FEATURE

2021.11.20
INDIVIDUAL PLATE

INDIVIDUAL PLATEのライブは、見ている僕らまで輝きの物語を描く主人公にしてくれる。 「iColony LIVE EXTRA」公演より、INDIVIDUAL PLATEのライブの模様をレポート!!  

 定期的に開催中のライブイベント「iColony LIVE」を通し、毎回アイドルのライブ映像を生配信。その後、YouTube上で展開中の「iColony アイコロニー・アイドル ライブ動画」へアップし続けているのが、映像制作/イベント開催を行っている「iColony」。同チームが、11月4日(木)に代官山SPACE ODDを舞台に行ったのが「!Colony LIVE EXTRA」。出演したのが、ヒップバーン/Re:INCARNATION/LeirA/INDIVIDUAL PLATE/Fragrant Drive/AiDOLOXXXY/CANDY GO! GO!/CHERRY GIRLS PROJECTの8組。
  ここでは、INDIVIDUAL PLATEのライブの模様をお届けします。


INDIVIDUAL PLATE


 メンバー一人一人がダンスパフォーマンスを示しながら、舞台の上に姿を現した。今宵もマジカルな物語が目の前へと広がりだす。気持ち沸き立つSEが消えるのを合図に、INDIVIDUAL PLATEは観客たちを心の内側の世界を駆けめぐるように、見ている人たちを不思議な舞台劇へ連れだした。INDIVIDUAL PLATEは、凛々しい歌声を響かせながら「ステルトコナシワタシ」を歌っていた。メンバーみんな笑顔だ。弱い心模様を描いた思いを、あえて彼女たちは皮肉るように笑顔で歌っていた。いや、彼女たちは生きる意味を知っているからこそ、弱い心さえも前向きに肯定し、その思いを歌声やパフォーマンスに乗せていた。けっして明るいだけではない。むしろ、今にも壊れそうに激しく揺れ動く感情だ。でも、それを悲痛ではなく、輝きとして伝えてゆくからこそ、彼女たちの歌声に気持ちが奮い立たされる。なんてドラマを描き出す楽曲だ。そこがシアトリカルなライブを見せるINDIVIDUAL PLATEらしい姿だ。

  身体を騒がせるゴージャスでラテンなビートがフロア中に響きだす。スリリングな楽曲に触発され、気持ちが騒ぎだす。けっして華やかなパーティソングなんかじゃない。ネガティブな感情を肯定したうえでアガっていこうとするからこそ、彼女たちの歌い奏でるダンスナンバーが痛い刺激となり、心や身体を躍らせる。「強引なリカバリー」に触れ、心地好く身体を揺らしながらも、この曲に詰め込んだ思いをしっかり胸の内へ抱きしめていたかった。甘くない現実世界を知り、その世界の中で心傷つく経験を重ねてきたからこそ、彼女たちは能天気になんて躍れなかった。その弱さを解き放つように歌い躍ることで、彼女たちは身体の中から必死で輝きを引っ張り上げていた。ドラマチックな楽曲展開も、ずっと耳を、心を引き寄せていた。

  最後にINDIVIDUAL PLATEが届けたのが、フロア中の人たちと一体化した景色を作るに相応しい「地図のない星でも」だ。それまでに描いたのが、光へと繋がる心模様を描いた物語だったからこそ、「地図のない星でも」を通して届けた温かく爽やかな歌声に、心晴れた感覚を覚えていた。舞台の上で、眩しい笑顔を浮かべ、気持ち一つになったパフォーマンスを見せてゆくメンバーたち。この歌に触れている間、メンバーらはもちろん、僕らも輝く歌の光を浴びながら、顔を上げ、しっかり前を向きながら突き進む人生という物語の主人公になれる。「わたし、知ってるお前たち最高だー!」の熱いエールか嬉しい。INDIVIDUAL PLATEのライブは、彼女たちのみならず、見ている僕らまで輝きの物語を描く主人公にしてくれる。そんな素敵な心の語り部たちだからこそ、その物語にまた触れたくなる。


LIVE


PHOTO: 小林晴翔/高橋まりな/平野葵/大西基
TEXT:長澤智典


INDIVIDUAL PLATE
https://twitter.com/PlateIndividual


セットリスト 
「ステルトコナシワタシ」
「強引なリカバリー」
「地図のない星でも」
 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2021.12.09
小川麻琴とへなぎのIDOBATA RADIO!!
最新記事更新日 2021.12.09
ガルポ!ズ LIVE レポ