FEATURE

2021.10.23
INDIVIDUAL PLATE

「iColony LIVE EXTRA」LIVE REPORT・INDIVIDUAL PLATE編 

  定期的に開催しているライブイベント「iColony LIVE」を通し、毎回アイドルのライブ映像を生配信。その後、「iColony アイコロニー・アイドル ライブ動画」YouTubeチャンネル]YouTubeへアップし続けている「iColony」。同チームが、10月6日(水)に下北沢シャングリラを舞台に行ったのが「!Colony LIVE EXTRA」。出演したのが、メランコリック少女物語/酔生夢死/作者Q/INDIVIDUAL PLATE/My Best Friend/lonely planet/AiDOLOXXXY/Aphrodite。ここでは、INDIVIDUAL PLATEのライブの模様をお伝えします。


LIVE


INDIVIDUAL PLATE

INDIVIDUAL PLATEのライブは、冒頭を飾った「ステルトコナシワタシ」から、いきなり物語のクライマックスへ導くような高いテンションでスタートした。


 様々な場所で活動しているメンバーが期間限定で集まり、お客様それぞれの「観たい」「撮りたい」「踊りたい」「歌いたい」等の色々な楽しみ方を実現できるエンターテイメントを作り上げる、アイドルユニットのINDIVIDUAL PLATE。

 INDIVIDUAL PLATEのライブは、冒頭を飾った「ステルトコナシワタシ」から、いきなり物語のクライマックスへ導くような高いテンションでスタート。彼女たちは、楽曲に込めた想いを自身の中で脹らませるように歌っていた。とても強烈なパワーとインパクトを持ってせまるグループだ。観ている側も、最初からパワフルでエナジーあふれるライブパフォーマンスに触れ、彼女たちの世界観へ気持ちが引き寄せられていた。物語の最高潮の場面のような激動した情熱的な姿を見せ続けてゆくからこそ、その迫力にずっと釘付けになっていた。

 MCでいきなり緩くなるところも、INDIVIDUAL PLATEの魅力。続く「強引なリカバリー」は、ラテン系のビートやホーンの音色もインパクトを放つ情熱を秘めた楽曲だ。クールに、でもエモさを持って始まった楽曲は、歌が進むにつれ熱と華やかさを増してゆく。INDIVIDUAL PLATEの楽曲は、どれもミュージカル劇ように、物語の一場面を描き取ったような強烈なインパクトを与えてゆく。そこには、楽曲が持つ世界観がそうだからという理由もあるが、それ以上に、終始熱情した想いを増幅しながらドラマチックに歌う彼女たちのライブパフォーマンスに強烈な印象を覚えるからだ。 INDIVIDUAL PLATEのライブは、つねにドラマを描き出す。観ている人たちを強引に巻き込む躍動した心のドラマを描きだしていく。 

 観客たちもクラップで参加。最後にINDIVIDUAL PLATEが届けたのが、気持ちを輝く未来へ連れだしゆく「地図のない星でも」。メンバー一人一人の歌声にスポットを当てながら、サビではメンバーみんなで輝き放つ歌声を響かせてゆく。とても希望を抱かせる楽曲だ。メンバーたちは、もちろん。見ている一人一人を主役に変えてゆく力と可能性を、この曲は与えてくれる。一人一人を輝く存在へ塗りかえるように、彼女たちが晴れた明るい歌声でエールを送っていた。最後の最後に、メンバーのみならず、観ている人たちの心にもINDIVIDUAL PLATEはスポットライトの光を当ててくれた。
 

https://twitter.com/PlateIndividual



PHOTO: 高橋まりな/山口麗/姜月岩/卓佳楠/大西基
TEXT:長澤智典


iColony [YouTube アイドルライブ動画チャンネル]
https://www.youtube.com/channel/UCiY71yOK5gh-wCoUBCRSSPA

iColony [Twitter]
https://twitter.com/icolony_info
 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.01.25
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2022.01.23
ガルポ!ズ INTERVIEW