FEATURE

2023.10.21

「d-girls 10周年記念単独公演2023@Zepp Shinjuku」公演レポート  

 10月2日に、デビュー10周年の記念も兼ねてZepp Shinjukuでワンマン公演「d-girls 10周年記念単独公演2023@Zepp Shinjuku」を行ったd-girls。この日は、オープニングアクトとしてd-tranceが、オープニングDJとしてDJ梅太郎が出演。他にも、ゲストとしてJelly Kiss/Teamユロスタ with 松竹梅が登場。d-girlsの本編にも、喜屋武里奈/小粒/鈴原優美が参加。3時間に渡る当日の模様を、ここにお伝えしたい。


d-trance

 オープニングアクトとして登場したのが、d-girlsのメンバー杉本よしみのアイドル活動の始まりの場であり、d-girlsのプロデューサーのでんちゅう氏が最初に手がけたユニットのd-trance。今でも当時の楽曲をd-girlsが受け継いでいるように、でんちゅう氏と杉本よしみにとって、すべての始まりを告げたのがd-tranceとしての活動だった。

  この日は、yoshimiがヴォーカルを担う『Smile again』からスタート。このときから曲によってヴォーカルが変わるスタイルが出来上がれば、それがd-girlsへも受け継がれている。
  yoshimi以外の3人はステージに立つブランクがあったとはいえ、魅せるパフォーマンス姿に仕上げてきたのは、さすがだ。何より、会場に集まった大勢の人たちが、最初から熱狂の声を上げ、フロアを沸かせていた。あの頃の自分たちを取り戻すようにという人たちから、d-trance初体験の人たちまで、時代の流れを超え,気持ちを一つにみんなで騒ぐこの景色に、早くも心が揺さぶられた。

 yukoのヴォーカルで届けた『NEGAI』。yukoと言えば、d-girlsのダンスのトレーナーとして今も繋がっている。現役の指導者であるyuko仕込みだもの、短い期間の中で見映え良いダンスに仕上げてゆくところへ、改めて彼女の手腕を覚えていた。

 chieにとっては本当に久しぶりのライブ。彼女は『Platinum party』を歌唱。明るい性格と歌声を魅力に、フロア中の人たちと一緒にこの会場を巨大なディスコ空間に染め上げていった。テンション高い声で観客たちを煽るたびに、フロアからも熱い声が上がる。舞台の上で、陽気にはしゃぐメンバーたちの姿に刺激を受け、フロア中にも、一緒に踊りはしゃぐ輪が広がり続ける。そして‥。

 最後にayanaがヴォーカルを担い、『Happy Go Go』を通して、この場にいる人たちのハートをキュンな気持ちと笑顔に染め上げていった。メンバーたちが舞台の上でサークルを作るのにあわせ、フロアにも大きなサークルが誕生。ayanaの歌に向けて、フロアから飛び交う熱いかけ声。メンバーとフロア中の人たちが同じ振りをしてはしゃぐ様も含め、"d"の遺伝子はここで育ち、受け継がれたことを改めて確認できたライブだった。

1


     
  DJ梅太郎によるDJ TIMEを挟み、主役のd-girlsのライブへ。


d-girls

 この日のd-girlsのライブは3部構成。長い長い物語を語る最初のブロックは、「一筋の光」と歌いだす杉本よしみと百瀬めいの声が絡み合う『only once』からスタート。スペイシー/トランス/プログレッシブなダンスビートの上で、d-girlsは幻想浪漫な世界を描き出す。つねに気持ちを奮い立てるダンスビートを背にしてとはいえ、「限界を超えてゆけ」と、美しい声をコズミックな世界へ響かせる2人の歌声のかけあいに触れていると、心が洗われるようだ。

  「夢を追いかけるわたしを支えてくれる人がいる」。少し甘えた声で斉東由奈が歌いだしたのが、『distination』。一気にBPMを上げた楽曲の上で、斉東由奈は胸の内に秘めた思いを少しずつ燃やすように歌声を響かせていた。舞台の上で白い衣装を軽やかに舞い上がらせるように華麗に躍る5人の姿も、ずっと目を引きつけていた。

 さらに熱を描き加えるように、百瀬めいが高らかに声を張り上げ、激しく躍動した『Monopolize』を歌声の絵筆を通して熱唱。d-girlsの魅力の一面を司るトランス/スペイシーな世界観を、このブロックでは様々な音の輝きを持って届けてゆく。巨大なスクリーンに映し出されるエキセントリックな映像の数々も、楽曲へより幻想的な色を塗り重ねていた。

 『trust me』が、瀬戸千花と斉東由奈の歌声が、この場にいる人たちを無限に広がる銀河の世界へと連れだす。斉東由奈には、切なさを覚える歌声がとても似合う。彼女の哀愁を帯びた歌声に、瀬戸千花の歌声が輝きをまぶしてゆく。曲が進むにつれ壮麗かつ壮大に広がる無数の星(音)の流れ星(シャワー)を身に浴びながら、次第に気持ちが恍惚を覚えていた。そう、アガってゆく感覚が心地よい。

 「夜空を駆けるあの輝きを~」と、銀河の川の淵に立つ歌姫と化した瀬戸千花の歌声が、心を嬉しく惑わせる。彼女は、天の川の麓で声を響かせる銀河の世界のローレライ??『meteor』に触れながら、そんな思いが心を巡っていた。切なさが増すごとに、その歌声に心惹かれ、落ちてしまいたくなる。

 

2

  
 ここからは、2つの色に分けたメドレーコーナーへ。百瀬めいがヴォーカルを担う『Bright Future』で魅せた、胸をキュッとしめつけるミディアムメロウな。でもキラキラとした音を振りまく世界。そのまま心地よい流れを持って、斉東由奈の歌う『Reverse』へ。巧みにテンポを繋ぎながら、胸の内を痛く刺激する歌の数々をd-girlsは届けてゆく。サビ歌を繋ぐ形で、杉本よしみの歌う『灼熱のユートピア』へ。まるでスケール大きくドラマチックな一つの楽曲を聞いているようだ。その巧みな構成に、ずっと心と視線が惹かれていた。

 続くメドレーは、激しく躍動した『Call my name』からスタート。ふたたび百瀬めいがヴォーカルを担い、秘めた情熱を少しずつ解き放つように躍動する楽曲に乗せて歌唱。心が燃え立つ感覚と、激しく騒がす音とのシンクロが心地よい。そのまま激しさを増しながら、瀬戸千花の歌う『with you』へ。フロアからは張り上げる熱い声も飛び交う。曲が進むごとに感情もビートも上がりだす。さらに追い打ちをかけるように、杉本よしみが、開放的な空間へ気持ちを解き放つ『stay』を華やかに歌唱。この曲がメドレーの大サビのような役目を担えば、フロアあちこちから熱情した声が沸き上がっていた。

 ここで、3回目の開催となるd-girlsリミックスコンテストの最優秀作品を発表。AQUTさんの『solo flight AQUT Remix』がここで披露され、元の曲を歌っている瀬戸千花が歌唱。いつもとは異なるバージョンにも関わらず、即座に対応し、歌い躍るメンバーたちの力量も流石だ。今後もぜひ、飛び道具な要素を満載した派手で華やかで激ダンサブルな、このリミックスバージョンでのライブ歌唱も続けていただきたい。

3

 

Jelly Kiss

 一瞬のブレイクを挟み、ここからは、ゲスト出演したJelly Kissのライブへ。こちらも久しぶりの復活ライブという理由もあり、観客たちは最初から熱い声を上げてメンバーたちを迎え入れだす。

 Jelly Kissのライブの冒頭を飾ったのが、哀愁メロウな香りも携えたトランスナンバーの『これまでのミチ、今、これからのミチ~540.8km~』。どの曲も躍動するダンスビートを軸に据えてとはいえ、この曲では、今にも壊れそうな切々とした歌声を繋ぎ、重ねあわせ、聞き手の胸を潤して‥ではなく、フロアにいる人たちの感情のストッパーを外し、躍らせていた。本人らは、強い意志を胸に秘めたうえで切々と歌いあげるが、フロアにいる人たちは、騒がずにはいられないというのが本音だろう。

 『特別なひまわり』では、メンバーらが手にしたタオルを振りまわし、チャーミングな姿を魅せながら、この空間を甘くポップな世界に染め上げる。愛らしい仕種や歌声も魅力だ。サビでメンバーと大勢の観客たちが手にしたタオルや腕をくるくると振り回し、この空間に、光に向かって伸びる華やかな歌の花をたくさん咲かせていた。

 『桜咲く季節』でもメンバーたちは、5つの声の花びらを並べ、この空間に色鮮やかな歌の花を咲かせていた。気合が入りすぎたのか、多少息切れしていたのも、ご愛嬌。むしろ5人とも、純情で可憐なアイドルになって、ふたたび舞台の上で可憐に花咲いていられることへ喜びを覚えていた。ずっとずっと無邪気な笑顔を浮かべ、でも必死に身体を動かしながら、今、ここで花咲くことを思いきり楽しんでいた。

  あっと言う間だ。最後にJelly Kissは可憐でチャーミングな『Prism Bomber』を歌いながら、フロアにいる人たちのハートに熱い刺激を注ぎ込む。5人の中から沸き上がるエナジーが、歌声を通して場内中へ降り注がれる。無垢なアイドルに戻って愛らしさたっぷりに歌う姿へ触れながら、ずっと心晴れた気分で5人の姿と気持ちを重ね合わせていた。終盤、みんなが飛び跳ねていた場面では、揺れる床の振動が身体に伝わってきたほどだ。

3


d-girls

 登場したのが、DJ: yunaことd-girlsの斉東由奈。たまにDJとしても活動している彼女だが、この日はユーロビートを軸に据えたDJとして登場。
 
  DJ yunaのPLAYを受けて飛び出したのが、杉本よしみがヴォーカルを担う『blue regret』。このブロックでは、d-girlsのメンバーに加え、ダンサーたち(Teamユロスタ with 松竹梅)も登場。続けざま斉東由奈が哀愁を帯びた声で『Lose』を歌唱。そのバトンを受け取った百瀬めいは、最新ユーロナンバー『Snipe』を歌い、フロア中の人たちのハートを撃ち抜き、身体を思いきり揺らしていった。
 立て続けに流れだしたのが、激しいユーロスタイルに変貌した、瀬戸千花の歌う『幾星霜の物語 ~The Story of Eternity~ [DJ Command Mix]』。奥深い切なさを抱いた楽曲が、この日はとても華やかさを持って胸にせまってきた。そこへ、ふたたび勢いを加えるように斉東由奈が『midnight blue』を熱唱。彼女の艶やかな歌声が、この曲ではキラキらとした輝きを持ってフロア中へ振り注がれていった。そこへ百瀬めいがぶつけたのが、超絶華激なユーロナンバー『Addictive』だ。DJ TIMEと言いつつ、d-girlsのユーロナンバーの数々をNON STOPのLIVE STYLEで味わえることから、ずっと身体が激しく揺れっぱなしだ。
 そこへ、さらにきらめいた極彩色の輝きを降り注ぐように、斉東由奈が『Go Go Love』を熱唱。フロアのあちこちでも、斉東由奈の「Go Go」の声にあわせてたくさんの拳が突き上がっていた。曲が進むごとに激しさと華やかさを増すこのコーナー。瀬戸千花が、『solo flight』を、今度は大胆なユーロスタイルにアレンジし、フロア中に熱い声を響かせていった。このコーナーの最後を締めくくったのが、杉本よしみの歌う『into you』。超アッパーでアゲな楽曲でスリルを与えるところも魅力だが、このコーナーの最初と最後を杉本よしみの歌声でしめくくっていた構成も素敵じゃないか。


 そして、お馴染みの楽曲を次々と繰り出すd-girlsの最終コーナーのライブへ。冒頭を飾ったのが、触れた人たちを眩しい青春時代の中へ巻き戻す、百瀬めいの歌う『again』だ。この曲を通して彼女たちは、一気にポップで華やかなd's worldへと連れだした。舞台の上で、自分自身の気持ちを鼓舞するように、躍動するダンスナンバーに乗せて元気いっぱいに歌い躍る姿へ触れていると、見ている側の気持ちも華やぎだす。いつものd-girlsだ。でも、いつものd-girlsをこの大きな会場で味わえているのが嬉しい。

  歌のバトンは、崎山サラへ。彼女にとって初めて手にしたヴォーカル曲。だからこそこの日も、ひと一倍華やごうと、元気いっぱいの眩しい笑顔で『STAR☆JET』を歌っていた。このブロックでは、最初から喜屋武里奈がメンバーとして参加。もともとd-girlsのメンバーだけに、違和感なくどころか、今のd-girlsにさらにキラキラとした煌きを与えていた。それにしても、崎山サラの歌もしっかりと成長している。彼女の努力は、今、ようやく芽吹きだしている。

  歌のバトンを受け取ったのが、喜屋武里奈。やはり彼女には『with smile』が似合う。もともとこの曲をd-girlsの中で磨きあげてきたのが喜屋武里奈だけに、真骨頂を発揮とばかりに、かわいさの中にも凛とした強さを魅せながら、彼女は「とびっきりの笑顔を見せて」と歌っていた。フロアのあちこちから、喜屋武里奈に向けて熱い声を飛び交う様も、時空を超えた景色のようにも見えていた。

 NON STOPで続く楽曲のバトンは、斉東由奈の歌う『See you again』へ。彼女の「d」の呼びかけに、フロア中から「girls」の声が飛び交う。楽曲もひと一倍明るいが、この日の斉東由奈の姿が、とにかく眩しかった。彼女の歌にあわせ、元気いっぱい声を張り上げ、腕を振り上げる観客たち。歌詞は切ないのに、でも、この場には、互いに強く求めあい、思いきり無邪気にはしゃぎあう、最高にPARTY を楽しんでいる景色が広がっていた。6人のメンバーと観客たちが思いきり右手を振りあう景色に触れながら、胸が熱く奮えていた。みんな本気で楽しんでいる。本気の笑顔を浮かべ、この場で一緒に溶け合うことを本当に楽しんでいる。

  そこへぶつけたのが、ゲストシンガーの鈴原優美と瀬戸千花が歌う『brave heart』だもの。じっとなどしていられるわけがない。2人がかけあう歌に向け、フロア中の人たちが野獣のごとく野太い声をぶつけ、一緒に眩い輝きを放つ大空へ向かって飛び立っていた。鈴原優美と瀬戸千花の歌声が2つの歌声の翼となり、この場にいる人たちみんなを、dのSoundに乗せ、高い高い場所へと引き連れてゆく。8人のd-girlsの姿は、まるで戦隊ヒーロー大集合のようで最高に胸を躍らせる。高まるよ、高まるこの鼓動をもっともっと鳴らしながら、一緒に煌めく世界へ向け、歌と絶叫した声を羽ばたかせたい。

  「今すぐ君に伝えたい 明日のことは判らない」「この瞬間 側に君がいてくれる幸せを」と、杉本よしみとゲストシンガーの小粒が思いを交わしあうように『moment』を歌いだした。小粒の歌が、思いきり歌声の翼を羽ばたかせていた。その気持ちを受け取った杉本よしみも、共に歌声の翼を羽ばたかせ、8人のd-girlsとして。いや、ここにいるたくさんの人たちと一緒に、理想郷へと向かって羽ばたいていた。とても切ない歌なのに、とても胸に元気や勇気、希望を与えてゆく。それは8人の心がそう求め、輝いているからだ。杉本よしみと小粒が絡み合い歌う姿も、とても強く瞼に焼き付いた景色だ。

  ライブも終盤へ。さぁ、ここからさらに新しい景色を見つけに駆けだそうか。瀬戸千花が歌い出したのが、みずから作詞を手がけた『START!!』だ。「君が教えてくれた まだ僕にできることを 光の先へ進め まだだやれる 1人じゃない 今ここがスターラインなんだ」という歌詞は、今の瀬戸千花の。いや、昔からずっと夢を追いかけ続けてきたd-girlsのメンバーらの思いだ。何度も挫けそうな試練を乗り越え続けてきた彼女たちだからこそ。そしてつかんだZepp Shinjukuという舞台の上でこの思いを伝えてきたからこそ、またd-girlsと一緒に、次のステージに向かってスタートラインを切ろうと、ここいる人たちみんなが心の中で約束を交わしていた。

 ここで飛び出したのが、杉本よしみがヴォーカルを担う『Dreamer』だ。しかもこの曲を、8人のd-girlsとして味わえるとは‥。杉本よしみは歌っていた「悲しみつらさ 淋しさも全部夢が埋めてくれるから あなたと一緒に走れて わたしの生きる証になったよ」と。その言葉を、そっくりそのまま彼女へ、舞台の上の8人に返したい。フロア中から沸き立つサークルを組んだ人たちによる熱い声。サビ歌にあわせ、メンバーと仲間たちが、一緒に大きく手を振りあっていた。この景色に触れていたら、嬉しくて、本当に嬉しさが込み上げてきて、いつしか涙目で彼女たちを見ていた。悲しみも、つらさも、淋しさも、全部心を踊らす歌が埋めてくれる。だから、ここに集まりたくなる。終盤、メンバーが飛び跳ねる姿にあわせ、フロア中の人たちが飛び跳ねていたときも、床が大きく波打っていた。

 今宵の航海の最後を飾ったのが、杉本よしみと瀬戸千花の歌う『Voyage』だ。d-girlsと僕らは、この場へ到るまでにも何十回といろんな荒波を乗り越え、今、ここで一緒にはしゃいでいる。d-girlsという船体は本当に傷だらけだ。でも、荒波を乗り越えるたびに、この日のようにたくさんの仲間たちがd-girlsという船のクルーとして乗り込めば、共にどんな荒波を乗り越え、共に新しい理想郷に向かって突き進んでゆく気持ちになれる。さぁ、君も一緒d-girlsという船に乗り込まないか。10年という歳月によって船体についた無数の勲章を誇りに、この船に一緒に磨きをかけ、胸が震える素敵な感動を味わってみないか。共に見れるのは、けっして大きな景色ではないだろう。でも、心を揺さぶる景色って大きさじゃない。その人の心に強烈に焼きついた、その景色こそが感動だ。それをきっとd-girlsは、君に与えてくれるはずだ。

4


PHOTO:Takaya Kozawa(Deep Forest) / Akira Takise
TEXT:長澤智典 


SNS 

d-girls
https://d-girls.info/
https://twitter.com/d_girls_FD
 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.02.26
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2024.02.22
ガルポ!ズ LIVE レポ