FEATURE

2022.09.02
RONPA~PINK

RONPA~PINK〜が、ときめいた気持ちを歌の粒に変えて振りまくたびに、”ときめき"の粒をしっかりと受け止め、グイッと飲み込み、一緒に心の中で膨らませたい気持ちでいた。 RONPA~PINK〜 ライブレポート

8月21日に渋谷club asiaで行われたイベント「iColony LIVE PREMIUM」。
ここでは、RONPA~PINK〜のライブの模様をお伝えします。

RONPA~PINK~

 とてもキラキラとした、カラフルな幕開けだ。RONPA~PINK〜のライブは、観ている人たちの心をわちゃわちゃとした気持ちにくすぐる、彩り豊かで可愛らしいポップチューンからスタート。始まった瞬間から、ときめいた世界の仲間へと誘い込む。だから、気づいたらメンバーらの動きに合わせ、心地好く左右に身体を揺さぶっていたのかも知れない。RONPA~PINK〜、冒頭から心をときめかせる素敵な魔法をかけてきたね。

 スタイリッシュでアーバンなダンスナンバーに乗せ、メンバーたちがクールな視線や歌声でせまりだす。曲が変わるごとに表情を変えながら…というよりは、その曲に似合う人格や歌声へみずからを染めあげ、彼女たちは楽曲を届けてゆく。もちろん、可愛らしさは変わらない。そのうえで、いろんな心模様を見せるメンバーたちの技量に惹かれれば、感情の揺れを見せる各自の表情や歌声にも熱い視線を注いでいた。

  曲の表情が変わるたびに、表現の色も変えてゆくメンバーたちだ。続く、華やかな四つ打ち系の強烈なダンスビートナンバーでも、メンバーたちは凛々しい歌声を響かせ、大人めいた表情を見せながら、観ている人たちを舞台の上から熱く挑発していた。笑顔の彼女たちにも惹かれるが、凛々しい姿でせまるメンバーたちの姿からも、やはり目を離したくはなかった。

  ふたたびRONPA~PINK〜は、気持ちを解き放つ開放的な楽曲に乗せ、胸をキュンキュンときめかせながら乙女の恋心を届けてくれた。恋に恋する眩しい乙女の心模様も、RONPA~PINK〜にとても似合う表情だ。彼女たちが、ときめいた気持ちを歌の粒に変えて振りまくたびに、”ときめき”の粒をしっかりと受け止め、グイッと飲み込み、一緒に心の中で膨らませたい気持ちでいた。 

PHOTO: 豊田詩緒里、永瀬一幸、大西基
TEXT:長澤智典

人物写真


SNS
https://twitter.com/ronpa_idol
iColony アイドルライブ動画ch
https://www.youtube.com/channel/UCiY71yOK5gh-wCoUBCRSSPA
https://twitter.com/icolony_info 

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.12.10
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2022.12.10
ガルポ!ズ LIVE レポ