FEATURE

2022.07.11
ばってん少女隊

【ばってん少女隊 インタビュー】 青春感と九州愛に溢れた新曲『虹ノ湊』をリリース!今年の夏は「青春したい!」

九州を拠点に活動中の6人組アイドルグループ「ばってん少女隊」(通称:ばっしょー)。2020年10月に発売されたアルバムの収録曲『Oisa』がロングヒットを記録し、今年3月に配信されたシングル『YOIMIYA』も大好評!最近はテレビの音楽番組にも出演するなど、結成8年目を迎えて全国的な知名度も急上昇中の彼女たちが、6月29日に配信シングル『虹ノ湊』(読み:コウノミナト)をリリースした。
今回は6月26日、大阪・もりのみやキューズモールBASEでのリリースイベント(2部制)の合間に、希山愛・上田理子・春乃きいな・瀬田さくら・蒼井りるあ・柳美舞のメンバー全員にインタビューを敢行!今年の夏の抱負や、『虹ノ湊』の聴きどころ、ライブ&MVの見どころなどに加えて、オリジナルメンバーの4人に昨春加入した新メンバーの蒼井りるあと柳美舞の魅力も聞いてみました。


蒼井りるあ&柳美舞のここがすごい!


――大阪でのリリースイベントの第1部が終わったばかりですが、いかがでしたか?
 

上田「福岡県外でのリリースイベントは3年ぶりで、たまたま通りがかって、立ち止まって観てくれていた方々もいて、嬉しかったです」

春乃「野外のステージだと開放感もあって、ファンの皆さんも一緒に踊ってくださっている姿がよく見えて、楽しかったです」

上田「晴れてよかったんですけど、6月でこんなに暑いのかと思いました(笑)」
 

上田
▲上田理子

 

スナップ
▲春乃きいな


――メンバーの皆さんも汗だくでしたよね。蒼井りるあちゃんと、柳美舞(みゆ)ちゃんは昨年4月に、ばってん少女隊に“入隊”して1年以上経ちましたが、ここまでの活動を振り返って、いかがですか?


蒼井「あっという間で、濃い1年でした。やっぱり最初はすごく緊張して、ついていくことで精一杯だったんですけど、最近はファンの皆さんと一緒に楽しめているなと感じることが増えてきたと思います」

「いろんなお仕事を経験させていただいて、本当に楽しいですし、ファンの皆さんから応援の言葉をかけてもらえることがすごく嬉しくて、日々の生活の支えになっています」
 

スナップ
▲蒼井りるあ

 

アー写▲柳美舞


――りるあちゃんは今春、高校1年生になりましたが、JK生活はいかがですか?

蒼井「高校生になったなって思うことがたくさんあります。教室の移動の距離が遠くなったこととか、<それな!>とか、<マジ!?>とか、みんなの会話がJKだなぁって思います。私もまわりにつられて、<それな!>とか言っちゃいます」(→一同爆笑)

――JKに染まってきたんですね(笑)。中学3年生の美舞ちゃんの趣味は「猫グッズ収集」だそうですが、どんなグッズを持っているんですか?

「自分の物を全部猫ちゃんにしたくて、スマホケースとか、傘とか、パジャマとか、日常で使う物を猫ちゃんにしています」

――オリメンの皆さんから見た、蒼井りるあちゃんと柳美舞ちゃんの魅力を教えて下さい。

希山「2人がすごく若くてフレッシュなので、自分たちも若く、明るくなった気がします。りるあちゃんとはMCの時の立ち位置が隣なんですけど、ライブ中も目が合った時に、ニコッと笑ってくれたりして、かわいいなぁと思うことがたくさんあります。美舞ちゃんは最年少(15歳)なんですけど、すごくしっかりしていて、お姉さんメンバーにツッコミを入れてくれたりもします。でも、ふとした時に見せる姿が中学生らしくて、かわいいです」

上田「りるあちゃんは見ていて元気になるダンスをするので、どこからそのハッピーオーラが出ているんだろう?って、いつもビックリしています。美舞ちゃんは言動が大人っぽいなと感じる時が多くて、ステージでのパフォーマンスも堂々としています」

春乃「2人とも最初からアイドルとしてのポテンシャルが高くて、歌もダンスも自分らしさを持っていて、すごいなぁと思います。りるあちゃんは表情がかわいいし、ダンスを見ていてワクワクします。美舞ちゃんは物おじせずに、いつも堂々としていて、かっこいいなと思います」

瀬田「りるあちゃんはライブ中もレッスン中も、いつもニコニコしていて、私も元気をもらっています。美舞ちゃんは世界観があるというか、見せ方が上手だなと思います。特にバラードを歌っている時の表情とか、指先まですごく綺麗な動きをするので、ライブで観てほしいなと思います」

 

スナップ▲希山愛

 

スナップ▲瀬田さくら


おしゃれでかっこいい夏曲『虹ノ湊』のMVや振付の見どころも紹介!


――新曲『虹ノ湊』についてお聞きしたいと思います。そもそもタイトルの『虹ノ湊』とは何ですか?

上田「私たちが観光大使を務めさせていただいている福岡県の宗像市に、神湊(コウノミナト)という地名がありまして、神湊という港もあります。漢字を変えているんですけど、その地名がタイトルの由来です。楽曲提供してくださったRin音さんも宗像市出身ということで、聴く人が聴けばわかる場所みたいな感じも含めてのタイトルになっています」

――そういうことなんですね。では、『虹ノ湊』の聴きどころを教えて下さい。

上田「Rin音さんが楽曲提供ということで、おしゃれなラップで、かっこいい曲なんですけど、かわいらしさとか、せつなさも含まれています。サビのキャッチーさも最高なので、この曲を初めて聴いた時に、早くフェスで披露したいなと思いました。レコーディングの時、ラップに挑戦するのは初めてだったので、表現が難しかったんですけど、九州の方ならわかるワードが歌詞に含まれていて、九州愛が溢れています」

蒼井「すごくかっこよくて、夏感が満載の曲です。レコーディングでは、おしゃれな感じになるように歌いましたし、ラップの滑舌も頑張りました」

――『虹ノ湊』のライブでの見どころは?

「サビの部分は、みんなで手を横に振る振付で、初めて見た方でもマネしやすいと思うので、一緒に楽しんでほしいなと思います。曲の最後にメンバーが真ん中に集まってピースをするので、皆さんもピースしてくれたら嬉しいです」

希山「福岡出身のcocoroyenさんに振付していただいたんですけど、歌詞に合わせた、お化けのような振付とか、自転車を漕いでいるような振付があるので、そこにも注目してほしいなと思います」

――『虹ノ湊』のMVの見どころは?

春乃「タイトルにもなっている神湊と、鹿児島県の奄美大島で撮影しました。海と空が映っているシーンが多くて、全体を通して爽やかなMVになっています」

瀬田「この曲のMVは、【360 Reality Audio】という新しい技術を使っています。ヘッドホンをして聴いていただくと、波の音とか、いろいろな音が立体的に聞こえてきます。メンバーが耳元で歌っているような感じもすると思うので、私たちと一緒に海に遊びに来たような気分になっていただけたらと思います。衣装も含めて、青春感があるMVです」

――清涼感のある衣装ですよね。衣装のお気に入りポイントは?

瀬田「制服をモチーフにした衣装は初期の頃にしか着たことがなかったので、久しぶりに着れて嬉しいです。女子校の制服のような清楚な感じで、リボンが付いていたりするところも好きです。袖の部分が体操服っぽい素材で、懐かしいなと思いました」


メンバー&ファンの皆さんと楽しい夏の思い出を作りたい!


――『Oisa』や『YOIMIYA』がヒットしたことで、ばってん少女隊のことを初めて知ったという方も多いと思います。

上田「コロナ禍で『Oisa』を知って、<『Oisa』を聴くためにライブに来ました!>という声もたくさん聞きました。最近私たちのことを知った方とは、今までオンラインでしかお話しする機会がなかったんですけど、最近やっと今日のようなリリイベとか、ライブの特典会とかで直接会えるようになって、すごく嬉しいです」

――他のアイドルさんとは一線を画す、唯一無二の世界観がいいですね。

上田「<初めてアイドル現場に来ました!>という方もたくさんいらっしゃいます。それはやっぱり『Oisa』とか『YOIMIYA』の歌の力だと思います」

――8月7日に長崎県で開催される「稲佐山平和祈念音楽祭2022」に出演が決定しています。特に長崎県出身の春乃きいなさんは、思い入れが強いと思います。

春乃「長崎出身の私としては、稲佐山のステージにはいつか立ってみたいと思っていたので、すごく嬉しいです。豪華なアーティストの方々と一緒にそのステージに立てることが楽しみですし、私たちのライブを初めて観る方にも楽しんでいただけるように頑張りたいと思います。長崎の被爆地ならではの思いも詰まっています。長崎の小学校とか中学校では、そういう学習をしたり、実際に体験された方の話を聞く機会も多いので、平和への思いも伝えていきたいと思っています」

――最後に、今年の夏の抱負を聞かせて下さい。仕事でもプライベートでもOKです。

「今年の夏は、たくさんのフェスに出演させていただく予定なんですけど、私たちのことを知らない方にも、魅力を伝えられるように頑張りたいと思います!」

蒼井「夏フェスでは、たくさんの方と一緒に盛り上がりたいです。私は暑さが苦手なので、暑さ対策を頑張ります!」(→一同爆笑)

瀬田「今年の夏はフェスもイベントもたくさんあるので、ファンの皆さんと一緒に楽しい夏の思い出を共有していきたいと思います!」

春乃「MV撮影の時に、奄美大島のコンビニで花火を見つけてから、ずっと花火がしたいと思っているので、メンバー6人で花火をしたいです!」

上田「奄美大島でメンバーと一緒に膝まで海に入って、水をかけあったりしたことが楽しかったので、そういう楽しい思い出をたくさん作りたいです!」

希山「青春したいです(笑)。『虹ノ湊』の私と理子のパートで、<青春の1ページ的なもん>という歌詞があるんですけど、全国でたくさんの方と青春したいです!」

――愛ちゃんといえば、お芋が大好きですが、夏におすすめの芋グルメは?

希山「大阪(茨木市)に『らんらん』という、お芋のかき氷のお店があるんですけど、今年の夏こそ行きたいです!」


スナップ


【取材・文・写真=ポッター平井】
 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.12.10
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2022.12.10
ガルポ!ズ LIVE レポ