FEATURE

2022.03.31
STELLABEATS

「Galpo! Live Show Vol.8」STELLABEATSライブレポート

 3月27日(日)、六本木SEL OCTAGONを舞台に「Galpo! Live Show Vol.8」を「1部/2部公演」として開催。1部に出演したのが、CaressVanEnd/wqwq/RiNCENT./HOT DOG CAT/キミイロプロジェクト。2部に出演したのは、emiu/STELLABEATS/夢∞NITY/AiDLOXXXY/テンシメシ໒꒱。
 この日の模様は、「ニコニコ動画」でも生配信。ニコニコチャンネルの番組「Galpo! Live Show」に月額会員登録した方は、「Galpo! Live Show」で配信したライブ動画。さらに、スピンオフ配信のプログラム映像を見られる内容になっている。
 ここでは第2部に出演したSTELLABEATSのライブの模様をお届けします。


STELLABEATS

 中山みなみの卒業も発表になったSTELLABEATS。ライブは、気持ちを晴れた景色へ連れだす壮麗かつ躍動した、でもメロディアスな歌も印象的な「SHOTGUN SALINGER」から幕を開けた。サビ歌へ触れるたびに、胸がキュンキュン高ぶるのは,3人の晴れた歌声と、気持ちをグイグイとあげてゆく高陽した歌メロに心がときめくからだ。 光を携え、心を開放するように駆ける楽曲の上で、3人は温かい歌声を一つに重ねあわせ「引き金を振り絞る 息を止めながら 全身を切り裂くような 熱い危険感じてる」と歌っていた。その声を聴くたびに、感情が高ぶり続ける。この嬉しい衝動がたまらない!!

  表情を少し塗り替えるように、STELLABEATSは哀愁覚える歌声を魅力に「CRY FOR THE MOON」を祈るように歌う。歌声に哀切さを覚えながらも、パフォーマンスはとてもダイナミックで躍動的。その不思議なアンバランスさが、この楽曲へ深みを与えていた。想いを巡らせるように歌う彼女たち。その歌声を、歌詞に込めた想いをしっかりと耳で気持ちが追いかけては、この歌が醸しだすセンチメンタルな気持ちに浸っていた。

  躍動する華やかさを抱いたダンスビートの上で、3人は気持ちを解き放つように「4 ever」を歌いだした。語るようなラップ調の歌唱スタイルも印象的。3人は想いを告白するように、 いや、秘めた想いを語るよう、ビートと歌声を巧みにシンクロしながら歌っていた。楽曲も、3人の歌声も、とても晴れやかだ。いつしか身体も華やかさへ巻き込まれるように揺れていた。

  ムズムズしていた感情を一気に解き放つように、STELLABEATSはコズミックなパーティーチューン「Fantastic Traveller」を晴れ渡る声で響かせ歌っていた。フロアから自然と手拍子が起きるのも納得だ。この曲は、床から身体を解き放ち、一緒にはしゃぐ気持ちへ導いていく。楽しい気持ちがどんどん加速してゆく。このまま熱を撒き散らしながら、3人と一緒にはしゃいでいたい。

 最後にSTELLABEATSは、中山みなみの卒業発表のときに披露した「Aria~未来への地図~」を歌いながら、会場にいる人たちの心を開放し、一緒に楽しさや夢中を共有する空間へと連れだしてくれた。舞台の上で歌い躍ることを無邪気に楽しんでいる3人に触れていると、夢をあきらめない気持ちを胸に、その未来を共に見たくなる。3人の歌う光輝く未来の姿、ちょっと気になってきた。


PHOTO: 菊島明梨
TEXT:長澤智典


LIVE


セットリスト
「SHOTGUN SALINGER」
「CRY FOR THE MOON」
「4 ever」
「Fantastic Traveller」
「Aria~未来への地図~」

STELLABEATS
http://stella-beats.com
 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.06.25
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2022.06.24
ガルポ!ズ INTERVIEW