,000円

[エリア指定]
Sエリア(ステッカー):7,000円
1F後方中央席:4,800円
1F後方サイド席:3,500円
2F席中央席:3,000円

※SS純情サイン入りTシャツ付は販売用のTシャツに推しメンサインが付いております
※SSランダムチェキはOGメンバーも含まれます!

【券売情報】
https://standup.zaiko.io/item/354859


ライブ前夜祭として、10夜連続過去ライブ作品配信イベントを開催!!今までBlu-ray作品でしか見ることのできなかったライブ映像を、純情公式YouTubeで10夜連続プレミアム配信!毎日アフィリアのライブを視聴してアフィリアの歴史を振り返ろう。当日はメンバーもリアルタイムで同時視聴参加予定。誰が参加するかはお楽しみに!ハッシュタグは #アフィリア15周年


配信イベント詳細はこちら】http://stand-up-project.jp/news/30935

4.<配信日:2023年3月21日(火)21:00〜>
アフィリア・サーガ 5thワンマンライブ~恋の百年戦争~2013年5月6日(月祝)日本青年館
https://youtu.be/ACkQM_Qm6Lo

5.<配信日:2023年3月22日(水)21:00〜>
アフィリア・サーガ・イースト「聖ナル2ndワンマンLive2011」2011年12月23日(金)ZeppTokyo
https://youtu.be/E5VO1txEURw

6.<配信日:2023年3月23日(木)21:00〜>
アフィリア・サーガ ワンマンライブ「夢幻時空の魔法術」2015年7月18日(土)TSUTAYA O-EAST
https://youtu.be/mcY2ZGZqxuI

.<配信日:2023年3月24日(金)21:00〜>
純情のアフィリア ワンマンライブ 「君と9人のエトランジェ プロローグ」2020年7月25日(土)恵比寿ガーデンホール
https://youtu.be/5zP0ELP5K9Q

8.<配信日:2023年3月25日(土)21:00〜> 
アフィリア・サーガ 5周年記念ワンマンライブ 「ヴィーナスと蒼き七つの海」2014年5月17日(土)Tokyo Dome City Hall
https://youtu.be/c2BoT4lFvdA

9.<配信日:2023年3月26日(日)21:00〜>
純情のアフィリア ワンマンツアー2020「RE:QUEST-君と魔法のエトランジェ-TOUR FINAL」2020年12月26日(土)大手町三井ホール
https://youtu.be/z8Zs2RLWU7A

10.<配信日:2023年3月27日(月)21:00〜>
純情のアフィリア 10周年ワンマンツアー 「奇跡と魔法のクロニクル」2019年4月27日(土)恵比寿LIQUIDROOM
https://youtu.be/uj4VsfUO0M0

 

【純情のアフィリア 公式HP、各SNSはこちら】https://lit.link/afillia/
【Stand-Up! Records 公式サイト】http://stand-up-project.jp
 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2023.10.02
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2023.10.02
ガルポ!ズ LIVE レポ