FEATURE

2022.08.01
ダンシングシンデレラ

"君と躍るシンデレラストーリー"が、物語をつづりだした。おいおい、この物語にめっちゃ熱くないか?!うれしいんだけど。 ダンシングシンデレラ ライブレポート

 「"君と躍るシンデレラストーリー"をコンセプトに、多ジャンルのダンサブルな楽曲とハイパフォーマンスで、ファンと共に躍り物語を作る」グループとして動き出しのが、ダンシングシンデレラ。
 7月29日(金)、ダンシングシンデレラは渋谷RINGを舞台に「ダンシングシンデレラ デビューライブ〜FIRST STORY〜」公演を行った。


  赤穂茜・向日葵あみ・水彩ななこ・白玉かなほの4人が舞台の上で手を合わせる。記念すべきデビューライブであり、ダンシングシンデレラにとって始まりを告げる物語は『High!High!World』から幕を開けた。胸をわちゃわちゃ騒がせる極上のダンスパーティーチューンの上で、4人とも気持ちのボリュームを最初からMAXまで上げる勢いで歌いだした。初見でもすぐに身体に馴染むどころか、気持ちを騒がせる楽曲という理由もあり、フロアにいた人たちのテンションも最初から爆上がり状態だ。サビでメンバーらが肩を組んで歌う姿を愛でながら、落ちサビではケチャしてゆく場面も登場。メンバーたちもめっちゃ笑顔だ。

   続く『ピーポービート』は、エレクトロ/トランス系の極上アップチューン。メンバーたちは煽るような姿も見せながら。でも、サビでは一緒にはしゃごうよと熱い誘いをかけていた。彼女たちはパラパラを踊りながら、フロア中の人たちをパリピに変えてゆく、どんな人たちでも、アゲアゲにしてゆく。まさに、人の心を開放する宴を彩るうえで欠かせない最高のシンデレラたち。この曲でも、落ちサビで観客たちがケチャしてゆく場面が登場。ここ、ライブを楽しむうえで嬉しいポイントになりそうだ。

 流れだしたのが、3拍子の妖しい楽曲…と思ったら、続く『裸足のオーバードライブ』では、激しいロックサウンドとダンスビートをミックスしたダンスロックスタイルを提示。フロア中の人たちも、メンバーらが突きあげる腕の動きと気持ちを重ねるように腕を振り上げれば、4人が身体を揺らしながら踊るのに合わせ、フロアのあちこちでも一緒にダンスに興じる人たちが大勢登場。この日はデビューライブ。その言葉を忘れるくらい、ここには熱く一体になったライブ風景が生まれていた。終盤、ワルツになるブロックではクラップをしてゆく場面も登場。1曲の中でめまぐるしくも胸が踊るドラマを描く楽曲だ。華麗に舞い躍る4人の姿も、愛らしい。

 
 「みなさん盛り上がってますか?!」の煽りに、フロアからは絶叫が飛び交っていた。この日は、マスク越しなら声出しOK。みんな胸に溜め込んでいた思いを、思いきり声に出して4人へ届けていた。
  メンバーの自己紹介では、各自が、チャームポイントにしている面をアピール。ダンシングシンデレラは「ダンサブルな楽曲をたくさんやっていく」グループということから、トークパートでは、この日披露した3曲それぞれの中での振り真似のポイントを伝授。そのうえでライブは、後半戦へ突入した。


  「ヲタクに優しい現場」を目指すダンシングシンデレラのライブの後半戦は、先程の流れを逆に進むように『裸足のオーバードライブ』からスタート。ここから未来へ向かって走りだす強い意志を、アイドルとしてここから大きく羽ばたくことを誓うように、4人は今の自分たちの生きざまを力強く歌っていた。前に突き出した指は、彼女たち自身がつかもうとしていた未来を指している。彼女たちは歌っていた「わたしだけが選んだ道を」「もう一人じゃないから」と。その言葉を信じてみたいと思ったなら、彼女たちの描く夢の道を、一緒に走ってみないか。

 「まだまだ、みなさん踊り足りないんじゃないですかー!!」の煽り声を合図に飛びだしたのが、蝶絶アッパーなパラパラナンバーの『ピーポービート』。華やかな振りを見せれば、サビや間奏では観客たちも振りに参加し、一緒にパラパラダンスを踊りながら、この空間をアゲアゲで華やかな空間に彩っていった。

 「ただひたすらにまっすぐストーリーを作っていきいと思います。みなさんも一緒に作ってください」。赤穂茜の言葉を受け、最後にダンシングシンデレラは『High!High!World』を歌唱。メンバーたちが。それ以上に観客たちが。身体中から沸き立つエナジーを思いきり燃やしながら全力で騒げば、MIXをぶつけていた。ファーストコンタクトとは思えない、一体化した熱狂のライブがこの空間に生まれていたのも、ダンシングシンデレラのメンバーと観客たちが、早くも強い絆で結ばれているからだ。この熱い絆を持って、彼女たちとファンたちが一緒にどんな素敵な物語を作ってゆくのか、とても楽しみになってきた。


 熱いアンコールの声を受け、メンバーらがふたたび舞台へ。Tシャツ姿に着替えた彼女たちは、最後の最後に『High!High!World』を歌い、フロア中を踊り騒ぐバーニングしたダンスホールに塗り上げていった。観客たちが一つになり、熱い口上をぶつける姿が最高だ。無条件に熱くなれる。日常を消し去り、一緒に大騒ぎしてゆく。現実を忘れた先にあるワンダーランドへ足を運び、一緒に舞姫や舞輩になって大騒ぎしてくれ。

 女優活動をやりたくて上京。でも赤穂茜に誘われアイドルの道へ踏み出した白玉かなほ。OLから脱サラし、夢だったアイドルになった水彩ななこ。中学2年生からずっとアイドル活動を続けてきた向日葵あみ。3年かかってふたたびアイドルの道へ舞い戻ったと涙交じりに語った赤穂茜。これから4人が、どんな踊姫な姿を見せてゆくのか、その先の物語も楽しみたい。


TEXT:長澤智典

 

LIVE


LIVE

 

SNS
http://dandere.jp/
https://twitter.com/staff_dandere

赤穂茜
@akane_dandere

向日葵あみ
@ami_dandere

水彩ななこ
@nanako_dandere

白玉かなほ
@kanaho_dandere

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.08.15
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2022.08.14
ガルポ!ズ LIVE レポ