FEATURE

2023.05.13
月間PAM

「橋本祭2023〜ホントノミリョク〜」イベントレポート!!!! 月刊PAM 編

 5月6日、渋谷REXを舞台に、気になるガールズバンド/シンガーが出演するイベント「橋本祭2023〜ホントノミリョク〜」が行われた。出演したのは、以下のアーティストたち。

月刊PAM(ex.THE COINLOCKERSのメンバーである船井美玖、宇都宮未来の2人によるユニット)
山崎亜美瑠(ex.NMB48)
長久玲奈バンド(Vo.長久玲奈(ex.AKB48)/Gt.Hannalyne(ex.THE COINLOCKERS)/Ba.鏡味のぞみ(ex.THE COINLOCKERS)/Dr.山木コハル(ex.X21)) 
月照ラス(声優、上間江望がヴォーカルを担うバンド)

  タイトルの「橋本祭り」とは、渋谷REXの橋本裕也店長が大推薦しているバンド/シンガーたちということから命名。しかもこの日は、橋本店長の誕生日当日。そのめでたい日に、彼が一押し…4押しのガールズたちを、イベントを通して紹介していた。ここからは、月刊PAMの当日の模様をお伝えしたい。
 

月刊PAM

舞台の上でときに寄り添いながら、この場で歌うことを2人は無邪気に楽しんでいた。その楽しさが自然に場内中に伝播し、みんなが笑顔に染まっていた。

 SEが流れだしたとたん、この空間は現実を離れた桃源郷のような異世界へと染まりだす。月刊PAMのライブは、ギターの音に乗せ、船井美玖と宇都宮未来が歌声を交わすようにスタート。そこへ四つ打ちの心地好いダンスビートが加わることで、楽曲は一気に躍動感を増しだした。2人が歌う、浮遊感を持った心地よい歌声と、軽快に弾むダンスビートがミックアップ。月刊PAMの歌う『さいきんぼくは』が、身体を優しく弾ませる。 2人は、ときに寄り添いながら、この空間にいる人たちの身体と心を次第に大きく揺らしだす。

 弾む心地好い空気へ、さらにカラフルなビートと歌の香りを振りまくように『息をする旅』へ。互いに歌を交わし、声を重ねながら、楽曲へ綴った思いに温かい彩りを与えてゆく。気持ちを優しく揺さぶる歌とリズムだ。いや、2人の温かい歌声を力強く押すようなダンスビートに乗せ、フロアにいる人たちもゆったりと身体を揺らせば、手にしたペンライトを振りながら、彼女たちにエールを送っていた。2人は温かい歌声の語り部となり、歌詞に記された思いを、まるで私小説のように、心の中のノートへ色鮮やかに綴ってゆく。2人のハートフルながらもエモい歌声に、ずっと気持ちが弾み続けていた。

  2人のハモった歌声からスタート。kawaii future popなスタイルを持った『くゆりゆく』だ。レーザーの飛びかう演出も、この楽曲に華やかでサイバーな彩りを与えていた。2人は、早口の語り部となって、女の子の奥ゆかしくも愛おしい心模様を次々と言葉にしながらも、軽やかに歌っていた。間奏で「Oi!Oi!」と熱を交わし合う場面も描きつつ、スタイリッシュかつキュートなデジタルポップワールドの中で、彼女たちは互いに戯れながら、この空間に、乙女の心模様をカラフルに描きだしていた。その愛らしい乙女心、触れているだけで胸がキュンとなる。

 月刊PAMのライブは、止まることなく、次々と胸を弾ませる物語を綴りだす。2人は、この空間にひと足早い夏の風を吹かせるように、『Okay』を爽やかに歌唱。リフを刻むギターの音も印象的。躍動したダンスビートと開放感を抱いたロックスタイルをミックスアップ。2人が、夏を連れだす女神に気持ちを染めあげ、この空間に燃えるような、いや、爽やかな夏の景色を描きだす。途中には、フロアにウェーブを巻き起こす場面も登場。猛暑の夏ではなく、スカッと爽快な気持ちに染めあげる、忘れたくないひと夏の青春の景色と甘い心模様を、2人はこの場に作りあげていった。

 ふたたび月刊PAMは、『息をする旅』を歌唱。船井美玖と宇都宮未来が歌声をリレーするように歌いだす。軽やかに弾む2人の歌声へ導かれるように流れだした躍動的な演奏に乗せ、2人が呼吸を合わせるようにビートと歌声の鼓動をシンクロ。熱を抱いた2人の歌声や、腕を振りあげて煽る姿に刺激を受けたフロア中の人たちが声を張り上げ、拳も高く振り上げながら、2人の弾む鼓動と気持ちをシンクロし、熱を交わしあっていた。スタイリッシュさも抱きつつ、でも、触れていると身体中に熱が駆けめぐる、とても熱くエモーショナルな楽曲だ。2人が力強く駆けるたびに、心も嬉しく騒ぎ続ける。

  宇都宮未来が、そして船井美玖が、まるでフォークシンガーのように言葉のひと言ひと言を大切に紡ぎだした。でも、楽曲が一気に華やかな四つ打ちのリズムを刻むのに合わせ、この場が一気に華やいだ。月刊PAMはふたたび『さいきんぼくは』を歌唱。最初と最後を同じ曲で挟みながら、2人は物語を描き出す。心地好くクラップをしながら、2人は、熱情した思いを観客たちへ呼びかけるように歌っていた。彼女たちの歌声に乗せ、フロア中の人たちがクラップに乗せて思いを返してゆく。舞台の上でときに寄り添いながら、2人は、この場で歌うことを無邪気に楽しんでいた。その楽しさが自然に場内中に伝播し、みんなが笑顔に染まっていた。


LIVE

PHOTO:大西基
TEXT:長澤智典 


https://www.gekkanpam.com/
https://twitter.com/gekkanpam


 渋谷REXではガールズハンド/シンガーも積極的にイベントとしてプッシュしていくので、興味のある方はライブハウスへコンタクトしてもらいたい。

https://ruido.org/rex/
https://twitter.com/SHIBUYA_REX
https://twitter.com/rex_yuya
 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2023.09.30
イベント情報
最新記事更新日 2023.09.28
ガルポ!ズ INTERVIEW