FEATURE

2023.03.23
きみとバンド

きみとバンドの単独公演「ROAD TO BUDOKAN~第一章~」レポート!!!

きみとバンドにとって初になるホールでの単独公演「ROAD TO BUDOKAN~第一章~」を、3月18日(土)に浅草で開催。この日は、きみとバンドが日本武道館公演を目指すために挑戦してゆく新しい物語の最初のページになる。


 SEが鳴りだしたとたん、客席中から熱い手拍子が起きる。メンバーたちは、ステージ中央からせり上がる形で登場。ライブは、『きみとバンド』からスタート。森田理紗子の歌声をリードに、清原梨央が歌を重ねながら、胸をくすぐる歌声の掛け合いを見せてゆく。
  「新たな物語のスタートです」の言葉を受け、優しい歌声で、森田理紗子と清原梨央が『スタートライン』を歌いだす。大野真依の叩くタイトなドラムビートも心地好い。3人とも、この場に生まれた温かい空気に包まれることに楽しさを覚えていた。そのうえで「何度でも立ち上がるよ」と歌いながら、ここから一緒に新しいスタートを切ろうと誘いかけてきた。
  今でも好きで好きでたまらない恋しい人への思いを、少しの痛みを胸に覚えながら、清原梨央が『はなればなれ』を歌っていた。乙女の切ない思いを告白するような姿にエールを送るように、客席中から熱い声が飛びかっていた。途中、清原梨央の語ったセリフも胸がきゅっと鳴った。

 

6

 MCでは森田理紗子が、「音楽に出会うまでは、好きなこともなくて。だから音楽に出会えて本当に良かったと思っているし、音楽しかないと思ってここまでやってきました。メンバーやファンのみんなと作り上げる一体感が好きです。音楽ってこんなに楽しくて、自由なんだと、きみとバンドが教えてくれました。きみとバンドを通していろんな形を見せたいし、いつか日本武道館に立って、いろんな人の希望になれたら嬉しいな」と語っていた。

 

5

 

『amulet』は、きみとバンドとして活動をするうえで原点となった歌。アコギを鳴らしながら、優しい声で歌を届ける森田理紗子。彼女の声へ寄り添うように歌う清原梨央。サビ歌で見せる2人の美しいハーモニーに、大野真依の叩くドラムのビートも心地よく音を寄り添えていた。間奏では、3人が顔を見合わせて歌う場面も登場。心で繋がりあった関係性が見えていた。
  楽曲は『rosemary』へ。森田理紗子の、少しノスタルジーな香りを抱いた歌声が、淡い青春時代の夏景色へと連れ戻す。彼女たちが歌い奏でるたびに、曲に詰め込んだ思いの景色の中へ導かれてゆく。大人の階段を駆けだしていたあの頃の、淡い,甘酸っぱい思いを、ローズマリーの花言葉(誠実さ)と重ねあわせ、受け止めていた。淡い青春物語の中へ、このままずっと溶け込んでいたい。
  彼女たちはミドルメロウな『きみとふたり』に乗せて届けてきた。甘く、でも淡く切ない恋する心模様を、森田理紗子が愛しい人へ向け、心の中で告白するように歌っていた。何時しか切なさという心の琴線が揺れ、少しの涙を覚えていた。

 

9

 

「わたしは、まだまだ誇れるものも多くないですけど。誰かに必要とされる限り、ステージに立ち続けたい。ここは、わたしがやっと見つけた居場所です。ここで輝いて、誰かの光になれるように歌い続けていきます」と、清原梨央が、彼女自身が心に溜め込んでいた思いをMCで語っていた。

 

4

 

その強い決意を歌に乗せて示すように、清原梨央が『オレンジ⾊の世界』を歌いだした。歌うたびに言葉や歌声、演奏に力が漲り、強い意思を持って響きだす。彼女は、ここから前へ進む意思を、「輝ける場所 僕は見つけた」と歌っていた。
 ステージ中が、白く眩い輝きに包まれる。森田理紗子の歌声をリードに『スローモーション』が飛びだした。いつもは優しい歌声を響かせる彼女が、キラキラと輝く舞台の上で、力強く凛々しい歌声を響かせ、この会場に熱情した景色を描きだす。とてもパワフルで、眩い輝きを放つ歌だ。舞台の上でぴょんぴょん飛び跳ね、ギターを演奏していた清原梨央の姿も、眩しく見えていた。
  大野真依のドラムが繰り出す熱いビートにあわせて、清原梨央がフロア中の人たちを煽りだす。その煽り声を受け、森田理紗子が、気持ちをハッピーに導く呪文を唱え出す。メンバーと客席中の人たちが、『レリビ☆』にあわせて楽しくはしゃいでいた。彼女たちは「弾けろ君たち」と誘いかけていた。その誘いの声と、森田理紗子のかける魔法の呪文の言葉にあわせ、客席中の人たちが、舞台上の3人と声を上げて熱いやりとりを交わしていた。

 

4

 

 『さよならリフレイン』では、森田理紗子がエレピを演奏。森田理紗子が弾き語りながら、切ない恋の思い出を振り返るように歌いだす。歌が進むたびに、切なさが胸の奥から込み上がる。サビ歌に入ると同時に全員の演奏が重なり、切ない思いをドラマチックに描きあげてゆく。愛しい人へ向けて、「あなたに届きますように」と歌う森田理紗子。心の本音を焦がすように歌う、その恋心をしっかりと受け止めたかった。だから、その歌声を、言葉を、演奏を追いかけていたかった。清原梨央のギターの旋律も、胸を揺らしてくれた。
  ふたたび森田理紗子がアコギに持ち替え、『シャボン玉』の演奏へ。ふわりと空中で揺れるシャボン玉のように、淡い思いや切ない恋心を覚える歌だ。シャボン玉のような淡い思いが、すぐに消えてしまうのではなく、ずーっと心に染み渡る。森田理紗子の告白するように語る歌声と揺れる思いの物語をずっと追いかけていたかった。
 きみとバンドは、ゆったりとした心地よいウネリを描きながら『歌にのせて』を演奏。リードを取る森田理紗子の歌声が、この空間を心地よく舞いだした。壊れてしまった恋心や、いろんな思い出をくれたきみに向けての感謝の思いを、森田理紗子は思いを伝えるように歌っていた。
 温かくまろやかな空気へ気持ちを騒がせる熱を注ぐように、『きみが好き』を演奏。愛しい人に向けた「きみが好き」という思いを、森田理紗子と清原梨央が、晴れた歌声で真っ直ぐに届けてきた。「きみが大好きだよ」という思いを、こんなにも力強く元気で前向きに伝えられたら、はしゃがずにいれない。
 胸の奥から思いを引き出し、じんわりと伝えるように、彼女たちは『蝉しぐれ』を歌い奏でていた。力強く前向きな楽曲もきみとバンドの魅力だが、切ない乙女の心の本音を零す歌たちにも気持ちが寄り添い続ければ、いろんな物語を心のスクリーンに映しだしていた。改めて、森田理紗子には"泣き歌"の服が似合うなと実感。ずーっとその歌声に引き寄せられていた。

 

7

 

 MCでは、この日のライブに向けての思い。掲げた武道館へ向け改めて感じた気持ちを、大野真依が語りだす。「何でも受け入れて、何でも柔軟に対応していく、わたしのそこがいいよと言ってくれる人たちもいるけど、それが嫌だと思うときもあります。以前まで、明確な目標がなく、空っぽだったわたしにとって、応援してくれる人たちを。みんなを日本武道館へ連れてゆく明確な目標が、わたしのすべての原動力になっています。だからわたしは、みんなとの約束を守るためならなんだってするし、絶対に(ファンを含めた)このチームで日本武道館に立ちたいと思っています。みんなで日本武道館へ行きましょう」。

 

3

  その言葉を合図に,きみとバンドは『あの場所へ』をパワフルに演奏。激しく駆けあがるように躍動する楽曲に乗せ、森田理紗子が力の限り声を張り上げ、きみとの約束を絶対に叶えるからと強い意思を持って歌っていた。森田理紗子の歌う「オーオーオー」の声にあわせ、客席中からもたくさんの拳が突き上がる。最後の「オーオーオー」の合唱も激アツだ。
 『恋のモンスター』の歌や演奏にあわせ、場内中の人たちが力強い手拍子や振り上げた拳を3人にぶつけていた。清原梨央は、ピョンピョン飛び跳ねながらギターを演奏。彼女の飛び跳ねる動きにあわせて,客席中で振り上がった拳が揺れれば、3人と一緒に「オッオーオオオッオッー」と声を張り上げ、気持ちを一つに重ねあわせていた。
 森田理紗子の「浅草好きやけん」の歌声も印象的。『∞YAKEN』が始まったとたん、場内中から手拍子の音が響きたす。森田理紗子の「浅草好きやけん」の歌声に合わせてフロア中からたくさんの拳が突き上がる景色も、観ていて気持ちを熱く騒がせる。一体化した、この景色が素敵だ。落ちサビで場内中に響いた熱い手拍子。この一体化した空気がめっちゃ好きやけん。
 最後は、春の季節を、この空間でもみんなと一緒に感じあおうと『春風問答』を演奏。舞台の上から優しく色づいた歌声の花びらが、客席の上を次々と舞い踊る。舞台の上には、3人に向けてたくさんの桜の花びらが降り注いでいた。終盤、3人で顔を見合せて演奏する姿もキラキラ眩しく見えていた。

 

2


 アンコールの最初に披露したのが、清原梨央がラッパーになった『東温ラブストーリー』。ビートにあわせ、彼女は明るく力強い声でラップをぶち噛ます。清原梨央は、今のプライベートな自分の姿や感情も交えた思いの数々を、舞台の上を右に左に歩きながらラップしていた。この曲で清原梨央が見せる、パリピモードに染めあげ、テンションをアゲアゲにライムする、ノリノリの姿をぜひ味わってもらいたい。
  最後にきみとバンドは、『rebirth』を演奏。清原梨央の歌声をリードに、森田理紗子が歌を掛け合い、ハモりながら、この空間に心温まる景色を作りあげていった。客席中の人たちも、掲げた手を左右に大きく振りながら、3人に思いのエールを届けていた。 熱情した物語の最後を、ほっこりとした温かい歌声と演奏でギュッと包んでくれたのも嬉しかった。改めて、きみに出会えたことに嬉しさとあったかい笑顔を感じていた。 またこの景色を楽しみたい。

 

1

 

TEXT:長澤智典


最後に、メンバーから届いたコメントを掲載しよう。


大野真依

①    浅草公会堂ライブを終えてみての感想は?


今回はライブが無事に終わったのにどこかまだソワソワしている自分がいて。ここから日本武道館に向けてのスタートをいよいよ切った。終わりからの始まりという今までに無い不思議な感覚でした。ファンの方からも浅草公会堂ライブ後、日本武道館を一緒に目指そうという言葉を以前にも増して言っていただき良いライブが出来たんだなと安心したと同時にここから頑張るぞ!という気合いがさらに入りました。

 

②見どころは?


今回の浅草公会堂ライブは、初の特注衣装でした。やはりステージが大きくなるにつれ、照明や演出なども豪華にしていただくので自分自身もさらに輝けるように派手でお洒落な衣装を作っていただきました。きみとバンドは音楽的なところだけではなく、見た目も大事にしている部分が大きいのでぜひメンバーそれぞれの個性にあった衣装に注目して頂きたいです。

 

③目標である日本武道館へ向けてこれからは?


分かってはいるつもりですが、かなり厳しい現実が待っていると思います。なので今までやってきたSNSの活動をさらに何倍も頑張るつもりです。昔は音楽以外のことに力を入れると批判の声が上がることもありましたが、ここまで明確に「日本武道館に立つ」という目標をもてる事がとても幸せで例えどんな声があがっても気にならないぐらい私達には日本武道館しか見えていません。あの場所に立てる日までとにかくがむしゃらに走っていきます。

 


清原梨央

①浅草公会堂ライブを終えてみての感想は?


今まで一番緊張感のあるライブでした。今回のライブがRoad to Budokan 第一章ということで、武道館への一歩が今始まったんだ…!と改めて実感して、ステージに立った瞬間に心臓がドキドキしました。
ギターを弾く指も震えていたりして、それだけ武道館にかける想いが自分の中で強いんだなと再確認できたライブでもありました。

 

②見どころは?


本編ラストの春風問答。桜が降ってくる演出があって、とても素敵でした。
今までにない演出でとても嬉しかったですし、本当に浅草に一足早い春が訪れたようで感動しました!
ただ、あとで聞いた話によると、風向きの関係で私側だけ全く桜が降ってなかったそうです。笑
ファンの方やメンバーからも面白かったよと言われたので、ならいっか!と思いました。笑

 

③目標である日本武道館へ向けてこれからは?


今回の浅草公会堂までの日々の中で、武道館に立つ夢に真っ直ぐ向き合ってきました。
現実的に足りない部分がまだ沢山あることも知れましたし、自分達の今をちゃんと理解できた第一章だったなと。
これからとしては、まずもっともっと多くの方に知ってもらいたいです。こんなに熱いバンドがいるんだよ!って伝えたいです。
きみとバンドの音楽を変わらず貫いていって、変わらない部分を大切にしながらも、進化し続けていきたいなと思います!

 


森田理紗子

①浅草公会堂ライブを終えてみての感想は?

初めてのホール公演。
最高に楽しかったし、このライブをもってついに武道館への道がスタートしたんだなと、ぐっと気が引き締まりました。
ライブ終了後にファンの方からはたくさんポジティブなお声もいただけて、バンドとしてとても自信がついたライブでもありました。
ただ、力を入れていた分、その力が空回ってしまった部分もあったなと思います。これからも色んな舞台で勝負していく中で、気持ちで負けない!というのが次回以降の課題かなと思います。

 

②見どころは?

浅草公会堂ライブ当日から発売となったアルバム「kimiban」から初披露となった新曲「さよならリフレイン」では、私自身きみとバンドでは初めてキーボードボーカルを担当しました。
ソロではピアノ弾き語りで活動していた時期もあったのですが、それも何年も前の話なのでこのような形でまた披露できたことがとても嬉しかったです。
「さよならリフレイン」は今後のきみとバンドの方向性を新たに示す大切な曲となったので、これからも進化させつつ、大事に歌いたいです。

 

③    目標である日本武道館へ向けてこれからは?

ぼんやりしていた武道館への道が、今回の浅草公会堂のライブを経て、いかに険しい道なのかということを思い知った気がしています。だから、MCでも言った通り型にとらわれず、どんどん色んなことに挑戦していかないといけないと思いました。どんな声があっても、ゴールが明確である以上惑わされず、まっすぐに突き進んでいく強さを持って活動していきたいです。

 

 

10

 

セットリスト
『きみとバンド』
『スタートライン』
『はなればなれ』
MC
『amulet』
『rosemary』
『きみとふたり』
MC
『オレンジ⾊の世界』
『スローモーション』
『レリビ☆』
MC
『さよならリフレイン』
MC
『シャボン玉』
『歌にのせて』
『きみが好き』
『蝉しぐれ』
MC
『あの場所へ』
『恋のモンスター』
『∞YAKEN』
『春風問答』
-ENCORE-
『東温ラブストーリー』
『rebirth』


SNS

★公式Twitter★
https://twitter.com/with48263996

★公式ホームページ★
http://taimu-co.com/entertainment/band/kimi-to-band.html

【大野真依】
Twitter
https://twitter.com/maixx102419

TikTok 
https://vt.tiktok.com/ZSJwRP2uw/

Instagram
https://instagram.com/mai__24_

SHOWROOM
https://www.showroom-live.com/room/profile?room_id=104002

YouTube
https://youtube.com/@maioonotaimu

【清原梨央】

Twitter
https://twitter.com/___Rioky001114

TikTok
https://vt.tiktok.com/ZSJwRk6kH/

Instagram
https://instagram.com/___rioky001114

SHOWROOM
https://www.showroom-live.com/room/profile?room_id=282334

【森田理紗子】
Twitter
https://twitter.com/morimori_rin_

YouTube
https://youtube.com/channel/UC_YcZPRztxTZLms8FhPI3tw

Instagram
https://instagram.com/morimoristagram


 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.05.21
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2024.05.15
ガルポ!ズ INTERVIEW