FEATURE

2022.09.20
10tación

10taciónと一緒に熱い気持ちを分かち合いながら、高揚へ導く歌に嬉しく酔いしれていたい。 10tación ライブレポート 

8月21日に渋谷club asiaで行われたイベント「iColony LIVE PREMIUM」。
ここでは、10taciónのライブの模様をお伝えします。


10tación


10taciónのライブは,メンバーが心を一つにして歌った『86,400秒の憂鬱』からスタート。短い時間だからこそ、その中へ、その日にぶつけられる想いをすべて濃縮して伝えようと、彼女たちは強い意志を声に忍ばせ、笑顔で歌っていた。とてもメロディアスな、心惹かれる歌だ。途中メンバーどうしで、手でハートマークを作るなどのさりげない演出も加えながら、4人は描いた物語へ気持ちを溶け込ませるように歌っていた。

 光を携えて走り出した『SPIRAL』に合わせ、メンバーたちも気持ちをキラキラと輝かせながら歌い踊りだす。ライブ感あふれた楽曲に触れて騒ぐのも良いが、10taciónのライブのような、歌に心をしっかり寄り添え、そのうえで一緒に振りを真似ながらはしゃぐのも、ライブの楽しみ方。歌に心が酔いしれ、歌に気持ちが弾む。それってとても素敵なライブの楽しみ方だと思う。

後半は、激しい楽曲に乗せ、熱くクラップしながらスタート。メンバーらは『キラル』が始まるのと同時に「ジャンプジャンプ」と煽れば、その誘いに合わせ飛び跳ねる人たちも。でも、歌が始まると、やっぱし心に響く歌の世界へスーッと気持ちが吸い寄せられていく。体感的な魅力を持ちながらも、しっかりと楽曲で心を引き寄せる。だから彼女たちの姿を視線が熱く追いかけてしまうのかも知れない。途中、手を繋ぎ歌う姿を示せば、「ボクの右手とキミの左手」と歌いながら右手を伸ばすなど、歌の世界とシンクロした姿を彼女たちは見せていた。

「うちの全力をぶつけるから、みんなも全力でぶつかってこい!」の言葉に続いて、「Oi!Oi!」と煽るメンバーたち。最後も10taciónは、胸をキュンと騒がせる歌心を持った『One way,Dreamer』を歌唱。サビ歌では、メンバーが手にしたタオルをくるくる振りまわし歌う場面も登場。彼女たちと一緒に熱い気持ちを分かちながら、高揚へ導く歌に嬉しく酔いしれていた。まわしたタオルを翼に変え、輝く夢に向かって観客たちと一緒に羽ばたき続けていた。


PHOTO: 豊田詩緒里、永瀬一幸、大西基
TEXT:長澤智典
 

フライヤー


SNS
https://twitter.com/10tacion__
https://www.instagram.com/10tacion___/

 iColony アイドルライブ動画ch
https://www.youtube.com/channel/UCiY71yOK5gh-wCoUBCRSSPA
https://twitter.com/icolony_info 

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.09.25
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2022.09.24
ガルポ!ズ INTERVIEW