FEATURE

2021.12.22
STELLABEATS

STELLABEATSが贈るストイックなステージ。パフォーマンスだけで全ての想いを伝える。 Galpo! Live Show Vol.3 第二部 STELLABEATS編

 第二部の一番手は、「Galop! Live Show」の第一期レギュラーグループであるSTELLABEATS。EDM調の「Black Wing」が爆音で流れ、真っ赤なライトがステージを照らす中、真っ黒なワンピースで登場。髪を振り乱しながら一つ一つの動きをキメていく中山みなみ。小悪魔的な表情で観客たちを惑わす浅田珠幸。繊細な歌声と力強いダンスとのギャップで魅せる西田美怜。3人という少人数のグループではあるものの、彼女たちのパフォーマンスが始まると、ステージは狭く感じるほどだ。

 間髪入れずに「SEASON」が始まる。シリアスな雰囲気のセリフパートは、まるで舞台を見ているかのような感覚に陥る。中山がクールな声音で“SEASON”と言い放つと、それを合図に迫力満点の激しいダンスが始まる。ロックテイストの楽曲に合わせて彼女たちが繰り広げるステージに、観客たちは圧倒されて目を奪われる。さらに続けて繰りだされたのは、アップテンポな「Just violation」。「一緒に手を上げて行きましょう!」とメンバーが煽ると、観客たちは一斉に手を振り上げ、どこかノスタルジックな打ち込み音に合わせて盛り上がる。中山は、観客の顔を一人一人覗き込むようにして、客席との距離を縮めていく。

 ノンストップで3曲を披露し、STELLABEATS色に会場を占めたところで、ようやくMCへ。しかし告知を終えると、休憩する間もなくすぐに「迷鏡」が始まる。ミステリアスなイントロが始まり、ロックなギターのリフが流れると、柔らかかった3人の表情は一気に鋭いものへ変わる。そして再びダイナミックなダンスを繰り広げ、観客たちの心を突き刺していく。彼女たちのパフォーマンスに高まった観客たちは、ペンライトを振り乱してその高揚感を伝えていた。

 続く「CRY FOR THE MOON」は、浅田の繊細な歌声から始まるミディアムテンポの歌モノ。切ないメロディーと歌詞をしっとりと歌い上げる。西田の透明感のある歌声は、この曲にぴったりだ。3人の生み出すハーモニーがじんわりと胸の奥に染み渡る。そしてラストは、未来への希望を歌った「Tomorrow you knows」。キャッチーさの中に懐かしさが混じったようなこの曲では、サビで大きく右手を振る彼女たちに合わせて、観客たちもペンライトを左右へ大きく振る。心を通い合わせているようなその光景を、いつまでも見ていたい。そんな気持ちにさせられるステージだった。

 余計なMCを一切挟まず、パフォーマンスで全てを伝えたストイックなSTELLABEATS。彼女たちがこの日ステージにぶつけた熱は、きっとすべての観客たちの胸に残っただろう。

TEXT:南明歩


LIVE


セットリスト
Black Wing
SEASON
Just violation
迷鏡
CRY FOR THE MOON
Tomorrow you knows


STELLABEATS SNS
https://twitter.com/stellabeats2014
https://stella-beats.com/


【12/29 Galpo!Live Showイベント情報】
https://ch.nicovideo.jp/galpoliveshow/blomaga/ar2068594
 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.05.27
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2022.05.27
ガルポ!ズ LIVE レポ