FEATURE

2022.09.24
のーぷらん。

舞台上にずっとキラキラとした輝きを降り注いでゆく。メンバーたちの放つその明るいオーラも、のーぷらん。を輝かせる嬉しい魅力だ。

8月21日に渋谷club asiaで行われたイベント「iColony LIVE PREMIUM」。ここでは、のーぷらん。のライブの模様をお伝えします。


のーぷらん。


のーぷらん。は、冒頭からメンバーみんなの気持ちを一つにした歌声を高らかに響かせだした。人数が多いという理由も否定はしないが、それ以上に、メンバーみんなが心の波長を重ね合わせ、描いた夢の景色へ向かう気持ちを『キズナ』に乗せ、想いを一つに届けていた。彼女たちの歌に触れていると、どんな障害や壁も乗り越えていける。たとえ、ライブに触れているこの時間だけでもいい、そんな気持ちへ染め上げてくれるのが嬉しいじゃない。

 曲を重ねるごとに、ライブは華やかさを増してゆく。全員(多人数)歌唱スタイルの強みは、メンバーらの想いが同じ方向を向いていれば、そのぶんだけ気持ちを揺さぶる熱と力を発揮することだ。前向きな気持ちに染め上げようと『シークレット』を歌う彼女たち。この歌にも、そのパワーが備わっている。同時に、歌詞に綴った想いに自分自身の気持ちを重ね合わせているからこそ、みんなが自分自身の想いとしても歌っている。だから、触れた人たちの心を揺さぶる魅力を発揮してゆくわけだ。

のーぷらん。のライブは、楽曲が進むごとに華やかさと明るさを増してゆく。『全力LOVE ♡SWEET』を歌う彼女たち自身が、輝く自分に心を染め上げていた。観ている側の気持ちもライブが進むごとに軽くなり、自然と笑顔を浮かべたくなる。キラキラした輝きを降り注いでゆくメンバーたちの放つ明るいオーラも、のーぷらん。を輝かせる嬉しい魅力だ。

新曲『背徳のプロミネンス』を、のーぷらん。は最後に歌唱。明るくキラキラした表情も彼女たちの嬉しい魅力だが、『背徳のプロミネンス』のような、少しネガティブな感情も含め、内に秘めた情熱を凛々しく突きつけるロックな歌も、気持ちを熱く騒がせる。最後にのーぷらん。が見せた、熱情した、凛々しく攻める姿。この曲でも、メンバーみんなが気持ちを一つに歌うたび、その迫力に心が熱く揺さぶられていた。

PHOTO: 豊田詩緒里、永瀬一幸、大西基
TEXT:長澤智典


ライブ写真


SNS
https://twitter.com/noplan_idol
 iColony アイドルライブ動画ch
https://www.youtube.com/channel/UCiY71yOK5gh-wCoUBCRSSPA
https://twitter.com/icolony_info

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.12.10
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2022.12.08
ガルポ!ズ LIVE レポ