FEATURE

2023.09.13
BOP

BOPにとって最期の日なのに、完成形ではなく、まだまだ進化し続ける姿を見せてくれたことが嬉しい。 「BOP 4th ONEMAN LIVE ~To be...~」公演レポート

 ついに,この日が来てしまった。BOPとしての有終の美を飾る場として用意したのが、『BOP LAST ONEMAN LIVE』と題したワンマン公演の場。2023年9月9日(土)@東京・初台DOORS。この日は、けっして忘れられない日になった。いや、忘れたくない日になったからこそ、この日の模様を記録として、ずっとここへ残しておきたかった。
  ここでは、第1部:「BOP 4th ONEMAN LIVE ~To be...~」公演の模様をお伝えしたい。

1


 胸の内を熱く掻き立てるSEに乗せ、フロア中から起きた熱い声・声・声。その声へ導かれるように4人が舞台へ姿を現した。「BOP 4th ONEMAN 1部「To be…」」公演の幕開けを飾ったのが、『Rock Your World』。4人はクールな装いを持って、観客たちへせまりだす。これまでずっと側へ寄り添ってくれた仲間たちへ感謝の気持ちを伝えつつも、これからも自分らしく生きていくと4人は舞台の上から宣言。心を燃やしながら走り続けたこれまでの日々を胸に甦らせ,その上で、互いにBOPと過ごした日々を宝物にしながら未来へ向かって歩みだそうと呼びかけていた。そう感じるままに、気持ちが動くままに、これからを楽しもうか。
  音楽はけっして鳴りやまない。BOPとして歩み重ねた日々も、けっして消えることはない。胸を躍らせるBOPの音楽をずっとずっと心の中で鳴らし続けろとメッセージするように、この曲でも4人はクールに。でも、胸に熱いパッションを抱きながら『Don't Stop the music』を歌い躍っていた。曲が進むにつれ、4人の歌声にも熱が膨らんでゆく。
  さらにクール&ファンキーな装いを持って、4人は沸き上がる本能へ導かれるままに、華麗なステップを決めながら『Get it on』を歌っていた。甘く優しい表情と、凛々しくクールな魅力を巧みに組み合わせ、フロア中の人たちのハートを4人は歌声で射抜いてゆく。舞台の上のメンバーらの艶めいた姿を視線がずっと追いかけていた。見惚れる。まさに、そんな感覚だ。

 最初のMCでは、「なんか暑いんだよ」と口にしながら、メンバーそれぞれが胸に熱い思いを感じていた。さらに彩浪遥斗は、「この日のタイトルには、俺たちの意気込みを込めている。ここからまだまだ飛んでいくよ。まだまだ俺たち上にいっちゃうよという意気込みを込めてやっていく」と語っていた。
  
 「体内から熱くしていくことで、ライブも熱くなる」と口にした彩浪遥斗の言葉を合図に飛び出したのが、クールなラップナンバーの『BANG BANG BANG』。躍動する強烈なリズムの上で、4人は軽やかにステップを踏みながら、気持ちの内側から沸き立つ熱情をそれぞれが言葉の弾丸に込め、フロア中の人たちのハートに狙いを付けて撃ち続けていた。
 ここからフロア中に一気に熱を注ぎ込もうと、BOPは『Revolution』を歌唱。この曲でもクールな装いを見せながらも、感情の内側から沸き立つ熱い衝動を、歌声やパフォーマンスに乗せてブースト。4人の歌声にもエモーショナルさが増してゆく。さぁ、ここからさらに、BOPらしい革命を巻き起こそうか。4人が「Revolution」と拳を振り上げて歌うたびに、フロア中からも高く拳が突き上がり続けていた。

2

  この日のメンバーは、これまでの衣装をシャッフルして着ていたことを報告。しかも、他のメンバーの衣装を、それぞれにシャッフルして着ていることも説明していた。

 次のブロックでは,ライブでお馴染みのカバーコーナーを実施。この日は、氣志團の『One Night Carnival』、B'zの『ultra soul』、矢沢永吉の『止まらないHa~ Ha』を「飛べセトリ」と題して歌唱。名曲たちをリスペクトしてゆく姿勢もBOPの歩みを語るうえでは欠かせないことから、この日もしっかりその様を見せていた。

 「俺らの夏、まだ終わんなくない?」と叫ぶ翔咲心の言葉を合図に飛び出したのが、EUPHORIAの『トパーズ色の太陽』。まさかの楽曲の登場に、曲が始まるのにあわせてフロア中から熱い声が飛び交えば、MIXも誕生。曲中も、場内中の人たちが4人と一緒に大きく手を振れば、躍動するメンバーたちへ向かって、熱い口上をぶつけていた。ここまで、気持ちの内側を熱く揺らす楽曲を軸に据えていただけに、体感的な楽曲の登場にフロア中の人たちも感情を一気に爆発させ、大きく身体を揺らし、声を張り上げていた。落ちサビで4人の歌うエモいハーモニーに向け、カラフルなペンライトの輝きが波のように舞台へ押し寄せてゆく様も眩しく見えていた。
 フロア中から飛び交う「熱ーい!」の声。その熱さをさらに灼熱の衝撃へ染め上げるように、BOPは、同じくEUPHORIAの『熱烈LOVE』を熱唱。4人の熱烈なアプローチに、フロア中の人たちも熱い声を張り上げ、熱狂&熱情。4人の放つ情熱の風が吹き荒れるたびに、フロア中の熱もどんどん巻き上がる。このまま、火傷しそうなくらいハートを熱烈に染め上げてくれ。

 MCでは、「揺れたねー」の声もメンバーから出ていたほど、フロアも熱い空気に包まれていた。その熱をさらにヒートアップするようにライブもラストスパートへ。

3

  飛び出したのが、BOPの始まりを告げた『サヴァイバー』。フロア中から沸き立つクラップ。その音もパワーに、4人は凛々しく、雄々しき声を張り上げ、理性などすべて消し去る勢いで攻めだした。メンバーらは気持ちを熱く奮い立て、躍動したダイナミックなパフォーマンスも見せながら、観客たちを挑発し続ける。
  強烈な四つ打ちのダンスビートが、フロア中を揺らしだす。BOPは『Playlist』を通し、とてもエモい衝撃を突きつけた。ふたたびクールな装いも見せながら。でも、ハートを強く打ち鳴らすビートに気持ちがシンクロするたびに、身体が熱く揺れ動く。その上で跳ねるように飛び交う4人のエモーショナルな歌声が、心地よく気持ちをトリップさせていった。
  最期に叩きつけたのが、『Resistance』だ。4人は、凛々しい歌声やラップを1曲の中で絡ませ、アグレッシブでエナジーにあふれたパフォーマンスを見せていた。ときに蹴りあげる姿も混じえ、4人は雄々しい声を響かせ、フロア中の人たちのハートをバーニングさせていった。この日が、BOPにとって最期になる日。なのに、完成形ではなく、まだまだ進化し続ける伸びしろを持った姿を最期のブロックで見せてくれたことも嬉しい。そう、BOPはずっと進化を続けながら、終わりを迎えてゆく…。

4


 アンコールで歌ったのが、『Over the TOP』。まだまだBOPは飛躍し続けてゆく。終わることを悲しむのではなく、ずっとずっと夢を観続けていける姿勢がBOPらしいじゃない。4人の温かく美しい声からも、夢見続けてゆくことを忘れないメンバーたちの強い意志が伝わってきた。4人にエールを送るように、-フロア中で4色の綺麗なペンライトの輝きが揺れ続けていた。

  まさに「最高に圧倒的であれ」のキャッチフレーズに相応しいライブだ。MCでは、流雅真紗斗も「今日はみんなが声を出して楽しんでいたからめちゃくちゃ楽しい」と笑顔で語っていた。翔咲心も「俺らの新しい一面を見せられて最高の1日になりました」と述べていた。

「筋肉痛になるまで踊り騒げ」と叫んだ流雅真紗斗の言葉を合図に、BOPは最期の最期に『Neo space』を熱唱。フロア中の人たちもBOPの一員となり、力いっぱい声を張り上げ、最強に熱い空間をこの場に作りあげていった。 メンバー一人一人に向けて飛び交う観客たちの野太い声は、間違いなく4人の気持ちを奮い立てていた。
 
  この熱情と熱狂を持って、ライブは最期の舞台へと引き継がれていった。

5

 

二部は、こちらより。


TEXT:長澤智典 


BOP 4th ONEMAN 1部「To be…」セットリスト 

『Rock Your World』
『Don't Stop the music』
『Get it on』

『BANG BANG BANG』
『Revolution』

『One Night Carnival』(氣志團)
『ultra soul』(B'z)
『止まらないHa~ Ha』(矢沢永吉)
    
『トパーズ色の太陽』
『熱烈LOVE』

『サヴァイバー』
『Playlist』
『Resistance』

-ENCORE-
『Over the TOP』

『Neo space』

SNS
https://lit.link/bop
Twitter : https://twitter.com/BOP__official
TikTok : https://www.tiktok.com/@bop__official
Website : https://dreamboat.site

■メンバーTwitter 
翔咲心:https://twitter.com/kokoro_BOP
海憧乙綺:https://twitter.com/itsuki_BOP
彩浪遥斗:https://twitter.com/haruto_BOP
流雅真紗斗:https://twitter.com/masato_BOP

■「Rock Your World」Music Video
https://www.youtube.com/watch?v=BhB6R8CDn5o
 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.06.15
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2024.06.12
ガルポ!ズ LIVE レポ