FEATURE

2023.03.11
未ダ、君ヲ推セズ。

彼女たちの歌うポジティブな言葉を信じ、3人と一緒に思いきり弾けていた。 「Galpo! Live Show Vol.20」ライブレポート 未ダ、君ヲ推セズ。編

2月22日(水)、秋葉原パームスを舞台に「Galpo! Live Show Vol.20」が行われた。出演したのが、emiu/未ダ、君ヲ推セズ。/Lycoris Radiata/wqwq/たまプリ/きみとのワンダーランド/RURUDiA/1461日のクレシドラ/ミルフェリーチェ。
  この日の模様は、「ニコニコ動画」でも生配信。ニコニコチャンネルの番組「Galpo! Live Show」に月額会員登録した方は、「Galpo! Live Show」で配信したライブ動画。さらに、スピンオフ配信のプログラム映像を見れる内容になっている。
 ここでは、未ダ、君ヲ推セズのライブの模様をお届けします。 
                    
未ダ、君ヲ推セズ。

 未ダ、君ヲ推セズ。のライブは、最初からこの場を最上級のときめきが満ちた空間へ染めあげるように『最上級サスティナブル』からスタート。舞台を目一杯使い、身体中から沸き上がる熱い思いをぶつけるように彼女たちは歌い踊っていた。その気迫や思い、熱情へ刺激を受け、フロア中からも熱い声が飛び交う。舞台の上で顔を見合わせ、寄り添い、戯れながらはしゃぐ彼女たちの姿がめちゃめちゃ可愛らしい。無邪気な3人の姿とキラキラ輝く音楽に触れていたら、ワクワクした気持ちにも煌めきが増し始めていた。

 気分を最高にわちゃわちゃ騒がせる『ギミレパ』に触れ、身体が激しく動き出す。3人は舞台の上を左右に駆け回りながら、バチバチに弾けたカラフルでディスコティックなダンスナンバーに乗せ、「一緒にはしゃぎ倒そうよ」と熱い誘いをかけていた。メンバーらの動きに合わせ、フロアでも同じ振りや動きをしながら楽しむ人たちも誕生。この日は、2月22日の猫の日ということから、メンバー自身も猫に成りきって無邪気に戯れていた。その姿がチャーミング過ぎて、胸がずっとドキドキしていた。

 相手に思いを投げかけるように歌うメンバーの声から楽曲はスタート。先の2曲で見せた明るく弾けた姿とは異なり、『片恋イノベーション』では胸の内から沸き上がる"好き"という思いを、少し切なさも抱きながら。でも、止められない気持ちをぶつけずにいれないと言わんばかりの姿で歌っていた。カラッと晴れた姿や歌声も魅力だが、秘めた切ない思いを止められず、あふれだすままに歌う姿も印象的だ。たとえ気持ちは切なかろうと、ダンスは華やかで躍動的。だから、彼女たちの動きから目を逸らしたくはなかった。たとえそれが切なさに染まった心模様だろうと、走り出した気持ちは止められない。ならば、思いきりぶつければいい。

 最後に未ダ、君ヲ推セズ。は、勢いを持って駆け続ける華やかでパワフルなダンスナンバーの『不安値上昇パラノイア』に乗せ、この場にあふれだす楽しさを全部吐きだし、一緒に後悔なく弾けようと誘ってきた。この曲に乗せ、未ダ、君ヲ推セズのライブに合わせ、未来へ向かって共に駆けだしたい。彼女たちの歌うポジティブな言葉を信じ、自分たちも、3人と一緒に思いきり弾け続けていたい。まさに、しっかりと爪痕を残すライブだった。


PHOTO:菊島明梨
TEXT:長澤智典


https://twitter.com/imadakimiwoosez
 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.04.19
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2024.04.16
ガルポ!ズ INTERVIEW