FEATURE

2024.01.28
anew

大勢の人たちが求めていた。今、この瞬間だけは、3人と一緒にエモい気持ちのまま、くしゃくしゃの笑顔で熱狂してゆくことを…。 anew ライブレポート

 地元の山形市を舞台に毎月開催している、anew主催によるイベント「チカカラ」。昨年も一度、東京で同イベントを開催。今年は東京でも、主催公演を含め積極的にライブを行うと宣言。それを示すように、彼女たちは1月27日(土)に新宿Biskeで、ハチキュウ/パピプペポは難しい/くぴぽ/異国のルミナリアを迎え「チカカラ 大東京帝国編 vol.2〜anew異日常リリースパーティー〜」を催した。この日は、メンバーの中あまねが怪我で欠場。姫ここなも喉を壊すなど、いろんなハンデを背負いながらのライブ になった。さっそく、当日の模様をお伝えしたい。

 

1


 ライブは、活動初期から歌い続けてきた『世界ヲ染めていく』からスタート。自分たちが山形で大切に育み続けてきた「チカカラ」というイベントの持つ魅力を、東京という場所でも自分たちの色へしっかり染め上げるように彼女たちは歌っていた。SEを使うことなく、『世界ヲ染めていく』のイントロに乗せて入場し、一気に自分たちの異日常な世界へその場を染めあげる。その手腕こそが、anew style。重厚なかつスリリングな音が鳴り響く中、メンバーたちも、あえてこの空間へ心地よい緊張感を与えるように凛々しい声で歌い、煽りだす。フロアのあちこちに、3人に向けて熱い声の狼煙を上げる人たちが誕生。メンバーと観客たちが、共に「Oi!」と声を重ねながら、この場に戦慄と高揚入り交じる空気を作り上げる。気持ちが騒ぎだす、感情を爆発させたい。その衝動が嬉しい。

 

  その気持ちへ火をつけるように、彼女たちはさらに重厚な音を身にまとった『Genreleass』を歌い、観客たちの身体を激しく揺らしだす。メンバーたちも、いつもとは異なる編成というハンデを背負いながらも、それを気迫でカバーしようと、気持ちを前のめりに攻め続ける。熱狂的なファンたちは騒ぎ続けるが、まだまだ彼女たちは、この場の空気を熱く染めあげてはいない。でも、けっして焦る素振りを見せることなく、3人はは攻め続けていた。

 

  舞台と客席の距離を一気に縮めたのが、『ソコとココ』だった。超絶エモくポップな楽曲を魅力に、3人は、観客たちの熱情したい気持ちの琴線を一瞬で思いきり揺さぶった。熱い声やクラップ飛び交う景色に、この場を染めあげる。その手応えをつかんだとたん、3人の感情のボルテージもグッと上がり、いつものようにかわいい笑顔でオラオラと煽りだす。彼女たちと観客たち、共に気持ちが動くままに騒ぎ続ける。そう、もっともっとグチャグチャになってしまえばいい!!!

 

 さぁ、この空間をもっともっと現実から突き放した異世界へ、異日常な世界に染めあげようか。anewは『異日常』を通し、エモーショナルな歌声を響かせ、場内にいる人たちの気持ちと視線をステージへ引き寄せた。様子見をしていた人たちの一部も、いつしか身体を揺らし、anewの作りあげる異熱情な空間へ、次第に気持ちを傾けていた。けっしてベストな状態ではない。でも、どんなハンデを背負おうと、それを気持ちと気迫でカバー。その熱意が伝わるたびに、見ている人たちも惹かれだしていたのが伝わってきた。

3

 

 MCでは、急に素人感や素の日常感を出してゆくところもanewらしい。今年は東京で数多くライブを行うことも、ここでは伝えていた。

 

  後半戦は、ライブ空間に声を荒らげる人たちを数多く生み出してきた『位置情報なし』から。anewは今、東京という場所にも新たな拠点を位置付けようとしている。その思いが伝わり、しっかりと位置マークを付けられるのか…。少なくとも、ここで声を荒らげ、熱狂している多くの輩たちの姿を見ていると、その可能性は感じられる。メンバーへ向けてケチャをする腕の数の多さが、それを示していた?!

 

  力強く躍動したヘヴィなダンスビートとファンキーなサウンドの服を身にまとった3人は、髭ダンスをしながら「僕たちに明日はない」と死ぬまで言い続けていた。『僕たちに明日はない』、anewのライブの中、腰をズンズンと揺らす衝撃を与える楽曲だ。メンバーらのコミカルなダンスも、この曲の見どころの一つ。その動きを真似る人たちも、前方にはたくさんいた?ラーメンを食べる仕種をする桃兎まいみなど、この曲でのメンバーらのパフォーマンスもしっかり追いかけてほしい。身体を大きく揺さぶり、両手を大きく振り上げて楽しむ人たちが多かったのも、素敵な景色だった。

4

 

  anewが最後に歌ったのが、anew styleにカバーした『Debut』。メンバーらが「Oi!Oi!」と煽りだすのに合わせ、場内中からも野太い声がガンガン飛び交いだす。大勢の人たちが求めていた。今、この瞬間だけは、3人と一緒にエモい気持ちのまま、くしゃくしゃの笑顔で熱狂してゆくことを…。

 

  この日が最高だったとも、しっかり爪痕を残したとも言わない。ただ、どんなハンデを背負おうと、どんなに厳しい内容や結果だろうとも、anewはanewなんだという変わらぬ姿勢を貫き、舞台の上で楽しんでいる彼女たちの姿を、この日も確認できたことに安心を覚えた。何があろうと、何処で歌おうと、anewはanew。その姿勢が好きな人たちが、もっともっと増えればいい。ただそれだけのことだ。

 

2

 

 

TEXT:長澤智典


LIVE情報 

2/11(昼)仙台(夜)渋谷
2/12(昼)下北沢(夜)渋谷
2/21(夜)下北沢
2/23(昼)下北沢(夜)四谷
2/24(昼)下北沢
2/27(夜)下北沢

詳細はXにてお願いします!

SNS

https://anew.ink/
https://twitter.com/anew_idol

 

セットリスト
『世界ヲ染めていく』
『Genreleass』
『ソコとココ』
『異日常』
『位置情報なし』
『僕たちに明日はない』
『Debut』

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.02.26
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2024.02.22
ガルポ!ズ LIVE レポ