FEATURE

2021.12.14
Appare!

Appare! 豊洲PITで行われた"9歩目"となる公演でファイナルを迎えた公演の模様を、ここにお届け!!

 10月に始まった「『天まで届け!竹の子収穫ツアー」も、各地を廻り、12月12日(日)に豊洲PITで行われた"9歩目"となる公演でファイナルを迎えた。当日の公演の模様を、ここにお届けしたい。

 メンバーらの熱い影アナの声がフロア中に響き渡る。アナウンスという名の煽り声に合わせ、観客たちが熱い手拍子を始めれば、流れだした「overture」に乗せ大きく手を上げ、跳ねだした。さぁ、いよいよ祭りの始まりだ!!!!!!!ライブは、最初からみんなで限界を超えていこうと熱い誘いをかけるように「スカイラインファンファーレ!」から始まった。激しさも含んだダンサブルな楽曲の上、メンバーたちは昂る気持ちを音の上昇気流に乗せ、超テンション高い姿でせまりだす。最初から、限界を超える勢いを見せてきたところが嬉しい。フロア中に飛び交うカラフルなレーザーの光も、気分を嬉しく上げる効果を発揮。さぁ、熱狂のフライトは最初から成層圏へ向かう勢いで飛び立った。今まで知らなかったAppare!の世界を、この日は見れそうだ!!

 成層圏を飛び越えたメンバーらと観客たちは、宇宙空間でエイリアンと遭遇。そんな物語を頭の中へ妄想しながら、「エッエッエエエッ、エッエッ、エイリアーン」と心の中で叫びながら、彼女たちと一緒に「えいりあんず・えいりあんず」を熱唱。テンション高いハイパーな楽曲が冒頭から立て続けに飛びだす。僕らにとっては、彼女たちの自身が、手に触れたくも触れられない憧れのエイリアンのような存在。だから、彼女たちと同じ振りを真似ながら、必死に手を伸ばしてメンバーたちを捕獲しようとしていくんだけどね。

 「竹の子ビームで最高のワンダーランドにしていくぞー!」の声を合図に歌ったのが、「キミだけのワンダーランド」。その言葉通り、Appare!のライブが始まった瞬間から、この空間は、キラキラした輝きと楽しさに満ちたワンダーランドに変わっていた。満面の笑顔と幸せに染め上げる最高の歌のアトラクションの中へ、この日もAppare!のメンバーらが次々と連れ出してゆく。だから、マジカルな魔法にかけられた僕らは,彼女たちの案内のもと我を忘れてはしゃぎ続けてしまうんだ。

 Appare!が作り上げたワンダーランドには、いろんな心揺さぶるアトラクション(物語)が用意されていた。次のアトラクションの先に待っていたのは、恋する気持ちを抑えられずに暴走してゆく乙女たちの姿。Appare!は「アイネクライネ幼き恋だね」を歌いながら、本命を落としくてゆく大胆な恋のハンターになりたいけどなりきれない。そんな恋に恋する乙女たちの制御不能な心模様を、熱く華やかに舞台上へ映し出していった。

 楽曲はさらに激しさと華やかさを増してゆく。Appare!は胸をキュンキュン騒がせた姿を魅力に、「誰も見たことなような 虹を作るんだ」と、気分上々元気いっぱいに「虹をかけろ!」を歌っていた。超テンション高い歌声とパフォーマンスに刺激を受け、一緒にわちゃわちゃ騒ぎたい気分だ。いや、すでに勝手に騒いでいたけどね。「さぁ立ち上がれ」と熱く煽られ、はしゃぐ気持ちが治まらない、虹のような7人のカラフルな声の輝きを身体中に降り注がれたら、じっとなんかして……いられるわけがない!!!!!!!!

 MCで「いやー、流石の盛り上がりだねぇ」と声を漏らしていたくらい、メンバーらもフロアの熱を感じながら、早くもテンションをアゲアゲの状態で舞台の上に立っていた。「今日はみんなのことを幸せに来たきゅん、みんなも一緒に楽しもうねー」など、ここからさらに楽しむための気持ちを、メンバーらが詰めかけたファンたちに伝えてゆく。
舞台の背景には、どんどん伸びてゆく竹の子のオブジェセットを用意。ライブごとに背景の竹の子が伸びていくように、2022年の夏に日比谷野外音楽堂で行う予定のワンマン公演の日までに、どんな風に背景のセットが変わってゆくのかも毎公演の見どころだ。

 「一緒に躍って生きましょう」の声を合図に飛びだしたのが、超ハイパーなダンスチューン「パヤパヤ」だ。メンバーらは、アゲアゲにしてゆくアッパーな楽曲と感情をシンクロ。「パヤパッ! パヤパッ!」と歌いながら、弾け飛ぶ楽曲に乗って華やかなダンスパフォーマンスを描き出す。騒ぐ気持ちを思い切り解き放ちなから、舞台の上をフライトするように駆けまわる姿も印象的。観客たちも、メンバーの手の振りに合わせ、一緒に「パヤパッ! パヤパッ!」とはしゃいでいた。

 ミュージカルのクライマックス場面を彩るような胸躍るきらびやかな楽曲に乗せ、メンバーらが「Girls Be Funky!」を歌いだす。彼女たちが「Fun fun funk!」と大きく手を振り歌うたび、その姿に触発され、気持ちが嬉しく騒ぎだす。「盛り上げてくぜ人生!」「楽しすぎるぜ人生!」の歌詞のように、人生は楽しんだもん勝ち。たとえくすんだ人生でもかまわない。挫けることがあってもいい。人生を謳歌するように舞台の上ではしゃぐ彼女たちの姿を見ていたら、Appare!のメンバーらと同じように、後悔だけは残さないよう真っ直ぐに生きてみたい気持ちに染まっていた。人生に最高の景色を描きながら一緒に生きることを楽しもうと、彼女たちはわちゃわちゃとはしゃぎながら歌っていた。その姿も眩しいじゃない!!!!!!!

 「メンバーたちが「ギミギミダーリン」に乗せ、それそれそれそれ」と観客たちを煽りだす。ミステリアスなムードも醸しながら。でも、胸を刺激する楽曲に乗せ、彼女たちは恋のアプローチを仕掛けてゆく。チャーミングに。でも、ちょっと大胆さも見せながらせまられたら、気持ちがドキドキするのは当たり前。間奏では爆裂したダンスビートに乗せ、愛らしいパフォーマンスも披露。彼女たちに「ギミギミダーリン」とせまられたら、僕らは喜んでチョコも、想いも捧げるよ。

 「イエーイ!」と高らかに声を上げながら始まったのが、「ホットラブウィンター」。彼女たちは恋する乙女の心模様を、チャーミングな仕種とキュンキュンしたホットな歌声で観客たちに伝えてきた。7人に、零れそうなくらいたっぷりにラブリーな思いを投げかけられたら、火照ったハートが冬の寒さまで蹴散らしそうだ!!

 Appare!が作り上げたポップなワンダーランドは、どんどんカラフルさを増してゆく。続く電波ソングの「パレリラパレリラ」でも、フロア中の人たちが大きく手を振り上げ、彼女たちと一緒に頭を空っぽにしながらはしゃいでいた。「パレリラパレリラ」と魔法の呪文を心で唱えるたびに、彼女たちと同じよう、無邪気にはしゃげる冒険者になれる。楽しさ沸き立つ気持ちを胸に、このまま一緒に夢の世界へ駆けだそう。

 「わんつー いやほいっ!!」。飛びだしたのが「カラフルミラクルディスカバリー」だ。超テンションの高いハイパーポップチューンに飛び乗り、もっともっと自分を開放してゆく旅を彼女たちと一緒に続けよう。「まさに天晴れ!これが天晴れ!」と心の中で歌いながら、メンバーらと一緒に「てぃーりーりーり てぃーりりってぃー」と、右手を前に突き出し一緒に踊りながら、この瞬間を思いきり青春という色に染め上げたい。
Appare!は、次々と繰り出す楽曲を通し、刺激的で心騒ぐワンダーな景色をいろいろと見せてゆく。一つ一つのカラフルな歌の景色に胸躍るたび、理性という文字がどんどん塗り潰されていくようだ。

 MCでは、ツアー中の思い出話をメンバーたちが、懐かしそうに語り合っていた。この日のライブにも、各地から東京に集まってくれた人たちも相応数いたことも伝えておこう。

 ライブは早くも後半戦へ。「全員で一緒になっていけますか。一緒に最高の思い出を作りましょう」の声を合図に飛びだしたのが、北欧系イヤホイナンバーの「原宿サニーデイ」。メンバーらとフロア中の人たちが一緒に横跳ねしだす。甘い声で、でも躍動するビートに乗せ、7人は舞台の上で宴を楽しむように歌い踊り、はしゃいでいた。Appare!流の甘い民俗系祭りダンスポップチューンに合わせ一緒に身体を左右に揺らし、宴の中、このまま無邪気にはしゃぎ続けようか。

 表情を一気に黒く激しく塗り替えるように、Appare!は感情のアクセルをグッと踏み込み、荒ぶる表情も見せながら「天晴レペゼン」を歌い踊りだした。荒ぶり駆ける楽曲の上で、時にクールに、時に雄々しくせまるメンバーたち。「Hey Yo! やっちゃうぜ」と煽るラップも刺激的だ。楽曲が進むごと、彼女たちはどんどん熱とテンションをアゲてゆく。サビで、Appare!らしい晴れた表情でフロア中の人たちをカラッとアゲアゲにしちゃうところも最高だ!!!!!!! 

 さぁ、もっともっとアガっていけ。Appare!は「あっぱれ!正攻法」を歌いながら、熱い感情を真正面から直球でぶつけ、フロア中の人たちと一緒に熱狂という言葉が相応しい景色を作りあげていった。正攻法でテンション高いライブをぶつけるメンバーらの姿に刺激を受け、フロア中の人たちも熱く祭りあがる。この熱狂は止まらない。そして…。

 楽曲を止めることなく、彼女たちは超ハイテンションの状態で「アッパライナ」をぶち込んできた。ヤバいよ、気持ちが天上知らずで上がりだす。いや、とことんまで熱狂の世界へ連れだしてくれ。このまま、わちゃわちゃと祭り上がりたい。彼女たちと一緒に力強く拳を振り回しながら、熱狂渦巻く世界へ飛び込み、思いきり騒ぎながら熱にまみれたい。

 ライブはノンストップで爆走してゆく。Appare!は「決勝戦はエブリデイ」を凛々しく、力強い声でぶつけてきた。胸躍らすポップでエモいサビ歌では、メンバーらと観客たちが飛び跳ねたり、同じ振りをしながらはしゃいでいた。メンバーたちの歌声や姿も、かなり攻めた雄々しい様を見せている。メンバー自身が「生きざまを見せてやれ!!」と熱く歌いながら爆裂した姿でけしかける様も、胸を熱くさせた。

 最後にAppare!は、超絶カラフルポップチューンの「ファイヤースター」を歌唱。ときに派手なキックも決めながら、彼女たちは舞台の上で華やかなパフォーマンスを見せていた。力強く手を振り上げ、「戦え!僕はファイヤースター キミだけのヒーローさ!」と歌いながら、メンバー自身はもちろん、この歌に触れているみんなの心にエナジーをチャージしながら、会場中の人たちを熱狂という舞台の中で輝くライブシーンのヒーローやヒロインに塗りかえていった。メンバーらのはしゃぐ姿へ煽られるように、フロア中で飛び跳ねる人たちが続出していたのも納得だ!!

 アンコールは、「最高はどんなときも奇跡なんかじゃないさ フューチャーヒーロー」と歌う、この日初披露の応援歌「フレ!フレ!ヒーロー!」からスタート。力強く明るく勇壮な、まるで戦隊ヒーローソングのような曲調だ。熱い青春の息吹も覚える、触れた人たちの気持ちにエールを送る熱い応援歌だ。またもAppare!の中に、胸に勇気を与える最高のエナジー&パワーチャージソングが誕生。触れた人たちを、未来で輝くヒーローにこの歌は染めてゆく。そんな物語の始まりのきっかけを、この歌が与えてゆく。「フレ!フレ!ヒーロー!」へ触れるたび、何度だって僕らや私たちは、未来で輝く自分になれる。そんな始まりの景色に立てるのが嬉しいじゃない。

 さらに勢いを上げるように。もっともっとこの空間を熱いカラフルな色で染め上げるよう、Appare!は「アッパレルヤ!!」を歌いながら、この会場に最高の祭りの様を描きだしていった。とても晴れた景色が、そこには広がっていた。どんどん気持ちが華やかにアガりだす。沸き立つ気持ちをすべて爆発させるように、観客たちがフロア中で踊り騒いでいた。なんてアッパレな盛り上がりの光景だ!!!!!!!

 MCでは、嬉しい五つの発表を行っていた。さらに、日比谷野外音楽堂で行う理由を「野外の大きな会場で、大好きな夏に行えば、もっと楽しいライブの景色が描けるし、できたらいいなと願っている」と語っていた。この最高の熱い景色を、ぜひ夏の日比谷野外音楽堂へ繋げてもらいたい。

 「みんなへの感謝の思いを届けたいと思います」の声に続き、「これからもずっと一緒に 手を繋いで未来へ逢いに行こう」と歌うメンバーらのアカペラから、楽曲は「約束の続き」へ。先の歌詞の通り、7人は、これからも一緒にこの道を照らしながら未来へ歩み続けようと、みんなと約束を交わすように歌っていた。この日、僕らとAppare!のメンバーらは、改めて見たい景色に向かって一緒に進もう、「未来へ逢いに行こう」と約束を交わしあっていた。

 最後の最後にAppare!は、この日のライブの冒頭を飾った「スカイラインファンファーレ!」を、ふたたび晴れた気持ちで歌唱。思い切り気持ちを開放する楽曲に伸び乗り、フロア中の人たちが飛び跳ね、メンバーらと同じ振りで弾けながら、楽しいという上昇気流に乗ってはしゃいでいた。パワフルなパフォーマンスでフロア中の人たちに熱いエナジーを降り注ぐメンバーたち。メンバーらがフライトしてゆく振りに合わせ、フロア中の人たちも両手を小さく広げフライトしてゆく。このままずっとずっと上昇気流に乗りながら、最高に晴れた景色をAppare!と一緒に見続けたい。だからこれからも一緒に、青空のその先から顔を覗かせる、探していた景色に向かって飛んでいこうぜ!!
 

LIVE

TEXT:長澤智典
撮影:真島洸


セットリスト
「overture」
「スカイラインファンファーレ!」
「えいりあんず・えいりあんず」
「キミだけのワンダーランド」
「アイネクライネ幼き恋だね」
「虹をかけろ!」
「パヤパヤ」
「Girls Be Funky!」
「ギミギミダーリン」
「ホットラブウィンター」
「パレリラパレリラ」
「カラフルミラクルディスカバリー」
「原宿サニーデイ」
「天晴レペゼン」
「あっぱれ!正攻法」
「アッパライナ」
「決勝戦はエブリデイ」
「ファイヤースター」

-ENCORE-
「フレ!フレ!ヒーロー!」
「アッパレルヤ!!」
「約束の続き」
「スカイラインファンファーレ!」
 

<インフォメーション>

【竹の子収穫ツアー ファイナル公演】重大発表!


《其の一》atmos pinkとコラボ決定!
詳細は後日発表!


《其のニ》Appare!公式マスコットキャラクター誕生!
キャラクターは『つるしまたつみ』さんに描いていただきました!


《其の三》Appare!NEW YEAR PARTY2022開催決定!

★チケット発売開始★
【横浜】1/8(土)@横浜ランドマークホール
チケット→ https://t.livepocket.jp/e/appare0108
【大阪】1/16(日)@大阪味園ユニバース
チケット→ https://t.livepocket.jp/e/appare0116
詳細→ https://appare-official.jp/contents/475139


《其の四》日本テレビ「夜バゲット」1月度エンディングテーマに「スカイラインファンファーレ!」が決定


《其の五》2022年3月29日(火)Appare!2ndアルバム発売決定!

2022年1月22日(土)都内某所(野外)よりリリースイベントスタート!


SNS
https://appare-official.jp/
https://twitter.com/official_appare

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.05.27
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2022.05.27
ガルポ!ズ LIVE レポ