FEATURE

2021.10.09
ピュアリーモンスター

11月3日の卒業ライブで歌ったら、いろんな想い出が走馬灯のように甦ってきそうだから、きっと泣いてそうとも想像しちゃいます。 ピュアリーモンスター インタビュー 前編

 10月12日(火)に5thシングル「Wake up to a Brand new day」を発売するピュアリーモンスター。この作品は、初期メンバーの石飛恵里花と柳木みりにとって最後の作品。2人は、11月3日に品川インターシティホールで行うワンマン公演を持って卒業する。
  今回、石飛恵里花・柳木みり・今野優月・安藤鈴菜・立川怜奈・勝野里奈の6人が新作について語ってくれた。インタビューは、2回に分けて掲載。前編では、「Wake up to a Brand new day」についての話を中心にお届けしよう。
 

初めて「Wake up to a Brand new day」を聴いたときの印象は…。


――まずは、最新シングルの表題曲「Wake up to a Brand new day」を聴いての印象から聞かせてください。

柳木みり  「Wake up to a Brand new day」はゲーム「りっく☆じあ~す」のイメージソングにもなっています。この曲を初めて聴いたときに感じたのが、倒れても前に進んでいくぞという歌詞の内容のように、とても元気をもらえる楽曲という印象でした。MVには、私たちメンバーがゲームの世界へ飛び込んだような映像も入っています。その映像も含めて、ぜひ楽しんでください。

今野優月  わたしも「Wake up to a Brand new day」を聴いたときに、明るくて前向きになれる曲だと思いました。この歌、「もっともっと頑張らなきゃ」という環境にいるとき背中を押してくれる歌になったなと思います。今はリリースイベント期間中というのもあって、みなさんの前でも積極的に歌っているのですが、この曲を歌うとみんなが振りを真似しながら一緒に楽しんでくれるのも、歌っていて嬉しい光景です。

安藤鈴菜  今もまだ世の中には少~し暗いムードが漂っていることもあると思うんです。そういう時期だからこそ、「Wake up to a Brand new day」を通してみんなに元気を届けられたらなとわたしは思いました。実際にファンの方々からも「明るい歌だから元気をもらえました」という声を多くいただいているように、この歌は、聴いた人たちの気持ちをアゲていくと思います。個人的には、ゲームの始まりのようなスタート感がお気に入りです。

石飛恵里花  「Wake up to a Brand new day」は、ピュアリーモンスターらしい明るい楽曲。わたしも、この歌を聴くと背中を押してもらえた気分になれます。わたし自身は、朝、出かける準備をしているときにこの歌を聴くとはかどりますし、テンション上がった明るい気持ちで出かけられます。この曲はゲーム「りっく☆じあ~す」のイメージソングのように、ゲームの中で聴くとCD音源やリリイベなどのライブで聴くのとはちょっと印象も変わるように、ゲームを通しても聴いて楽しんでいただけたらなと思っています。

勝野里奈  わたしも「Wake up to a Brand new day」を初めて聴いたとき、元気で、明るくて、背中を押してくれる楽曲という印象でした。曲の途中で転調してゆくところが、わたしは面白いなと思って聴いています。

立川怜奈 わたしや里奈ちゃんにとっては、ピュアリーモンスターとして初のシングル曲。途中、「Wake up to a Brand new day」の言葉に合わせクラップしてゆく場面が出てきます。そこはぜひ、ライブやリリイベを通してみなさんと一緒に盛り上がっていけたらなと思っています。


いつもメンバー一丸となって目の前の課題を乗り越え続けてきたし、その姿勢はこれからも変わらないと思います。


――「Wake up to a Brand new day」の歌詞の一節に、「夢は道標」と記してあります。ピュアリーモンスターも、つねに道標となる夢に向かって進んでいます?

石飛恵里花  道標を意識した活動は、あまりして来なかったかも知れない…。

柳木みり  そうだね。それよりも、毎回、目の前の課題に向かっていろいろ模索しながら進んできたって印象のほうが大きいかも。

今野優月  石飛・柳木・今野は、初期メンバーとしてここまで4年半くらいの日々を過ごしてきました。大きい夢や目標を掲げ、それをつかむために向かっていく…よりは、目の前にある課題をしっかり乗り越え、そこで一つ一つ自分たちの成長になる手応えをつかみながら進んできたように、いつも、そのときの課題を乗り越えるため模索しては進んできた感覚のほうが強いです。
 

――遥か先のことよりも、まずは目の前だ。

今野優月  実際、目の前の目標を達成できないのに、何年後かの未来だけを見ていても達成は難しいですから。だからこそ、いつもメンバー一丸となって目の前の課題を乗り越え続けてきたし、その姿勢はこれからも変わらないと思います。

石飛恵里花  ピュアリーモンスターの場合、活動初期から乗り越えなきゃいけない課題がいろいろ押し寄せてたからね。もちろん、当初から「おっきいステージに立ちたい」など先に向けた大きな目標はありましたけど。そこへ近づくためには、大小問わず目の前の課題をチーム一丸で乗り越え続けなきゃ到達できない。その現実を、活動をしていく中で実感し続けてきた面は大きかったです。だから遠い目標よりも、メンバーみんな「目の前を」という意識でいたし、今もその気持ちでいるんだと思います。
  これはわたしもそうだし、みんなもそうだと思いますけど。ピュアリーモンスターで経験したことは、個々に活動している他の現場でもいろいろ活かせる力になっています。それを実感するたびに、ピュアリーモンスターとして活動をしていることは良い経験にも繋がっているなと感じてきました。

安藤鈴菜  わたしは2019年12月に途中から加入参加したメンバーです。わたしを含め、メンバー個々に大きな目標はありますが途中から加入。ですが大きい目標を達成したいのなら、まずは目の前にあることへ一生懸命に向きあい、それを自分たちの力にして進んでいくべきだし、それが大事だというのはわたしも感じています。結局は、その積み重ねが未来の大きな目標に近づくことになりますからね。
 

――鈴菜さんがピュアリーモンスターのメンバーになった時期って、世の中がコロナ禍へ陥る少し前の時期だ。

安藤鈴菜  そうです。入って間もなくコロナ禍によって「どうしたらいいの?」という状態に陥ってしまいました。あのときはわたしに限らずメンバーやスタッフさんたちも、世の中自体が「どうしたらいいの?」という状況だったように、とにかく「今をどう乗り越えようか」ということで、みんなで初めて経験する課題を必死に乗り越えていってたのを思い返します。正直、あのときはメンバーみんないっぱいいっぱいでした。でも、それをみんなで乗り越えたことも、このグループの絆をより強くした経験になったなとも感じています。
 

――立川さんと勝野さんは今年加入になります。

立川怜奈  私たちにとっては、オンラインを通してファンの方々とコミュニケーションを取るのが当たり前の環境から始まっています。今、リリイベ中ですが、私たちにとってはまだお客さんが目の前にいる環境のほうが珍しいと思えるくらい。もちろん、お客さんたちの声が出ているライブ環境もまだ体験できてない状態です。

勝野里奈  ほんと、なにもかも初めての経験ばかりのように、今は、それを着実に身につけながら成長しようという感じです。

立川怜奈  そうだね。新メンバーと言いつつ、もう半年以上経っているように、その肩書にはもう甘えていられないから、しっかりグループを背負ってかなきゃと思っています。


2人の卒業シングル作品でも、一緒に歌ったり振りをできる場面を作れていることが、わたしはすごく嬉しいです。


――C/Wに収録した「Good Luck Charm」は、卒業する石飛さんや柳木さんへ向けた卒業ソングのようにも聞こえました。

柳木みり 「Good Luck Charm」の落ちサビの歌詞に「ありがとう 想い出が 溢れて止まらない」と記してあります。この曲を手にしたときは、すでに私たち2人の卒業は発表済の時期。なのでわたしは、勝手に卒業ソングとして受け止めていました(笑)。この曲を11月3日の卒業ライブで歌ったら、いろんな想い出が走馬灯のように甦ってきそうだから、きっと泣いているんじゃないかなとも想像しちゃいます。
 

――すでに、卒業公演の姿も…。

柳木みり  ちょうど卒業公演の内容を煮詰めている時期という理由もあって、いろんなことを思い返すことが増えています。寝る前にも、ピュアリーモンスターとして歩んできたいろんなことを思い出してしまうことが今は多いです。

石飛恵里花  わたしも、そう。「Good Luck Charm」を歌うたびに、歌詞の一つ一つからいろんな想い出があふれだせば、リリイベ中にファンの人たちの表情を見ていても、いろんなことを思い返してしまいます。曲中最後の振りが終わると、ちょうど初期メンバー3人が並ぶんですね。その姿になるたび、個人的にエモい気持ちにもなります。
わたしも、卒業ライブで「Good Luck Charm」を歌うと絶対に泣いちゃうなぁ。きっと、お客さんもジンワリと涙が出てくるんじゃないかとも想像します。

柳木みり  この日は、絶対に泣くよね。すでに、みんなにもそう言っちゃってるし。

今野優月  わたし、C/Wに収録した「Good Luck Charm」「Juvenile」ともに柳木と一緒に歌うパートがあるんですね。2人の卒業作品の中、こうやって初期メンバーと一緒に歌えて良かったなと思っています。他にも、「Wake up to a Brand new day」の落ちサビを石飛・柳木・今野・吉咲の4人で歌っています。ここでも、一緒に歌えたことにわたしは嬉しさを覚えました。「Wake up to a Brand new day」の振り付けでも石飛と一緒に手を合わせてゆく場面もあるように、2人の卒業作品でも一緒に歌ったり振りをできる場面を作れたことが、わたしはすごく嬉しいです。
 

――今野さんは、2人が卒業後唯一の初期メンバーになります。これからは、ご自身がピュアリーモンスターを先頭に立って引っ張ってゆく立場になるわけですよね。

今野優月 石飛・柳木の卒業後、確かに初期メンバーはわたしだけになりますが、もともとピュアリーモンスターにはリーダーという存在を立てず、みんなで何事も決め、みんなで進めてきたように、正直「わたしが前に出て進めなきゃ」という意識ではいないです。それに、後から入ってきたメンバーたちのほうが、わたし以上にしっかりしている個性豊かな子たちばかり。だから今も「みんなで頑張っていきましょう」という気持ちでいるように、とくに「わたしが!!」という気負いは持ってないです。むしろ、わたしはみんなに任せて生きていこうと思ってます(笑)。
 

――立川さんや勝野さんは、どんな気持ちですか?

立川怜奈  もちろん、これまでのピュアリーモンスターがあってのことですけど。お2人が卒業して以降は新たなピュアリーモンスターの体制にもなるように、これまでの良さを活かしたうえで、新たな編成でのピュアリーモンスターの魅力を引き出してかなきゃいけないなという意識でいます。

勝野里奈  完全に新しく生まれ変わるのではなく、これまでのピュアリーモンスターが持っていた素敵な部分をしっかり活かしながら、そのうえで、新たな編成のピュアリーモンスターにしか出せない魅力を作っていけたらなと思っています。
 

――今野さん、「Good Luck Charm」を聴いたときどんな印象でした?

今野優月  「Good Luck Charm」は、今までのピュアリーモンスターにはなかった王道のバラードソングのように、ピュアリーモンスターの新しい魅力を見せていける楽曲になりました。ピュアリーモンスターは盛り上がり系が多いからこそ、この手のジンワリと心で聴いてもらえる楽曲があると、また新たなピュアリーモンスターの魅力をみなさんにも感じていただける機会になるのではと思っています。
  「Good Luck Charm」は、わたしもそう。聴いてくださる方々も、自分のこれまでや、ピュアリーモンスターと一緒に歩んだ想い出を振り返りながら聴いてもらえたら、より染みる歌になると思います。「Good Luck Charm」「Juvenile」ともに、2人の卒業するタイミングにピッタリのC/W曲が並んだなともわたしは感じています。
 今、ちょうどリリイベ中ですけど、「Good Luck Charm」はワンマンなど長い時間のライブで披露する機会はあっても、短いイベントライブになるとなかなか披露するタイミングが難しいですが、リリイベ中は積極的に歌っているので、この機会に直接聴いていただけたら嬉しいです。


(後編に続く)


TEXT:長澤智典

 

集合



 

<インフォメーション>


◆シングル情報
ピュアリーモンスター 「Wake up to a Brand new day」
10 月12 日(火)発売



【収録情報】

JKT
■DVD 付盤 USSW-0313 ¥2,200(税込)
ジャケット[全員]


<CD>
1.Wake up to a Brand new day
2.Good Luck Charm
3.Juvenile
4.Wake up to a Brand new day (Off Vocal)
5.Good Luck Charm (Off Vocal)
6.Juvenile (Off Vocal)
<DVD> ※エンハンスドDVD 仕様
1.Wake up to a Brand new day Music Clip
2.Wake up to a Brand new day Music Clip オフショット
DVD 付盤
※エンハンスドデータ領域
・アーティスト写真
・CM データ
・高画質MusicClip(mp4 データ)
・ロゴ

 

JKT
■通常盤A USSW-0314 ¥1,300(税込)
ジャケット[今野優月、吉咲みゆ、安藤鈴菜]


1.Wake up to a Brand new day
2.Good Luck Charm
3.Juvenile

 

JKT
■通常盤B USSW-0315 ¥1,300(税込)
ジャケット[勝野里奈、杉田夏海、立川怜奈、塙有咲]


1.Wake up to a Brand new day
2.Good Luck Charm
3.Juvenile

 

JKT
■石飛恵里花盤 USSW-0316 ¥1,300(税込)

1.Wake up to a Brand new day
2.Good Luck Charm
3.Juvenile
4.Over the Future(石飛恵里花 featuringVer.)

 

JKT
■柳木みり盤 USSW-0317 ¥1,300(税込)

1.Wake up to a Brand new day
2.Good Luck Charm
3.Juvenile
4.群青プロローグ(柳木みり featuringVer.)
 

 

【楽曲情報】
「Wake up to a Brand new day」
作詞/作曲/編曲:TAKT(TRYTONELABO)
「Good Luck Charm」
作詞・作曲:金子麻友美 編曲:大沢圭一
「Juvenile」
作詞・作曲・編曲:木村有希
 

◆卒業ライブ情報

ピュアリーモンスター ワンマンライブ 〜 石飛恵里花 柳木みり 卒業ライブ 〜
日程:2021 年11 月3 日(祝水)
会場:品川インターシティホール
時間:15:30 開場/ 16:00 開演
料金:チェキ付き優先入場券(ZAIKO):5,000 円
チェキ付き入場券(ZAIKO):4,000 円
ピクチャーチケット:1,000 円
当日券:4,000 円

【券売情報】
ZAIKO:https://standup.zaiko.io/_item/342418

【入場順】
チェキ付き優先入場券 → チェキ付き入場券 → 前売り券 → 当日券 → ピクチャーチケット
※本公演はストリーミング配信も行います。配信チケットは後日販売開始。

SNS情報 
http://stand-up-project.jp/purelymonster/
https://twitter.com/purelymonster

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2021.10.18
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2021.10.16
小川麻琴とへなぎのIDOBATA RADIO!!