FEATURE

2022.09.19
Re:INCARNATION

キラキラとしたラブリーな胸キュンソングも、今のRe:INCARNATIONを輝かせる嬉しい魅力になっていた。 Re:INCARNATION ライブレポート

8月21日に渋谷club asiaで行われたイベント「iColony LIVE PREMIUM」。
ここでは、Re:INCARNATIONのライブの模様をお伝えします。


Re:INCARNATION


「「輪廻転生」からの宿命を背負い、信じてる音楽を伝えていくROCK IDOL」のRe:INCARNATION。彼女たちのライブは、『Memories』からスタート。メンバー一人一人一人の歌声が、とても凛々しい。いや、一人一人が自分の意志をしっかりと示すように声を響かせていた。一人一人の歌声に心惹かれながら、全員で思いを一つに歌ったときのパワーに刺激を受け、気持ちが嬉しく奮い立った。

 Re:INCARNATIONのメンバーは、曲の示す表情に合わせ、巧みに声の色も塗り変えながら、その曲に合う感情に歌の色を染め上げてゆく。続く『My life,Your life.』で6人は、輝く未来へ向け心を弾ませるように晴れ渡る歌声を響かせていた。その気持ちと歌声やパフォーマンスがシンクロしながら、その曲に相応しい輝きを放ちだす。

「みんなをロックで幸せにする」という言葉が嬉しいじゃない。続いて届けたのが、最新シングルの表題曲『Dear Daelin’』。これまでロック色を濃く出し続けてきたRe:INCARNATIONだが、この曲では乙女の色も加え、愛らしい表情を振り巻きながら歌っていた。振りの中、メンバーどうしでハートマークを描くなど、曲に合わせたさりげない演出も素敵だ。凛々しく攻める姿にもRe:INCARNATIONらしさを覚えるが、正統派アイドルソングの流れも踏まえた、キラキラとしたラブリーな胸キュンソングも、今のメンバーたちを輝かせる嬉しい魅力になっていた。笑顔で歌うメンバーたちの姿も、可愛らしい。

最後にRe:INCARNATIONは、デビューライブからずっと歌い続けてきた『信じてる~Keep on going~』を歌唱。スタート時のメンバーは、今や一人もいない。でも、メンバーが変わるたびに、そのときのカラーを持ったメンバーたちによって、楽曲は、そのときだからこその魅力を持った色に彩られる。今のRe:INCARNATIONが歌う『信じてる~Keep on going~』からは、未来を手にしてやる強い意欲はもちろん。未来をつかめる強い自信が伝わってくる。そのときの編成ごとに色を変えてゆくのがアイドルなら、今のRe:INCARNATIONは、夢や希望をつかめる力と輝きを持っている。これからどんな風に彼女たちが輝いてゆくのか、その先の姿が楽しみになるライブだった。


PHOTO: 豊田詩緒里、永瀬一幸、大西基
TEXT:長澤智典
 

フライヤー


SNS
https://twitter.com/ReINCAR77012646
https://re-incarnation.com/

 iColony アイドルライブ動画ch
https://www.youtube.com/channel/UCiY71yOK5gh-wCoUBCRSSPA
https://twitter.com/icolony_info 

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.09.26
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2022.09.24
ガルポ!ズ INTERVIEW