FEATURE

2021.08.08
YUMEADO EUROPE

YUMEADO EUROPE連続インタビュー第三弾!!!

 夢みるアドレセンスの妹分グループとして、2021年4月より本格的に始動したYUMEADO EUROPE(ユメアド ユーロップ)。デビューから4ヶ月強、彼女たちは8月10日に1stシングル「Here we go and go!/Shakin'&Movin'」を発売する。「ガルポ」初登場となるYUMEADO EUROPEのメンバーたちの魅力を伝えようと、全三 回に渡って紹介。
  第三回目は、「1stシングルの全曲解説」をお届けします。

(一回目記事はこちら)
(二回目記事はこちら)

 


「Here we go and go!」の魅力を、YuiとYukinoが解説!!


――ここからは、8月10日に発売する1stシングル「Here we go and go!/Shakin'&Movin'」の魅力について伺います。3-TYPEへ収録した4曲について、それぞれ楽曲解説をお願います。まずは、「Here we go and go!」からいこうか。

Yui  「Here we go and go!」は、まさにYUMEADO EUROPEらしい曲というか、元気で明るい歌だし、ライブでやっていても、みんなが一番ノリノリになって騒いでくれる楽曲です。真似しやすい振りもあるから、見てくださる人たちもすぐに真似て躍ってくれるし、一緒に盛り上がれるし。中で、メンバーがピースサインをしながら「YEAHーー!!」と叫ぶところでは、お客さんたちは叫べないぶん、みんなピースサインをしてくれます。
  YUMEADO EUROPEの場合、格好いい系の楽曲が多い中、「Here we go and go!」は明るく、可愛らしく、元気な歌。とくに、メンバーの「YEAH!!」の掛け声は、すごく可愛らしく見えるポイントです。ライブでも、「Here we go and go!」が流れたとたんに盛り上がりの流れが変わったり、最高潮にもなっていく歌です。

Yukino 曲中で、メンバーが「YEAH!!」と言いながらやるピースサインの仕方も、毎回みんな違います。そこも注目してほしいです。

Ayu  あそこの振りは、みんな自由にやってるからね。

Yui   毎回のライブごと、メンバーそれぞれが、そのときの気分やテンションでピースサインをしているように、そこにもメンバーそれぞれの個性が出ています。そこも、ライブでの見どころです。

Yukino  「Here we go and go!」の歌詞の中へ「そんな事よりピロシキ食べたい」と出てくるんですけど、メンバーの中には、それまでピロシキのことを知らなかった子もいれば、唐突にその言葉が出てくるから、みんなそこのワードに注目してました。だから、聴いてくれる人たちも、そのワードが気になってくれたら嬉しいです。MVの中でも、ピロシキをメンバーが食べてますからね。
  じつは、メンバーの中では「Here we go and go!」のことを、「次の曲は「ピロシキ」だね」など、いつも「ピロシキ」と言ってます。それも、みんなに浸透してくれたら面白いなという気持ちもあります。

Kiyo  「そんな事よりピロシキ食べたい」って…。

Nagisa  「どんなことだよ」って突っ込みたくなります(笑)。



「Shakin'&Movin'」の魅力を、KiyoとYukariが解説!!


Kiyo  「Shakin'&Movin'」は、「ピロシキ」…「Here we go and go!」とは違って、ダンスが激しめの格好いい曲です。「Here we go and go!」が、明るく、元気で、可愛い歌だとしたら、「Shakin'&Movin'」は格好いい部類の楽曲。曲始まりからサビへ向かう展開が、最初は落ち着いてるんですけど。でも、少しずつ音が速く鳴り出し、サビで一気に盛り上がります。聴いてる人たちもノリやすいし、聞きながら「うわっ!!」と高まっていく楽曲だと思います。

Yukari  「Shakin'&Movin'」は、本当に格好いい曲。個人的には、YUMEADO EUROPEの曲の中、一番ダンスの難しい曲という印象です。「ピロシキ」は楽しい感じで、「怪盗マリア」が少し大人の魅力を持った曲なら、「Shakin'&Movin'」は激しくて格好いいYUMEADO EUROPEの中の代表曲です。手と足の動きが違うダンスのように躍るのが難しいし、ライブでも一番体力を消耗する曲。でも、ライブではみんなが躍ってくれるように、やっぱりノリを作るのに欠かせない格好いい楽曲です。それと、  曲の始まりのとき、メンバー全員が後ろに横一列に並び、前に向かって歩いていくんですね。あのシーンでは、すっごく気持ちが高ぶります。

Chinatsu  わかる!!自分たちでも「格好いい!!」「うちら、最強軍団!!」ってなるからね。

Yukari  「アルマゲドン」のシーンみたいにね(笑)。あの曲は、その始まりの時点で気持ちのモードが入ります。
 


「怪盗マリア」の魅力を、RinとChinatsuが解説!!


Rin   「怪盗マリア」も格好いい系の楽曲ですけど。「Shakin'&Movin'」とは違った格好良さがあります。例えるなら、「Shakin'&Movin'」は男性らしい青のイメージを思い浮かべる格好良さだとするなら、「怪盗マリア」は赤が似合う、女性の内側の魅力を押し出した格好良さがあります。同じ格好いい曲でも、色の違いがあるように、ライブのパフォーマンス面でも、「ドキドキしてる  私のココロ  もっと(もっと)」の歌詞のよう、ちょっとセクシーな雰囲気も歌やダンスの中に出しています。その妖艶さも、「怪盗マリア」の魅力です。

Chinatsu  「怪盗マリア」の歌詞の中へ「ルーブル美術館も動き始めてる」「美しい絵画と」「シャンゼリゼ通りも動き始めてる」など、街や美術館の中の要素など、いろんな風景が出てくるんですけど。その歌詞に合わせたパフォーマンスをメンバーそれぞれがやっています。そこも、見てほしい推しのポイントです。

Ayu  冒頭から、みんなでルーブル美術館を示唆するポーズをしてたりね。リーダーがモナリザの振りをしていたり。

Kiyo  ルーブル美術館から怪盗が抜けだす様子をみせたり。

Chinatsu  そういう細かい動きも、歌詞に合わせて見てください。それを知らないと、謎の動きになってしまうので(笑)。



「Viva la Música!」の魅力を、AyuとNagisaが解説!!


Ayu 「Viva la Música!」はイタリア語を歌詞に散りばめた楽曲です。歌詞をいただいたときには、その言葉の意味も書いてくださっていたので、その意味も理解しながらみんなで歌いました。ぜひ、イタリア語の意味も調べて聴いてくれたら嬉しいです。わたし,ちょっとイタリア語の勉強になりました(笑)。「Viva la Música!」は、イタリアをイメージして作った曲。「怪盗マリア」がフランスを舞台にしていたように、この曲でも、歌詞に出てくる具体的な場所も含め、イタリアの風景を思い浮かべながら聴いてもらえたらなと思います。
  ダンスは、少し前に流行ったバブリーダンスに似せた感じのように、あえてダサ格好いいをイメージして作っています。けっこう真似しやすいダンスなので、ぜひ、みんなにも真似てもらえたら嬉しいです。

Nagisa  わたしもイタリア語の言葉の意味を知って、より深く歌詞を理解しながら歌えました。「Viva la Música!」のダンスの中で一番のポイントが、みんなが手でハートを作り、それを胸に当てながら「Choo Choo TRAIN」のようなダンスを見せていくところ。私たち、今までそういう可愛い振り付けの曲をやっていなかったから、ちょっと恥ずかしかったけど、YUMEADO EUROPEの中の新しいダンスの色にもなりました。

Ayu  この曲は恋愛ソングのように、じつはYUMEADO EUROPEの中でも、初の恋愛曲になりました。

Kiyo  でも、可愛らしいではなく、大人っぽい恋愛ソングだけどね。



そして、メンバーみんなからのメッセージをお届け!!


――最後に、それぞれメッセージをいただいてインタビューをシメようか。

Yui 私たちは、たった4ヶ月弱でこんなにもすごいスピードで成長してきました。これからもっともっと成長し、新しい一面や、また違った魅力を出せるように日々頑張っていくので、これからもYUMEADO EUROPEをよろしくお願いします。

Nagisa  よっ師匠!

Yukino  まだ4ヶ月にも関わらず、こうやってCDをリリースさせていただくなど、いろんなすごい経験をたくさんさせてもらってます。だからこそ、その恩返しというか、期待に見合うくらいに成長していきたいと思っています。

Kiyo  私たち活動して4ヶ月の中、ちょっとずつ成長して、私たちの色も少しずつですけどいろいろ出せるようになってきています。これからもっともっと色を出しながら、たくさんの人に魅力をアピールしていけるように頑張りたいです。

Yukari  メンバーが「YUMEADO EUROPEに入ってよかったな」って思えるようになりたいのと、ファンの人も「YUMEADO EUROPEを好きになってよかった」と思ってもらえるように、みんなで頑張りたいです。

Rin  まずはワンマンライブをやりたいです。最初は小さな箱からで良いので、みんなで箱を埋めながら、会場の規模をどんどん大きくしていけたらなって思っていますし、それくらいYUMEADO EUROPEがおっきい存在になれるようにどんどん頑張っていきたいです。

Chinatsu  やるからには大きい箱でやりたいなとは、わたしも思います。わたしはZEPPのステージに立ちたい。できれば、ZEPP FUKUOKAで凱旋ワンマン公演をしたいです。YUMEADO EUROPEはこの4ヶ月の中で、関ヶ原のイベントにも出れたし、シングルも出せるし、いろんなメディアにもライブにも出させてもらっています。だからこそ、日々の感謝を忘れずに頑張りますし、頑張っていきます。

Ayu  たった4ヶ月の中でさえ普通の女の子じゃ経験できないことをたくさんさせていただけるのって、ホントに日頃から応援してくださっているファンの方、まわりで支えてくださっているスタッフさん、そして家族のおかげだと思っています。なので、まずは周囲の方への感謝の気持ちを忘れずに。そのうえで新しい挑戦を続けながら、少しずつ恩返しができたらいいなと思ってます。
  最近YouTubeも始めたので、YouTubeでいろんな企画もしてみたいし、みんなの出身県をまわるツアーもしてみたいです。オンラインライブもやってるんですけど。いろんな県の方々どころか、海外の方も見てくださっているんですね。中でも、Yuiちゃんのファンでスペインから熱狂的に応援してくださっている方とかすごいですからね。そういう、遠くから応援してくださっている方のところへもいつかライブで行けるように頑張りたいです。メンバーの名前の付いてる国を舞台にしたヨーロッパツアーも、いつかやりたいですね。

Nagisa  デビューして4ヶ月でこんなにありがたい環境に置かせてもらっているので、早く恩返しできるようにもっともっと有名になります。地方出身のメンバーもけっこういるので、凱旋ライブも何時かできたらいいなと思ってます。

Yukari 最後に、これも言っておきたいんですけど。後から加入したRinちゃん以外のメンバーは,みんな夢みるアドレセンスのメンバーオーディションへ応募し、最終候補生として残ったメンバーたちです。だから,みんなの中に夢みるアドレセンスさんみたいにおっきなグループになりたい気持ちがあります。あわよくば越したい気持ちだってあるように、その想いも、みんな胸に持っていることも伝えておきたいです。あと、公開になって間もない「Here we go and go!」のMVも、楽曲自体が私たちの性格や雰囲気にピッタリだし、MVも楽しいし、エフェクトも可愛いしと見どころがいっぱいあるので、ぜひたくさんの方々に見てもらえたら嬉しいです。これからも、YUMEADO EUROPEの応援よろしくお願いします。



TEXT:長澤智典
 

yumeadoeurope

 

 

<インフォメーション>


【CD情報】

■YUMEADO EUROPE  1 st シングル 「Here we go and go!/Shakin’&Movin’」
2021 年 8⽉10⽇(⽕) 発売


価格/品番:

A
Type-A [QARF-60069] (CD only) ¥1,200- (税込)

 

B
Type-B[QARF-60070] (CD only) ¥1,200- (税込)

 

C

Type-C[QARF-60071] (CD only) ¥1,200- (税込)


収録曲:
Here we go and go!
Shakin’&Movin’
怪盗マリア
Viva la Mùsica!

 



【イベント情報】

8/7(土)
「ReNY SUPER LIVE 2021 ~お盆到来プレミアムサタデー公演編〜」新宿ReNY

8/10(火)
「8th Anniversaryアイドル甲子園 in USEN STUDIO COAST Part1」USEN STUDIO COAST

8/11(水)
「ReNY SUPER LIVE 2021~今年も夏FESがReNYにやってきた中編~」新宿ReNY
 



【リリースイベント情報】

8/7(土)17:30 エンタバアキバ

8/10(火)19:00 タワーレコード渋谷店5F

8/11(水)19:00 タワーレコード渋谷店9F屋上
 



【MV】YUMEADO EUROPE『Here we go and go!』
https://www.youtube.com/watch?v=GcLsto0AFTc

 



■YUMEADO EUROPE

HP  https://yumeado.jp/europe
Twitter https://twitter.com/YumeadoEurope
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCF8ABgIH0V5eFjk2FlGEHKg
所属事務所 有限会社タンバリンアーティスツ http://tambourineartists.com
プロデュース 株式会社ロックフィールド https://rockfield.tokyo

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2021.12.09
小川麻琴とへなぎのIDOBATA RADIO!!
最新記事更新日 2021.12.09
ガルポ!ズ LIVE レポ