FEATURE

2022.06.22
SEiRëëN

ソロアイドルの人たちって「わたしのほうが絶対に盛り上げられる」という気持ちで舞台に立つことが多いと思います。 SEiRëëNインタビュー1

  上月せれな・小泉花恋と言えば、互いにソロとして活動しているアイドル。このたび2人が手を組み、ソロ活動と平行し、SEiRëëNとしてもユニット活動をスタートした。
  SEiRëëNは、6月28日に1stシングル『Poppin' Fantasy』を3-TYPEリリース。2人の魅力に3回に渡り、せまった!!


互いにふたたび連絡を取り合う面でも良いタイミングだったのかなと思います。


――二人とも、以前から…。

上月せれな  よく知っている関係です。お互い、ソロアイドルとして活動しているときに知り合って。出会った頃からもう…。

小泉花恋  仲良かったよね。最初に会ったのは何年前??

上月せれな  えっ、何年前になるのかな??

小泉花恋  たぶん、6年くらい前じゃないかな??

上月せれな  そうか!!もうそれくらい前からの知り合いです (笑)。一度、れんれん(小泉花恋)がソロ活動を休止してグループ活動を始めた時期がありました。そのときのソロ活動休止ライブにゲストで呼ばれたよね。それから少し間が空いて、ふたたびれんれんがソロ活動を始めた頃に、また連絡を取り合い始めたんだけど。LINEを読み返したら、ふたたびやりとりを始める前の最後のやりとりが2019年だったよ。

小泉花恋  えーっ、そんなに空いてたの?!わたし、2022年にソロ活動を再開させてだったから、2年以上は連絡止まってたんだ。

――ちょうどコロナ禍という時期も重なっていたとはいえ、ここ2年間は…。

上月せれな  とくに連絡を取り合うこと…。

小泉花恋  なかったんだね。でも、ソロ活動を再開し、それで連絡を取り出したら、今回のユニットの話も出たように、互いにふたたび連絡を取り合う面でも良いタイミングだったのかなと思います。


お互いまだ中学生どうしで始めていたら、こんなに上手くはいってなかったと思う。


――花恋さんは、ソロ/グループと両方を経験してきた方。その違いをどう感じています??

小泉花恋  わたし、最初にグループ活動を1年間やって、その後、ソロになって5年間活動。その後に、ふたたびグループ活動を1年半やり、そのうえで今に至っています。
  わたしはアイドルが大好きで、自分もアイドルになりたくて始めています。わたしがアイドルの存在を知った頃も、今もそうですが、グループアイドルが主流。わたしも最初はグループアイドルに憧れてこの世界に入りました。もちろん、夢に向かって一緒に頑張る仲間がいるってすごく楽しいです。だけど、ソロ活動も、自分のやりたいことをとことんまで突き詰められるからすごく楽しいんですね。わたしに関しては、ソロも、グループ活動も、どっちも大好きです。それに、どっちも良い面も課題があるのもわかっているからこそ、それを互いの活動で補いあえるのも楽しいんです。

――まさに、ソロ/グループ活動のいいところ取りをしてきたわけだ(笑)。

小泉花恋  あっ、そうですね(笑)。ソロ活動は一人で物事を突き詰められるから、そこが楽しいんですけど。一人で活動をしていると、正直寂しいです。いつもお話をする相手が、マネージャーさんか現場にいるスタッフさんくらい。今、ちょうどSEiRëëNのリリース期間だから、ほぼ毎日せれちゅ(上月せれな)と一緒にいますけど。友達のような信頼できる仲間がすぐそばにいるし、一緒に力を合わせて頑張れるユニット活動はすっごく楽しいです。

――せれなさんは、ずっとソロ活動を続けていますよね。

上月せれな  8年間ソロ活動を続けながら、今年で9年目に入りました。わたしも、スタートはグループ活動でした。

小泉花恋  ソロになったのって、まだ中学生だったよね。

上月せれな  中学3年生のとき。その前にやっていたグループ活動が、けっこう大人数のユニットだったから、久しぶりのユニット活動と言っても、当時と、2人体制のSEiRëëNとでは、同じユニットでも感覚はぜんぜん違います。それ以前に、当時は中学生だったから、考え方も、今とはぜんぜん違いますからね。

――2人体制だと、お互いの意思疎通も早いし、何事もスムーズに進めやすいんじゃない??

小泉花恋  そこなんです。お互い相応に経験を積んでいるからこそ、話を振っても理解が早いし、進めやすいです。きっと、お互い中学生どうしで始めていたら、こんなに上手くはいってなかったと思う。こんなに何事もスムーズに進むのは、お互いにいろんな経験を積んできたからこそなのでは…。

上月せれな  間違いないです。お互いにいろんなメリットやデメリットもわかっているからこそ、互いの想いや考えも理解しやすいし…。

小泉花恋  お互いに、同じ景色を見ていきやすいもんね。


「負けたくない」というか、グループアイプルには「負けない」と思ってる。


――お互いソロで活動しながら、互いの存在をどう意識していました?

小泉花恋  意識??なんか意識してた??

上月せれな  あー、どうだろう。お互い表現しているジャンルやスタイルがぜんぜん違っていたから、とくに意識するとかはなかったと思う。

小泉花恋 そうだよね。わたしなんか、「上野」「パンダ」みたいなイメージのアイドルだけど(笑)。せれちゅはね。 

上月せれな  わたしは「アニソン」「パフォーマンス」みたいな感じだから、お互い表現しているスタイルはぜんぜん違います。だけど、楽屋で会ったときは、いつも「わーっ!!」「一緒に写真撮ろう!!」となってたね。

小泉花恋  わたしたちに限らず、ソロアイドル界隈では「あの子が売れたからどうこう」というのはなかったし、今もないと思います。ソロで活動している人たちみんな自分のスタイルをしっかり持ったうえで活動しているから、他の人のことを変に意識することはないんだと思う。

上月せれな  ほんと、その通りだよね。それよりも、一緒に頑張ろうって意識のほうが強いと思う。

――グループアイドルたちに負けないぞという気持ちが??

小泉花恋  あります!! 

――イベントでグループアイドルが中心の中に、ポンとソロアイドルとして組み込まれてやるライブも多いと思いますが、いつもどんな心境なのでしょうか。

小泉花恋   大人数と一人という立場だけに、正直「寂しい」と思うときはあります。だからこそ、「負けたくない」気持ちもすごく強いです。とくに大人数のアイドルさんの後に出番が来たときは、人数で見せるパフォーマンスとは異なる「ソロだからこそ魅せられるパフォーマンスがあるんだよ」というのを強く示したくなれば、「絶対に負けたくない!!」と気合を込めてステージに立っています。

上月せれな  「負けたくない」というか、「負けてない」と思ってる。そういう気持ちで向かっていかないと精神面で負けちゃいそうになるので。わたしもそうだし、ソロアイドルの人たちって「わたしのほうが絶対に盛り上げられる」という気持ちで舞台に立つことが多いと思います。

――でも、楽屋では大人数のアイドルさんたちと一緒になると、なかなか居場所面で寂しさを覚えることはないですか??

小泉花恋  確かに、大人数の部屋の中、それぞれのグループごとに楽しくキャーキャーお話をしている中、一人だけソロアイドルとして入っていると、ポツーンとなることもありますけど…。

上月せれな  でも、大体楽屋は出演者ごとに区切られたり、長いイベントでは交替制になっているから、そこまで寂しいってことはないです。ただ、まわりから楽しそうな声が漏れ聞こえてくるとね…。

小泉花恋  一人だと、楽屋が静かだから…。そのぶん、ライブへ向かうときの闘志はすっごい沸きます!!


「昨日、冷蔵庫を開けたときに顔をバーンと扉さにぶつけていたかった」とか(笑)。もう、どーでもいいことに聞こえますよね。でも、ソロ活動をしているときは…。


――SEiRëëNとして活動を始めたのは、まだ最近のことですよね。

上月せれな  今年2月に「一緒に活動しようか」というお話が生まれ、2月末には、そのお話が現実になって。そこから急いで準備を始め、3月26日にSEiRëëNとしてデビューしたように、けっこうバタバタと始まりました。

小泉花恋  それ以降は、お互いのソロ活動と平行しSEiRëëNとしての活動も増えれば、リリイベなどのリリース期間が始まってからは毎週のようにSEiRëëNとしても動いてます。

――一緒に活動をしていると、心の持ちようも違ってきます?

小泉花恋  2人でいると、安心感はぜんぜん違います。

上月せれな  楽屋にいるときはずっとお話してるもんね。

小泉花恋  楽屋は一緒でも、SEiRëëNだけじゃなく、互いにソロとしてもイベントに出ているときは、片方がライブになったら、楽屋にポツーンと一人になるじゃないですか。そうなったとたん、「……寂しい」ってなっちゃいます。

上月せれな  そうなるのをわかっているからこそ、2人でいるときはずーっとおしゃべりしちゃうんだろうね。

小泉花恋  黙っている時間が無い(笑) 

――お互い、何をしゃべってるの??

上月せれな  えっ??何しゃべってる????

小泉花恋  「昨日、あんまり寝れなくて、突然、夜中に起きちゃった」とか?

上月せれな  そんな感じだよね。

小泉花恋  ソロアイドルとして活動をしていると、本当に人としゃべる機会や、しゃべる相手っていなくなるんです。学生時代のお友達もみんな働いていれば、週末が休みで、そもそも活動時間的に合わないから一緒に遊べない(笑)。マネージャーさんや現場のスタッフさんとお話をすると言っても、ズーッとしゃべっているわけでもない。だから、本当に心の救いになっているのが、ファンの人たちとの会話なんです。

上月せれな ファンの人たちとお話するときこそ、それまでおしゃべりできなかった寂しさや鬱憤を全部吐き出せるから、すっごくパワーになるひとときです。逆にいうと、ファンの人たちとしか日常のあれこれをお話する機会がないからこそ、SEiRëëNとして一緒にいるときはお互いに話し相手がいれば、何でもないことをしゃべるのが楽しくて、わーっと話が止まらなくなるんだと思います。


(2回目に続く)

TEXT:長澤智典
  

<インフォメーション>


■ SEiRëëN 1stシングル「Poppin' Fantasy」 
発売日:2022年6月28日(火)  
形態数:3形態  
価格:¥1,200(税込)  
品番:QARF-60105~7  

各TYPE収録項目: 

JKT
タイプA(上月せれな ver)
Tr.1 BAKU!WAKU!エボリューションズ  
Tr.2 Poppin' Fantasy  
Tr.3 New Stage  
Tr.4 Restart love  
Tr.5.BAKU!WAKU!エボリューションズ(アニメED ver.)  Tr.6.BAKU!WAKU!エボリューションズ(inst) 


JKT
タイプB(小泉花恋 ver)
Tr.1 Restart love  
Tr.2 Poppin' Fantasy  
Tr.3 New Stage  
Tr.4 BAKU!WAKU!エボリューションズ  
Tr.5 Restart love (inst) 


JKT
タイプC(SEiRëëN ver)
Tr.1 Poppin' Fantasy  
Tr.2 New Stage  
Tr.3 BAKU!WAKU!エボリューションズ  
Tr.4 Restart love  
Tr.5 Poppin' Fantasy(inst)  Tr.6 New Stage(inst)  


■ライブイベント  

6/25(土)  
小泉花恋 再始動半年記念ワンマンライブ『Colorful party』  

会場:渋谷CLUB CAMELOT  
時間:16:00開場/16:15開演  
https://t.livepocket.jp/e/t21g0 
 
7/2(土)・7/3(日)  
超NATSUZOME 2022  

会場:幕張海浜公園Gブロック特設会場  
https://www.natsuzome.info/

7/3(日)  
上月せれな 23歳の生誕ワンマンライブ『GRATEFUL -BIRTH and VISION-』

会場:渋谷SOUND MUSEUM VISION  
時間:15:20開場/16:00開演  
料金:入場無料!(1ドリンク代別)※VIPチケット販売あり  
https://t.livepocket.jp/e/serechu20220703


SNS

SEiRëëN
https://twitter.com/SEiReeN_info

上月せれな
https://twitter.com/Serena_Kozuki
https://serechu.com/

小泉花恋
https://twitter.com/karen_koizumi
https://karen.amebaownd.com/

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.07.05
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2022.07.04
ガルポ!ズ INTERVIEW