FEATURE

2021.09.30
LOVE IZ DOLL/本気すず

私たちの歌で皆と一緒になれる場所がライブの最大の魅力です! 

LOVE IZ DOLL パーソナル・アンケートインタビュー  本気すず編
 
私たちの歌で皆と一緒になれる場所がライブの最大の魅力です! 

 
 2021年3月7日にライブ活動をスタート。アイドル未経験の子たちが集まり、誕生したLOVE IZ DOLL。デビューライブから4ヶ月後には、Zepp Tokyoでワンマンを開催。その大きな目標を掲げ、活動を始めたことが、メンバーの意識を大きく変えるきっかけになった。
 「憧れ」として始めたアイドル。活動当初は「歌わされている」意識が前に出ていた彼女たちだったが、Zepp Tokyoでワンマン公演を行なうという途轍もなく大きな目標とプレッシャー。そのために頑張る姿を必死に応援してくれる仲間たちが増えることで、5人の意識は、いつしか「触れた人たちの心へ夢や希望を与えるアイドルになる」という意志に変わっていった。
  その強い意志を胸に行なったワンマン公演は、彼女たちがアイドルとして活きてゆく意志を明確にしたという面では大きな成果を上げていた。LOVE IZ DOLLは、その日の公演で歌った楽曲の一部を、今回配信音源として発売した。
 
 配信アルバム第3弾としてLOVE IZ DOLLがリリースした「LOVE IZ DOLL Ⅲ(20210708 Zepp Tokyo LIVE)」。この中には、失った恋心。でも、その想いをまだ忘れたくはないから、もう少しこのまま幸せだった頃の気持ちでいさせてと歌う「BE LOST」。如月めいと本気すずの生誕祭も兼ねて行なわれたZepp Tokyoワンマン公演の中、それぞれが披露したカバー曲を収録している。
 12月29日には新宿ReNYを舞台に2回目となるワンマン公演も控えているLOVE IZ DOLL。彼女たちに、今の心境をアンケート・インタビューという形で伺った。
 
 
 
――デビューライブから半年が経過しました。活動当初と比べ、どのように自分の気持ちに変化が出てきたのか教えてください。

もう半年なんですね!早い!早すぎて自分の気持ちにもついていけてないですが、アイドルへの愛が強くなった事だけは分かります!
何も分からなかったし不安ながら始めたアイドルで。当初と比べると日々を過ごす中でライブを通したり、SNS通したり沢山の人と関わることが出来てアイドルにする愛着と好きが気づいたらちゃんと確立されていました。このアイドルという活動が改めて好きなんだなって思い知らされました。

 
――活動を始めたばかりの頃の自分の姿、今はどんな風に見えています?

活動当初以前は引きこもりでふにゃふにゃしてて普段の生活も操られてるみたいに言われた通りのことだけをそのままやってそれで満足してました。だから今みるとダンスもやや操り人形みたいで…(笑)。考えると自分が分からなかったように今は思います。

活動や練習など日々を過ごしていく中でどんどん気づかなかった自分を発見したり周りの人の目も自信に繋がり徐々に自分を自分で認められた気がします。無意識に自分というものを探してたみたいですね。当初、吸収したものをそのまま消化してたけど、自分色に消化してそれに繋がる何かを作れたらいいなとか色々思えるようになりました。

 
――LOVE IZ DOLLは、7月8日にZepp Tokyoで単独公演を行ないました。この日へ向けて日々頑張っていた姿を思い出します。その目標があったことは、当時の自分やグループへどんな影響を与えていたのでしょうか?

 私達LOVE IZ DOLLは基本毎週土日に活動しているのですがそのライブでどれだけ沢山の人に知ってもらえるか、どうすれば興味を持ってもらえるか、どうすれば1人でも多くの人に私達のことを知ってもらえるか考えていました。とにかく日々をこなすのに時間に追いつくのに精一杯でした。気づいたら1か月前で。必死だったんだと思います…(笑)気づいたら「来月もうZeppじゃん…。」ってなってました。

そして気づいたら7/8で、メンバーと「もう来ちゃったよこの日が…。」って話してた位です。7/8のZeppという目標があったからアイドルとしてデビュー出来て、当時の自分やグループが今の私達に影響しているんだと思います。
 
 
――初の単独公演となったZepp Tokyoでのライブ。あのときどんな気持ちでステージに立っていました?今、思い出せる範囲で構いません。あのときのライブについて素直な感想の声を聞かせてください。

 緊張してあまり覚えてません…(笑)。幕が上がってから沢山の人の顔が見えたのが嬉しくて堪りませんでした。初めから最後まで緊張はしていましたが一瞬一瞬がめちゃくちゃ楽しくて最高でした。
 
 
――Zepp Tokyoでの単独公演を行なったことは、今の自分にどんな影響や変化を与えました?

前の質問と繋がる部分がありますがZeppでのデビューを終えたからこそ今のアイドルとしての自分が居ますし、自分が今此処に居れる事が出来ています。またこの経験を機に新たな年末のワンマンという目標も出来ました。これからがこれまで以上に楽しくなってきています。
 
 
――今も数多くのライブを行なっています。日々ライブを行なえる今の環境をどのように受け止めていますか?

ライブを用意してくれる方、有難いことにステージを一緒の空間で過ごしてくれる皆が居るからこそのライブです。私達だけでは当然ライブは出来ていないです。一人ひとりがライブを作っていて。日々皆の大切さに気付き、感謝と愛が増していくばかりです。いつも本当に有難うございます。
 
 
――今の、ライブにおけるLOVE IZ DOLLの魅力。ライブでは、ここを見てほしいというポイントがあったら、ぜひ教えてください。

楽曲も最大の魅力ではありますが、1番は皆と楽しくなれるというのがライブの魅力だと思っています。ライブを通してステージから笑顔を見ると一緒の気持ちになれた時な気がしてもっと嬉しくなってもっと笑顔になっちゃいます。
私たちの歌で皆と一緒になれる場所がライブの最大の魅力です!

 
――LOVE IZ DOLLは、3枚の配信アルバムをリリースしています。まずは「LOVE IZ DOLL」について、作品の魅力や、収録した楽曲についての想いや想い出があれば教えてください。

 1番覚えているのは最初にレコーディングした「My Sweet Daring」です。緊張していたのかロボットみたいな歌い方で、その際「もっと甘えた感じ出せない?」って言われた時照れながら頑張って感情を入れて歌っていた記憶があります(笑)。あとこの収録曲3曲をきくとメンバー全員でお披露目に向けて練習してたのを思い出します。
 
 
――続いて、「LOVE IZ DOLL Ⅱ」について、作品の魅力や、収録した楽曲についての想いや想い出があれば教えてください。

どれも想いが強いのですが、中でも「Dear」は皆と私達の気持ちを描いたそんな曲になっています。最初に歌詞を見せた頂いた時、今直ぐに届けたい!ってうずうずしていたのを覚えています。いつも傍に居る事を伝えたい!皆に会いたいな〜って時は私もこの曲聞いてます!(笑)
 
 
 
――「LOVE IZ DOLL Ⅲ」には、Zepp Tokyo公演の中からセレクトした楽曲を収録しています。当日の模様が音源化になったことへの想い。そして、収録した「BE LOST (Live at Zepp Tokyo 2021.7.8)」の聞きどころもお願いします。

重低音で始まるSEから収録されていていつもまた少し違った「BE LOST」が感じられたら嬉しいです。
この曲を聴いて家でもZeppの気分を一緒に味わえたらなと思います。

 
 
――2曲目には「大声ダイヤモンド」Covered by 如月めいを。3曲目には「Yeah! めっちゃホリディ」Covered by 本気すずを収録しました。本人は、その曲を選んだ理由や音源になっての感想を。他のメンバーは、この2曲を聞いての感想を聞かせてください。

最初はこの曲じゃなくて、なかなか上手く歌えないな…というときに1人で歌練の最中にぱっと見つけたのがこの曲でした。練習していくうちに何となく私っぽい曲なのかな〜って思いながら歌いました!とにかく明るくなれる曲なので是非この曲を聴いて明るくなってもらいたいです。
 
 
――LOVE IZ DOLLは、2ndワンマン公演を12月29日に新宿ReNYで行ないます。この日に向け、今、どんな気持ちでいるのか。ぜひ、意気込みや今、抱いている想いを聞かせてください。

Zeppワンマンが終わった後帰り直ぐ伝えられた2nd ワンマンの発表だったのですがデビューがまたこんな素敵なステージを約束できていることが嬉しくて堪らないです!!是非素敵な年締め皆と過ごせたら嬉しいです!普段のライブとまた少し違う雰囲気やレベルアップした楽しさを皆と共有出来たらいいなと思います♪
 
 
――年内には、いくつかメンバーの生誕公演も控えています。これを読んでいる人たちへ向け、これからへ向けての意気込みを語っていただけますか?

私、今は学業専念の為アイドル活動は基本お休みさせて頂いてて生誕公演にでられるか分からないですが…、ダンスが素敵でいつも見とれちゃうくらいな、みみちゃんと歌がマジで上手な、ななちゃんの生誕祭個人的にめちゃくちゃ楽しみなんですよね…。何をするかドキドキしますよね…。衣装もどんなので来るのかな…とか最初から最後まで見逃せないですよ。マジで。ワクワクしてます。
 
 
――最近のマイブームがあれば、ぜひ聞かせてください。

自転車を裸足で乗ることとえんがわと納豆、オムライスの研究です。
 
 
――最後に、自由にどうぞ。

有難うございナス


――ありがとうございました。


 
質問:長澤智典

 

<インフォメーション>


【リリース情報】
 
BACK TO ZEPP !!
配信アルバム第3弾!!
 
LOVE IZ DOLL Ⅲ  (20210708 Zepp Tokyo LIVE)
9/4主要ストアにて配信リリース決定!!
 
1. BE LOST (Live at Zepp Tokyo 2021.7.8) 2. 大声ダイヤモンド  Covered by 如月めい
3. Yeah! めっちゃホリディ  Covered by 本気すず
 
【ライブ情報】

 2021年10月30日(土)31日(日)
 IDOL KYUN2 -Halloween!!- Fes Vol.6,7
 代官山CARATO 71

フライヤー
 
 2021年11月7日(日)
 兎魅々みみ 生誕祭イベント
 原宿ベルエポック ※会場変更

 
 2021年12月12日(日)
 藍沢ナナミ 生誕祭イベント
 ジールシアター新宿

 
 2021年12月29日(水)
 2ndワンマンライブ
 新宿ReNY


 

Member :

アー写
■本気すず
担当カラー:パープル /誕生日:7月14日
Twitter: https://twitter.com/suzu_LID
 

LIVE
■桃瀬エル
担当カラー:ピンク / 誕生日:3月27日
Twitter: https://twitter.com/ERU_LID
 

LIVE
■如月めい
担当カラー:イエロー / 誕生日:7月3日
Twitter: https://twitter.com/Mei_LID
 

LIVE
■藍沢ななみ
担当カラー:ブルー / 誕生日:12月13日
Twitter: https://twitter.com/nanami_LID
 

LIVE
■兎魅々みみ
担当カラー:ホワイト/ 誕生日:11月8日
Twitter: https://twitter.com/MIMI_LID

 


 

LOVE IZ DOLL  Web
https://loveizdoll.ryzm.jp/
 
LOVE IZ DOLL  twitter
https://twitter.com/LOVE_IZ_DOLL
 
LOVE IZ DOLL 公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC4GaNc6rQbzKKCavavgCZ4A

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2021.10.18
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2021.10.16
小川麻琴とへなぎのIDOBATA RADIO!!