FEATURE

2023.06.29
I'mew(あいみゅう)

『Get on Ride on 』を歌っていると、「うちら、最強の仲間」って気持ちになります。 I'mew(あいみゅう) インタビュー・2

 3rdEP『Get on Ride on e.p.』をCD/配信リリース。今夏は数多くの夏フェスに出演。8月3日には、渋谷club asiaで結成2周年公演。8月/20日には心斎橋FANJ、23日には渋谷WWWで4thワンマン東阪ツアー「愛しあいまShow! 」の開催も決定している。勢いに乗るI'mew(あいみゅう)に、今の気持ちをいろいろと伺った。

(1回目は、こちらから)


『Get on Ride on』を歌っていると、「この5人でI'mew(あいみゅう)」とすごく実感できるから、そこもすごく好きなところです。


――ここからは、3rdEP『Get on Ride on e.p.』へ収録した曲たちの魅力を語っていただきたいなと思います。まずは、『Get on Ride on』からいきましょうか。

吉乃椿  初めて『Get on Ride on』を聴いたとき、わたしはゲームっぽい曲であり、ゲームの中、仲間たちとパーティを組みながら突き進んでゆくイメージがありました。歌詞の中に「無敵 私たち 最強」と出てきます。この曲を歌っていると、「うちら、最強の仲間」って気持ちになります。しかもこの曲を歌っていると、各メンバーのいいところをめっちゃ思い出すんですよ。このメンバーは、わたしにはない魅力を持っている。そういう人たちがわたしの仲間って「ヤバい、最強」ってなるじゃないですか。しかもこの曲をライブで歌っていると、「この5人でI'mew(あいみゅう)」と実感できるから、そこもすごく好きなところです。
  『Get on Ride on』はライブで歌っていると、メンバーどうしもそうだし、ファンの人たちを巻き込んでの一体感が生まれるすごく格好いい曲。I'mew(あいみゅう)のライブって、格好いい系の曲の場合、あまり沸くって感じがなかった中、『Get on Ride on』は、格好いい系なのに沸けるニュータイプの楽曲。ライブでの出現率も高いです。
  これは、個人的なお話になりますけど。『Get on Ride on』の歌い出しを愛南ちゃんが担当し、次にわたしが歌うんですね。わたし、ずっと愛南ちゃんと2人で歌いたかったんですよ。だからこの曲で、初めて愛南ちゃんと目を合わせて歌えたことが個人的に嬉しくて、心の中で「ありがとー、利根川貴之!!」と叫んでいます。

虹乃愛南  プロデューサーを呼び捨てにしてるよ(笑)。なんか『Get on Ride on』って、ちょっと初代プリキュアの歌感があるよね。ライブでは、「私たち最強」という気持ちを胸に、身体を反りながら格好よく始まるから、そういう姿もぜひ見てください。


『愛しあいまShow!』のライブ中、わたしたちの作ったハートマークとファンの人たちの出したハートマークが同じだと「あっ、通じ合ってる」となり、自然と気持ちが高まります。


――次が、『愛しあいまShow!』になります。

愛崎ユウナ  『愛しあいまShow!』は、I'mew(あいみゅう)の中でも比較的新しめの楽曲。わたし、この曲を聴いたとき、「落ちサビを歌いたなぁ」「この思いを、わたしの歌声を通してファンの人たちに届けたい」と思っていたところ、落ちサビのパートをいただけたから本当に嬉しく思っています。
  『愛しあいまShow!』には、「愛」という言葉がたくさん散りばめられています。振り付けでも、ハートをたくさん作りながら踊れば、ファンの人たちもハートマークを真似てくれます。そうやって、お互いの愛を近づけあえる関係を味わえるっていいですよね。そこも、歌い踊っていく中でわたしの好きな部分。この曲では、3種類の愛のハートマークを作っては、パフォーマンス中に連続で届けています。わたしたちはこの曲の中、毎回のライブごとに、3つのハートマークの組み合わせをいろいろと変えながらパフォーマンスをしていくんですね。だからライブ中、わたしたちの作ったハートマークとファンの人たちの出したハートマークが同じだと、「あっ、通じ合ってる」となり、気持ちが高まります。ファンの人たちが、同じハートマークを出したことで高まっている姿を見るのも嬉しいです。

虹乃愛南  ハートマークはいつもランダムで出してるからこそ、ファンの人と重なると嬉しいよね。

愛崎ユウナ  ホント、そう。そういう遊び心も、一緒に楽しんでくれたら嬉しいなぁと思っています。 

――『愛しあいまShow!』は、8月の東阪ツアーのタイトルにも記されていますよね。

愛崎ユウナ  そうなんです。東阪ツアーでも重要な曲になりそうですし、ぜひ、この曲をみんなに愛してもらいたいです。わたし、この曲の落ちサビも好きですけど。1番のAメロで歌っている「ぎこちない言葉でも ひとつひとつ真っ直ぐに伝えたい事いっぱい 胸が熱くなる」の歌詞が好きなんですね。わたし、普段からペラペラペラペラとおしゃべりなんですけど。本当に大事なことに限って言えなくなるんです。よく言う、めっちゃ好きなのに、好きすぎて伝えられなくなるのと同じ気持ちになってしまうんですね。頭の中には、伝えたい思いがいーっぱいあるのに、それを上手く伝えられずにもどかしさも覚えていたところ、『愛しあいまShow!』をいただけたことでその気持ちを伝えることができたらから、めっちゃ嬉しくって。だからライブ中にも、伝えたくてもなかなか口に出して言えない想いを、この曲を通してしっかりと伝えていますし、その姿を見てほしいです。

――細かい表情の変化も含めてね。

愛崎ユウナ  えーっ、その言葉を聞いて、今、なんか恥ずかしくなりました(笑)。


『ハピネス ハピネス』の歌詞を初めて読んだときに涙が流れてきたくらい、明るい曲調なのに切ない歌詞だったから、そこにもI'mew(あいみゅう)らしさを感じました。


――3曲目が『ハピネス ハピネス』になります。

楠ゆり  『ハピネス ハピネス』を初披露したのが、昨年8月に行った2ndワンマン公演のときでした。『ハピネス ハピネス』は、I'mew(あいみゅう)がちょうど1周年を迎えた記念として生まれた新曲で、I'mew(あいみゅう)としての1年間の歩みの集大成となった楽曲でもありました。この曲の振りを担当したのが、I'mew(あいみゅう)のメンバーオーディションの時期からずっと関わってくださっている振付師のいどみん先生。わたしたちのことをズーッと見てくださっている方だからこそ、みんなで顔を見合せあう振りもあれば、それまでの曲の中に付けていた振りもいろいろと組み込みながら、あの振りを作ってくださいました。

中澤莉佳子  今までの曲中でやっていた振りがいろいろ入っているのが、いいよね。

楠ゆり そこがまたエモいんです。『この声届け!』もエモい楽曲だけど、わたしの中で『ハピネス ハピネス』は、思い出の振りもいろいろ入っていることもあって、裏エモ曲だと思っています。
 『ハピネス ハピネス』の歌詞を初めて読んだときに涙が流れてきたくらい、明るい曲調なのに切ない歌詞だったから、そこにもI'mew(あいみゅう)らしさを感じました。あいなの歌う落ちサビの「幸せA・B・C 選ばなくちゃ 君が隣ならば どの道を選んだとしても「最高!」」の歌詞も、わたしは「いいなぁ」と思えて好きな部分です。

中澤莉佳子  『ハピネス ハピネス』って「少し無理して生きてみたいの」など、以外と歌詞が陰鬱なんだよね。けっして明るいだけの曲ではない、深みを持っているところも好きです。

楠ゆり  だから、聴いてて泣けてきちゃうんです。

虹乃愛南 切ない歌詞を明るい曲調に載せて歌うのが、I'mew(あいみゅう)らしくっていいよね。

愛崎ユウナ  わかる!!そのギャップがいい!!

楠ゆり  『I'm with You』のときから感じていたけど、歌詞と曲調のギャップが、I'mew(あいみゅう)の魅力になっています。『ハピネス ハピネス』では、わたしが歌い出しを担当しています。この曲を聴いたときから「わたしが歌い出しを担当したい」と思っていたから、本当に決まったときはめっちゃ嬉しかったのを覚えています。そのぶん思い入れも強く、レコーディングのときには、一度OKをいただきながらも、自分としては納得がいかずに「もう一度歌ってもいいですか?」と歌い直すなど、思い入れを深く持って歌えたことも嬉しい思い出です。

――『ハピネス ハピネス』は、MVも制作しました。

楠ゆり  I'mew(あいみゅう)にとって、初のMVになりました。メンバーみんな、自分の担当カラーの衣装姿で登場。それぞれの個性も見えるし、グループとしての魅力も見えてくる、I’mew(あいみゅう)の魅力がぎっしり詰まった内容になりました。ぜひ、MVも観てください(https://www.youtube.com/watch?v=Mp1WBmw6oRk)。


まさに『Aim for the Stars』は"するめ曲"です。


――次が、『Aim for the Stars』ですね。

中澤莉佳子 わたし、最初に『Aim for the Stars』を聴いたとき、あまりピンと来ていませんでした。わたし、I'mew(あいみゅう)の曲はどれもめちゃめちゃ好きなんですよ。なのに、珍しく『Aim for the Stars』は、最初の時点ではどこかのめり込みきれずにいました。それが、次第にはまっていき、今ではめちゃめちゃ大好きな曲になったくらい、まさに『Aim for the Stars』は"するめ曲"です。ファンたちの間でも、「『Aim for the Stars』が好き」という人たちがすごく多ければ、ライブでもめちゃめちゃノッてくれるんですね。その姿を見るたびに、パフォーマンスしているわたしもめちゃくちゃ楽しくなれば、さらにこの曲を好きになっていきます。
  『Aim for the Stars』は、歌詞もすごくいいんです。ただ楽しいだけではなく、「ここから勝ちにいくぞ!!」じゃないけど、ガツガツ攻めてゆく気持ちを歌っていることもあって、私たちもこの曲を歌ったことをきっかけに、より高見を目指す思いを持てたといいますか、グループとして目標を定め、攻めていこうという意識を持つようにと私たちを変えてくれました。まさに、私たちの意識に大きな変化のきっかけを与えてくれたのが、この『Aim for the Stars』になります。

虹乃愛南  今回収録した楽曲の中で一番古い曲だから、ようやく形にできたのも嬉しかったです。

中澤莉佳子  今や『Aim for the Stars』は、ライブの中での盛り上がりを作る定番曲であり、私たちの気持ちを輝かせ、挑戦意欲を高めてゆく大事な楽曲ですからね。

虹乃愛南  『Aim for the Stars』のイントロやアウトロで、ファンの人たちが飛び跳ねてゆく姿を見ていると、私たちの気持ちもアガるよね。

中澤莉佳子  ファンのみんなの「『Aim for the Stars』が好き」と言ってくれる、その言葉もめちゃめちゃ嬉しいです。


『Hey You! Hey You!』は、ライブに盛り上がりを作ってゆく定番の曲になっています。


――続いては、『Hey You! Hey You!』ですね。

虹乃愛南  こういう弾けた曲調が、急にきたよね。

愛崎ユウナ  びっくりしたよね。

中澤莉佳子  I'mew(あいみゅう)の楽曲のほとんどが、明るくて、楽しくて、かわいいい曲たち。その中にも「楽しくて、ちょっとエモい」「楽しくて、ちょっとお洒落」「楽しくて、かわいい」など、「たのしい+○○」という、楽しさに何かしらの要素をミックスした楽曲が多いんですけど。『Hey You! Hey You!』は、ただただ楽しい楽曲です。

愛崎ユウナ  その気持ち、すごくわかる!!

中澤莉佳子  ほんと、手放しで「楽しいですよー」と言いたくなる楽曲なんですね。メンバーも、ライブ中に『Hey You! Hey You!』を歌っているときは、「楽しい!!」気持ちを全面に押し出せば、ファンの人たちも楽しくノッてくれるし、良い意味でステージ上とフロア中の人たちとのぶつかりあいを味わえる。まさに、ライブ向けの楽曲です。

愛崎ユウナ  最後のほうに「Hey! Hey! Hey!×4」と、ずっと盛り上がりが続く場面が出てくるんですけど。そこでメンバーたちも、めっちゃ飛び跳ねたり、舞台の上をくるくるまわったりと、思いきりはしゃいでいます。あの部分では、本当に気持ちが前のめりになっていくよね。

中澤莉佳子  気持ちが前のめりになりすぎるあまり、この間なんか、身体までが前のめりになりすぎて、最前のファンの人たちに怖がられたくらいだからね(笑)。

愛崎ユウナ  だけど、そうなってしまう気持ちはすっごくわかる!!

虹乃愛南  歌っていると、気持ちが出すぎちゃうんだよね。

中澤莉佳子  『Hey You! Hey You!』はまさに、I'mew(あいみゅう)のライブの盛り上がりを作ってゆく定番の曲になっています。

愛崎ユウナ  最初に椿が「Let’s Go!」と叫んで歌がスタートするんですけど。ライブでは、いろいろアドリブで煽っていくところもいいよね。

吉乃椿  「Let’s Go!」を巻き舌で言ったり、いろんな言葉をつけて煽ってから「Let’s Go!」と叫ぶなど、そこはライブバージョンとしていろいろ遊んでいます。最初は、「それをやり過ぎたら何か言われるかな??」とも心配していたけど。怒られるどころか、「ライブ感が出てていいね」と言われたから、これからもいろんな風にアレンジして楽しみます。


この曲をいただいたとき、プロデューサーさんに…。


――最後が、『この声届け!』ですね。

虹乃愛南  この曲をいただいたとき、プロデューサーさんに「これは、ファンの人たちに向けた…。

(3回目へ続く)


TEXT:長澤智典

 

<インフォメーション>

フライヤー
【I'mew(あいみゅう)4thワンマンツアー チケット発売中!】
2023年8月20日(日)心斎橋FAN J
2023年8月23日(水)渋谷WWW
https://ticketvillage.jp/events/12281


【2周年ライブ】
2023年8月3日
I‘mew(あいみゅう)2周年ライブ club asia


【1st〜3rd EP配信中】
♪ 1st「I’m with You e.p.」
https://ssm.lnk.to/IwY

♪ 2nd「Fantastic Romantic e.p.」
https://ssm.lnk.to/FR_ep

♪ 3rd「Get on Ride on e.p.」
https://ssm.lnk.to/GetonRideon
JKT


アー写

【公式ホームページ】
https://imew.tokyo

【公式Twitter】
https://twitter.com/imew_official

【公式Instagram】
https://www.instagram.com/imew_official

【公式TikTok】
https://vt.tiktok.com/ZSJpEhJ3f/
 

アー写
楠ゆり
【Twitter】
https://twitter.com/yuri_imew
【Instagram】
https://www.instagram.com/yurimero_imew/
 
アー写
虹乃愛南
【Twitter】
https://twitter.com/aina_imew
【Instagram】
https://www.instagram.com/v.x.vno.1aina/
 
アー写
中澤莉佳子
【Twitter】
https://twitter.com/rikako_imew
【Instagram】
https://www.instagram.com/rikako_nakazawa/
 
アー写
愛崎ユウナ
【Twitter】
https://twitter.com/yuna_imew
【Instagram】
https://www.instagram.com/tena__o0/
 
アー写
吉乃椿
【Twitter】
https://twitter.com/tsubaki_imew
【Instagram】
https://www.instagram.com/tsubaki_imew/

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.06.15
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2024.06.12
ガルポ!ズ LIVE レポ