FEATURE

2021.01.18
ルルネージュ

ルルネージュ 3rdワンマンライブ~雪の降る夜に見た夢~ ライブレポート -花のかわりに受け取ったメッセージは、たくさんの愛と輝く未来だった-

年末ムードの漂う渋谷、ストリームホールにて、ルルネージュ3rdワンマンライブが開催される。世間的にもグループとしても大きな変化のあった2020年を締めくくるライブに、ステージに上がる前、5人の気合いの声がいつも以上に大きく感じる。

オープニング映像で、それぞれの想いが語られ、いつものSEが流れる。まずはこの曲からライブの始まりだ。「青春の下で」疾走感にあるギターリフに乗せられて、歌う彼女たちは、最初からテンションマックスだ。ファンの笑顔で埋め尽くされた客席を見る表情に緊張感などない"普段通り"を感じる。とにかく今日が楽しいを全面に表現する彼女たちは、それがひしひしと伝わってくる。ファンと作るライブはこうなんだ!というように「卍ファーストラブ」でポップに盛り上げ「白い結晶」はミディアムテンポで聞かせてくると「君レター」へ、歌詞の世界観を振り付けで表現をする。耳障りの良い鍵盤の音が心地よい、軽快なリズムにキュートなステップで切ない恋心を感じる。

 

清水梨紗は、グループの中心的存在。ステージングに長けている。清楚な雰囲気をまといつつアイドルとして、どう見せるかを強く感じながらパフォーマンスをする。その豊かな表現を見せるのは、数々の経験をしてきたから出せるものだろうか。住久凜は、ファンへのアピールがうまい。自分を大事にしているように見え、よい意味で周りは気にしない、自分自身のパフォーマンスに集中する。新メンバーが入って一番刺激を受けているのかもしれない。時田紗凪は、歌声が素晴らしい。歌唱では彼女がグループを支えているのだろう。そして笑顔が光る。感情を素直に表現するように、熱いパフォーマンスとその表情は、こちらが笑顔にならずにはいられない。復帰にして新メンバーとなる池田杏菜は、彼女だけが持つ独特の雰囲気を振りまく。おそらくたくさんのことを頭に巡っているのだろうか、それがアンニュイな表情となり現れる。一所懸命さのパフォーマンスが心打つ。新メンバーの百瀬芽衣は、アイドル未経験とは思えないほどキレのあるパフォーマンスを見せる。目指していたものを手に入れたことを噛み締めている姿は、本当にアイドルになりたかったのだろうとものすごく感じる。その素直な感情に引き寄せられる。何よりステージに立っている覚悟とグループへの愛の強さも感じた。

 

新メンバー、池田、百瀬のことをもっとしてもらいたいと一問一答動画が流れる。「ひと夏のダイアリー」ではクールに、「JumpUp!」では手振りで会場をさらに盛り上げる。

 

そして、現体制になっての初の新曲「花の代わりに何を贈ろうか」を披露、爽やかで清々しさも感じるメロディに、鼓動のように波打つリズムに、未来への希望と不安を感じる。花をあしらったような振り付けもキュートに、そして少し切なく、この想いの続きは知らない未来だからロマンチックなんだと繰り返して、と歌う。そして5人は遠くの空を見る。

「星の輝く空に」から本編最後は「まだ見ぬ世界」へ、WOWOWと声を上げ、客席にクラップを誘うと、会場は一つになる。そして、孤独だって涙の雨に変えて降り続いたこの想いに咲いた花は道標 と歌う。その歌声は強く決意に満ちていたが表情は柔らかい、辿り着く先を、明日を自分たちの手で掴みとると信じているから。

 

静寂から自然発生するアンコールのクラップに5人が再び登場する。Tシャツにミニスカート姿で歌うは、「ROCK YOU ROCK YOU」ギターのオーバードライブが気持ちよく響くサウンドにスピード感ある展開に、クールにキメてくる。続く

「妄想ジェット」では、「筋肉痛になるまで振り回しましょう!」とタオルを振ると会場の盛り上がりは最高潮に!サインボールを客席に投げ込む嬉しい演出も!

 

ライブのラストは「花の代わりに何を贈ろうか」を再び歌唱する。涙の雨に咲いた花の代わりに贈るのは、今目の前にある笑顔とルルネージュが目指すまだ見ぬ未来かもしれない。

 

ルルネージュ

 

最後に、この日サプライズで送られた新メンバー二人から先輩メンバーへの手紙を記す。

 

「メンバーのみんなへ、ワンマンライブ楽しんでますか?楽しいですね。新体制になってからは1ヶ月しか経っていないけど、イケが戻るって聞いた時みんなには色々な葛藤があったと思います。こんなわがままな私を、受け入れてくれてありがとう。新メンバーとして一緒に加入してくれた芽衣。芽衣は新メンバーとして思えないくらいアイドルとしてのポテンシャルが高くて、アイドル人生何回目なんだろうと感心しています。岩手から上京してきて不安なことだらけだろうけど、ルルネは家族だからいつでもそばにいるよ。紗凪は最年長でイケは2番目なのにいつもこんな調子でごめんね。ルルネのために寝ないでお仕事してくれて本当にありがとう。話しくらいは聞くことくらいはできるから、一応、お姉さん組ってことでまたお酒飲みに行こうね。凜には、いつも言っているけど復帰したけど何にも変わらない池田で、たくさん世話を焼かせてしまってごめんなさい。愛情が深い凜が本当に大好きです。そして、梨紗。突然辞めてしまって、泣かせてしまって、謝らせてしまって、急に戻ってきたイケのことを何も言わずに支えてくれてありがとう。また一緒に夢を追いかけられることは当たり前じゃないから一日一日を大切に、ルルネで天下を取れるように頑張ろうね。

私がグループにとって何ができるのかわからないけど、みんなとなら上に行けるって思います。大好きだよ。ありがとう。

イケより」(池田杏菜)

 

「ルルネージュのみんなへ。今日まで本当にありがとうございました。みんながいなかったらここまで来れなかったと思います。加入してからもうちょっとで1ヶ月が経とうとしています。最初は毎日が楽しくて辛いことなんてないと思っていました、でもワンマンライブが決まって、たくさんの曲を覚えたり歌ったりで、不安でいっぱいになってしまった時がありました。そんな時に一緒に練習をしていたメンバーが辞めちゃったり、私自身もすごくこの先に不安を感じたことがありました、そんな時に大丈夫だよって連絡をくれたり、一緒に練習くれるみんなのことが大好きで大好きでここにずっといたいって思いました、圧倒的エースで常に目標を高く持たせてくれる梨紗ちゃん、面倒見が良くて常に周りを見て行動してくれる紗凪ちゃん、二個下なのに大人の考えで引っ張ってくれて頼りになる凜ちゃん、同期だよってずっと励ましてくれてルルネのことをずっと考えてくれるイケちゃん、この五人でこれからももっともっと上を目指していきたいです。もっともっと大きなステージに立ちたいです。ずっとなりたかったアイドル、夢を叶えられた場所が、ルルネージュという場所で良かったです。私はすごく幸せです。これからもたくさん迷惑をかけると思いますが、成長できるように頑張っていくので、私がいつかルルネージュを引っ張って行ける立場になれるように頑張るのでこれかもよろしくお願いします。

そしてファンのみなさん。私は一生ルルネージュでアイドルをしていくつもりです。ルルネージュは 守り抜くので、最後まで死ぬまで付き添ってきてください。みんなのことが大好きです。ありがとうございました。

芽衣より」(百瀬芽衣)

 

<セットリスト>

SE
01.青春の下で
02.卍ファーストラブ
03.白い結晶
04.君レター
05.ひと夏のダイアリー
06.JumpUp!
07.花の代わりに何を贈ろうか
08.星の輝く空に
09.まだ見ぬ世界
10.ROCK YOU ROCK YOU
11.妄想ジェット
12.花の代わりに何を贈ろうか

 

取材・文:もりたはぢめ

 

<インフォメーション>

ルルネージュ

公式サイト:
http://ruruneige.com/

公式Twitter:
https://twitter.com/ruruneige

 

清水梨紗:
https://twitter.com/rurune_risa

住久凜:
https://twitter.com/rurune_rin

時田紗凪:
https://twitter.com/rurune_sana

池田杏菜:
https://twitter.com/rurune_anna

百瀬芽衣:
https://twitter.com/rurune_mei

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2021.09.18
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2021.09.17
小川麻琴とへなぎのIDOBATA RADIO!!