FEATURE

2023.03.24
Aphrodite

彼女たちは舞台の上で声を荒らげ、フロア中の人たちを狂人に変えて操ることを楽しんでいた。互いに拳をぶつけあう、この感覚がたまらない!! Aphrodite ライブレポート

3月より、新制Aphroditeの活動がスタート。現在、毎週月曜日に新宿HEISTを舞台に、単独定期公演「女神の目覚め」を行っている。
 このたび、3月20日(月)に行われた「新生Aphrodite単独定期公演~女神の目覚め~vol.3」へ潜入。当日のライブの模様をお届けしたい。
 
 
 荘厳な音色が鳴り響く場内。新たに生まれ変わった黒い女神たちが、舞台へと降臨。この地を、現実を忘れた楽園に染めあげようと、彼女たちは『EDEN』に乗せ、フロア中の人たちの理性の鍵を壊し、熱いクラップと絶叫を、その体から引きずりだす。メンバーたちはモニターに足を乗せ、観客たちへ挑みかからんばかりの気迫と勢いで観客たちを煽る。フロア中を渦巻く轟音を背負いと、凛々しい表情で観客たちへ挑みかかる女神たち。その呼びかけに、フロア中の人たちが体を揺らし、応えていた。たとえ馴染み深い楽曲だろうと、それを表現する人たちが変われば、ライブの雰囲気も変わる。新生Aphroditeは、とても攻撃的だ。声を張り上げ、終始観客たちへ挑む姿で煽り続ける黒い女神たち。その気迫に立ち向かう人たちから、その迫力に呑み込まれて棒立ちする人たちまで、フロアには様々な景色が生まれていた。
 
 メンバーらが拳を突き上げ、モニターに足を乗せ、観客たちを「Oi!Oi!」と煽りだす。『月は無慈悲な夜の女王』に乗せて彼女たちは、暴欲を求める女王と化し、今にも舞台の上から飛び下りんばかりの姿で、声を張り上げていた。舞台の上とフロアの間にある透明な境界線。そこを超えそうで超えられないからこそ、互いに境界線をぶち壊したい欲望と衝動を持って、感情をぶつけあう。メンバーらの煽りに刺激を受け、上がり続ける拳・拳・拳。これぞAphroditeらしいライブだ。
 
 「なぜ悲しいの なぜ傷つけるの」と悲痛な叫び声が上がる。『Ēlysion』が唸りを上げて駆けだすのにあわせ,メンバーとフロア中の人たちが、高く掲げた拳を空の上で交わしあう。曲が進むにつれ、胸の奥底で眠っていた野生の感情が暴れ出す。メンバーも、フロア中の人たちも、感情を剥きだしにぶつけあう。Aphroditeらしいライブだ。でも,これまで以上に狂気を覚えるのは,今のメンバーたちが、ライブを通して本気で戦いを挑んでいるからだ。これは喧嘩だ。Aphroditeと観客たち一人一人との対マンだ。だから、突き上がる拳が強く揺れていた。
 
 『lament』でも黒い女神たちは、冒頭から熱い声でフロア中の人たちをけしかける。メンバーらの歌に気持ちを重ねあわせるように、フロアのあちこちでも、彼女たらの動きとシンクロするように拳が突きあがる。清楚な印象や、ときおりニヤッとした笑顔もチラ見せながらも、彼女たちは舞台の上で声を荒らげ、フロア中の人たちを狂人に変えて操ることを楽しんでいた。互いに拳をぶつけあう、この感覚がたまらない!!
 
 荘厳シンフォニックな音色が、この空間をカオスな魔境へと塗りかえる。Aphroditeは『Distopia』を通して、観客たちを黒い儀式の中へと誘い込む。サビ歌で聞かせる、魂を浄化するような美しい歌声。ノイズのようなカオスな音の中で、美しき歌声を響かせる。それもまた、Aphroditeらしい魅力だ。たとえ轟音の中だろうと、芯の太い存在感を持った歌声を彼女たちがしっかりと描き出せるようになったとき、本当の意味でAphroditeは羽ばたくための始まりの地に立てるのかも知れない。もちろん今も、雄々しくも美しい声を黒い女神たちは響かせていたが…。
 
 MCでは、はにかんだ乙女の面も見せる彼女たち。そのギャップも嬉しい魅力だ。
 
 Aphroditeは最後に、ふたたび『月はは無慈悲な夜の女王』を歌唱。冒頭から舞台の上とフロア中で熱い拳のやりとりが誕生。興奮を抑えされない観客たちが、メンバーたちのすぐ側まで近づき野獣と化していた。前方では観客たちがまみれながら、黒い女王たちから熱狂という洗礼を受けていた。突き上がる無数の拳。前方では客どうしが戯れれば、メンバーらの掲げる拳へ重ねるように、フロアのあちこちから拳が伸びていた。我を忘れるこの熱狂こそがAphroditeのライブ。今はまだまだ未完成だろう。でも、未来がとても気になる姿を、しっかりと見せていた。

 

1


TEXT:長澤智典


セットリスト
『EDEN』
『月は無慈悲な夜の女王』
『Ēlysion』
『lament』
『Distopia』
MC
『月は無慈悲な夜の女王』


SNS

https://twitter.com/aphrodite_idol

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.07.12
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2024.07.06
ガルポ!ズ LIVE レポ