FEATURE

2022.09.15
いとうかなこ

誰もが熱と興奮を求めていた。いとうかなこのライブを通し、もっともっと自分を解き放とうとしていた。 「アニソン・ゲーソンサミット『電脳DIVE Vol.10』」いとうかなこ編

 赤羽ReNY alphaを舞台に定期的に開催中のイベント、「アニソン・ゲーソンサミット『電脳DIVE』」。第10回目となるイヘント「アニソン・ゲーソンサミット『電脳DIVE Vol. 10』」が、9月4日(日)に行われた。出演したのは、太田家・りつはる with # エロティック大島・ガールズフィスト!!!! GT 南松本高校パンクロック同好会・夜道雪・YURiKA・福原香織・いとうかなこ・Sprout!!!・Coeur à Coeurの9組。その中から、ここではいとうかなこのライブの模様をお届けします。
 

いとうかなこ

 いとうかなこのライブは、『はじまりの歌』のサビ歌をアカペラで歌いながら始まった。出演者の多いイベントライブだからこそ、始まりの景色からどう人の視線を惹きつけるかが大切になる。彼女のアカペラ声へ瞬時に心をとらわれた観客たち。その後、楽曲が激しく躍動し、アニメ『STEINS;GATE』のオープニングテーマ『Hacking to the Gate』が流れだすのに合わせて一斉に跳ねだした。もともと表現力豊かで色の濃いシンガーが本気で攻めたとなれば、視線が舞台上に衆目するのも当然だ。緩急を効かせたドラマチックな展開だ。心に染み渡らせる魅力と、気持ちを解き放ちたい欲求を、彼女は一つの流れを持って描きだしていった。

 次に披露したのが、「東方LostWord」のテーマ曲『ロストワードクロニカル』。胸を熱く騒がせるギターの旋律も印象的。激しく躍動した楽曲に、いとうかなこの歌声が、さらに燃え盛る熱情を注いでゆく。身体を大きく揺さぶり、沸き立つ思いへ掻き立てられるように、彼女は凛々しい姿で歌声をぶつけていた。フロアのあちこちから突き上がる拳や、熱いクラップ。誰もが熱と興奮を求めていた。いとうかなこのライブを通し、もっともっと自分を解き放とうとしていた。

 「科学アドベンチャー」シリーズの最新作「ANONYMOUS;CODE」のテーマ曲『GAME OVER』では、躍動するエレクトロな世界へ身を踊らせ、沸き立つ気持ちのままに雄々しく歌声を響かせていた。心が高陽してゆく。沸きだす衝動へ導かれるように、いとうかなこは物語の道先案内人となり,歌の世界へフロア中の人たちをグイグイ引き込んでいった。華やかなのに、とても凛々しくてスリリングな楽曲だ。だから、その世界へ溺れてゆく。

 最後に彼女は、自身のテーマソング第二弾となる新曲の『One's Rock Ⅱ』を届けてくれた。今の、いとうかなこ自身が伝え、残したい想いがここには詰め込まれている。その想いの一つ一つを、彼女は歌声に乗せ一人一人の心に届けてきた。この曲も、これから製作に入るオリジナル曲ばかりを集めたアルバムへ収録になるのだろうか。祈りを捧げる…いや、自身の胸の内へ想いを届けるように歌っていた。これは、いとうかなこ流のゴスペルだ。もっとじっくりと、この曲と向き合いたい。そして、彼女が詰め込んだ想いをしっかりと全身で受け止め、自分自身の歌にしていきたい。そう思わせてくれた、素敵な歌だった。


LIVE


PHOTO: 菊島明梨
TEXT:長澤智典
 

セットリスト
『はじまりの歌』
『Hacking to the Gate』
『ロストワードクロニカル』
『GAME OVER』
『One's Rock Ⅱ』

SNS
https://twitter.com/ito_kanako
https://twitter.com/info_kanako_ito


■アニソン・ゲーソンサミット 電脳DIVE 10TH ANNIVERSARY(配信チケット)
2022年09月18日(日)までアーカイブ配信中!

詳細・チケットご購入はこちら
https://muestation.mashup.jp/content_detail.php?id=3200

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.12.10
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2022.12.08
ガルポ!ズ LIVE レポ